産休中の手当を知ろう!~雇用保険と産休の手当について~

LINEで送る
Pocket

産休の手当は、雇用保険からはナシ!

question私たちが加入しなくてはならない社会保険からは、妊娠・出産に関する各種の手当が出ます。
妊娠をしてからそのことを初めて知ると、他の制度からは何か手当が出ないのかな?と興味を持つきっかけになりますよね。
ここではそんな人たちからご質問の多い、「雇用保険」と産休の関係について分かりやすく解説して行きたいと思います。

法律上の区分では、雇用保険は「労働保険」と呼ばれ、社会保険とはまた別のものになります。

雇用保険からは産休の手当は出ないの?

キャリアアドバイザーとして様々な女性の相談に乗っていると、時折このご質問をいただきます。
結論から言うと、雇用保険から産休の手当は出ません

雇用保険から出るのは、産後8週間を経過してからはじまる育休に関する手当です。産休と育休が一緒になってしまって、この辺りを混乱されている人が多いのでご注意ください。

では、産休の期間に手当が出るものは何ですか?

それは、会社で加入している健康保険から出る、「出産育児一時金」と「出産手当金」の2種類となります。
出産育児一時金は、出産した赤ちゃん一人につき42万円が支給される制度。出産手当金は、出産のため仕事をしなかった日ごとに標準報酬日額の3分の2が支給されるという制度です。

雇用保険は、出産には全く関係がないのですか?

そうですね、手当という側面からは関係がないということになります。
ただし、失業保険をもらう場合の手続きに関しては、出産を理由とする場合の特例があります

受給期間の延長が申請できる

もし出産を理由として退職したとすると、出産してある程度時間が経つまでは仕事ができませんよね。
通常、失業保険が貰えるのは退職してから2年間なのですが、出産を理由に30日以上仕事ができない場合には、この「受給期間」の延長をすることができます。

離職理由が「特定理由離職者」となる

出産を理由に退職をして、上記の受給期間の延長を受けると、「自己都合退職」ではなく、「特定理由離職者」として扱われます。
これは、言ってみれば正当な理由がある自己都合退職者ということ。失業保険を貰う場合に、会社都合で失業してしまった人と同じ扱いを受けることができます。
もうちょっと具体的に言うと、年齢と雇用保険に加入していた期間によっては、失業保険を貰える日数が増える可能性があります。

ちょっと話が「産休」とは離れてしまいましたね。
ここをご覧になっている方は、おそらく産休を取って復帰する予定の人がほとんどでしょう。ただし、稀に出産後に体力が戻らず、やむなく退職となる方もいらっしゃいますので、頭の片隅には置いておいて下さい。

産休中からできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

adviser

出産後、育児と仕事の両立に自信がなくなってしまったら

子育ての大変さは、お母さんの体力や性格だけでなく、お子さんの性格や体質によっても全く変わってきます。
いざ出産してみて、育児の大変さに仕事を続けられなくなってしまう人も。

そんなお母さんたちに、キャリアアドバイザーの立場から「仕事のやり方を変える」ことをおすすめしています。

私が長年、女性のキャリアと子育ての両立を考えてたどり着いたのは、「在宅で仕事をする」というカタチ。
お勤めしかしてこなかった人には、最初不安と抵抗感があるかと思います。
しかし実際には、子供が寝込んでいても仕事を休む必要はありませんし、仕事の合間に家事を片付けることだってできます。

私のこの思いをお伝えするために、このサイトでは「在宅での仕事」を各種あつめて、チャート形式でメリット・デメリットをまとめてみました。お仕事選びの参考までにご覧いただけると、幸いです。

キャリアのプロが分析!在宅の仕事の実際について詳しく見る

ワーキングマザーが、キャリアか育児かの選択を迫られがちな日本。社会が変わるのを待つのではなく、自分から動いて、理想の生活を手にいれましょう!

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。ワーキングマザーどっとこむの、主に「ワーク」に関する記事を担当。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー