在宅フリーライターのママが語る、着実に稼ぐコツ!

LINEで送る
Pocket

コツを掴もう!フリーライターでどれだけ稼ぐ?

cafe_nomad_woman

在宅ワークとして、フリーライターを始める人が増えています。この仕事はクライアントが求める記事を書き、その出来栄えにより、それ相応の対価が支払われるというもの。つまり稼ぐためには、良質な記事をスピーディーに、量産しなければなりません。

“稼げる”フリーライターになるために、誰にでも実践可能なテクニックや心構えをお教えします。

フリーライターという仕事の特徴

  • 専門的なスキルや経験が不要で、誰でもすぐに始めることが可能。
  • 得意分野があれば有利。文章の「質」「量」等が評価に繋がる。
  • 単価はまちまちで、1記事数百円のものから、企業等、大型クライアントからの注文であれば数万円するものまでと幅広い。
  • 受注が確保できれば安定した収入に繋がり、年収を数百万円まで伸ばすことも可能。

フリーライターという働き方を評価すると

writer_graph_360

評価の解説

始めやすさについて:★★★★★(5点満点中5点)
PCがあれば、資格や経験がなくても始められるのが特徴です。必要なスキルの習得のための学習や材料の購入等、準備にかかる費用も発生しません。
時間の自由度について:★★★★(5点満点中4点)
在宅で行えば、都合のよい時間に作業することができます。しかし、大型案件等は締切りが設けられているケースが多く、睡眠時間等を削って間に合わせなければならないことも。
報酬について:★★★★★(5点満点中2点)
WEBサイト等で募集している案件であれば、単価は数百円~数千円程度と低いのが現実です。企業等からの大型案件であれば単価数万円というものもありますが、求められるレベルが高いうえに、採用されなければ報酬0ということもあります。
続けやすさ:★★★★★(5点満点中3点)
数をこなさなければならないので、コツコツと続けられる根気がある人に向いています。また、大型案件にチャレンジするまでには、ある程度の経験とスキルアップが必要です。
復職しやすさ:★★★★(5点満点中1点)
在宅で仕事をするケースがほとんどです。企業に属するためには、自分を売り込む努力が必要なうえに、実力が求められているレベルにまで達していないと採用に至りません。

フリーライターで働くメリット・デメリットを知ろう

メリットは自分の能力を活かすことができれば、稼ぎに限界がないこと
得意分野や、自分の経験やスキルを十分に活かすことのできる案件を見つけ、質の高い仕事をこなせば、大きな収入に繋がります。まさに頑張り次第でいくらでも稼ぐことのできる、やりがいのある仕事です。
デメリットはハードルをあげれば結果が残せず、収入が0になること
魅力的な単価につられて、自分に向いていないものや、プロが手を出すようなレベルの案件を選ぶと、自分の首を絞める結果となり思うような結果が残せません。大型案件は、採用されなければ報酬が0の場合がほとんどです。

この仕事をしていく上でのポイントは

安定した受注を確保する

コンスタントに仕事をこなしていくためには、条件の良いクライアントと信頼関係を築くことが大切です。WEBサイトの案件でも、支払い条件や採用基準等をよく確認したうえで取り掛かるか判断しなければなりません。

得意分野や経験、スキルを活かせる案件を探す

大きな報酬に繋げるべく、質の良い記事をスピーディーに書くとするなら、得意分野等、自分の能力を最大限に活かせるものを選ぶことが重要です。

集中できる時間や環境を確保する

効率よく作業を進めるためには、育児の合間の時間を上手に使わなければなりません。時には、子どもの預け先を確保する等の対応も必要です。

フリーライターのリアルな声

最も参考になるのが、現役フリーライターの生の声ではないでしょうか。良い点も悪い点も包み隠さず、ありのままをお伝えします。

女性 PC イラスト

回答者:Aさん 30代女性(既婚)

結婚前は休日出勤、残業が当たり前のキャリアウーマン。社会に出て活躍したいという気持ちは人一倍強いものの、出産を機に働き方を変えざるをえなくなりました。現在は在宅でフリーライターをしながら、さらに自分を活かせる仕事を見つけようと模索中。

フリーライターを始めたきっかけは?
これといった資格を持っていなかったのですが、それでもOKな仕事だったので。
作業する時間は確保できていますか?
下の子が昼寝している1時間+家族が寝静まってからの30分程度で、正直子育て中だと時間の余裕はありません。でも、おかげで短時間&集中して作業をすることに慣れ、効率があがりました。
どのような案件を主にされていますか?
短時間の作業しかできないので、時間に融通の利きやすいクラウドソーシング系のWEBサイトに登録しています。単価は数百円程度ですが採用率も高く、コツコツと着実に稼ぐことができるので、初心者にはおススメですよ。
この仕事を続けますか?
はい。もう少し余裕ができれば、大型案件にもチャレンジしたいです。ゆくゆくは自分でブログに記事を掲載する等、仕事の幅を広げられたらと思っています。そのために、WEBについて学べる講座も既に受講していて、ステップアップの準備を進めているんです。

実際に、育児中の合間を縫って学習し、WEB業界への転身を遂げるママも増えてきています。ママが輝ける働き方はいくらでもあるようですよ!

育児&在宅フリーライターママのWEB業界への挑戦

adviser

キャリアアドバイザーとしてこの仕事を総評すると

フリーライターを始めるのは簡単です。しかしそこから安定した稼ぎを得られるようになるまで、いかに賢く仕事をこなし、スキルを上げていくのかが腕の見せどころです。
そして、自分の能力を過信しないこと、決して背伸びをしないことも重要。案件によっては、プロと同じ土俵に立つこともあります。結果を確実に残し、稼ぎに繋げるためには堅実な姿勢を保つことも必要です。日々、自分を振り返ることを忘れないようにしましょう。

そして余裕が出てきた段階で、KさんのようにWEBを学んでみることもおススメです。WEBの知識やスキルが身につけば、自分で出来ることが劇的に増えるだけでなく、優秀な人材として社会で活躍できる大きなチャンスを掴めるかもしれませんよ!

WEBの勉強ができるおススメの通信講座はコチラ

The following two tabs change content below.

河野恭子

夫と2人の息子と暮らす30代主婦。大手通信機器販売会社でモバイルフォン営業として代理店のマーケティング・販売支援に7年間携わった後、いくつか職を変え、現在は在宅のWebライターとして活動している。将来、企業というフィールドに返り咲くことを目指し、Web制作を勉強。マーケティング・ライティングとの合わせ技で、「広報のツール」であるWebサイトを丸ごと作れる人材としてスキルアップを果たした。 ライティングでは、元マーケターの視点と母としての視点の双方を活かし、幅広い記事を手がける。「共感することで読み手が心にゆとりを感じられる記事を書きたい」と語る彼女は、客観的で冷静な姿勢と丁寧な分析力を活かし、淡麗な文章で今日も情報を発信中。 得意分野:マーケティング、販促・営業、子育ての環境、子供との過ごし方、子育て中の仕事、不妊治療