働くママと時短勤務〜時短勤務について知ろう〜

LINEで送る
Pocket

特集!時短勤務の実際を追え!

出産後の社員への措置を設定している企業のうち、60%弱が「勤務時間の短縮制度」を導入しています。(データ出典元は平成24年度雇用均等基本調査。)男性でも利用できる制度ではありますが、実際にこれを活用するのは、主にワーキングマザーの皆さんでしょう。時短勤務の制度や現実について、徹底調査してみました。

育児休業法での時短勤務規定について

育児休業法では、時短勤務について下記のような決まりがされています。

  • 対象となる労働者の条件
  • この制度を活用するための手続き
  • 会社側が行わなくてはならない措置と義務について

また、時短勤務とは直接関係はありませんが、残業や深夜労働を断ることができる制度や、残業する場合の残業時間の上限などについても定められています。

この法律を知っておくと、会社と交渉する場合の武器となってくれるでしょう。

育児休業法での決まりをもっと詳しく

時短勤務中のお給料はどうなるのか

法律では、時短勤務中のお給料については規定がありません。ほぼ全ての会社で、時間が減った分だけお給料も減るようです。
ただ、実際にこの制度を活用したママさんたちは、初回のお給料の少なさに驚いてしまうよう。

お給料の構成は、基本給に手当、それから社会保険料の天引きなど複雑にできています。これらがどう変化するか分からないため、職場復帰前の予想額よりも手取りが減ってしまう人が多いようです。

当然ながら、会社や職種によって減額されるお金は全く変わってきます。先輩ママさんたちの声を聴いて、情報を集めておくと良いでしょう。

もしモチベーションが下がってしまって転職を検討する際には、できるだけ子育てしやすい職を探すようにしましょう。

みんなの時短勤務中のお給料についてもっと詳しく

実際に時短勤務を取ったママさんたちのリアルな声

では、実際に時短勤務を取ったママさんたちは、どのように過ごしているのでしょうか?

体験談を募ってみると、同僚に悪いと思っている人から、権利だから周りは全く気にしないという人までさまざま。
職場や周囲の人の理解の度合いによってちがいもありそうですね。

ただし、現実的には嫌味を言ったり意地悪をしてくる人がいることも事実。

先輩ママさんたちの声を参考に、そういった事態を切り抜けましょう。

時短勤務制度を活用したママさんの体験談を見る

出産を経ても女性が続けやすい仕事とは

女性が働きやすい仕事とは、お勤めであれば「女性が続けやすい制度が整った会社」で働くことです。
この辺りは入社前にはなかなか分からないもの。もし社員に先輩や知人がいるようでしたら、面接を受ける前に情報収集をしておくと良いでしょう。

ただし、たとえ制度が整っている会社であっても、時短勤務制度を活用する場合には、他の社員さんに負担をかけることになります。
そういった仲間たちへの感謝の気持ちを忘れずに、仕事と育児の両立を実現させて下さい。

また、キャリアアドバイザーとしてアドバイスをさせて頂くと、育児との両立を目指すなら、実はお勤めよりもフリーランスで活躍するほうがずっと簡単。
自宅で仕事できれば、家事も並行して行うことができますし、子供の相手だってしてあげられますよね。お迎えに行く時も、誰かに頭を下げる必要はありません。

フリーランスというとハードルが高いように思えるかも知れませんが、職種によってはパソコン一台で独立開業できる時代。スキルを身に付ける努力はもちろん必要ですが、そこさえクリアしてしまえば、理想のワーキングマザーライフを送ることができます。

あなたのキャリアのご参考までに、私のまとめた「子育てと両立しやすい仕事ランキング」をご覧になってみて下さい。どんな道を選ぶにしても、今後のキャリアプランを立てる上での参考になるはずです。

子育てと両立しやすい仕事ランキングを見る

制度を活用しながらも、自分をスキルアップさせることで、キャリアも育児も諦めない女性を目指してくださいね!

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。ワーキングマザーどっとこむの、主に「ワーク」に関する記事を担当。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー