契約社員でも育児休暇は取れる?!~労働者の権利について~

LINEで送る
Pocket

契約社員にも育児休暇を取る権利アリ!

あの人は正社員だけれど、私は契約社員だから、産休とか育休は取れないんだよね・・・。
そんな風に思ってあきらめている人、多いのではないでしょうか?

法律上では、正社員も契約社員もおなじ「労働者」です。
雇用の条件によっては、正社員と同じ権利を主張できるのですよ?

まずは法律を知って、会社と交渉する知識をつけましょう!

育児休業法での決まり

育児休暇を定めた法律を見ると、「契約期間に定めのない労働者」は原則として育休を取る権利を持っているとされています。
この場合、労働者側から申し出をする必要がありますが、法律上では、会社はこれを拒否することができません。

契約期間が決まっている「契約社員」はどうなるの?

契約社員という肩書の人はほぼ全員、契約期間が決まっていると思います。
このような「期間の定めのある労働者」については、下記2点を満たす人に、育児休暇の権利が発生します。

  • 同じ事業主(会社)に引き続き1年以上雇用されていること
  • 子供が1歳を超えても、引き続き雇用されることが見込まれること

つまり、1年以上同じ職場で仕事をしていて、育休後まで契約期間がある場合は会社に申し出ることができるということです。

ちなみに、何度も契約を更新してきて、更新されるのが当たり前となっている場合には、「無期契約」の人と同じ扱いをされます。
もし、育休を申し出たら契約が更新されなくなってしまった場合には、労基署に相談しましょう。

育児休暇を申し出たら「辞めてくれ」と言われた場合

ただし、日本の企業では、契約社員さんに育児休暇を取らせないと考えている企業が多いでしょう。条件を満たしているから育休を申し出たら、退職を勧告されてしまう人も実際にはいます。

この場合、下記のように伝えて交渉するようにしましょう。

  • 育休取得を理由に不利益な扱いをすることは法律で禁じられている
  • 労働基準監督署に相談に行くつもりである

言いにくいかも知れませんが、この2点はあなたが主張できる部分です。納得がいかないのであれば、粘り強く交渉を重ねて下さい。

adviser

子育てと両立しやすい仕事はないのか

私はキャリアアドバイザーとして、さまざまな女性労働者の相談に乗ってきました。

そんな中で、女性のキャリア形成には、育児と両立できるかどうかが最重要であることを実感しています。

そこで、さまざまな仕事の特徴を項目別に評価することで、子育てと両立しやすい仕事とは何かを探し当てました。
このサイト内で、その結果をご紹介していますので、キャリアを本気で考える女性は是非ご覧ください。

キャリアのプロが分析!子育てと両立できる仕事ランキング!

まだまだ女性が働きやすいとは言えない日本。社会が変わるまでには数十年かかるのではないかと、私は考えています。
それであれば、働きやすい環境を自分の手で作り上げる方が近道。
キャリアも育児も諦めないワーキングマザーとして、輝いて生きましょう!

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。ワーキングマザーどっとこむの、主に「ワーク」に関する記事を担当。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー