盲点だった!?不妊治療に必要なお金を徹底分析!

ストレスフリーで不妊治療?<part1>お金編kounotori

保険が適用されるものと、そうでないものがあり、一説には「高級車が買えるお値段」とも言われる不妊治療。

体力と気力、そして財力が必要です。経験者のアンケート・意見ふまえ、いくらお金が必要で、どのような補助があるのかご紹介します。

目に見えるストレス!不妊治療って一体いくらかかるの?

不妊治療には保険が適用される①生殖補助医療と、②高度生殖治療と言われる体外受精や顕微鏡受精などがあります。後者は、個々のクリニックが金額を設定できるため、多少ばらつきがありますが、総じて高額です。(どの検査や治療まで保険適用にするか、という部分は病院による違いもあります)

一般的に不妊治療にはステップがあり、一回の治療あたりにかかる概算は以下のとおりです。

苦しい家計
不妊検査 5万円
タイミング療法 1万円
人工授精 3万円
体外受精 40万円
顕微鏡受精 50万円

そして、ここに毎回の超音波検査、投薬、時間外手数料、交通費など加算されていきます。また凍結した受精卵の保存、移植にも別途費用が発生します。

この額だけみると、思いのほか安価な印象を受けるのではないでしょうか。しかし、上記の価格はあくまでも一回あたりの治療です。35才以上の「高齢出産」にあたる方々の多くは、高度生殖治療を行っており、長期化・高額化する傾向にあるようです。

妊娠までの平均治療費は140.6万円、平均治療期間は25ヶ月

jineko

株式会社バズラボ(女性の為の健康生活ガイド「ジネコ」運営)によるアンケート調査より引用。実施期間:2010年3月~2012年4月、対象者は不妊治療によって妊娠した926名。

不妊治療に活用できる助成金があります!

日本国内では現在、申請と手続きで、不妊治療でかかった費用の助成を受けることが可能です!

国からの助成
夫婦合算で年収730万円以下、42歳以下、病院の指定など条件付き。
→総額45~90万円(治療内容によります)
自治体からの助成
おすまいの地域によって格差あり。
医療保険からの還付金
婦人病を併発している場合のみ。
来年あたりから不妊治療そのもののカバーできる商品がでる噂もあるので、治療を始める前に保険屋さんに確認してみてくださいね。
所得税の医療費控除
交通費も合算できるので領収書は保管してください。
→所得によって異なりますが、年収400万の場合7万前後の還付金です。

 

戻ってくるお金は個人によってケースバイケースです。現実を見ると、これらの制度を利用しても全く賄いきれないと言ってもよいでしょう。お金さえ出せば確実に手に入れる商品と異なり、「次こそ・・・」という思いが付いて回ることが、不妊治療の難しい所ではないでしょうか。そして、子供を授かってからもお金は必要です。

 

お金がないから妊活を休む、卒業することは決して悪いことではありません。大事なことは、経済的な負担よりも、精神的な負担を考え、あらかじめご夫婦で治療費はいくらまでだせるか、また何年励むか考えておくと、ストレス軽減、ひいては治療の成功へつながると思います。

体験談から分かる妊活と仕事の両立の重要性!

ステップアップした治療を重ね、不妊治療歴3年の美沙さん(仮称)からコメントを戴きました。

  • お名前:美沙さん(39才)
  • お仕事:専業主婦(2年目に退職)
  • 妊活期間:3年
  • 治療ステップ:顕微鏡受精
  • 1年目は、多くても月4回の通院・月7万程度の出費でしたが、回数を重ねるほど、出費がかさみ、お金の感覚がわからなくなりました。クリニックでかかった費用として200万。ほかに、交通費や針治療・サプリメントなど、もろもろで150万は使いました。2年目に突入した頃、通院のために仕事を休むことが増え、周りに迷惑をかけることが積み重なり、お金の不安はありましたが、結局、退職しました。仕事を辞めたことで、「不妊治療が私の仕事なのか」とプレッシャーが増した気がします。減り続ける通帳の預金額も不安の種ではありますが、もっと苦しいことは、治療が進むにつれて増す痛みと、毎月のリセット(月経)と、先の見えない精神的苦痛です。

 

adviser

退職によるプレッシャーを軽くするには?

それでは、美沙さんのコメントにありました、「退職によるさらなるプレッシャー」を軽くするには、どうすればいいでしょうか。妊活にはストレスが大敵です。仕事と不妊治療の両立ができれば、お金の収入源も確保でき、すこしでも気分が軽くなるのではないでしょうか。不妊治療パート2として仕事と妊活の両立もまとめましたので、よろしければお読みください。

キャリアアドバイザーが解説!仕事と妊活の両立についてはこちら

こちらをお読みの皆さんのお腹に赤ちゃんがやってきますように!

仕事と妊活の両立はできるのか徹底分析!

ストレスフリーで妊活?<part2>仕事と両立編!

仕事が終わらない2015年7月4日の日経新聞に、「6組に1組の夫婦が不妊治療をしている」とあります。妊活はもはや珍しいものではないにもかかわらず、まだまだ知らないことも多いのではないでしょうか。

特に、働く女性にとって、予測のつかない不定期な通院など、妊活と仕事の両立は大きな問題です。
経験者の意見ふまえ、どう両立すればストレスが軽減されるのか分析しました。

不妊治療にかかる見えないストレス

日本の社会は、まだまだ不妊治療に対する理解が乏しいのが現状です。森三中の大島さんは、妊活のために休業を宣言され、お子さんを授かりました。しかし、フルタイムで責任のある仕事をされている方の中には、「排卵日の3日後にきて。卵の状態をみて5日後が6日後か、その時に次の診察日を決めましょう」といった不妊治療特有の、不定期な通院ができず、仕事を辞めざるを得なかった方もいます。退職したことで収入が減り、経済的負担が増したことは言うまでもありません。そのうえ、「不妊治療が自分の仕事」という思いにさいなまれ、プレッシャーが増す傾向にあります。

では、仕事と妊活を両立する方法はないのでしょうか。

仕事と両立は可能!悩んでいる貴女はここで解決!

不妊治療において、タイミング療法までは、比較的通院の回数も少なく調整しやすいと傾向にあります。しかし、治療が妊娠の確率を上げるためのより高度な医療技術へステップアップするにつれて、仕事への影響も出はじめ、時間のやりくりが必須となります。

仕事をしながら妊活ができる対策法を、取り組みやすい順に紹介します。

  • 直属の上司に相談
  • 男性の上司には相談しにくいかもしれません。しかし、まずは正直に「治療のため急な欠勤・遅刻が増える」と伝えましょう。理解のある企業・上司なら、有給の使用を快く認めてもらえたり、負担の少ない部署に転属してもらえたりなど、配慮があります。

  • 病院選び
  • 土日診療・時間外診療を行っているクリニックや、会社からすぐ近くのクリニックへ通院することで、妊活による仕事への影響を極力減らすことが可能です。

  • 転職
  • 半日のパート、不妊治療休暇のある企業、在宅ワークなど。体への負担が少なく通院しやすい仕事への転職です。

パートでは収入が減る傾向にあり、不妊治療休暇制度がある企業への転職は、すぐに育児休暇をとる可能性があるため、採用率が低いことが現実です。新しい環境への転職は、ストレスとなるデメリットがありますが、在宅ワーカーへの転職は、自分のペースで働くことができ、かつ、手に職を持つことができます。そして何より、職場に迷惑をかけるストレスを感じることなく収入を確保できるという大きなメリットがあります。

 

ここで、フルタイムの正社員から妊活のために在宅ワーカーへと転職し、妊活と仕事を両立されていた里子さん(仮称)からコメントを戴きました。

  • 辛かったことは、妊活開始から半年後、初めて医者から「不妊」という単語を使われたときと、その3年後の初期流産です。泣きました。当時はプロジェクトリーダーとして、ストレスで月経が止まるほど働いていました。転職を考えていたときに、友人からギークガールラボを紹介され、時間に融通の利く在宅ワーカーになりました。ホームページの制作など自宅でパソコンがあればできる仕事です。妊活をしていると、治療・通院、それから行為自体も、どうしてもこの日、ということが出てきます。治療内容によっては身体への負担も大きいです。ある程度自由が利く在宅ワークは、妊活に適した仕事だと思います。

 

里子さんは、在宅ワークへと働き方をかえることで、激務から来る体調不良と、時間を縫って通院するというストレスから解放されました。さらに、自宅で自分のペースで仕事ができ、出産後も子供の成長をそばで感じながら、キャリアを積めるという武器を手に入れました。そして、在宅ワークと妊活を両立し、現在は2人のかわいいお子さんたちを育てていらっしゃいます。

妊活には疲れとストレスが大敵です。妊活で感じる精神的な苦痛は、時として、大きなストレスになり、皮肉なことに、妊娠しにくくなる可能性まであります。

残念ながら、女性が子供を妊娠できる期間には限りがあります。後悔のない妊活をするためにも働き方を、今一度考えてみてはいかがでしょうか。人によっては、退職し専念されるほうがいいと感じる方もいらっしゃると思います。しかし、仕事を辞めることで、別のストレスをかかえるのは、元も子もありません。そして、赤ちゃんを授かって、おしまいではありません。かわいい我が子を育てるために、また働くという道も出てくると思います。そんなときに、手に職があるということは、女性にとって、とても強みと言えます。

adviser

仕事と妊活の両立は可能です!

今まさに、仕事と妊活の両立に悩んでいらっしゃる方へ、キャリアアドバイザーがおすすめするのは、在宅ワークです。在宅ワークと一口にいっても、さまざまな種類があります。時間と収入を確保し、さらに生まれた子供の成長に合わせて働くことができる在宅ワークとは、どのようなお仕事があるのか、まとめましたので是非参考にごらんください。

在宅でできる仕事紹介・比較はワークはこちらから

こちらのご覧の皆様が、かわいい赤ちゃんを抱っこできますように!

マタハラの現状と自分なりの対処法を知ろう

女性が悩む…マタハラ問題。向き合って考えてみよう

matanity-musiba女性の働く環境が整ってきたことで、結婚・妊娠・出産を経ても、まだまだ働きたいと思う女性が増えました。しかし、マタニティー・ハラスメントという、妊娠している女性に対する嫌がらせが問題になっています。

せっかく女性が活躍できる機会が増えたのに、マタハラのせいで仕事を辞めなくてはいけない女性も多いのです。

このページでは、マタハラの現状、そして対処法や解決法をご紹介します。

マタニティー・ハラスメントとは?

マタニティー・ハラスメント、略してマタハラというものを一言で表すと、妊娠をしながら働いている人に対する嫌がらせです。

精神的苦痛・肉体的苦痛を始め、給料の減額や言葉の暴力など…たくさん種類があります。体験談として多い嫌がらせ内容をご紹介します。

  • 妊娠をきっかけに退職を促す
  • 給料を減給する
  • 仕事をわざと辛くする
  • 仕事をわざと減らす
  • 今まで通りできないと嫌味を言う
  • 働きたい部署から移動させられる
  • 妊娠を喜んでいない雰囲気を作る
  • 陰で悪口をいう

など…まだまだたくさんあります。

今回ご紹介しているのはほんの一例に過ぎません。

厚生労働省の調査結果では、「迷惑」や「辞めたら」といった言葉でのハラスメントが47.3%と最も多いのですが、「雇い止め」や「解雇」も21.3%と20.5%となり、かなりの数値です。妊娠したら、職を奪われてしまうのです。

マタハラを受けると思うと、怖くて妊娠もできないと感じる女性も増えました。仕事をしたいなら妊娠はあきらめるべき、なんて雰囲気が漂っている会社もあるといいます。

マタハラ問題は増加傾向

厚生労働省では、妊娠・出産をきっかけとしてマタハラを受けた経験があるかどうか、調査を実施しました。集計すると、派遣社員では48.7%、正社員では21.8%という数字が出る結果になったのです。正社員でも決して少ない数字ではありませんが、特に派遣社員は半数近くがマタハラを受けた経験がある、ということになります。

派遣社員のほうがマタハラを受けやすいのは、期限を決めて雇っているから、退職に追い込みやすい、とう現状があるようです。正社員と派遣社員、働き方の違いが、マタハラの被害の違いにもつながります。

契約社員で働いていると、妊娠したときに退職に追い込まれるリスクも高いのが現状です。

・契約社員の産休:http://work-mother.com/maternityleave/contract/
・派遣社員の産休:http://work-mother.com/maternityleave/temp/

なども参考に、現状を知りましょう。

同性からのマタハラに気を付けるべき

マタハラは男性から女性にするもの…というイメージが強いです。男性は妊娠時に女性がどんな気持ちなのかわからないので、確かに無神経な発言をする人もいます。しかし、マタハラの中でも、悪質なケースが多いのは同性からの嫌がらせです。男性の上司からのハラスメントは、19.1%でしたが、女性の上司からも11.1%、女性の同僚や部下からは9.5%という高い数値も出ています。

本当に怖いのは同性からの嫌がらせなのです。同じぐらいの年代で結婚や出産をしていない人は、妬みで嫌がらせをすることがあります。

でも、実は出産を経験している人の中にも、ひどい言葉をかけてくる人がいるのです。自分は妊娠しているときでも頑張って仕事をしていたのだから、他の人も働いて当然と思っている人が多いです。人によっては、妊娠初期はかなり重いつわりに悩まされる人もいます。個人差があるものですが、自分が大丈夫だったからと、他の人も大丈夫と思ってしまうのでしょう。

昔は今よりも女性が社会で働くことが受け入れられなかった時代なので、その時代に頑張ってきた女性からしてみると、今の世の中は甘い…と考えているのではないでしょうか。

子育てしながらできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

adviser

 マタハラにあってしまったら

マタハラにあっても、働く場所がなくなるのは困るから…と我慢して働く人もいますが、契約社員の場合は、契約期間が決まっている以上、妊娠や出産を機に職を失ってしまう可能性が高いです。

出産か仕事か…選ばなくてはいけないのは辛いと思います。

子育てしながら働きたい!というワーキングマザーには、フリーランスで独立して仕事をすることをおすすめします。フリーランスで独立なんて自分には無理と思うかもしれませんが、パソコンが使える人であれば独立して仕事をすることができます。

フリーランス特集はこちら

仕事をしていく中で、専門的なスキルを身につけていけば、さらに年収もアップします。契約社員としてもスキルアップしていけるでしょう。

家事と仕事を両立しながらできる仕事について、考えてみてはどうでしょうか。辛い思いをしながら仕事をしているのは、精神的にもよくありません。

待遇が悪くて、マタニティー・ハラスメントに耐えながら仕事をするのではなく、自分で理想の生活を手に入れるために、動き出してみましょう。

育児休暇中、上の子はどうする?~みんなの保育園事情~

関連記事:育休中は上の子が保育園退園なんてアリ!?みんなはどう思ってるの?

育児休暇中、上の子の保育園はどうしたらいい?

育児休暇中の保育園保育園と聞くと、すぐに待機児童の問題を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
子供を預けることができず、働きに出られないお母さんたちは少なくありません。
その一方で、育児休暇中に保育園を利用する人もいます。

ここでは、育休中の預かり保育の問題に迫ってみたいと思います。

2人目以降の出産では、上の子はどうする?

まずは、出産した赤ちゃんのお兄ちゃん、お姉ちゃんが保育園に通っている場合をクローズアップしてみましょう。
これについてはまず、自治体によって決まりがあります。

  • 育休中は退園することをすすめる自治体
  • 在籍はできるけれど、時間外や土日の保育は利用できない自治体
  • 育休中も変わらずに利用できる自治体

抱えている待機児童の数などによっても、対応はさまざまです。
更に、保育園ごとのルールがあります。

  • 退園しなくてはならない決まりの園
  • 育休中はできるだけお休みしてお母さんと一緒に過ごしてくださいという園
  • 産後の新生児のお世話は大変なため、すすんで上の子を預かってくれる園

こちらもさまざまなケースがありますが、自治体よりもより「子供のために」という観点からルールが決められているようです。

先輩ママさんたちはどうしてる?

では、実際に先輩ママさんたちはどうしているのか、アンケートを取ってみました。

  • うちはできるだけ休ませるよう言われましたが、体も辛いのでお願いしています。ただし、通う日数を減らしたり、定時より早くお迎えにいくようにしています。
  • 私の住んでいる地域では集団性を重視する教育方針が取られているので、育児休暇中も上の子は通園させられます。
  • お休みさせてはと言われましたが、親の事情で園に行ったり行かなかったりなのは子供のためにならないと思い、行かせています。
  • 退園させられる決まりです。正直、次の預け先が見つからなければ仕事に復帰できないので、不安でいっぱいです。

育児休暇中に預けたら、休暇はなくなるの?

産後は体調がくずれがちです。
上の子がいないケースでも、体調面などの事情から一時的に預けることがあります。そんな時、育休はどうなるのでしょうか?

結論から言うと、それによって育休が終了することはありません。

自分が育児をしなくなったら即育休が終了するということは、法律の趣旨ではありませんし、そんなに急に復帰されると、会社側も人件費の管理ができなくなってしまいます。

ただし、育児休暇中に預けて、別の職場で働くと言ったことはタブーですよ!

育休中からできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

adviser

もし枠から漏れて預けることができなかったら

育休で退園させられてしまったり、保育園に預けることができず復職できない場合には、やむを得ずそのまま退職となってしまうこともあります。

そんなワーキングマザーのために、キャリアアドバイザーの立場から「子育てしながらできる仕事」とは何か、探ってみました。

子育てとの両立に必要な項目を5つピックアップし、それぞれの職種ごとに5点満点で評価。それを比較しやすいよう、チャートにまとめました。
今後のキャリアを考える参考として、一度目を通してみてください。

キャリアのプロがセレクト!「子育てしながらできる仕事」ランキング

社会の制度を活用しても、女性のキャリアと育児の両立はなかなかに難しいもの。諦めずに、両方を掴み取る努力を続けて下さい!

育児休業法を知ろう!〜育休は労働者の権利です〜

これが育児休業法の中身だ!

law育休は、法律で定められた労働者の権利。

しかしながら、悲しいことに会社がその取得を許さないというケースが実在します。

そんな時、役に立つのは育児休業法の知識!
育休という制度をイメージでとらえるのではなく、もっと具体的に理解しておけば、会社との交渉も有利に進めることができますよ。

育児休業法の概要

育児休暇が取れる人とは

1.雇用契約に期限のない人

無期契約の人には、立場や肩書を問わず育休を取る権利があります。ただし、会社に下記の決まりがある場合には、これに該当する人は育休を取れません。

  • 勤めてから1年経っていない人は育休が取れないという決まり
  • 1週間に働く日数が、2日以下の労働者には育休が取れないという決まり

2.条件を満たした有期契約の人

契約社員や派遣さんのように雇用契約に期限がある人も、下記の条件を両方とも満たせば育休を取得できます。

  • 同じ職場に引き続き1年以上雇用されている
  • 子供が1歳に達した日の翌日以降も、同じ会社で引き続き雇用されることが見込まれる

ただし、何度も契約を更新していて、実質的に無期契約と変わらない場合には、無期契約と同じように扱われます。

育児休業法が規定する育休の期間は

産後8週間までは産後休暇となります。
育児休暇と呼ばれるものは、8週間を超えた日から子供が1歳になるまでの期間です。
ただし、ママもパパも二人で育休を取る場合には1歳2か月まで。
保育所が確保できないなどの事情がある場合には、1歳6か月までに延長されます。

育児休暇中のお給料について

育児休業法では、お給料についての規定はありません。
お給料を出すも出さないも会社の自由。
多くの会社では、育休中は無給でしょう。
その間の生活を支えるため、雇用保険から給付金が出ます。

育児休暇中のお給料についてもっと詳しく見る

育休を取るための手続き

取得する時には、労働者側から会社へ育休を取ることを申し出るルールになっています。

育休取得者の不利益扱いの禁止

育児休業法では、育休を取ったことを理由に労働者を不利益な扱いをすることを禁止しています。

育休中からできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

adviser

キャリアアドバイザーが提唱する「子育てと両立しやすい仕事」

ここまで、育児休業法について解説してきました。

しかし、会社との交渉に疲れてしまったり、波風を立てたくないということで退職の道を選ぶ人もいることでしょう。
そんなワーキングマザーのために、子育てと両立しやすい仕事とは何なのかを探ってみました。

家庭とキャリアを両立させるために必要な5つの項目を洗い出し、5点満点で評価。
その結果、職種ごとに特徴がくっきりと見えてきました。
もし子育てと仕事の両立に悩みを抱えているのであれば、今後の参考までに一度ご覧になってみて下さい。

キャリアのプロが探り当てた「子育てしながらできる仕事」とは

この社会が、女性が仕事しやすい環境になるまでにはまだ数十年かかるでしょう。
それを待つよりもあなたが動くことで、充実感あふれる毎日を手に入れましょう!

契約社員でも育児休暇は取れる?!~労働者の権利について~

契約社員にも育児休暇を取る権利アリ!

あの人は正社員だけれど、私は契約社員だから、産休とか育休は取れないんだよね・・・。
そんな風に思ってあきらめている人、多いのではないでしょうか?

法律上では、正社員も契約社員もおなじ「労働者」です。
雇用の条件によっては、正社員と同じ権利を主張できるのですよ?

まずは法律を知って、会社と交渉する知識をつけましょう!

育児休業法での決まり

育児休暇を定めた法律を見ると、「契約期間に定めのない労働者」は原則として育休を取る権利を持っているとされています。
この場合、労働者側から申し出をする必要がありますが、法律上では、会社はこれを拒否することができません。

契約期間が決まっている「契約社員」はどうなるの?

契約社員という肩書の人はほぼ全員、契約期間が決まっていると思います。
このような「期間の定めのある労働者」については、下記2点を満たす人に、育児休暇の権利が発生します。

  • 同じ事業主(会社)に引き続き1年以上雇用されていること
  • 子供が1歳を超えても、引き続き雇用されることが見込まれること

つまり、1年以上同じ職場で仕事をしていて、育休後まで契約期間がある場合は会社に申し出ることができるということです。

ちなみに、何度も契約を更新してきて、更新されるのが当たり前となっている場合には、「無期契約」の人と同じ扱いをされます。
もし、育休を申し出たら契約が更新されなくなってしまった場合には、労基署に相談しましょう。

育児休暇を申し出たら「辞めてくれ」と言われた場合

ただし、日本の企業では、契約社員さんに育児休暇を取らせないと考えている企業が多いでしょう。条件を満たしているから育休を申し出たら、退職を勧告されてしまう人も実際にはいます。

この場合、下記のように伝えて交渉するようにしましょう。

  • 育休取得を理由に不利益な扱いをすることは法律で禁じられている
  • 労働基準監督署に相談に行くつもりである

言いにくいかも知れませんが、この2点はあなたが主張できる部分です。納得がいかないのであれば、粘り強く交渉を重ねて下さい。

関連記事

adviser

子育てと両立しやすい仕事はないのか

私はキャリアアドバイザーとして、さまざまな女性労働者の相談に乗ってきました。

そんな中で、女性のキャリア形成には、育児と両立できるかどうかが最重要であることを実感しています。

そこで、さまざまな仕事の特徴を項目別に評価することで、子育てと両立しやすい仕事とは何かを探し当てました。
このサイト内で、その結果をご紹介していますので、キャリアを本気で考える女性は是非ご覧ください。

キャリアのプロが分析!子育てと両立できる仕事ランキング!

まだまだ女性が働きやすいとは言えない日本。社会が変わるまでには数十年かかるのではないかと、私は考えています。
それであれば、働きやすい環境を自分の手で作り上げる方が近道。
キャリアも育児も諦めないワーキングマザーとして、輝いて生きましょう!

公務員は育児休暇でも優遇?!〜公務員の育休事情〜

公務員は育児休暇が取りやすい!

安定していて不況でも失業することがないというイメージの強い公務員。
福利厚生の面でも、育児休暇などがしっかり取れるようですね。

ワーキングマザーとしては、羨ましいと思うこともあるのではないかと思います。

実際、民間と国や地方自治体の育休には、どれほどの違いがあるのでしょうか?官公庁や地方自治体に適用される法律(民間企業とは違います)を見て行きましょう。

国や地方自治体に関する育児休暇の法律は?

先ほども述べましたが、民間企業とは違う法律が適用されます。育休に関するものとしては、下記の2種類に分類されます。

  • 市町村の役場の職員など・・・地方公務員の育児休業等に関する法律
  • 官僚や国立大学の職員など・・・国家公務員の育児休業等に関する法律

では、民間企業の育休とはどんな違いがあるのでしょうか?

公務員と民間企業の育児休暇の違い

公務員 民間企業
育休の期間 3年 1年
育休中のお給料 なし なし
育休を取ったことを理由に不利益な待遇をすること 禁止 禁止
育休中の手当 共済制度から3割 雇用保険から5割

このように、法律の決まりだけを比べると、それぞれに良いところがあるようです。手当に関しては、民間の方が優遇されているように見えますね。国や自治体の育休期間は3年ありますが、実際に3年を取る人は極めて稀。1年や、それ以下で切りの良いタイミングで復帰する人の方が多いようです。

民間との最大の違いは?

しかし、この表を見ても、体感として納得いかない方は多いのではないでしょうか。

実は、民間との最大の違いは、法律の内容ではないのです。「法律を守る度合い」なのです。

本当は民間企業であっても、育休は労働者が希望すれば「取らせなくてはいけないもの」。
しかし、現実には企業によって、取らせないところ、取りにくいところがありますよね。

一方公務員は、その仕事がら法律に違反することは絶対に許されません。
育休を取りたいと申請すれば、絶対に取れるのです。

この点に関して言えば、違反しているのは民間企業の方。国や地方自治体の職員が優遇されていると表現するのは、ちょっと違うような気がします。

国や地方自治体の育児休暇の実際

さて、育児休暇が取りやすい理由が分かったところで、実際に国や自治体で働いている人はどのようにしているのでしょうか。働く人たちの生の声を集めてみました。

  • 職場では子供が何か月であっても、育休に入って1回目の4月で復帰するのが通例となっています。それ以上はちょっと取りにくいですかね。
  • 育休が取りやすい点は、とてもありがたいと思っています。でも復職すればやっぱりお迎えのために頭を下げて帰るし、嫌味を言う同僚もいます。特に、出産してない女性から冷たくされることが多いですね・・・。
  • 法律では3年休める規定になってるけど、うちは条例で1年以下の設定です。自治体によりますね~。
  • 職場でまさかの3年育休を取った人がいましたけど、復帰したら仕事すっかり忘れてて・・・。あれを見て、自分の時は1年以内に復帰しようと決めました。

中には3年間みっちり取る人もいるようですが、多くの人が1年程度で復帰しているようですね。
法律の決まりはあっても、中の人たちの「心情」までは、民間も官公庁も違いはないようです。

関連記事

日本の育休事情調査~データでみる育児休暇取得率~

データで見る育児休暇取得率

データで見る育休取得率平成24年度の雇用均等基本調査をもとに、日本企業での育休取得の現状を見て行きたいと思います。

この調査では、育休の規定がある企業の割合や、社員の人数規模によって変わる育児休暇取得率など、細かくデータがまとめられています。
そのため、女性が働きやすいのはどんな企業なのか、ひと目で見えてきますよ。

意外と高い?!育休制度アリの企業

ではまず、企業規模別に、育休制度が制定されている企業の割合を見て行きましょう。

  • 従業員5人~29人・・・67.3%
  • 従業員30人~99人・・・93.0%
  • 従業員100人~499人・・・98.4%
  • 従業員500人以上・・・99.9%

育休制度を導入している会社が意外と多いことがお分かりいただけると思います。
もっとも、我が国に存在している全421万社のうち、87%が社員数20人以下の「小規模企業」。(2006年中小企業庁の調べによる。)
その割合を考えると、育休制度を設定してある日本の企業全体の割合は、67.3に極めて近いと言えるでしょう。

育休規定がある企業が多い産業は?

次に、産業別に育休規定の多いTOP3をご紹介します。

  • 複合サービス事業・・・97.7%
  • 電気・ガス・熱供給・水道業・・・97.3%
  • 金融・保険業・・・94.0%

こうやって見てみると、比較的大規模企業が多い産業がTOP3を占めているように思われます。
なお、復職後の時短措置や子の看護休暇制度があるTOP3も、順序の入れ替えはありますが、この3産業が占めています。

※複合サービス事業とは、郵便局や農協のように信用事業・共済事業・金融事業など複数の分野にわたるサービスを行う事業を言います。

産休制度がある会社の育児休暇取得率は?

では、育休制度のあり・なし別に、育児休暇取得率を見て行きましょう。

  • 育休制度あり企業・・・40.4%
  • 育休制度なし企業・・・4.8%

前出の、育休制度ありの企業の割合から見ると、育休取得実績を持つ企業の割合はずいぶん少ないように感じます。

労働者全体の育児休暇取得率は?

労働者全体の育児休暇取得率は、下記のようになっています。

  • 女性労働者・・・83.6%
  • 男性労働者・・・1.89%

女性の割合は、在職中に出産した人全体を分母とした育児休暇取得率です。
どうしても男性より女性の方が、取得はしやすいようですね。

日本の育児休暇取得率の現状まとめ

このようにデータを見てくると、育休が取りやすさで企業を選ぶ場合には、下記のようなポイントに注目するべきだと分かります。

  • なるべく規模の大きい会社を選ぶこと
  • その中でも育児休暇の規定のある会社を選ぶこと

就職難である2014年春現在、大企業への就職はたやすいことではありません。育休を取ることを前提に就職活動をすることは、容易ではないですね。

また、大企業は都会ほど多く、地方にいくほど数が減りますから、育休の取得率は住んでいる地域によっても格差があることが推測されます。

育休中からできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

adviser

キャリアアドバイザーからのアドバイス

もしあなたが、キャリアと育児の両立が難しいと考え(子供が欲しいのに)出産を断念しているのであれば、勿体ないこと。
そんな方たちに、キャリアアドバイザーである私から一つご提案があります。

それは、フリーランスとして独立して仕事をしませんか?ということ。

正直、今の日本で女性がキャリアと育児の両方を求めるには壁が多すぎますし、かといって社会が変わるのを待っていては、あなたがどんどん年を取ってしまいます。

周囲が変わるのを待つよりも、ご自分が独立してご自分のルールで仕事をしてみてはいかがでしょうか?

独立するために、難関である国家資格を突破したりする必要はありません。
もしパソコンがお好きであれば、たとえばWeb制作やプログラマーであれば、仕事をしながら自然と独立が目指せるのです。

もちろん、初心者から勉強しながら仕事仲間を見つけ、いきなり独立するという選択肢もあります。(そして実際に、WebやIT業界ではそういうワーキングマザーが少なくありません。)
フリーランスとして活躍する道がどんなものなのか、プロの視点からまとめていますので、一度ご覧になってみて下さい。

キャリアのプロが分析!フリーランスでの仕事の実際

一度きりの人生ですから、理想の方向を目指して精いっぱい努力した方が、楽しく過ごせるのではないでしょうか。
お勤めがダメなら開業という、今までになかった選択肢も視野にいれて、しなやかに世間を泳いで行ってください!

パートだけど育児休暇が欲しい!~分かりやすい育児休業法~

パートの立場でも、法律的には育児休暇が取れる!

parttimerたとえパートの立場であっても、その職場や仕事が好きなら、長く続けたいと思うことは自然なこと。
しかし妊娠・出産を機に辞めなくてはならないとしたら、これは寂しいですよね。

ここでは育児休業法をひもといて、パートさんが育児休暇を取るにはどうしたら良いのか探って行きたいと思います。

育児休業法ではどのように定められているか

基本的に法律上では、正社員であっても非正規社員であっても、条件を備えていれば育休は取れることとなっています。
パートさんの場合、ネックになるのがこの「条件」。育休が取れない場合はどんなときなのか、見て行きましょう。

契約期間が決まっていなければ取得OK

あなたは有期契約(労働契約に決まった期限がある)で仕事をしていますか?
もし、特に契約期間が決まっていないのであれば、原則的には育児休暇を取る権利があります。この場合、会社が拒否することはできません。

ただし、下記に該当する場合には育休を取れませんので、職場の就業規則をよく確認して下さい。

  • 勤め始めて1年未満の労働者には育休を取らせないという決まりが会社にある
  • 1週間に働く日数が、2日以下の労働者には育休を取らせないという決まりが会社にある

有期契約の場合にはどうなるの?

雇用契約の期間に定めがある場合には、下記2点を満たしていないと育児休暇を取得する権利が発生しません。

  • 同じ事業主に引き続き1年以上雇用されていること
  • 子供が1歳に達する日を超えても、引き続き雇用されることが見込まれること

ただし、何度も契約を更新している場合には、無期契約の人と同じ扱いになることがあります。育休を取ったら契約が打ち切られてしまった場合などは、労働基準監督署に相談しましょう。

会社側にもメリットがある

もしあなたがパートでも雇用保険に入っている場合、育児休暇を取ることで、会社に助成金が出るケースがあります。
また、社会保険にも加入している場合には、育休中の社会保険料は免除されますから、会社にもいくつかメリットがある制度なのです。

パートなのに育休なんて・・・と渋られたら、この辺りのメリットを訴えかけてみても良いかも知れませんね。

関連記事

adviser

もし意に反して退職となってしまったら・・・

基本的に、育児休暇の取得は自分で交渉することとなります。会社の冷たい対応に傷ついたり、交渉のあまりの面倒さに退職を選ぶ人もいることでしょう。

そんな女性たちに、キャリアアドバイザーとして1つご提案があります。

育児中の仕事ができない期間を利用して、職場復帰に役立つスキルを身に付けてみませんか?

女性の育児とキャリアの両立を考えた際、おすすめしたいものは「Web制作」「プログラミング」「Webデザイナー」など、Web業界で役立つスキル。
これらのスキルには、下記のようなメリットがあるのです。

  • 事務職に復帰する際も、パソコンのプロとして面接で高く評価される
  • Web業界に正社員やパートで就職することもできる
  • 在宅で子供の面倒を見ながら仕事をするという選択肢もある

女性の場合、お勤めをしていても家庭の事情で離職を余儀なくされるという可能性が、ゼロではありません。
その点、Web業界のスキルであれば、活用の幅も広く、万一職を失った場合でも、自宅で開業ができるという強みがあります。

これらのスキルを身に付けるためにおすすめの通信講座を、いくつかセレクトしてみました。
それぞれのスクールで全く違う特色を持っていますので、ご自分にあったところを選んでみてください。

キャリアアドバイザーおすすめの通信講座情報を見る

さらに、IT業界は自宅で仕事をするリモートワークなどを積極的に取り入れているため、家庭の事情で離職しやすい女性でも仕事を続けやすい環境が整ってきています。
Web制作スキルの学習とIT企業への就職サポートをセットで提供しているスクールもあり、そういったところを活用して、理想の生き方を手に入れることもおすすめです。

就業祝い金をもらえば受講料が実質ゼロ円に!Webスキル習得とリモートワークOKなIT企業への就職支援をしてくれるパート女性におすすめのスクールはこちら

社会に属している以上は、自分の思い通りにいくことばかりではありません。
そんな中でも、理想の自分に近づけるようなスキルを身に付けて、ワーキングマザーとして少しずつ前進していって下さい!

育児休暇の途中で退職できる?~法律のおはなし~

育児休暇中に退職する場合には、手当を返金するって本当?!

実際に出産するまでは想像の範囲でしかない育児。

復帰をするつもりで育児休暇を取ったけれど、さまざまな事情から復帰を断念・退職する女性は存在します。
実際に育休を取った人のうち、復職するのは8割程度という数字も出ていますから、2割弱の人が職場へは戻らないのですね。

もし復職しなかった場合にはどうなるのでしょうか?

もらってしまった育児休業給付金について

育児休暇とは当然、復帰するために取得するものです。
そのため、復職しなかったら手当を返金する・・・という噂がネット上で流れていますが、法律上ではそういった規定はありません。

ただし、もし会社から独自の育児休暇手当が出る場合で、就業規則によってそれを「返金する」という決まりになっている場合は別です。
自分の会社の就業規則には、全てきちんと目を通しておきましょうね。

社内の人はどう思うか?

次に気になるのが、会社の上司や同僚の反応でしょう。
これはさまざまな人の声を集めましたが、退職することへの非難の声の方が大きいようです。(もちろん、復職しない理由にもよりますが。)

特に、日本の会社では育児休暇中の代替要員を確保しない傾向にあります。(これには、代替要員の確保が難しいという、社会の現状も大きく関与しています。)
そのため、不在の間フォローに回ってくれていた同僚からの怒りの声は大きい模様。

復職しないという判断をした際には、非難される覚悟は必要です。

復帰しないと決めたら、いつ言えばいい?

育児休暇中も、会社には在籍しているわけですから、復帰しない=退職です。
職場の就業規則に則って、退職を申し出ましょう。

稀に、復職を撤回したら「今すぐ辞めてくれ」と言われるケースがあります。

これは解雇に該当しますので、そう通達されて離職した場合には、離職理由を「解雇」とした離職票を出してもらってください。

関連記事

adviser

キャリアアドバイザーが選ぶ「子育てと両立できる仕事」とは

職場復帰するにしろ、退職の道を選ぶにしろ、子育てと仕事の両立は生半可な努力では実現しません。

キャリアアドバイザーとして長年、女性のキャリアと育児の両立を考えた結果、「子育てしながらできる仕事」というものがいくつか絞れてきました。
悩めるワーキングマザーのために、このサイト内でまとめていますので、一度ご覧になってみて下さい。

キャリアのプロがセレクト!育児と両立しやすい仕事ランキング

育児という大仕事を抱えながら、自分のキャリアも諦めない。情報を集めることで、そんな理想の生活にたどり着くためのプランを練りましょう!

派遣社員でも育児休暇は取れる?~分かりやすい育児休業法~

育児休暇を取りたい派遣さんは、契約期間に注目!

workreturn正社員でも取れるとは限らない育児休暇。
派遣の自分が取れるはずはないと思っていませんか?

法律を見ていくと、一定の条件に当てはまる人であれば、立場は関係なく取得することができます。
ただし、契約期間という大きなネックがありますので、これをクリアしながら育休を取るコツを探って行きたいと思います!

育児休業法の規定はどうなっているの?

育児休暇を取得するための条件は

  1. 同じ事業主に1年以上引き続き雇用された人
  2. 育休期間後も引き続き雇用されることが見込まれる人
  3. 子供が一歳になるまでの期間
  4. 労働者側から育児休暇を取りたいと申請する

上記のいずれにも該当する場合には、育休を取ることができます。(法律上では、会社に育休制度があるかないかは問いません。)

派遣さんが育児休暇を取る場合のネックは

この取得条件を見た時に、気になるのが1番と2番ではないでしょうか。

まず1番ですが、派遣社員の雇用主は派遣会社になります。
そのため、派遣先が変わっても、1年以上同じ派遣会社の仕事をしていれば、1番はクリアできます。
この場合、「引き続き」ですから、間をあけずに仕事をしている必要があります。

最大のネックは2番ではないでしょうか。
育休は子供が1歳になるまで取れる長い休業。
育休中に契約が終了してしまう人は、必然的に育児休業を取ることはできなくなってしまいます。

会社によって育児休暇の取りやすさが違う!

ここで注目したいのが、派遣会社の方針です。
もし育休の途中で契約期間が切れてしまう場合でも、直接雇用に切り替えて育休を取らせてくれる会社があるようです。

こればかりは、法律には規定がないため、会社の良心次第。
スタッフを大切にしてくれる会社を選ぶかどうかで、育児休暇の取りやすさは全く変わってくることと思います。

育休中からできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

adviser

育休が取れなくて悔しい思いをしたら

さて、キャリアアドバイザーとして活動をしている中で、育休が取れなくて悔しい思いをした女性たちの相談を何度も受けたことがあります。

法律が適用される正社員であっても、出産とともに退職を奨められてしまうケースがあるくらいですから、立場の弱い非正規雇用の人はなおのこと取得しづらいのが現実。

そういった人たちに私がおすすめしているのは、スキルを身につけて自宅で仕事をできる環境を得る道です!

そう聞くとハードルが高そうと思われるかもしれませんが、パソコンを使った職種では、意外と初心者も参入しやすいもの。
特に派遣のみなさんは、パソコンに自信のある人が多いのではないでしょうか?

Web制作やプログラムを習得して自宅で仕事ができれば、育休や復職の心配は必要ありません。仕事をする時間も自分で決められますから、育児と仕事の両立だってしやすいのです。

現在、自宅で仕事をするには、独立開業と、リモートワーク可能な企業に勤めるという2つの選択肢があります。
どちらにしてもまず、スキルを身に付ける必要があります。私がおすすめする通信講座をいくつかピックアップしてみましたので、ぜひご覧ください。

キャリアのプロ推奨!自宅で仕事をするスキルが身につく通信講座情報を見る

また、Web関連の講座とセットで、リモートワーク可能なIT企業への就職をサポートしてくれるスクールもあります。
企業に所属しながら自宅で仕事をしたい人は、ぜひ一度覗いてみてください。

就業祝い金が出れば受講料が実質無料に!Web制作とIT企業転職のセット講座について詳しく見る

出産と仕事を両立するために、会社の許可が必要ということはそもそもおかしなこと。社会が変わるのを待つのではなく、自分の人生を切り開けるワーキングマザーに成長しましょう!

育児休暇から復帰したい!~スキルアップのすすめ~

キャリアアドバイザーおすすめ!育児休暇から復帰しやすいスキル!

育児休暇からの復帰育休を取得した女性のうち、職場復帰を果たす人は8割強というデータがあります。

残りの2割弱の人は何らかの事情で職場に復帰できない人たちですが、その中には、会社の都合で戻す場所がなく退職を勧告される人もいます。

このページでは、そんな時にも前を向いて歩くことができる、おすすめのスキルをご紹介していきます!

子育てとの両立を考えてスキルを選ぼう

まずは、身に付けるスキルを選ぶ際に考慮するべきポイントを整理しておきましょう。
子供を持つ女性の場合、家庭の事情で仕事が続けられなくなるというケースも十分に想定できます。
そのため、下記のような条件を備えたスキルを選ぶようにしましょう。

  • オフィスワークへの復帰に役立つスキル
  • 転職をしたい場合にも役立つスキル
  • やろうと思えば自宅で仕事することもできるスキル
  • 忙しい時間の合間をぬって、自宅で勉強できるスキル

会社組織に属していると、家事と育児の両立はとても大変。
「必要を感じた際に自宅で仕事ができる」という要素を備えていることが、特に重要となってきます。

キャリアアドバイザーおすすめの職場復帰に役立つスキル

上記の条件を全て満たす職種として、下記のものが考えられます。

それぞれ、携わるまでに勉強をする必要のある職種ばかりです。
しかし専門性が高いからこそ、面接でも評価されますし、リモートワークや独立開業など、自由度の高い環境で稼ぐことができるのです。

また、事務職希望の人の場合にも、Web制作やプログラムの知識は、それだけパソコンに詳しいというスキルの証明にもなります。
これらを学ぶことで、ワードやアクセスのマクロやVBAなどへの抵抗感もなくなりますから、オフィスの業務改善という側面で大活躍できるはずです。

どれも通信講座で学べますから、忙しいワーキングマザーにはうってつけです。

adviser

おすすめの通信講座をピックアップ

しかし、一口で通信講座と言っても、数多くのスクールが存在しています。
選び方のコツとしては、プロとして十分なスキルを身に付けてくれるところを探すこと。また、卒業後に職に結び付けてくれるかどうかも、重要です。

そこで、このサイトでは私がおすすめしたい通信講座をいくつかご紹介しています。各校、全く特色が異なっていますから、ご自分の目的にあったところを選んでみて下さい。

キャリアアドバイザーがセレクト!おすすめ通信講座比較

また、近年はIT業界でリモートワークの導入が積極的に行われており、女性が仕事を続けやすい業界として注目しています。
ITスキルの習得と、希望するIT企業への転職をセットで提供している通信講座もありますので、興味がある方は覗いてみて下さい。

就業祝い金活用で受講料が無料に!Webスキル習得とIT企業就職ができる通信講座について詳しく見る

すんなりと育児休暇から復帰できることが最も理想的ですが、上手くいかないこともあるのが人生。
実力をつけて、すこしでも理想の生活に近づける努力をしましょう!

育休中からできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

育児休暇の手当はどう使う?~みんなの育休お金事情~

育児休暇手当の使い道、一番多いのは「子供のため」!

お金の使い道収入が減ってしまう育休中には、雇用保険から育児休暇の手当が出ます。

支給自体は数カ月遅れて入りますから、この使い道をどうするのか迷いますよね。
夫婦の間でその用途について意見が割れることもしばしば。
そこで、ここではみんなの声をあつめて「使い道」を探りました!

人それぞれの使い方を参考に、あなたのご家庭での方針を固めて下さい。

私は手当をこう使った!ワーキングマザーたちの生の声

  • 子供の学費のための貯金に回しました。
  • 学資保険の支払に!やっぱり子供のために使うのが一番でしょ。
  • 我が家は夫と私の遊行費にしてしまいました。
  • 学資とはまた別に、家計の将来のために貯金をしました。
  • 私の払った雇用保険料から出たものだから、これは私のもの!復職前のスキルアップに活用します。
  • 夫婦で育休を取った我が家では、その期間の収入減が激しかったので、生活費の補てんに充てています。

色々な声がありますが、やはりお子さんのために使うという人が多いようですね。
手当の使い方はもちろん人によって自由ですが、子育てにはお金がかかりますから、子供のために積み立てるということは賢明な選択肢だと思われます。

育児休暇中の手当はどんなものがあるの?

さてここで、育児休暇中にもらえる手当について整理しておきましょう。

  • 会社から貰えるもの・・・これは任意ですので、多くの会社では育休中は無給であることがほとんどです。
  • 雇用保険から貰えるもの・・・育児休業給付金と言い、休業前のお給料の50%が支給されます。ただし、休業中にお給料が出ている人はもらえないことがあります。支給期間は原則、子供が1歳になるまでです。

多くの人が、育児休業給付金だけでしょう。だいたいで計算すると、お給料が半分になるようなものですから、金額的にそんなに余裕はありませんね。

もし育児休暇後の復帰を撤回したらどうなる?

出産後は、お母さんの体力が戻らなかったり、お子さんが重病であったり、預け先が確保できなかったりなど、やむを得ないケースで職場復帰ができない場合があります。
また、寂しかったり、お子さんを預けることへの不安から、職場復帰を撤回する人がいることも事実。

この場合でも、育児休暇の手当を返金するような決まりはありません。しかし、不在の間の仕事をフォローしてくれていた会社の人にもいい顔はされないでしょう。できるだけ、育児休暇からはきちんと復帰するようにしましょうね。

ただし、どんな選択をするにも個人の自由がありますから、自分が幸せと思う方向を選ぶことがベストだと私は思います。

育休中からできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

adviser

子育てと仕事の両立に不安がある人へ

しかし復帰するしないにかかわらず、子育てが想像以上に大変で、仕事との両立に自信をなくす女性は少なくありません。

そんな女性たちのために、キャリアアドバイザーの立場から「子育てしながらできる仕事」に該当する種類の職種をまとめてみました。

決して職場復帰の撤回をおすすめしているわけではありませんが、長い将来の参考までに一度ご覧ください。

キャリアのプロが選んだ、子育てしながらできる仕事をもっと詳しく

世の中には、自分が想像もしなかったような選択肢が存在します。できるだけ情報を多く集めて、自分の理想の将来設計を立てるようにしましょうね!

育児休暇給付金について知ろう

育児休暇給付金の内容と手続きについて

chokinここでは、育児休暇給付金の詳細について解説していきたいと思います。

雇用保険から出るこの手当、収入が減ってしまう育休中の家計の味方。
もし育休に入った時に雇用保険から抜けてしまってももらえる可能性があるということ、ご存知でしたか?
また、ママとパパが二人で育休を取ると、貰える期間が少し伸びることも。

制度の内容を詳しく知って、最大限に活用する工夫をしましょう!

育児休暇給付金、その詳細を知ろう!

もらえる対象となる人

  • 男女は問いません、パパだって育休を取ればもらえます
  • 育休に入った時に雇用保険の被保険者である人
  • 育休に入った時に雇用保険の被保険者ではないけれど、休業前2年間に被保険者だった付きが12か月以上ある人(11日以上仕事をした月で数えます)

育児休暇給付金の額

育児休暇前のお給料とくらべて、休暇中のお給料が8割以下に減ってしまった場合、最大で休業前のお給料の50%が支給されます。(ただし、上限額は2か月ごとに213,450円。)
支給されるのは、子供が1歳になるまでです。

もらうための手続きについて

手続きは、初回は会社側、その後は会社か労働者側のどちらかでやるという決まりになっています。手続きはこんな感じで進んでいきます。

1.初回の手続きをする

初回の手続きは、会社が行うこととなります。

まず提出するものは、休業開始時賃金証明書。
この書類をもとに、育児休暇給付金の額が決定します。
この際に、育児休業給付受給資格確認票と、支給申請書を一緒に提出します。

2.その後、2か月に1回の支給申請の手続きをする

初回の申請が終わったら、2か月に1回、支給申請書を持参してハローワークまで手続きに行きます。
これは、会社でやっても労働者がやっても良いというルールになっていますので、会社からの指示に従ってください。
具体的な手続きの日は、ハローワーク側から「支給申請日」として指定されますが、電子申請も可能ですよ。

3.初回の手続きは育休期間の初日から4か月以内

初回の手続きは、支給が開始される期間の初日から4ヶ月が経過した月の末日までが期限となっています。
会社の担当者によっては、すぐやってくれる人と、ギリギリまでやってくれない人がいて、ママさんたちをやきもきさせるようですね。

初回の手続きばかりは、自分が代わりに行うことはできませんから、不安がある場合には会社に問い合わせをしてみて下さい。

受給期間が延びる「パパ・ママ育休プラス」について

通常、育児休暇給付金は子供が1歳になるまでしかもらえないのですが、下記の要件をすべて満たすと、1歳2か月まで延長されます。

  • 本人が取る育休開始の日が、子供が1歳を超える前であること
  • 本人が取る育休の初日が、配偶者が取る育休の初日以降であること
  • 配偶者の育休開始の日が、子供が1歳を超える前であること

この場合、子供が1歳2か月になるまでの間であれば、パパ、ママ共に最大1年間、育児休暇給付金がもらえます。

もし職場復帰を取りやめたら、もらった給付金はどうなる?

さまざまな事情から、育休中に職場復帰を断念する人もいることでしょう。
この場合、給付金の返金などの取り決めはありませんが、不在の期間をささえてくれた同僚や、代替人員を確保する努力をした会社からはいい顔をされません。
また、退職日が属する「支給期間」の分の給付金は支給されません。

育休中からできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

adviser

悪く思われても構わないから、職場復帰が不安という人へ

もしそれでも、どうしても職場復帰が不安な場合には、ある程度子供の手が離れてから職を確保するためのスキル習得を手に入れましょう。
子供が手を離れるまでには、数年間かかります。
その間には年齢も重ねますし、仕事のブランクとなってしまいますよね。
自然と、面接は通りにくく、以前のようなキャリア志向の仕事はできない可能性の方が大です。

そこで、キャリアアドバイザーの見地から「ワーキングマザーに最適な仕事とは何か」をまとめてみました。
しばらく復帰をしない方向でお考えの方は、お時間のある時に一度目を通して、今後のキャリアを考えるうえでの参考にして下さい。

キャリアのプロが徹底分析!子育てしながらできる仕事とは

あなたの人生ですから、どんな選択でも自由に選ぶことができます。ただし、その選択の結果、不満だらけの毎日になることが無いよう、努力は続けて下さいね。

育児休暇が無給なのは違法?適法?~給与に関する決まり事~

育児休暇の給与は支給がなくても違法ではない!

chokin政府の行っている雇用均等基本調査によると、平成24年度における女性の育児休暇取得率は、在職中に出産した女性のうち83.6%にまで登るそうです。

それだけこの制度が活用されているということですが、反面、長期に休業することによってお金の心配が出てきます。

ここでは、給与にはじまり、国から出る手当や社会保険料など、気になる育休中のお金について解説していきたいと思います。

育児休暇中の給与は「会社による」

育休は、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」という法律で定められた制度です。
長い名前ですので、ここでは「育児休業法」としておきたいと思います。

この育児休業法では、休業期間中の給与についての定めはされていません。
つまり、給与を出さなくても違法ではなく、実際、多くの会社では育児休暇中は無給となっています。

ただし雇用保険から育児休暇に対する手当が出る

給与は出ないことが多いですが、もしあなたが雇用保険に加入していた場合には、雇用保険から「育児休業給付」というものが支給されます。
これは、育児休業に入る前のお給料と、休業中のお給料とに差がでた場合、その割合によって手当が出るという制度。

あなたが雇用保険の被保険者であるか、休業前の2年間に雇用保険の被保険者として11日以上働いた月が12か月以上あれば、対象となります。
これは男性であっても貰うことができますから、育休を取ったイクメンの皆さんは是非手続きをして下さい。

育児休暇中の社会保険料は「0円」になります!

育休中は厚生年金や健康保険に加入したままとなりますが、それらの社会保険料は法律の決まりで免除となります。

ただし、「育休を取る労働者から会社に申し出る」ことが要件!

会社側の社会保険料も免除となるメリットがありますので、声をかけてくれる人事部も多いかとは思いますが、言われるのを待たずにあなたから申し出をして下さいね。

関連記事

adviser

育休後の復職に不安を感じている人へ

復職を約束して育児休業に入っても、ブランクが空くことや、会社に本当に戻れるのかなどの心配を抱えるワーキングマザーが少なくありません。

そういった人には、毎日15分でも30分ずつでも時間を割いて、スキルアップの勉強をしてみることがおすすめです。

子育て中では通学して勉強する時間などないはずですから、通信講座を活用することが大前提。身に付けたいスキルが学べるスクールで、通信講座があるところを探してみてください。

なお、キャリアアドバイザーである私のおすすめは、Web制作やプログラムなどのスキルです。なぜこれがおすすめなのかと言うと、家庭の事情で仕事が続けられなくなっても、専門職として自宅にいながらしっかり稼ぐことができるスキルだから。

つまり、現在のスキルアップだけではなく、万一に備えた保険にもなるのですね。

このサイトでは私がおすすめする通信講座をいくつかピックアップして、受講料ランキング形式でご紹介しています。
各校の特長はさまざまで、中には女性社長が作った、女性のキャリアアップ専門のスクールもありますよ。

キャリアのプロ推奨!Web制作の通信講座ランキングを見る

給与が出ず、毎日大忙しな育児休暇中。お金と時間を、最大限に有効活用して将来につなげて下さいね!

わかりやすい育児休暇まとめ〜育休について知ろう〜

育児休暇の全貌を知ろう!

育児休暇「育休って小さい子供を育てている正社員の女の人が取るためのもの。」・・・なんていうイメージをお持ちではないですか?

実は、正社員ではなくても取ることができますし、子供の年齢には規定があります。
更には、お父さんが取ることだってできるのです!

正しい知識を身に付けて、キャリアと育児の両立のために制度をフル活用しましょう!

特集!育児休暇12の質問

育休中のお給料はどうなるの?
法律の規定では、お給料については特に定められていません。そのため、会社によって出たり出なかったりでしょう。ただし、お給料に代わる手当がもらえますよ。

育休中の給与についてもっと詳しく

育児休暇給付金ってどんなもの?
雇用保険から出る給付金で、正しくは「育児休業給付金」と呼びます。休業前のお給料より、休業中のお給料が少ない場合に支給されますよ。

育児休暇給付金についてもっと詳しく

育児休暇で貰える手当、みんなどう使ってる?
手当が入金されるのは、育休が始まってから数か月後となるため、臨時収入のように捉える人もいます。先輩ママさんたちの声を集めてご紹介したいと思います。

育児休暇手当の使い道についてもっと詳しく

育休からの復帰に役立つスキルを教えて!
育休中にスキル習得を考えるなら、まずは自宅で学べるものにしましょう。更に、復職にも転職にも役立ち、場合によっては独立開業もできるものを選ぶと、万一の時に自分を助けてくれます。

職場復帰に役立つスキルについてもっと詳しく

派遣社員でも育休が取れるって本当?
契約期間に定めのあることの多い派遣さんの場合、育児休暇を取れる人と取れない人がいます。まずは法律の条件を自分が満たしているかどうか、確認しましょう。

派遣さんの育児休暇についてもっと詳しく

育児休暇中に退職することになってしまったら・・・?
理由はさまざまですが、育休を取得した人のうち2割弱の人が復帰していないという現実があります。退職の場合に考えなくてはならないことは、手当の受け取りと会社の人の反応です。

育児休暇中の退職についてもっと詳しく

パートですが、育休は取れないのでしょうか?
パートさんは、契約期間が決まっている人と、特に決まっていない人とで分かれると思います。それによって条件が変わりますが、基本的に育休を取ることはできますよ。

パートさんの育児休暇についてもっと詳しく

日本ではどんな会社が育休を取りやすいのですか?
それを知るには、政府が行っている育休取得率の調査を見てみると良いでしょう。会社規模や産業によって、大きな違いがありますよ。

企業や産業別の育児休暇取得率についてもっと詳しく

公務員の育休って民間より優遇されてるって聞いたけど?
公務員は、民間の会社員と適用される労働法が異なっています。育休の期間などの違いはありますが、一番違うのは「絶対に法律を守らなくてはならない」という点でしょう。

公務員と民間の育休の違いについてもっと詳しく

私は契約社員なので育児休暇は取れないですよね?
契約社員さんでも、契約の内容によっては育休を取ることができます。また、契約を更新した回数も重要になりますので、まずは法律に書かれている取得条件を確認しましょう。

契約社員さんの育児休暇についてもっと詳しく

育児休業法にはどんなことが書いてあるの?
育休について会社と交渉をするなら、育児休業法はおさえておきたいですね。取得できる人の条件や期間、お給料について、不利益な扱いを禁じたりなどという規定が書かれています。

育児休業法についてもっと詳しく

育児休暇中、上の子の保育園はどうしたらいい?
これは自治体や保育園によって変わってくることでしょう。先輩ママさんたちの声を集めてみましたので、参考にして下さい。保育園の問題は、職場復帰ができるかどうかを左右しますので、とても重要なことです。

育休中の保育園利用についてもっと詳しく

育休中からできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

adviser

もし育休から復帰できなくなってしまったら

育児の想像を超える大変さや体調不安、会社との交渉決裂、最悪の場合には戻る職場がなくなったなど、育休をとっても100%復帰できるとは限りません。

もし子育てと仕事の両立に不安を感じたら、私がこのサイトでまとめている「子育てと両立しやすい仕事ランキング」というページを見てみてください。

子育てとキャリアの両立で最も大切なのは、時間に融通が利くこと。
同じようにプロ志向で仕事をする場合でも、時間が自由に使える職種かそうでないかによって、子育てとの両立しやすさは全く変わってきます。

万一、育休から復帰することができなくても、前を向いて努力をすれば必ず社会復帰することができます。
お子さんとの時間を大切にしながら、ワーキングマザーとしての自分の人生もしっかり計画して下さいね。

産休中のお金の流れを知ろう~ボーナスはもらえるの?~

産休中のボーナスは、ずばり「会社による」!

money_bag_yenお給料が出ないことの多い産休中。この時期にボーナスの支給があると、経済的な余裕がかなり違ってきますよね。

しかしここで気になるのが、ちゃんとボーナスが支給されるのかどうかということ。
同僚や上司に聞いても、下手をすると会社に前例がないので分からないというケースがあります。

そこで、先輩ママさんたちはどうだったのか、法律ではどう定められているのか、情報を集めてみました!

先輩ワーキングマザーたちの「産休ボーナス事情」

  • うちの会社は全額出ましたよ。お給料がない時期だったので助かりました。
  • 私は産休中に賞与支給日があったんですが、休業が明けてもまだ支給されなくて、上司に聞いても「調べてみる」としか答えてもらえません。
  • 私は賞与の算定期間の途中から休業に入ってしまったので、出勤率を満たせなくて支給されませんでした。
  • 私の職場では、どの種類の休業中もボーナス出ないそうです。
  • 産休中の賞与は出ますが、休業そのものは査定で欠勤扱いになるそうで、次の賞与はもらえないようです。

こうしてママさんたちの声を並べてみると、会社によってかなりばらつきがありますね!
こういった規定は、会社が自由に決められるのか、次は法律の面から見て行こうと思います。

労働基準法ではこのようになっている

支給回数が年3回以下の賞与(ボーナス)は、法律上では「賃金」とはみなされません。
そのため、労働基準法では特別に規定がされておらず、支給する基準を会社が自由に決めて良いことになっています。

そのため、会社ごとに違っていて良いのです。ご自分の会社のルールがどうなっているのかは、就業規則などで確認するようにしましょう。

要チェック!産休を欠勤扱いしてはいけない!

労働基準法では正式名称で産前産後休業と言いますが、これを取得したことを理由として労働者に不利益な扱いをすることを禁じています。

産前産後休業を欠勤扱いしてボーナスが出ないということになると、休業が取りにくくなりますよね?
そのため産前産後休業=欠勤という扱いは、最高裁判所の2003年の判決で、「公序に反するもの」として無効であると定められました。

まとめると、ボーナスが出るか出ないかは会社の自由なのですが、産休を欠勤扱いとすることはNG!
おかしいなと思ったら、会社にしっかり交渉するようにしてください。

関連記事

adviser

うちの会社は子育てしながら仕事がしにくいと感じたら

法律で権利が約束されているかどうかとは別に、産休や育休で会社ともめて、幻滅して退職するという女性も少なくありません。
「法律はうちの会社には適用されない」と言われたという話も聞きます。

日本ではまだまだ「男性的な働き方」が主流ですから、女性がキャリアと育児の両立を求めると、働きにくいと感じる場面が多いと思います。

そんなワーキングマザーのために、キャリアアドバイザーの立場から「子育てしながらできる仕事」を分析し、まとめてみました。
各仕事を5点満点のチャート形式で評価していますので、それぞれ比較しやすいと思います。もし、今よりもっと子育てとキャリアをラクに両立させたいとお考えでしたら、参考までに一度ご覧になってみて下さい。

キャリアのプロが徹底分析!子育てしながらできるお仕事

終身雇用が崩れたいま、会社にしがみつくだけがキャリアではありません。
自分の理想とする生活を手に入れるため、まずは現状の見直しからしてみませんか?

産休手当はいつもらえるの?気になる支給時期

産休手当の支給時期は、手続きしてから数か月後!

産休中は、お給料がもらえないケースがほとんど。
その代わりに社会保険から各種の手当が出ますが、お給料のように、休んでいる間は毎月決まった時期にもらえると思っていませんか?

産休手当の支給時期を勘違いしていて、うっかり生活費が足りないなどということのないよう、ここでしっかり学んで下さいね。
ちなみに、会社が出してくれる手当の支給時期については、会社に問い合わせるようにして下さい。

手当の種類と支給時期

社会保険から出る産休手当。具体的に言うと、現在加入している健康保険から出されます。

国からもらうお金ですから、受け取るためには手続きが必要。
支給は、手続きが完了してからになります。

出産手当の名前 出産育児一時金 出産手当金
もらえる金額 赤ちゃん一人あたり42万円 産休した日ごとに、標準報酬日額の3分の2
手続き 病院で受け取り出産費用と相殺するか、自分で受け取るか選べる。
自分で受け取る場合は出産日以降2年以内に、申請書類を会社を管轄している全国健康保険協会の支部に提出する。
会社で手続きをしてもらうか、自分で手続きをする。
自分で行う場合には、産後8週間が過ぎてから、申請書類を会社を管轄する全国健康保険協会の支部あてに提出する。
支給時期 手続きが終わってから1~2か月後 手続きしてから約3週間後

この2つの手当のうち、支給が家計と密に関係するのは「出産手当金」の方だと思います。
産後8週間後に手続きをして、更に3週間以上待つ形となりますので、出産してから3か月は入ってこないつもりでいましょう。

みんなに聞いた「産休手当の使い道」

ところで、これらの手当、先輩ママたちはどのように使っているのでしょうか?
女性たちの声を集めたところ、支給が遅いこともあり、「臨時収入」と捉えて使う人が多いようです。

  1. 家計の将来のために貯金する
  2. 子供や自分のための買い物をする
  3. 社会復帰のためのスキルアップに使う

このように、使い道は人によってさまざま。中には、自分のお洒落のために使うという人もいました。

関連記事

adviser

キャリアアドバイザーおすすめの産休手当の使い方

キャリアアドバイザーの立場からすると、おすすめなのは3番のスキルアップ。

女性は子供を持つと、自分では望まなくてもキャリアを諦めなくてはならないことがあります。
そんな時でも復職に役立つスキルがあれば、前を向いて歩き続けることができますよね。

このサイトでは、ワーキングマザーのために「子育てしながらできる仕事特集」を組んでいます。
その中から、自分に合ったスキルを探してみて勉強してみて下さい。
育児もキャリアも諦めない、理想の自分を手に入れる第一歩となるはずです。

キャリアのプロが提唱!子育てしながらできるお仕事特集

産休はどんな人が取れるの?~その取得条件を解説~

「労働者」であることが産休の取得条件!

maternity「自分は正社員じゃないから、妊娠したら退職しなくちゃならない」と決めつけていませんか?

産休は労働基準法に定められた制度であり、取得条件も法律によって判断されます。
イメージだけで考えて退職という選択肢をしないよう、どんな決まりになっているのか正確に把握しておきましょう!
(ここに掲載している情報は、2014年3月現在のものです。)

取得条件は「労働者」であること

労働基準法によって定められた「労働者」には、産前産後休業(=産休を取得する権利があります。
そのため、取得条件を知るには、その「労働者」の定義を要チェック!

  • 「労働者」の定義・・・事業または事業所に使用されるもので、賃金を支払われる者

つまり、どこかに雇われて賃金を貰う人全てが、「労働者」と呼ばれます。
ここには、正社員や契約社員であるとかパートであるなどの区別はありません。
あなたが「雇われてお給料をもらう人」であれば、産休の取得条件を満たしているのです。もちろん派遣さんだって労働者ですから、取得条件を満たしますよ

取得条件を満たしても契約期間が途中で切れてしまったら?

ただし、雇用契約の期間が決まっている契約社員さんや派遣さんなどの場合には、産休の途中で契約期間が切れてしまうケースがあるかも知れません。

「産前産後休業+その後の30日間の解雇」は禁じられているのですが、契約が終了してしまうことは原則、解雇に該当しません。もし会社が契約を更新してくれない場合には失業してしまうかも知れませんね。

しかし、あなたの契約を更新した回数や勤続年数によっては、更新が解雇とみなされる場合があります。長年当たり前のように契約更新を重ねてきて、いざ妊娠した途端に更新されなくなってしまった場合などは、念のため労働基準監督署などに相談してみて下さい。

現実問題としてパートや契約社員が産休を取れるか?

さて、ここまで法律上のお話をしてきました。しかし、いくら法律の取得条件を満たすと言っても、パートさんや契約社員さんが産休を取るということは、正社員より難しいという現実があります。

産休を許さないということは会社が悪いのですが、難色を示す上司や会社を説得してまで職場復帰したくない・・・という人も中にはいるでしょう。
労働局に相談をしても、会社と交渉をするのは労働者本人の義務ですから、赤ちゃんのためにストレスを回避したいですよね。

産休中からできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

adviser

産休を取得できなかったら?

そういう人には、出産までの時間を利用して「出産後の就職に役立つスキル」を習得することをおすすめします。
キャリアアドバイザーの見地から、ワーキングマザーとなる皆さんにおすすめしたいものはWeb制作のスキル。

Web制作とは、ホームページやスマートフォンのアプリを作る技術ですね。
このスキルには、こんなメリットがあるのです。

  • 初心者でも1カ月程度で学習できる
  • スクールの費用が10万以下でプロデビューできる
  • いま売り手市場であるWeb業界に転職ができる
  • パソコンスキルが重視される事務職などに復帰する際も、プログラムができると面接の際に一目置かれる
  • プロフェッショナルとしてしっかり稼ぐことができる
  • 自宅で子供の面倒を見ながら、独立開業することもできる

非常に活用の範囲が広いため、いつどういった事情で仕事が続けられなくなるか分からないワーキングマザーの皆さんには、うってつけなのです。

とくに私がおすすめしたいのは、育児とキャリアを両立できる「自宅での独立開業」。とは言え、お勤めしかしたことのない人には不安も多いでしょう。Web制作者として自宅で仕事をするということがどういうことなのかまとめてみましたので、一度目を通してみてください。

チャート形式で読む!フリーランスで活躍するってどういうこと?

まだまだ女性が、育児と仕事を両立しづらい日本社会。悔しい思いをしながら社会が変わるのを待つよりも、自分が動いて理想の生活を手に入れましょう!

産休とはどんな制度?~働くママの労働基準法~

労働基準法に定める産休の決まりを知ろう!

「子供産んだら1カ月ぐらいで仕事に復帰したいんで、産んだらできるだけ早く連絡しまーす」なんて言って、産休に入っていく人がいます。
仕事熱心だな、感心感心・・・とか言っている場合じゃありません、労働基準法違反ですよ!
労働基準法を知らないでいると、悪気はないのに違法行為をしてしまうことも。
ワーキングマザーとして、自分に関わりのある制度の決まりはしっかり押さえておきましょう!

労働基準法における決まり

産休は、正式名称を産前産後休業と言い、労働基準法の第65条に規定されています。
具体的な内容を分かりやすくまとめると、このようになります。

  • 期間は産前の6週間(多胎妊娠の場合は14週間)と産後8週間。
  • 産前に関しては、女性労働者からの申し出があった場合、会社はこの期間の就業をさせてはならない。
  • 産後に関しても8週間は仕事をさせてはならないが、出産した女性労働者が希望して、かつ医師の許可があった場合には、6週間を超えたら仕事に復帰させてよい。

つまり、産休は女性から会社に申し出る必要があり、産後6週間は何があっても仕事をしてはいけないという内容になっています。
もしあなたの会社の産休制度が、この決まりよりも長く設定されていたら、それは会社の女性労働者に対する思いやりですね。

その他妊婦に関する決まりはどうなっているか

労働基準法にはその他にも、妊婦さんや産後1年を経過しない女性(妊産婦と呼びます)に関する決め事があります。

「出産」の定義は
妊娠85日を過ぎたら、死産も含め「出産」となる
出産日はどう扱うか
「産前」の期間に含める
出産が予定より遅れたら
実際の出産から8週間が「産後」となる
産休中のお給料は?
労働基準法に規定はないので、無給でも構わない
妊娠中、仕事が負担な場合は?
妊婦さんは他の軽易な業務への異動を申し出ることができる。ただし、そういった業務がない場合、会社側は仕事を作ってまで異動させる必要はない。これは女性が管理職である場合にも、申し出る権利がある。
妊婦さんがついてはいけない業務
坑内(鉱山など)での労働、有毒ガスや重量物を扱う業務、その他妊娠や出産に有害と思われる業務。
産後1年を経過しない女性がついてはいけない業務
有毒ガスや重量物を扱う業務、その他妊娠や出産に有害と思われる業務。坑内労働は、妊産婦が申し出た場合にはつかせてはならない。
残業、休日出勤、深夜労働について
妊婦さん、産後1年未満の女性とも、女性から申し出があった場合には時間外労働・休日労働・深夜労働をさせてはならない。ただし、女性が管理職の場合には、深夜労働をのぞき、この規定は適用されない。
妊娠や産後の検診や保健指導について
会社は、妊娠中の女性や産後1年以内の女性が保健指導や健康診査を受けるための時間を確保しなくてはならない。
妊娠を理由として解雇などをすることについて
妊娠を理由としての解雇や減給、パートへの転換など、不利益な取り扱いをすることは禁止されています。

妊娠中の女性管理職が残業や休日出勤をしないという申し出ができないのは、そもそも管理職には残業や休日出勤という概念がないから。
もしあなたが会社内で管理職として扱われていても、残業代や休日出勤代が支給されている場合には、労働基準法で言う「管理職」ではありません。

なお、管理職であっても深夜残業の規定は適用されますから、妊娠中の女性管理職であっても、深夜残業をしないよという申し出をすることは可能です。

関連記事

adviser

産休を有意義に過ごすには

今まで見てきたように、産休は労働基準法で定められた労働者の権利。遠慮しすぎず、しっかりと希望を会社側へ伝えて下さい。

ちなみに、キャリアアドバイザーの立場から産休の使い方をアドバイスさせて頂くと、復職後のキャリアアップにつながるスキルを習得してみることをおすすめします。

もちろん産後は状況がどうなるか分かりませんから、産前の6週間で身に付くものにしましょう。
もしどんなスキルがいいか思いつかないようであれば、Web制作のスキルがおすすめ。

他の人とちょっと違った専門性の高いスキルですし、転職にも役立ち、万一お勤めを続けられなくなった場合にも、自宅での独立開業を目指せます。
子供ができると、思いがけず予定していたキャリアを諦めざるを得ない状況に直面する可能性はぐっと増えます。そのため、このように多角的に活用できるスキルを持っておくことは重要。

受講料が抑え目で、初心者をプロにまで育ててくれる通信講座をいくつかピックアップしてみましたので、一度ご覧になってみて下さい。

キャリアのプロおすすめの通信講座情報を見る

ともあれ、しっかりと産休制度を活用して、元気な赤ちゃんを出産して下さい!
ここを読んでいるあなたが、ワーキングマザーとして、ますます輝く女性になれますように。