子育てと両立できる仕事を徹底解説!〜ティッシュ広告入れの内職編〜

ティッシュ広告入れの内職は、単純作業でとても簡単!

パソコンが普及した現在も、手作業での内職は健在です。従事する人には、パソコンが得意でないけれど、家事や育児、介護など、何らかの事情により外で仕事ができない主婦の方が多いようです。その中でも特に作業が簡単と思われるティッシュ広告入れがどんな仕事なのか、チャート形式で分かりやすく解説して行きたいと思います。

ティッシュ広告入れの内職とはどんな仕事か
・ポケットティッシュに広告を入れていく仕事
・部品組み立てなどと比較すると、作業は簡単
・数千個単位での仕事の依頼であることが多く、ティッシュ置き場を確保する必要がある
・細かいパーツがなく誤飲の危険が低いため、小さいお子さんがいる家でも安心

この仕事を評価すると

評価の解説
・始めやすさについて(5点満点中4点)
技能や経験は不問ですので、たいへんスタートしやすい仕事です。ただ、ティッシュを保管する場所の確保は必要ですから、4点としました。

・時間の自由度について(5点満点中5点)
自宅でやる仕事ですので、途中で家事をやっても誰にも文句は言われません。

・報酬について(5点満点中1点)
1個0.3円~1円とかなり低報酬ですので、1点としました。

・続けやすさ(5点満点中3点)
簡単な仕事ですが、単純作業の繰り返しになりますので、向き不向きがはっきり分かれます。長く続く人と、そうでない人の差が激しいため、3点としました。

・復職しやすさ(5点満点中1点)
子育てがひと段落した際に、会社勤めへ復職しようとした場合、この仕事が復職のチカラになる可能性は低いと思われます。

ティッシュ広告入れのメリット・デメリットを知ろう
・メリットはスキルが不要で作業が簡単なこと
ティッシュに広告を入れていくだけですから、誰にでも門戸が開かれた仕事と言えます。もちろん仕事ですからきれいに入れる努力は必要ですが、他の内職と比較して、簡単な部類であると言えそうです。

・デメリットは復職を視野にいれた時、役立つスキルが身に付かないこと
こういった繰り返し作業の好きな人が結構いますが、残念ながらオフィスワークへの復職を考えた時、武器になることはないでしょう。また、単価が安く稼ぎにくい仕事ですので、そこもデメリットと言えます。

ティッシュ広告入れをする場合のポイントは
・悪質業者さんに注意!
この作業に限らず、内職全般に言えることですが、まれに高い報酬を謳って人を集めているところがあります。言ってみると、仕事をするためにお金を払わなくてはならず、しかもその後仕事が紹介されない…。悲しいことに、こういった良くない業者さんも現実として存在しますので、信頼できる取引先を選びましょう。

この仕事で稼いだ経験者のリアルな声

回答者:23歳ワーキングマザー(匿名希望:既婚)

1.ティッシュ広告入れをはじめてどのくらい経ちますか?
3か月になりました。

2.報酬はいくらくらい貰っていますか?
1個1円計算で、最近は慣れてきたので、月20000個くらいさばきますかね。でも、子供に手がかかるので、これ以上はちょっと時間的に無理な気がしています。

3.家庭との両立で、気を付けたことは?
うちの旦那は、私が家で仕事をしていても全然嫌がらないので、とくにありません。家事の合間に作業できますし、両立はラクですよ。テレビをつけながらチャッチャとこなしてます。
あ、でも、一度子供に広告を破られたことがあって発注元に叱られたので、手が届かないよう気を付けながらやっています。

子育てしながらできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

・キャリアアドバイザーとしてこの仕事を総評すると
以上の情報をまとめると、この仕事は、下記のような人に向いていると言えるでしょう。

・同じ作業をスピード感もってひたすら繰り返すのが好きな人
・お勤めする時間が取れないが、額が少なくても何か仕事をしたい人
・オフィスワークに復職する予定のない人

内職の中では、比較的作業がラクな部類に入りますが、もし将来的に復職したり、お金をしっかり稼げる人材になりたい人には物足りないかも知れません。

もし今スキルがなくても、少しパソコンの勉強をすれば、もっとスキルが身に付く在宅ワークはいくつかあります。
その中でも特におすすめは、webサイトを作る「コーダー」。初心者でもとっつきやすく、1カ月ほどで専門的スキルを身に付けることができます。そして、コーダーは在宅での仕事数も多いのです。

ワーキングマザーの仕事は、家庭の状況に大きく左右されます。しかしパソコンの普及した現在、努力をすれば自宅でプロの仕事ができる時代となりました。
せっかく仕事をするなら、自分も成長できるやりがいのある仕事を選んでみてはいかがでしょうか。

This entry was posted in 内職.

子育てと両立できる仕事を徹底解説!〜組み立ての内職編〜

組み立ての内職は、スキルは不要ですぐ始められる!

「子供が小さくて家を空けられないから」、「お勤めすると家事との両立が不安だから」。そういった理由で、内職を検討するワーキングマザーは少なくありません。手作業での内職は、さまざまな種類が存在しています。ここではその一つである「組み立て」という仕事について、特徴や単価の相場、メリット・デメリットを解説していきます。

組み立ての内職とはどんな仕事か

  • 一口に「組み立て」と言っても、ボールペン、箱、アクセサリー、電子部品など多様な品物がある。
  • 特別なスキルはいらないので、すぐに始められる。
  • ものによって変動はあるが、ボールペンなどであれば、1つ0.5円~1円程度が相場。
  • シール貼りなどと比べると、少し器用さが求められる。

この内職を評価すると

construct

評価の解説

始めやすさについて:★★★★(5点満点中4点)
スキルや経験は問われませんので、はじめることは簡単です。しかし、もしかすると手先が不器用な方には不向きな可能性もあるため、4点に抑えました。
時間の自由度について:★★★★★(5点満点中5点)
内職は、自分の好きな時間に仕事をすることができますので、時間の自由度は非常に高いです。
報酬について:★★★★(5点満点中1点)
さきほども述べましたが、1件0.5円~1円と、単価は安い傾向にあります。それなりの額を稼ぐには、大量にこなす必要があるでしょう。
続けやすさ:★★★★★(5点満点中3点)
同じ作業を一人で黙々とこなすことになります。報酬も安いですから、そういった手作業が好きな人でないと、長く続けることがつらく感じられる可能性があります。
復職しやすさ:★★★★(5点満点中1点)
単純作業であるだけに、ビジネススキルが身に付くということはありません。産休・育休後の復職時に役立つかというと、その可能性は低そうです。

組み立てのメリット・デメリットを知ろう

メリットは手先が極端に不器用でなければ、特にスキルはいらないこと
仕事をはじめるにあたって、経験やスキルが問われるわけではありませんから、誰でも始められるということが最大のメリットでしょう。
自宅での作業ですから、基本的には自由に時間を使うことができます。
デメリットは、単価が安く、いわゆるビジネススキルは身に付かない
仕事として数をこなせば、上達する喜びは得られると思います。
ただ、単価が安くまとまった稼ぎにならないことと、もし将来的にオフィスワークへの復職を考えている場合には、それを後押しするスキルが身に付かないことがデメリットと言えます。

組み立ての内職をするポイントは

発注元の業者さんをしっかり見極めよう

ごく稀にですが、仕事をあっせんする代わりに手数料や登録料を取るという業者さんがいます。こういった業者さんの中には、お金だけ回収して仕事を紹介しないという悪質なものも混ざっています。
通常、仕事をもらうのにお金を払うということはありませんので、信用のおける業者さんと付き合うようにしましょう。

小さいお子さんがいる家は、商品の保管場所に注意

組み立ての内職は、細かい部品が何パーツも大量に手元に届きます。小さいお子さんがいる家庭では、お子さんの誤飲や、部品を壊してしまうなどの事故が起きないよう、しっかり管理してください。

この仕事で稼いだ経験者のリアルな声

回答者:25歳ワーキングマザー(匿名希望:既婚)

組み立ての内職をはじめてどのくらい経ちますか?
先月の途中からはじめて、そろそろ1か月がたちます。
報酬はいくらくらい貰っていましたか?
私の場合、ボールペン組み立てですが、1本1円です。頑張っても、月に10000円ですかね。
家庭との両立で、気を付けたことは?
2000本を4日で組み立てたりするので、結構時間を食いますから、家事はできるだけ急いで片付けて時間を確保しています。また、子供が小さく、部品を口に入れそうなので、気を配りながらやっています。

子育てしながらできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

adviser

キャリアアドバイザーとしてこの仕事を総評すると

組み立ての内職は、下記のような人に向いていると言えるでしょう。

  • ものを作る作業が好きな人
  • 要領よく、スピード感をもって作業ができる人
  • 納期を守って、納品できる人
  • 稼ぎがお小遣い程度で構わない人

特別なスキルが必要ないですが、1000本を2日などといったハイペースな納期設定がされますので、ある程度集中して仕事をする必要があります。
報酬を考えると、ハードな仕事と言えますね。

同じ在宅での仕事なら、今スキルがなくても少し勉強すれば、もっと稼げる仕事があります。
もしパソコンが好きであれば、コーダーの勉強をしてみると、単価も良いですし、プロとしてのスキルを習得でき、復職にも役立ちます。

仕事は自分の適性とともに、なりたい自分を想像して選ぶと、よりベターですよ。

This entry was posted in 内職.

シール貼りの内職編〜子育てと両立できる仕事を徹底解説!〜

コツコツ取り組むシール貼りの内職は、スキルが不要で敷居が低い!

子供が小さいうちは、なかなか外に出て仕事をすることが難しいもの。ワーキングマザーの多くが、一度は「内職」という選択肢を検討したことがあるのではないでしょうか。ここではキャリアアドバイザーの立場から、数ある内職から「シール貼り」という仕事をピックアップして、その特徴を分析して行きたいと思います。

シール貼りとはどんな仕事か

  • 商品にシールを貼っていく仕事である
  • シールの種類は、値札やあて名、場合によっては印刷物の訂正文など、種類はいろいろある
  • 貼る対象の品物もシールの種類によって、箱であったり封筒であったり、さまざま
  • シールと、それを貼る対象物の2つは商品であるため、きれいな状態で保管する必要がある
  • 丁寧さとスピードが求められ、同じ作業を同じ精度で繰り返すことができる必要がある
  • 単価はシール1つ貼るごとに、0.1円~2円程度が相場

この仕事を評価すると

評価の解説

始めやすさについて:★★★★(5点満点中4点)
何かスキルが必要ではありませんので、誰でも始めることができます。求人数が少ないという欠点がありますので、4点としました。
時間の自由度について:★★★★★(5点満点中5点)
納品の期日さえ守れば、自分の好きな時間に作業ができます。
報酬について:★★★★(5点満点中1点)
報酬は、1シールあたり0.2円~2円と、かなり低価格。しっかり稼ぎたい人には、物足りないかも知れません。
続けやすさ:★★★★★(5点満点中3点)
難しいことはありませんが、同じ作業を大量に繰り返すことになりますので、それを辛いと感じる人もいるようです。また、納期に間に合わない場合には、深夜に作業をする必要も出てきますので、続けやすさは3点としました。
復職しやすさ:★★★★(5点満点中1点)
シール貼りでは、特別なスキルは身に付きませんから、産休や育休の後の復職の時に役立つということはあまりなさそうです。

シール貼りのメリット・デメリットを知ろう

メリットは特別なスキルが不要なこと
シールを貼って行けば良いだけですので、特別なスキルは必要ありません。作業をする時間も、自由に決めることができます。ただし当たり前ですが、納期は厳守!また、丁寧に仕上げることも意識して取り組みましょうね。
デメリットは求人が少なく収入が安定しないこと
現在、内職そのものの求人数はあまり多くありません。そのため、毎月同じように稼ぐことは難しいと言えます。
また、いくら続けてもビジネススキルに繋がる可能性は低いということも、デメリットの一つでしょう。

シール貼りの内職をするポイントは

業者はしっかり選ぶ

内職の欠点は単価が安いことですが、時折単価が高いことを謳っている業者さんがいます。全部とは言いませんが、中には詐欺まがいの悪質な業者さんが混ざっていることも事実。
また、悪質な業者の中には、仕事を始める前に手数料や登録料を取るというところもあります。100%とは言い切れませんが、仕事を始めるのに、発注元にお金を払うということは通常ありません。
宣伝文句に惑わされず、信用できる業者さんを選びましょう。
同じ内職の経験があるお友達に紹介してもらっても良いでしょうし、場合によっては、ハローワークに求人が出ていることもあります。

納期を守るために、作業の計画を立てましょう

この仕事には、品物を納品する納期があります。自由に時間が使える仕事ですが、作業量は少なくありませんから、納期から逆算して、一日このくらい作業をするという計画を立てましょう。

この仕事で稼いだ経験者のリアルな声

回答者:43歳鈴木さん(既婚)

シール貼りの内職をはじめてどのくらい経ちますか?
今はやっていませんが、子供が生まれてから小学校に上がるまでの間、とびとびで合計3年近くやりました。
報酬はいくらくらい貰っていましたか?
5000円~10000円程度でしょうか。10000円もやると、毎日結構な時間を使うようになります。子供が小さくて遊んでいるよりは、少しでも家計の援けになればという感覚でした。
家庭との両立で、気を付けたことは?
空いた時間で作業をしますから、基本的に家事と仕事の両立という面で苦労はありません。ただ、子供が小さいうちは、「商品」を触らせないように気を付けました。

子育てしながらできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

adviser

キャリアアドバイザーとしてこの仕事を総評すると

シール貼りは、下記のような人に向いていると言えるでしょう。

  • 家事の合間を有効活用したい人
  • 同じ作業をコツコツ繰り返すことが好きな人
  • 特別なスキルを今は持っていないが、在宅で仕事をしたい人
  • 納期を守るためなら、夜でも作業ができる人

こういった作業がお好きであれば別ですが、同じ「スキルを持たない人」でも、もう少し稼げる在宅ワークはいくつかあります。
もし家にパソコンがあるなら、それを活用することを検討した方が、効率的に在宅で稼ぐという意味では良いかも知れません。

もし一般事務レベルでパソコンが使えて、在宅ワークをしながら、今後に役立つスキルも身に付けたいのであれば、「コーダー」という職種の勉強をしてみることがおすすめ。
仕事の数もシール貼りの内職より数がありますし、単価も良く、将来復職する際の援けにもなりますよ。

在宅コーダーは仕事と家庭の両立への近道!コーダーの仕事について詳しく見る

This entry was posted in 内職.

在宅での内職特集〜ママに最適な仕事を探せ〜

時間は自由、でも稼ぎは少な目!在宅でやる内職特集

一般家庭のパソコン普及率は、現在平均して80%に迫る勢いとなってきました。それに伴い、在宅ワークもパソコンでできるものが数多く登場していますが、パソコンが苦手という人の在宅ワークとして、手を使った作業も根強い人気を持っています。在宅ワークは、家事と仕事の両立を狙うワーキングマザーに最適な仕事形態。ここでは、昔ながらの手作業での在宅ワークの特徴をチャート形式でまとめ、一目で比較できるようにしました。

シール貼り作業の内職

値札、宛名、バーコードなどさまざまなシールを在宅で商品に貼っていく仕事です。単価の相場は1つにつき、0.1円~2円。スキルなどは求められませんが、まとまった額を稼ぐには、相当な量をこなす必要があります。ただ簡単ですから信頼できる取引業者さんを見つけられれば、長く続く人もいます。在宅ですから、空き時間で仕事ができ、時間の自由度はとても高いですよ。

seal

メリット
難しいスキルは不要ですので、やると決めればすぐにでも始められる仕事です。慣れてくると、素早くきれいに貼ることができるでしょう。
デメリット
スキルが身に付きませんので、もし将来的に一般企業などへの復職を考えている場合の援けにはならないでしょう。
pointあまり美味しいことを謳っている業者さんの中には、悪徳業者さんも混ざっています。仕事は友達からの紹介や、ハローワークなどで探してみると良いでしょう。一回に請け負う作業の量は少なくありませんから、在宅ワークと言えども、納期を守るために計画性をもってこなすことが必要です。

シール貼りの内職についてもっと詳しく

組み立て作業の内職

ボールペンやアクセサリー、場合によっては電子部品などを在宅で組み立てる仕事です。単価の相場はボールペンであれば1つ0.5円~1円と、シール貼りとそんなに変わりません。電子部品などになると、扱いに気を遣うケースもあるでしょう。場合によっては始めるにあたって経験やスキルは問われませんが、内職の中でも、やや器用さが求められる仕事と言えます。

construct

メリット
スキルが不要で、誰でもすぐに始められ、時間の自由度が高く、家事との両立がしやすいことが最大の魅力です。ものを作るという作業が好きな人に向いているでしょう。
デメリット
頑張った割にはスキルが身に付かず、報酬も少ないと感じてしまう可能性があります。会社勤めへの復職の援けにも、ならないと思われます。
point組み立てるものによっては、細かい部品が何種類も大量に届きます。誤飲の危険性があるため、お子さんが小さい家庭では、管理に注意が必要です。やっていくうちに上達する喜びがあるでしょうけれど、復職に際しての武器にならないことが残念です。

組み立て作業の内職についてもっと詳しく

ポケットティッシュに広告を入れる内職

よく街頭で配られている、広告の入ったポケットティッシュを在宅で作る仕事です。ポケットティッシュの裏面に、広告を折っていれていくだけ。単価は、1個0.3円~1円程度であることがほとんどのようです。細かいパーツなどはありませんから、お子さんが小さくても事故が起こりにくい内職と言えます。配布前の広告が見られるという、ちょっとした役得もあります。

tissue

メリット
内職の中でも作業が簡単で、はじめることに抵抗感のない仕事です。広告やティッシュは場所を取りますから、保管場所だけしっかり確保しましょう。
デメリット
他の内職と同じく、この仕事もまとまったお金を得る手段にはなりません。スキルが身に付くこともありませんので、キャリアアップには繋がりません。
pointどの内職とも共通していますが、高い単価を謳った悪徳業者さんには気を付けましょう。通常、仕事をするためにお金を払って登録をしたり、手数料がかかったりするということはありません。作業を繰り返すことが好きな人は、信用できる発注元を確保すれば長く続けられる内職でしょう。

ティッシュ広告入れについてもっと詳しく

adviser

キャリアアドバイザーによるまとめ

在宅で行う内職特集、いかがでしたでしょうか。どの内職にも共通して言えることは、単価が安いということですね。正直、同じ時間を使うには勿体ないように思えます。
同じ在宅で仕事をするのであれば、パソコンを活用した在宅ワークの方が、もっと稼ぐことができます。
また、Webサイトを作る分野であれば、初心者でもプロのスキルを身に付けた専門職を目指せます。
どうしてもパソコンが嫌いということでなければ、ちょっと頑張って、パソコン在宅ワークを目指してみてはいかがでしょうか。

This entry was posted in 内職.