【時短レシピ】たたききゅうりは3分で手軽に作れてダイエットにも◎

材料を切って調味料と一緒に揉むだけ!ダイエットにも良いたたききゅうり

たたききゅうり

材料

  • きゅうり
  • ごま油
  • 豆板醤
きゅうりを用意します

 

(1)きゅうりを乱切りにします。

IMG_5849

(2)きゅうりをビニール袋に入れます。

IMG_5850

(3)塩をひとつまみいれます。

IMG_5851

(4)ごま油を入れます。

IMG_5853

(5)お好みで豆板醤を入れます。

きゅうり4本の場合、小さじ1/4くらいが、ピリ辛くらいの辛さです。

IMG_5854

(6)ビニール袋の上から揉みます。

IMG_5855

(7)お皿に盛りつけて完成♪

たたききゅうり

ワンポイント

  • 鍋やタッパーを使わないので、洗いものがラクなレシピです♪
  • 時間がある時は、切る前に塩を振って板ずりをして、トゲトゲを取っておきましょう。忙しい時は省略しちゃいましょう。
  • ビニール袋は、スーパーのお持ち帰り用ビニールだと水分が滲み出てしまうことがあるので、100均などで買ったものを使いましょう。
  • 豆板醤は、入れすぎると辛くなってしまうので、最初は少しずつ味を見ながら足しましょう。
adviser

ピリ辛たたききゅうりはダイエットに最適!

さらに、1987年にギネスブックに「世界一カロリーの低い果実」として掲載された、お墨付きの低カロリー食材です。

その上、ホスパリーゼという脂肪分解成分が含まれているため、ダイエットに効果的と言われています。

また、イソクエルシトリンという成分に利尿作用があり、老廃物や毒素を排出したり、むくみを解消する効果があります。

低カロリーの上に脂肪を分解してくれて、さらにむくみを解消してくれるなんて、ダイエットには最高のお野菜ですね♪

さらに、豆板醤に含まれる唐辛子にも、脂肪燃焼の効果があります。豆板醤を入れて、更にダイエット効果を高めちゃいましょう!

【簡単作り置きレシピ】レンジで5分、めんつゆで揉むだけ!ナスの煮浸し

レンジとめんつゆで簡単作り置き!ナスの煮浸し

簡単!なすの煮浸し

材料

  • なす(一袋)
  • めんつゆ(濃縮)
なす

作り方

(1)なすを食べやすい大きさに切って水にさらします。

なすを水にさらします

(2)水を切って、皿に移します。ラップをかけてレンジで加熱します。

レンジで5分

時間は、ナスの分量やレンジのワット数によって調節してください。しんなりしていればOKです。
目安としては、ナス一袋・600Wの場合は5分程度です。

(3)ナスをやけどしない程度にさまし、ナスとめんつゆをビニール袋に入れます。

ナスをビニール袋に入れます

(4)よく揉みます。このまま冷蔵庫で冷やします。

ナスを揉みます

(5)完成♪

簡単!なすの煮浸し

ワンポイント

  • その場で出すよりも、冷蔵庫で冷やすと味が染みて更に美味しくなるので、たくさん作り置きして平日の一品にくわえるのがおすすめ!
  • ビニールで揉み込む時、一緒にすりおろした生姜を入れるとさらに美味しい!時短なら生姜チューブを使おう!
  • ビニール袋は、スーパーのお持ち帰り用ビニールだと水分が滲み出てしまうことがあるので、100均などで買ったものを使いましょう。
adviser

ナスを食べて夏バテを乗り切ろう!

ナスには身体を冷やす効果があります。
「秋なすは嫁に食わすな」ということわざはここから由来しています。秋の涼しい時期にナスを食べて妊婦さんが身体を冷やすと、流産などの危険があるからです。
暑い夏には、冷たいナスを食べて、夏バテ予防をしましょう!

また、ナスに含まれるナスニンという物質は、眼精疲労に効果があると言われています。
プログラマーコーダーなどの、パソコンを長時間見るお仕事をされている方におすすめです!

他にも、ナスには抗酸化作用があるため、老化を防ぐ、コレステロールを抑える、ガン予防などの効果もあるといわれています。
家族にもぜひ食べて欲しい野菜ですね!