”小一の壁”の知られざる伏兵!”学童の夏休みの壁”

LINEで送る
Pocket

”学童の夏休みの壁”には環境を変えて対応を!

school_gakudou_hoiku

お子さんが小学校に入学、嬉しい出来事ですが喜んでばかりはいられません。
学童と保育園では、学童の方が預かってもらえる時間が短いことがほとんどです。
出社や退社の時間を変更せざるを得ない方も多くなります。
また、クラスの保護者会に加えてPTAの活動や学童の保護者会、地域によっては登校班の付き添いなど、保護者の出番が多くなります。
必然的に仕事の調整をする機会が増え、保育園とのギャップを感じながら過ごすことになる1学期。
そして迎える初めての長期休み。
”学童の夏休みの壁”について、対応方法など少しでも参考になれば幸いです。

学童保育の夏休み、どんな壁が?

夏休み最大の壁、それはなんといっても毎日のお弁当作りです。
仕事に家事にと忙しくする毎日に、さらにお弁当作りまで加わると大変だと思わない人はいないですよね。
もちろん夏ですから、特に食中毒にも充分配慮して献立を考える必要があります。

また、保育園から小学校に上がったお子さんは、小学1年生で初めての夏休みを迎えます。
保育園時代はお友達も含めて毎日登園でしたが、小学校に上がると学童に行かないお友達の存在を知ります。
そうなると、夏休みは家で過ごしたいと思うお子さんも出てきます。
そういったお子さんの気持ちにどのように対応したらよいのか悩みますよね。

 

環境を変えてみる!

夏休みなどの長期休みのときだけ、民間の学童を利用するという方法もあります。

メリット
  • 昼食の準備をしてくれる
  • 子供たちが飽きないよう、イベントやアクティビティがある
デメリット
  • 利用料だけで一ヶ月6万円~7万円近くする

民間の学童であれば昼食を準備してくれたり、子供たちが飽きないようなイベントやアクティビティがあったりします。
これなら楽しく過ごせそうですが、決して安くはありません。
利用料だけで一ヶ月6万円~7万円近くします。

 

また、夏休みのほとんどを遠く離れて暮らすおじいちゃんおばあちゃんのところで過ごすという方法もあります。

メリット
  • 普段会えないおじいちゃんおばあちゃんと一緒に過ごせる
デメリット
  • お子さんだけを預けることになるので、おじいちゃんおばあちゃんの理解が必要

お子さんも普段会えないおじいちゃんおばあちゃんと一緒にいられることで楽しく過ごせそうですね。
しかし、お子さんだけを預けることになるので、おじいちゃんおばあちゃんの理解が必要になります。

 

思い切って仕事を見直してみる!

自宅で仕事をするというのも一つの手です。

メリット
  • お子さんと家で一緒に過ごすことが出来るのでお弁当作りがなくなる
  • 必要があれば学童を利用することも可能
  • お子さんの家にいたいという気持ちも尊重してあげられる
デメリット
  • 今すぐ自宅で仕事が出来るわけではない
  • スキルが必要

家で仕事が出来るようになれば、お子さんと一緒に家で過ごすことが出来るのでお弁当作りがなくなります。
もちろん昼食の準備はありますが、忙しいときや疲れているときなど、外食や中食、デリバリーなどで対応することも可能になります。

自宅でも仕事は仕事ですから学童に行かせることも出来ますので、どうしてもという場合には行ってもらって遊んできてもらうこともできます。
行く必要がなければお子さんの家にいたいという気持ちも尊重してあげられます。
上手く利用することで親子ともにお互い気持ちよく過ごせそうですね。
また、長期休みに限ったことではありませんが、ほかにもメリットがあります。

  • 行事参加のための時間を短縮
  • 平日に習い事が可能
  • 学童の対象学年でなくなっても慌てることがない

行事参加のために仕事の調整はもちろん必要ですが、勤務先から小学校までの移動時間も自宅勤務であれば少なくてすみます。
平日に習い事をすることも可能になるので、土日には習い事をせずに家族の時間を過ごせるようになります。
また、ほとんどの学童では対象学年が3年生までなので、それ以降また悩みのタネになってしまうところです。
在宅であればそういった場合にも慌てることがなくなります。
では実際に在宅を…といっても実際今お勤めの仕事に在宅勤務制度があれば別ですが、今すぐ自宅で仕事が出来るわけではありませんよね。

次回の夏休みに向けて自宅で仕事が出来るように、これからスキルをつけていきましょう!

スキル習得のための通信講座情報はこちら

The following two tabs change content below.

丸山裕子

研究畑出身の、シングルマザーのリケジョ。派遣社員をしつつ子育てをしていたが、子供の小学校進学をきっかけに、自宅でも仕事ができるWeb業界へ転身。