育児短時間勤務制度の実際〜ママ達の体験談〜

LINEで送る
Pocket

育児短時間勤務制度のエピソード集!

厚生労働省の調べによると、育休を取ってから復職する人の割合は男性で99.6%、女性で89.8%となっています。(平成24年度の雇用均等基本調査より。)
育休から復職した人、特に女性は、勤務時間について短縮措置などを受ける人も多いはず。

育児短時間勤務制度を利用しつつ、仕事と育児の両立をしているママさんたちの声を集めました!

みんなの育児短時間勤務制度エピソード

  • 子育ての面から考えればとてもありがたいのですが、仕事として考えると同僚に悪いなーと思います。そのため、休日出勤などの際に自分が替われる時には、すすんで出るようにしています。
  • 職場の同僚、特に女性たちから嫌味を言われることがあります。彼女たちには実際負担が行ってると思うし、素直に頭を下げるようにしています。
  • これって労働者の権利ですよね?自分が時短制度を使うことに抵抗はないし、できれば規定ギリギリまで長く取るつもり。だって子供が大事でしょう?
  • 時間的に育児との両立がしやすくて助かってます!でも、時間が短い分責任ある仕事ができないので、仕事大好きな私としては物足りません。子供から手が離れたら、バリバリ仕事します!
  • 時短制度を使ったことのある人が何人かいるので、理解ある職場です。でも、こうやって早く帰ることで、自分が社会の役に立ってるのかなってウツっぽくなることも・・・。子供のためだから、仕方ないですけど。
  • 法律で決められた権利ですけど、同僚にフォローしてもらっているし、早く帰って当然という顔はしないようにしています。こちらの姿勢によって、相手も受ける印象は違うと思うんですよね。
  • 自分がバリバリ仕事していた頃、時短制度で当たり前のように早く帰ってしまう先輩がいて。その態度はどうかなぁって思ったので、自分はやっぱり職場の人に対するお礼は欠かさないようにしてます。

育児短時間勤務制度活用のまとめ

いかがでしたか、人によって結構考え方が違うことが分かりますね。

確かにこの制度は労働者の権利ですが、会社組織とは人の集まり。
権利を行使しつつも、やはり周囲の人への思いやりは必要です。

  • 負担を追ってくれている同僚への感謝を忘れない
  • 時間内は、謙虚な姿勢で誠実に仕事をする

この2点を心がけながら、勤務するようにしましょうね。

その上で、嫌味を言ってくる人や意地悪をする人がいたら、仕方ありません。
この人はそういう人なんだと割り切って、大人として対応しましょう。

もし上司が話の分かる人であったり、会社の人事部などにコンプライアンス相談室などがあれば、そこへ相談しても良いかも知れません。

そもそも育児と両立しやすい仕事は無いのか?

私はキャリアアドバイザーとして、女性の育児とキャリアの両立を考えてきました。
それには、「時間の融通」が最も重要となってきます。

このサイトでは、私が考えている「子育てと両立できる仕事」をランキング形式で掲載しています。
各仕事を5つの側面から点数づけして、チャート形式でご紹介することで、それぞれを比較しやすい工夫をしたつもりです。

ワーキングマザーとしてこれからもキャリアを積んでいきたいとお考えであれば、ご自分のキャリアプランの参考に、ぜひ一度目を通してみてください。

キャリアのプロが選んだ「子育てしながらできる仕事ランキング」を見る

子供を抱えながらのビジネスライフは、簡単ではありません。しかし、やり方を工夫すれば、新たな道が拓けることもあります。
理想の生活が手に入るまで、粘り強く努力していきましょう!

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。ワーキングマザーどっとこむの、主に「ワーク」に関する記事を担当。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー