LINEで送る
Pocket

ワーキングマザーどっとこむとは?

ワーキングマザーどっとこむは、Linableのライター部が運営している、ワーキングマザーを応援するメディアです。

運営メンバー紹介

萩原由紀(バツイチキャリアアドバイザー:37歳)

hagiwaraニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。

現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。ワーキングマザーどっとこむの、主に「ワーク」に関する記事を担当。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。

得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー

齋藤沙織(超行動派シングルマザー:34歳)

IMG_04282歳の息子を育てるシングルマザー。大学時代はソーラーアークとでんじろうラボで実験ショーのコンパニオンを務めた活発系リケジョで、現在は大学の研究員として勤務する傍ら、「手鞠」の代表も勤める。「考え込む前に動く」をモットーに、ライティング・プログラミング・持ち前の行動力の3つを武器として活動を展開中。

ライティングでは、読者であるワーキングマザーが自分の働き方に満足しつつ、後悔しない子育て・楽しめる子育てをするために有益な情報発信を目指す。「子供との時間を100%楽しむ!」という行動派の彼女の記事は、情熱に満ちている。

得意分野:保育園関係・子供と楽しめる実験

河野恭子(涼やかな元マーケター主婦)

IMG_0430夫と2人の息子と暮らす30代主婦。大手通信機器販売会社でモバイルフォン営業として代理店のマーケティング・販売支援に7年間携わった後、いくつか職を変え、現在は在宅のWebライターとして活動している。将来、企業というフィールドに返り咲くことを目指し、Web制作を勉強。マーケティング・ライティングとの合わせ技で、「広報のツール」であるWebサイトを丸ごと作れる人材としてスキルアップを果たした。

ライティングでは、元マーケターの視点と母としての視点の双方を活かし、幅広い記事を手がける。「共感することで読み手が心にゆとりを感じられる記事を書きたい」と語る彼女は、客観的で冷静な姿勢と丁寧な分析力を活かし、淡麗な文章で今日も情報を発信中。

得意分野:マーケティング、販促・営業、子育ての環境、子供との過ごし方、子育て中の仕事、不妊治療