【簡単作り置きレシピ】レンジで5分、めんつゆで揉むだけ!ナスの煮浸し

LINEで送る
Pocket

レンジとめんつゆで簡単作り置き!ナスの煮浸し

簡単!なすの煮浸し

材料

  • なす(一袋)
  • めんつゆ(濃縮)
なす

作り方

(1)なすを食べやすい大きさに切って水にさらします。

なすを水にさらします

(2)水を切って、皿に移します。ラップをかけてレンジで加熱します。

レンジで5分

時間は、ナスの分量やレンジのワット数によって調節してください。しんなりしていればOKです。
目安としては、ナス一袋・600Wの場合は5分程度です。

(3)ナスをやけどしない程度にさまし、ナスとめんつゆをビニール袋に入れます。

ナスをビニール袋に入れます

(4)よく揉みます。このまま冷蔵庫で冷やします。

ナスを揉みます

(5)完成♪

簡単!なすの煮浸し

ワンポイント

  • その場で出すよりも、冷蔵庫で冷やすと味が染みて更に美味しくなるので、たくさん作り置きして平日の一品にくわえるのがおすすめ!
  • ビニールで揉み込む時、一緒にすりおろした生姜を入れるとさらに美味しい!時短なら生姜チューブを使おう!
  • ビニール袋は、スーパーのお持ち帰り用ビニールだと水分が滲み出てしまうことがあるので、100均などで買ったものを使いましょう。
adviser

ナスを食べて夏バテを乗り切ろう!

ナスには身体を冷やす効果があります。
「秋なすは嫁に食わすな」ということわざはここから由来しています。秋の涼しい時期にナスを食べて妊婦さんが身体を冷やすと、流産などの危険があるからです。
暑い夏には、冷たいナスを食べて、夏バテ予防をしましょう!

また、ナスに含まれるナスニンという物質は、眼精疲労に効果があると言われています。
プログラマーコーダーなどの、パソコンを長時間見るお仕事をされている方におすすめです!

他にも、ナスには抗酸化作用があるため、老化を防ぐ、コレステロールを抑える、ガン予防などの効果もあるといわれています。
家族にもぜひ食べて欲しい野菜ですね!

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。ワーキングマザーどっとこむの、主に「ワーク」に関する記事を担当。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー