契約社員は産休が取れる?~制度を正しく理解しよう~

LINEで送る
Pocket

法律上では契約社員も産休が取れる!

世に存在する多くの会社では、正社員とそうでない立場の人とでは、待遇面に大きな違いがありますよね。

産休制度もその一つのように思われていますが、ちょっと待ってください。
この休業、正式名称は「産前産後休業」と呼び、労働基準法で定められている「労働者の権利」なのです。
契約社員だって立派な労働者ですから、取得する権利があるのですよ。

契約社員に産休を取らせない会社は違法?

出産後に復職を希望する女性労働者すべてに、労働基準法の定める産休を取る権利があります。具体的にどのような定めになっているのか、見てみましょう。

  • 期間は産前6週間(多胎妊娠は14週間)から産後8週間までとする
  • 出産日は「産前」の期間に含める
  • 出産が遅れても、産後8週間は出産日後から計算して構わない
  • 産後6週間は、本人が希望しても医師が許可しても働かせてはならない
  • 産休とその後30日間は、解雇してはならない

このような規定となっています。

正社員しか取れないという規定はありませんし、契約社員は労働基準法の「労働者」の定義に当てはまっていますから、堂々と会社へ産休の申し出をして下さいね。

ネックになるのは「契約期間」

ここで、「契約期間」という契約社員特有の問題が出てきます。
産休中とその後30日は解雇が禁止されていますが、契約の満了は解雇とは違います。
もし産休中に契約期間が満了してしまえば、職場復帰は難しいでしょう。

ただし、もしあなたが数回にわたって契約を更新していて、更に契約の更新を望む場合には、契約満了が解雇と同じような扱いを受ける場合があります。
納得がいかない場合には、労働基準監督署へ相談してみると良いでしょう。

また、産前6週間より前に契約の更新時期が来て、妊娠を理由に契約が更新されない場合には、法律に反すると判断されるケースもあります。
これについても、同じように労働基準監督署へ相談してみることをおすすめします。

adviser

出産のために会社の顔色を窺わなくていい人材になりたい!

キャリアアドバイザーという仕事柄、契約社員の人のキャリアアップ相談に乗ることが多々あります。

正社員である女性にとっても、出産とはキャリアを形成する上で大きなターニングポイントとなりますが、立場的に不利である契約社員の場合には、更に職を失う可能性が大。

誰しも多かれ少なかれ、出産かキャリアのどちらかを選ぶしかない社会に、不満を抱えていることと思います。

そんなワーキングマザーたちに私は、フリーランスでの独立をおすすめしています。

そう聞くと、自分にはムリだと思われるかも知れませんが、パソコンが好きな人であれば、それを活用して独立して仕事ができるのですよ。
もしちょっと勉強して専門性の高いスキルを身に付ければ、契約社員での年収も目指せるでしょう。
具体的にどんな職種があり、どんな特徴を持っているのかを、家事と仕事の両立という面から評価してみましたので、参考までに見てみてください。

チャート形式で評価!女性におすすめのフリーランスの仕事とは

女性のキャリアと育児の両立がしやすい社会になるまでには、おそらくまだ数十年の月日が必要でしょう。
それを待って、辛い気持ちで毎日を送るのは損!
社会が動いてくれるのを待つより、自分が動いて理想の生活を手にいれましょう!

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。ワーキングマザーどっとこむの、主に「ワーク」に関する記事を担当。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー