産休とはどんな制度?~働くママの労働基準法~

LINEで送る
Pocket

労働基準法に定める産休の決まりを知ろう!

「子供産んだら1カ月ぐらいで仕事に復帰したいんで、産んだらできるだけ早く連絡しまーす」なんて言って、産休に入っていく人がいます。
仕事熱心だな、感心感心・・・とか言っている場合じゃありません、労働基準法違反ですよ!
労働基準法を知らないでいると、悪気はないのに違法行為をしてしまうことも。
ワーキングマザーとして、自分に関わりのある制度の決まりはしっかり押さえておきましょう!

労働基準法における決まり

産休は、正式名称を産前産後休業と言い、労働基準法の第65条に規定されています。
具体的な内容を分かりやすくまとめると、このようになります。

  • 期間は産前の6週間(多胎妊娠の場合は14週間)と産後8週間。
  • 産前に関しては、女性労働者からの申し出があった場合、会社はこの期間の就業をさせてはならない。
  • 産後に関しても8週間は仕事をさせてはならないが、出産した女性労働者が希望して、かつ医師の許可があった場合には、6週間を超えたら仕事に復帰させてよい。

つまり、産休は女性から会社に申し出る必要があり、産後6週間は何があっても仕事をしてはいけないという内容になっています。
もしあなたの会社の産休制度が、この決まりよりも長く設定されていたら、それは会社の女性労働者に対する思いやりですね。

その他妊婦に関する決まりはどうなっているか

労働基準法にはその他にも、妊婦さんや産後1年を経過しない女性(妊産婦と呼びます)に関する決め事があります。

「出産」の定義は
妊娠85日を過ぎたら、死産も含め「出産」となる
出産日はどう扱うか
「産前」の期間に含める
出産が予定より遅れたら
実際の出産から8週間が「産後」となる
産休中のお給料は?
労働基準法に規定はないので、無給でも構わない
妊娠中、仕事が負担な場合は?
妊婦さんは他の軽易な業務への異動を申し出ることができる。ただし、そういった業務がない場合、会社側は仕事を作ってまで異動させる必要はない。これは女性が管理職である場合にも、申し出る権利がある。
妊婦さんがついてはいけない業務
坑内(鉱山など)での労働、有毒ガスや重量物を扱う業務、その他妊娠や出産に有害と思われる業務。
産後1年を経過しない女性がついてはいけない業務
有毒ガスや重量物を扱う業務、その他妊娠や出産に有害と思われる業務。坑内労働は、妊産婦が申し出た場合にはつかせてはならない。
残業、休日出勤、深夜労働について
妊婦さん、産後1年未満の女性とも、女性から申し出があった場合には時間外労働・休日労働・深夜労働をさせてはならない。ただし、女性が管理職の場合には、深夜労働をのぞき、この規定は適用されない。
妊娠や産後の検診や保健指導について
会社は、妊娠中の女性や産後1年以内の女性が保健指導や健康診査を受けるための時間を確保しなくてはならない。
妊娠を理由として解雇などをすることについて
妊娠を理由としての解雇や減給、パートへの転換など、不利益な取り扱いをすることは禁止されています。

妊娠中の女性管理職が残業や休日出勤をしないという申し出ができないのは、そもそも管理職には残業や休日出勤という概念がないから。
もしあなたが会社内で管理職として扱われていても、残業代や休日出勤代が支給されている場合には、労働基準法で言う「管理職」ではありません。

なお、管理職であっても深夜残業の規定は適用されますから、妊娠中の女性管理職であっても、深夜残業をしないよという申し出をすることは可能です。

adviser

産休を有意義に過ごすには

今まで見てきたように、産休は労働基準法で定められた労働者の権利。遠慮しすぎず、しっかりと希望を会社側へ伝えて下さい。

ちなみに、キャリアアドバイザーの立場から産休の使い方をアドバイスさせて頂くと、復職後のキャリアアップにつながるスキルを習得してみることをおすすめします。

もちろん産後は状況がどうなるか分かりませんから、産前の6週間で身に付くものにしましょう。
もしどんなスキルがいいか思いつかないようであれば、Web制作のスキルがおすすめ。

他の人とちょっと違った専門性の高いスキルですし、転職にも役立ち、万一お勤めを続けられなくなった場合にも、自宅での独立開業を目指せます。
子供ができると、思いがけず予定していたキャリアを諦めざるを得ない状況に直面する可能性はぐっと増えます。そのため、このように多角的に活用できるスキルを持っておくことは重要。

受講料が抑え目で、初心者をプロにまで育ててくれる通信講座をいくつかピックアップしてみましたので、一度ご覧になってみて下さい。

キャリアのプロおすすめの通信講座情報を見る

ともあれ、しっかりと産休制度を活用して、元気な赤ちゃんを出産して下さい!
ここを読んでいるあなたが、ワーキングマザーとして、ますます輝く女性になれますように。

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。ワーキングマザーどっとこむの、主に「ワーク」に関する記事を担当。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー