パートだけど育児休暇が欲しい!~分かりやすい育児休業法~

LINEで送る
Pocket

パートの立場でも、法律的には育児休暇が取れる!

parttimerたとえパートの立場であっても、その職場や仕事が好きなら、長く続けたいと思うことは自然なこと。
しかし妊娠・出産を機に辞めなくてはならないとしたら、これは寂しいですよね。

ここでは育児休業法をひもといて、パートさんが育児休暇を取るにはどうしたら良いのか探って行きたいと思います。

育児休業法ではどのように定められているか

基本的に法律上では、正社員であっても非正規社員であっても、条件を備えていれば育休は取れることとなっています。
パートさんの場合、ネックになるのがこの「条件」。育休が取れない場合はどんなときなのか、見て行きましょう。

契約期間が決まっていなければ取得OK

あなたは有期契約(労働契約に決まった期限がある)で仕事をしていますか?
もし、特に契約期間が決まっていないのであれば、原則的には育児休暇を取る権利があります。この場合、会社が拒否することはできません。

ただし、下記に該当する場合には育休を取れませんので、職場の就業規則をよく確認して下さい。

  • 勤め始めて1年未満の労働者には育休を取らせないという決まりが会社にある
  • 1週間に働く日数が、2日以下の労働者には育休を取らせないという決まりが会社にある

有期契約の場合にはどうなるの?

雇用契約の期間に定めがある場合には、下記2点を満たしていないと育児休暇を取得する権利が発生しません。

  • 同じ事業主に引き続き1年以上雇用されていること
  • 子供が1歳に達する日を超えても、引き続き雇用されることが見込まれること

ただし、何度も契約を更新している場合には、無期契約の人と同じ扱いになることがあります。育休を取ったら契約が打ち切られてしまった場合などは、労働基準監督署に相談しましょう。

会社側にもメリットがある

もしあなたがパートでも雇用保険に入っている場合、育児休暇を取ることで、会社に助成金が出るケースがあります。
また、社会保険にも加入している場合には、育休中の社会保険料は免除されますから、会社にもいくつかメリットがある制度なのです。

パートなのに育休なんて・・・と渋られたら、この辺りのメリットを訴えかけてみても良いかも知れませんね。

育休中からできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

adviser

もし意に反して退職となってしまったら・・・

基本的に、育児休暇の取得は自分で交渉することとなります。会社の冷たい対応に傷ついたり、交渉のあまりの面倒さに退職を選ぶ人もいることでしょう。

そんな女性たちに、キャリアアドバイザーとして1つご提案があります。

育児中の仕事ができない期間を利用して、職場復帰に役立つスキルを身に付けてみませんか?

女性の育児とキャリアの両立を考えた際、おすすめしたいものは「Web制作」「プログラミング」「Webデザイナー」など、Web業界で役立つスキル。
これらのスキルには、下記のようなメリットがあるのです。

  • 事務職に復帰する際も、パソコンのプロとして面接で高く評価される
  • Web業界に正社員やパートで就職することもできる
  • 在宅で子供の面倒を見ながら仕事をするという選択肢もある

女性の場合、お勤めをしていても家庭の事情で離職を余儀なくされるという可能性が、ゼロではありません。
その点、Web業界のスキルであれば、活用の幅も広く、万一職を失った場合でも、自宅で開業ができるという強みがあります。

これらのスキルを身に付けるためにおすすめの通信講座を、いくつかセレクトしてみました。
それぞれのスクールで全く違う特色を持っていますので、ご自分にあったところを選んでみてください。

キャリアアドバイザーおすすめの通信講座情報を見る

さらに、IT業界は自宅で仕事をするリモートワークなどを積極的に取り入れているため、家庭の事情で離職しやすい女性でも仕事を続けやすい環境が整ってきています。
Web制作スキルの学習とIT企業への就職サポートをセットで提供しているスクールもあり、そういったところを活用して、理想の生き方を手に入れることもおすすめです。

就業祝い金をもらえば受講料が実質ゼロ円に!Webスキル習得とリモートワークOKなIT企業への就職支援をしてくれるパート女性におすすめのスクールはこちら

社会に属している以上は、自分の思い通りにいくことばかりではありません。
そんな中でも、理想の自分に近づけるようなスキルを身に付けて、ワーキングマザーとして少しずつ前進していって下さい!

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。ワーキングマザーどっとこむの、主に「ワーク」に関する記事を担当。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー