みんなの産休中の過ごし方~先輩ママたちの産休は?~

LINEで送る
Pocket

先輩ママたちの産休中の過ごし方

産休中の過ごし方バリバリと毎日仕事をこなしてきた女性ほど、産休に入ると何をして過ごせば良いのか分からなくなってしまう傾向があります。
妊娠のため趣味のスポーツはできなかったり、そもそも自分に趣味が無いことに気づいてしまったり。
あまりに悩み過ぎて、マタニティーブルーのような状態になってしまうことも。

そうならないためにも、先輩ママたちがどんな過ごし方をしてきたのか、集めてみました!

産休中の過ごし方は人それぞれ!

では、実際に先輩ママたちの口コミをご紹介して行きたいと思います。
産休中と言っても、出産後は育児で忙しくも充実した毎日が待っていますから、ここで取り上げるのは「産前休暇の過ごし方」です。

  • 趣味のマラソンはできないので、赤ちゃんのグッズを手作りしていた
  • 体調も安定していたので、運転免許を取ってみた。
  • 赤ちゃんのために必要な買い物をしていました。お店まで歩けば、運動にもなります。
  • 出産したら数年は遊べないと思い、とにかく友達と会って好きなものを食べました!
  • 今のうちにと思って、保育園の見学などいわゆる「保活」をしましたよ。
  • 出産手当金も出たし、仕事で使う資格を一つ取りました。
  • 子供ができたら行く暇ないよって言われたので、美容院に行ったり洋服の買い物をしたりしました!
  • 出産後に会社に提出する書類を作成してしまいました。期限が産後2週間以内だったので、出産後はどうなるか分からなかったから・・・。
  • 育児書読みまくりです。市町村でやってる図書館なら、お金もかからないしいいですね。
adviser

キャリアアドバイザーのおすすめの過ごし方はこれ!

いかがでしたか、先輩ママたちの産休の過ごし方、参考になったのではないでしょうか。

ここで一つ、キャリアアドバイザーとしておすすめの過ごし方をご紹介しておきます。それは、「資格取得やスキルの習得に使う」です。

産休を取るということは、当然復職が前提にあると思います。
しかし現実的には、例えば出産後の体調が安定しなかったり、想像以上に育児に体力を削られてしまったりで復職できないケースもゼロではありません。
また、悲しいことに、会社に帰る場所がなかったという人も・・・。

そんな時、身に付けたスキルが自分を救ってくれることになります。

もちろん、産前休暇中という限られた期間ですから、そこで習得できるスキルも限られてきます。おすすめは、今売り手業界でもある「Web制作」のスキル。

初心者でも1カ月ほどで習得できますし、いざという時には独立開業も夢ではありません。自宅で仕事ができれば、子供の面倒を見ながら稼げますよね。

自宅で学んで独立できる!Webのスキルを身につける通信講座はこちら

出産してワーキングマザーになると、キャリアか家庭かを選択される場面が増えます。その時に、満足いかない選択をしないで済むように、自分の未来を切り拓ける実力を身に付けておきましょう。

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。ワーキングマザーどっとこむの、主に「ワーク」に関する記事を担当。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー