幼稚園と保育園の違いは?共働きで幼稚園を選ぶメリット

幼稚園と保育園の違い

幼稚園ってどんな場所?

文部科学省が管轄している「教育施設」で、入園できる年齢は3才~小学校入学前までです。

年齢に達してれば誰でも申し込みが可能。保育料はどの幼稚園も一律で決まっています。

保育園ってどんな場所?

厚生労働省が管轄している「児童福祉施設」で、入園できる年齢は0才~小学校入学前までです。

親が働いていたり、病気などの理由で充分な保育ができない場合に申し込みが可能。保育料は世帯収入によって異なります。

 

幼稚園のメリットとデメリット

では、幼稚園に通うメリットとデメリットを順に見ていきましょう。

筆者の子供(幼稚園年少の息子が一人)が、実際に入園して思ったこともコメントしてみました!

幼稚園のメリット3つ

比較検討できて、入園しやすい

幼稚園はそれぞれの園で教育方針が異なり、見学会やプレ保育が実施されています。

それらを体験した上で、入園したい幼稚園を自分で希望することができます。

また、希望する幼稚園のプレ保育を利用していると、入園がスムーズに決まりやすい傾向があります。(人気が集中している一部の幼稚園は除きます)

一方の保育園ですが、許可園は自治体が管理しているので、選考の結果、落選してしまうことがあります。

地域によっては深刻な待機児童問題があり、フルタイムの会社員でも保育園に入れなかったという声も上がっているのが現状です。

  • 入園の約1年半前から、近所の幼稚園見学会を4つ参加しました。お勉強系、のびのび系、両方ともまんべんなく…と幼稚園によって特色があり、どこに決めようかギリギリまで検討しました。1年間プレ保育に通ったため、入園はスムーズに決まり、手続きも簡単でした!

 

教育プログラムが充実している

幼稚園によって違いはありますが、読み書きや体操、工作などプログラムが充実しています。

最近では英語教育やリトミックに力を入れている園もあります。

また、保育園に比べ園庭が広いので、遊具が豊富なことも嬉しいポイントです。

  • お勉強と運動が半々の幼稚園を選んだので、読み書きはもちろん、フラッシュカードや習字、毎朝の体育運動があります。工作で作ったものは持ち帰って見せてくれるので、楽しみの一つとして大事に保管しています!

 

保育後の習い事が多い

子供に習い事をさせてあげたいと思うママは多いですが、そこで問題になってくるのが送り迎えの負担ですよね。

未就学児の習い事は15~18時に設定されていることが多く、仕事をしながらだと毎週は難しい…と諦めてしまいがちです。

幼稚園では保育後にそのまま習い事ができることが多く、ママの負担が減るのでとても助かります。

習い事の種類も英語やスポーツ、芸術など幼稚園によって様々です。

  • 英語教育が重要視されているので、園でも習い事として外部の英会話教室の先生が入り、朝と降園前に英語のレッスンがあります。他にもサッカーや体操、ピアノ教室があるので、子供が年中クラスになったら興味があるものをさせてあげたいな、と思っています!

 

幼稚園のデメリット3つ

一日の保育時間が短い

ほとんどの幼稚園では朝の9時~14時くらいが保育時間です。

この時間外に預けるとなると延長保育を利用することになります。全ての幼稚園で実施されている訳ではないので、事前に確認する必要があるでしょう。

また、幼稚園では夏休みや春休みといった長期休暇があります。

この期間内は預け先の確保が最優先なので、幼稚園の夏季保育を利用したり、家族の協力が必要不可欠です。

  • 通園バスを利用していますが、朝の8時半に見送りをして、お昼の14時半~15時に迎えが必要です。もう少し長い方が助かるなと正直思いますが、どうしても時間が欲しい時には延長保育や夏季保育を利用しています。

 

行事や保護者会が平日にある

幼稚園の行事や保護者会は平日に行われることが多くなります。

日程は事前に分かるので、会社の有給や半休を取得して参加することになります。

ママだけではなくパパの参加もできると負担が減るので、夫婦で話し合う必要があります。

  • 通わせている幼稚園では、親参加の行事は月1~2程度で主に平日です。他の幼稚園ママの話を聞くと、さらに回数が多い幼稚園もあるようです…平日なので事前に仕事の休みを取らないといけません。

 

昼食がお弁当の日もある

保育園では毎日給食ですが、幼稚園では「週に〇日だけお弁当」「毎日給食」など園によって異なります。

もしアレルギーを持っている場合は、除去食の対応が可能かどうか、幼稚園に問い合わせましょう。

  • 週に1回、お弁当の日があります。朝作るのは大変ですが、子供が喜んで持って行ってくれるので頑張って用意しています!もし週に2~3回だった場合は、負担が大きいなと感じます。

 

幼稚園を選ぶ場合、ママが働きやすい仕事は?

在宅ワークは時間の融通が利く

「これから幼稚園に通わせて、いずれは自分も仕事をしたい!」「今の働き方に不安があるから、他の仕事が気になっている」というママはいませんか?

そんなママにおすすめしたいお仕事は「在宅ワーク」です。

在宅ワークは時間の融通が利くので、平日に行われる幼稚園の行事や保護者会にも参加しやすくなります。

子供が病気で具合が悪くなった時にも助かりますよね。

在宅ワークはスキル不問のものから専門知識が必要なものまで様々です。

ある程度のまとまった収入を得るには専門知識が必要なので、子育てで忙しいママは隙間時間を使って学べる通信教育のスクールを選ぶと良いでしょう。

未経験でも在学中に実際の案件に触らせて貰えるスクールもあるので、ぜひチェックしてみてください。

通信教育&未経験でも挑戦できるスクールはこちら

 

幼稚園の夏休み中、仕事はどうする?預かり保育は使える?

1ヶ月以上ある幼稚園の夏休み、その長い夏休みをどうやって乗り越えるか…頭を悩ませるワーキングママも多いのではないのでしょうか?

夏休みでも仕事を休めないというママにとって有難いのが幼稚園の預かり保育です。

今回は夏休み中の預かり保育について考えていきます!

 

幼稚園の夏休みってどのぐらい?保育料は?

幼稚園の夏休みは、地域によって差はありますが一般的には7月20日前後~8月31日の約40日間になります。

この期間中にお泊り保育や夏季保育といった登園日が設けられています。

 夏休み中の保育料は?

ほとんどの幼稚園が、夏休み中でも7月8月の保育料を通常通り支払います。

年間にかかる保育料を12ヶ月で割って計算しているので、幼稚園に行っていない夏休み中でも保育料が発生するためです。

幼稚園によっては夏休み中に支払いがないところがありますが、その分、通常保育料が少し高く設定されているので、実質的には同じです。

 

夏休み中でも仕事をする場合は?

幼稚園に子供を預けているワーキングママの場合、お仕事の時間やシフトを減らしたり、その期間だけお休みをもらえるのであれば助かりますが、職種が限られているのが現状です。

夏休み中の子供の預け先として主に挙げられるのが「実家や親せきの家」と「幼稚園の預かり保育」の2パターンです。

 

家族や親せきの家に預かってもらう

自分または夫の実家に見てもらうパターンが一番多いでしょう。

お金や時間を気にせず預けられますが、身内だから遠慮がない分、親への負担が大きくなってしまうことが気になります。

また、核家族化が進んでいるので、お互いの実家を頼れないご家庭も少なくはありません。

 

幼稚園の預かり保育を利用する

幼稚園によっては、夏休み期間中でも預かり保育を実施しているところがあります。

通常保育料とは別で、預かり保育料を支払うことで利用することができます。

預かり保育料は各園によって差がありますが、1時間あたり数百円~、1日(6~8時間)1,000~2,000円程度です。

中には月謝制で預かってくれる幼稚園もあるようです。

給食を提供するかどうかは幼稚園によって異なるので事前確認が必要ですね。園バスは利用できない幼稚園が多いので、ママやパパの送迎が必要です。

 

 預かり保育を使う2つのメリット

安心して仕事ができる
普段働いているママは、夏休みは子供との時間を大切にしたいと思いつつも、お仕事の心配もしてしまいますよね。預かり保育を利用することで子供はお友達や先生と遊ぶことができるので、ママも安心して仕事ができます。
他のクラスの子とも交流できる
預かり保育は通常保育とは違い、縦割り保育を実施している幼稚園が多いです。普段遊ばないお友達と接することで、色々なことを学べるので良い経験になりますね。

 

夏休みでも働き方を変えずに働くことって可能?

幼稚園の預かり保育は通常は月~金の平日で、お盆の期間は実施していません。

また、幼稚園側の理由で実施していない日があったり、定員以上になると預かりができない幼稚園もあります。

普段どおりの働き方ができないので、精神的な負担を抱えるママもいるでしょう。

 

在宅ワークだと臨機応変に対応できる

もし、「長期休暇でも働き方を変えずに子供と過ごしたい」「長期休暇をどうしようと悩んで仕事を始められない」といったママがいらっしゃったら、「在宅ワーク」という働き方をおすすめします。

在宅ワークは場所に縛られることなく、自分の裁量次第でお仕事を進めることができます。

子供の行事や病気にも臨機応変に対応できるので、働く幼稚園ママにぴったりな働き方です!

 

<在宅ワークについてまとめてみました>

子育てしながら仕事するにはやっぱり在宅!~その実際を一挙公開~
在宅ワークのメリットとデメリットは始める前に知っておきたいポイントです。在宅ワークでよくある質問についてもまとめています。

在宅ワークにどんな種類があるの?案件数の多い在宅ワークは?
在宅ワークにはどのような業務があるのでしょうか?実際の案件数データを元に、各業務ごとの仕事内容を分かりやすく解説しています。

web系在宅ワーク 求人数から見る未経験からのおすすめランキング
子育て中で今からスキルを身につけたいママにとって、未経験から挑戦できる在宅ワークは必見です。クラウドソーシングサービスの求人数を元に、おすすめの在宅ワークをランキング形式でご紹介しています。

子供を幼稚園に通わせながら仕事はできる?幼稚園ママが働く方法
働き方に制限がある幼稚園ママにおすすめしたい在宅ワーク「Web担当者」。Web担当者の仕事内容やメリットについてまとめています。

在宅ワークの始め方~キャリアアドバイザーが解説!~
「在宅ワークを始めてみたい!でもどうやったら始められるのか分からない…」そんなママにキャリアアドバイザーがお答えします。ビジネスマナーや税金の手続きなどは必ずチェックしておきましょう!

 

子供を幼稚園に通わせながら仕事はできる?幼稚園ママが働く方法

子供が幼稚園に通い始めると、やっと自分の時間が確保できるようになりますよね。

空いた時間を有効活用しようと「仕事を始めたい!」「教育費や習い事のお金が必要!」と考えるママも多いのではないでしょうか?

今回は幼稚園ママが働く方法について考えていきます!

 

幼稚園ママが働きにくいのはなぜ?

一般的に、幼稚園ママがいざお仕事を始めようとしても、なかなかハードルが高いのが現実です。幼稚園ママが働きにくい原因は主に3つあります。

 

保育時間が短い

幼稚園の登園時間は一般的に14時頃なので、朝行ったと思ったらすぐに帰ってきます。

保育園は17~18時まで預かってくれるので、大きな違いですよね。

この間に働こうと思っても遠くまでは働きに出られませんし、勤務時間もどうしても短くなってしまいます。

 

午前保育や長期休暇がある

幼稚園は保育園に比べて行事が多く、学期末などになると午前保育が多くなります。

また、夏休みなどの長期休暇に預かり保育をしてくれる幼稚園もありますが、全ての幼稚園が対応してくれる訳ではありません。

身近に子供を預かってくれる人がいると問題ありませんが、そうでなければ難しいでしょう。

 

通い始めは病気をもらいやすい

これは保育園でも言えることですが、通い始めは病気への免疫がついていないので病気をもらいがちです。

やっと治ったと思っても次の病気になってしまったりと、病院通いが多くなります。

子供が病気になるたびに仕事を休まなければならないので、パートで働こうと思っても諦めてしまうママも多いのが現状です。

 

幼稚園ママの働き方

周囲の幼稚園ママはどういった働き方をしているのでしょうか?

幼稚園というと専業主婦のイメージが強いと思いますが、実際にはパートタイムで働いている人や中には自分で起業されている人もいます。

次は幼稚園ママが働くにはどういった点を気をつければよいか、一緒に見ていきましょう。

 

幼稚園の特徴を事前にチェック

幼稚園によって特徴は大きく差があります。

幼稚園に通わせながら仕事をしたい!という人は、次の3つのポイントをクリアできるかどうかをチェックしましょう。

  • 延長保育はできるか?長期休暇の預かりは?
  • お弁当の日はどのぐらい?給食は?
  • 送迎バスは利用できるか?

この3つのポイントをクリアできると、幼稚園ママでも働きやすくなります。

いざという時のために、ファミリーサポートセンターや民間のベビーシッターサービスも調べておくと安心ですね。

 

幼稚園ママにおすすめ!Web担当者のお仕事

幼稚園や周囲の協力を得ることができても、なかなか良いパート先が見つからない…そいういったことも充分に有り得ます。

そこで、子供が幼稚園に行っている限られた時間でできるお仕事としておすすめしたいのが「Web担当者」のお仕事です。

 

Web担当者のお仕事とは?

Web担当者(以下、Web担)と聞いてもイメージがなかなか浮かばないと思いますが、分かりやすく言うと「ホームページの運営と制作」が主な仕事内容です。

ホームページをこまめに更新してメンテナンスしたり、レポートなどを見ながらホームページに集客するための改善を行っていきます。

 

<Web担当者の4つメリット>

  • 1日数時間でも可能なので子供の迎えにも間に合う(目安は週20時間未満)
  • 在宅でできるので通勤しなくても大丈夫
  • 納期が厳しくないので、安心して続けられる
  • 実務経験として評価されるので、いずれ就職したい人にピッタリ

 

Web担のお仕事をするためには、Web制作・デザイン、ディレクション、運用…といった幅広い知識が求められます。

これらの知識を習得するには専門スクールで学ぶのが一番の近道です。

企業とのマッチングまでを行っているスクールもあるので、ぜひチェックしてみてください!

→Web担コースと企業とのマッチングまでを行っているスクールは?