育児と仕事を両立するにはどんな会社に転職するのがベスト?

LINEで送る
Pocket

働くママに聞いた!育児と仕事を両立しやすい会社

15627

共働き世帯の増加により、仕事と家庭を両立しやすい職場環境づくりや、職場における子育て支援は徐々に広がっているように思います。

しかし、一方では、時間短縮勤務の義務付けがあるにも関わらず、暗黙の了解により、出産を機に退職したなんていう話も少なくありません。社会制度が変わっても、会社側の意識が変わらなければ無いのと一緒。育児の両立に協力的な会社は、まだまだ自分で探さなければ見つからなさそうです。

そこで、柔軟な働き方を実際にしているママワーカーに取材をし、「ママが働きやすい環境とはどういう職場か?」を聞いてきました。転職する際のポイントがどこになるのか、今後の参考にしてみましょう。

育児と両立しやすい勤務スタイル4選

まずは、子育てをしながら働くママが、「あったほうが良いと思う社内の勤務制度」について見ていきましょう。

時間短縮勤務(時間になったら帰りやすい雰囲気)

時短勤務を活用しても業務量が変わらず、周りの人も忙しそうで引き継ぎがしずらい状況・・・。保育園のお迎えのために帰りたくても、無理してついつい残業なんてこともありそうです。気にせず帰る勇気も必要ですが、理解がある上司や同僚がいるに越したことはないですよね。

フレックスタイムなど、時間の調整ができること

時期によって、保護者行事などが入ることもあります。1時間残れる日もあるけど、早く帰らなければいけない日もある子育てママにとって、時間のスライドができる環境があるとだいぶ違うようです。

同じように子育てしながら働いている女性が職場にいる

やはり頼りになるのが、同じ状況の仲間です。先人がいることで、気持ちを共有したり、相談したりできますね。

リモートワーク(在宅ワーク)

発熱や体調不良により保育園に預けられないなんてことは、小さいお子さんがいるご家庭では良くあることだと思います。業務によって何日も休めない状況だと、家で仕事できないかな?と一度は考えるもの。在宅ワークができるだけで、復職のハードルが一気に下がりそうですよね。

 

勤務体制を柔軟にした場合の企業側のメリットとは?

では、社員にとってよりよい勤務体制にした場合の、企業側のメリットを見てみましょう。会社側にデメリットばかりでは、状況はよくなりませんね。実際にフレキシブルな勤務体制を実施している経営者に取材した内容をまとめてみました。

これから人口減少の一途をたどっていく日本社会で必要なのは、一人当たりの生産性をあげることと、今までしていなかった人材をマッチングすること。採用の門戸を広げることで、優秀な人材の採用と、人員ボリュームを確保することができる。
──株式会社キャップクラウド/代表取締役:萱沼徹さん 
取材記事ページはこちら
自分が満員電車で通勤することが嫌いなんで、リモートワークも可能にしています(笑)。
あとは、女性のほうがきめ細かい仕事をしてくれますし、積極的に雇いたいと思っているので、女性にとって働きやすい環境であることが必要だと感じている。
──株式会社Miew/代表取締役:刀禰 真之介
子育てや介護などの事情によって、外で働きたくても働けない方々が、在宅ワーカーとして活躍できる世の中を創りたいという思いで、設立した会社なんです。
──株式会社うるる/人事部長:秋元優喜さん
取材記事ページはこちら
社員全員がリモートワークとフレックスタイムを活用しています。社員にとって一番仕事が捗る状況を考えて、今の体制になりました。
─株式会社Orange/代表取締役:甲斐孝太郎さん
取材記事ページはこちら

 

企業別のテレワーク(在宅勤務)導入率

働くママの味方ともいえる在宅ワーク。どういう業種で導入が進んでいるのか、平成27年に調査された企業別のテレワーク(在宅勤務)導入率を現したグラフを見ていきましょう。

テレワーク導入企業推移2

出典:総務省「地方創生と企業におけるICT利活用に関する調査研究」(平成27年)

”情報通信業”であるIT企業で、テレワーク(リモートワーク)の導入率と検討率が圧倒的に多いですね。この結果から、出産後の女性も働きやすい企業といえるでしょう。

 

 通勤時間の削減できたら何に有効活用するか?

次に、リモートワークで在宅を勤務した人が、削減できた通勤時間をどのように活用しているのかを見てみましょう。

統計引用元:国土交通省都市局~平成27年度テレワーク人口実態調査~

女性比でみた場合、1.「育児子育て」、2.「食事・家事」、3.「買い物」がTOPに入りました。削減できた時間を家事や育児に活用できるのは女性にとってうれしいですね。

働き方改革を実施している企業をご紹介

では、実際に柔軟な働き方を実施している企業は、どんなことをしている会社なのかをまとめてみました。

育休の入りやすさは職場の雰囲気から。在宅ワークのスタンダード化へ── 株式会社うるる

うるるは、子育てや介護などの事情によって、外で働きたくても働けない方々が、在宅ワーカーとして活躍できる世の中を創りたいという思いで、設立した会社なんです。

株式会社うるる取材記事ページはこちら

 

社員全員がリモートワークを実現中。働き方改革に本気で取り組む会社──Orange株式会社

自分たちが率先して、仕事をしながら子育てしやすい会社を作りたいと思っています。誰もが自分の好きな仕事に就ける世の中が理想なので、例えば会社に託児所を作ったりなどを考えています。Orangeでなら、そういう職場が作れると思います。

株式会社Orange取材記事ページはこちら

 

kayanumasan3

社員にとって働きやすい会社へ柔軟に変化していくIT企業──キャップクラウド株式会社

弊社では、「一人にひとつの働き方」を支援するため、リモートワークを取り入れた社内制度があります。具体的には4つの所属グループに分けて、働く場所の選択肢を広げています。

例えば、Aグループは「基本的にリモートワーク」、Bグループなら「申請不要でいつでもリモートワークができる」などです。自分の仕事と生活状況に沿った働き方が、選択できるようになっています。

キャップクラウド株式会社取材記事ページはこちら

柔軟な働き方が広まりつつあるIT企業!

現在、働き方改革が進んでいて、売手市場であるIT企業。このサイトを運営している私たちも、リモートワークがどんどん広がってほしいと考えています。もし、将来のビジョンに迷っていたり、子育てと仕事の両立に悩んでいたりする方がいましたら、Webスキルを磨いて、IT業界に転職するのはいかがでしょうか。

資料にもあるとおり、パソコン一つあれば場所を選ばず仕事ができるプログラマーや、エンジニア職のリモートワーク導入は、今後も必ず広がっていきます。そうすれば通勤の時間を減らして、自分の時間や、子供と向き合う時間を増やすことができますから、これを活用しない手はないです。

また、このサイトを作った私たちが運営しているプログラミングスクールのGeekGirlLaboでは、在宅でWebスキルが学べる通信講座制のスクールのため、会社に勤務しながら空いた時間に勉強ができます。

卒業後は、女性のための転職支援GeekGirlCarrerで転職して、プログラマーとしてのキャリア形成に役立てましょう。実践で知識が身に付けば、リモートワークに切り替えた働き方を選ぶこともできます。

時代は移り変わり、自由な働き方が増えている昨今、手に職をつけて理想の働き方を手に入れましょう!

The following two tabs change content below.
This entry was posted in 転職.