育児休暇給付金について知ろう

LINEで送る
Pocket

育児休暇給付金の内容と手続きについて

chokinここでは、育児休暇給付金の詳細について解説していきたいと思います。

雇用保険から出るこの手当、収入が減ってしまう育休中の家計の味方。
もし育休に入った時に雇用保険から抜けてしまってももらえる可能性があるということ、ご存知でしたか?
また、ママとパパが二人で育休を取ると、貰える期間が少し伸びることも。

制度の内容を詳しく知って、最大限に活用する工夫をしましょう!

育児休暇給付金、その詳細を知ろう!

もらえる対象となる人

  • 男女は問いません、パパだって育休を取ればもらえます
  • 育休に入った時に雇用保険の被保険者である人
  • 育休に入った時に雇用保険の被保険者ではないけれど、休業前2年間に被保険者だった付きが12か月以上ある人(11日以上仕事をした月で数えます)

育児休暇給付金の額

育児休暇前のお給料とくらべて、休暇中のお給料が8割以下に減ってしまった場合、最大で休業前のお給料の50%が支給されます。(ただし、上限額は2か月ごとに213,450円。)
支給されるのは、子供が1歳になるまでです。

もらうための手続きについて

手続きは、初回は会社側、その後は会社か労働者側のどちらかでやるという決まりになっています。手続きはこんな感じで進んでいきます。

1.初回の手続きをする

初回の手続きは、会社が行うこととなります。

まず提出するものは、休業開始時賃金証明書。
この書類をもとに、育児休暇給付金の額が決定します。
この際に、育児休業給付受給資格確認票と、支給申請書を一緒に提出します。

2.その後、2か月に1回の支給申請の手続きをする

初回の申請が終わったら、2か月に1回、支給申請書を持参してハローワークまで手続きに行きます。
これは、会社でやっても労働者がやっても良いというルールになっていますので、会社からの指示に従ってください。
具体的な手続きの日は、ハローワーク側から「支給申請日」として指定されますが、電子申請も可能ですよ。

3.初回の手続きは育休期間の初日から4か月以内

初回の手続きは、支給が開始される期間の初日から4ヶ月が経過した月の末日までが期限となっています。
会社の担当者によっては、すぐやってくれる人と、ギリギリまでやってくれない人がいて、ママさんたちをやきもきさせるようですね。

初回の手続きばかりは、自分が代わりに行うことはできませんから、不安がある場合には会社に問い合わせをしてみて下さい。

受給期間が延びる「パパ・ママ育休プラス」について

通常、育児休暇給付金は子供が1歳になるまでしかもらえないのですが、下記の要件をすべて満たすと、1歳2か月まで延長されます。

  • 本人が取る育休開始の日が、子供が1歳を超える前であること
  • 本人が取る育休の初日が、配偶者が取る育休の初日以降であること
  • 配偶者の育休開始の日が、子供が1歳を超える前であること

この場合、子供が1歳2か月になるまでの間であれば、パパ、ママ共に最大1年間、育児休暇給付金がもらえます。

もし職場復帰を取りやめたら、もらった給付金はどうなる?

さまざまな事情から、育休中に職場復帰を断念する人もいることでしょう。
この場合、給付金の返金などの取り決めはありませんが、不在の期間をささえてくれた同僚や、代替人員を確保する努力をした会社からはいい顔をされません。
また、退職日が属する「支給期間」の分の給付金は支給されません。

adviser

悪く思われても構わないから、職場復帰が不安という人へ

もしそれでも、どうしても職場復帰が不安な場合には、ある程度子供の手が離れてから職を確保するためのスキル習得を手に入れましょう。
子供が手を離れるまでには、数年間かかります。
その間には年齢も重ねますし、仕事のブランクとなってしまいますよね。
自然と、面接は通りにくく、以前のようなキャリア志向の仕事はできない可能性の方が大です。

そこで、キャリアアドバイザーの見地から「ワーキングマザーに最適な仕事とは何か」をまとめてみました。
しばらく復帰をしない方向でお考えの方は、お時間のある時に一度目を通して、今後のキャリアを考えるうえでの参考にして下さい。

キャリアのプロが徹底分析!子育てしながらできる仕事とは

あなたの人生ですから、どんな選択でも自由に選ぶことができます。ただし、その選択の結果、不満だらけの毎日になることが無いよう、努力は続けて下さいね。

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。ワーキングマザーどっとこむの、主に「ワーク」に関する記事を担当。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー