プロの女性プログラマーに育ててくれるスクール〜株式会社凛GeekGirlLabo〜

LINEで送る
Pocket

女性のためのプログラムスクール!GeekGirlLabo

ここでは私がおすすめするスクールの一つ、GeekGirlLabo(株式会社凛)で行っているプログラム系の通信講座についてご紹介していきます。

おすすめと申し上げましたが、実はこのサイトを運営するライター陣が、Web制作やプログラムの勉強をして卒業したスクールでもあります。私たちにとっては古巣と言えるスクールですが、他校と同様の公平な評価を加えています。

このサイトで行った通信講座比較では、受講料ランキングにおいて第1位を獲得!開発会社の女性社長が運営する、女性のための通信講座です。
知名度はそんなに高くないのですが、私たちのように独立して活躍する卒業生が多く、確かな実績があります。

GeekGirlLabo(株式会社凛)スクール情報

geekgirllabo
コース名 エンジニアコース
料金 126,000円
※卒業後に「卒業生の声」を寄せた場合の金額です
期間 最短2カ月
身に付くスキル ・HTML
・PHP

※掲載している情報は最新でない場合がございますので、必ず公式サイトにてご確認下さい。

GeekGirlLabo(株式会社凛)の特徴

まずは手を動かしてみる。だから身に付く!

女性は理屈から学ぶよりも、「まずはやってみてそれから理解したい」という人が多い特徴があります。
このスクールのテキストは、そんな女性の傾向をキャッチし、「テキスト通りにやっていたらアプリができていた」というところからスタート。
女性社長が作った、まさに「女性向き」の設計がされています。

受講料ランキング1位の料金

初心者からプロになるまでにかかる費用は、受講料ランキングで1位を獲得するほどの安さ!
他校と比べて勉強する項目は少な目ですが、「まずは現場に出ることが先決、勉強は仕事をしながら」という、現役エンジニアである女性社長のモットーに沿ったカリキュラム構成がなされています。

期間は最短2ヶ月

プロになれるまでにかかる期間は、最短で2カ月。他のスクールでプログラマーを目指すと、3カ月以上かかることが一般的です。
このスクールの講師陣は、社長をはじめ全員が現役のプログラマー。
現場を熟知しているからこそのカリキュラム構成で、トップクラスのスピードで初心者をプロまで育て上げます。

卒業前に実際の案件に触れられる!

運営母体である株式会社凛は、実際にWebの開発案件を手掛ける会社。
そのため、卒業前に本社の人たちと協力して実際の案件をこなすという、他校ではありえない経験を積むことができます。
これを終わらせて卒業する頃には、なんと履歴書に開発案件実績が一つ書けることに。
復職や転職の武器にもなりますし、在宅ワーカーを目指す人にとっては自信の源となります。

卒業後はチューターの道も用意されています

フリーランスとして仕事をしていると、どうしても、納期前に忙しくなってしまうことがあります。
もっと家庭を大事にしたいという女性たちのために、生徒さんがプロになるサポートを行う「チューター」を、卒業生から採用する「チューター採用制度」を行っています。
事前に本部と相談して、受け持つ生徒さんの人数を決めるので、家庭との両立も問題なし!
生徒さんのサポートをして教えている間に、自身のスキルつきます!

女性在宅ワーカーのコミュニティ

このスクールは、Linableという女性在宅ワーカーのコミュニティと繋がっています。
卒業後にここに所属することで、先輩プログラマーや仲間同士での情報交換ができ、また一緒に案件をこなすグループも作られます。
もし何等かの事情で案件の途中で仕事の継続が難しくなっても、バトンタッチできる仲間を探すことも可能。
妊娠や出産というライフイベントを超えて女性が仕事を続けることを目指した、女性のためのコミュニティです。

GeekGirlLabo(株式会社凛)はこんな人におすすめ!

まずやってみて、体験したいという女性におすすめ!

理屈から説明されるより、まず手を動かしてやってみる方が手っ取り早いという女性におすすめです。
お洒落でかわいい見た目に反し、内容は読む人が最短距離でプログラムが書けるよう、厳しく設計されています。

なるべく早くプロデビューしたい人におすすめ!

仕事には生活がかかっていますから、できるだけ早く始めたいですよね。
このスクールでは最短1カ月でプロになることができますから、仕事開始までを急ぎたい人におすすめです。
学費も安いですから、全体的にコスパが良いという一面もあります。

教科書的な理屈は現場の役に立たないという主義の人におすすめ!

社長以下、講師陣は今も現役で開発案件に携わるプロばかり。
きれいな理論よりも、イレギュラーが生じて当たり前な開発現場の乗り切り方を学びたい人におすすめです。

学んだら即在宅ワーカーとして独立したい人におすすめ!

子育て中の女性には、勉強して、正社員で経験を積んで、それから独立・・・と言ったような時間的余裕はありません。
このスクールであれば、在学中に実際の案件を本部のサポート付きでこなすという体験ができます。
これは、正社員教育で言うところの、OJTと同じこと。
更に卒業後には、女性在宅ワーカーのコミュニティLinableで仲間や先輩たちと情報交換できますから、自宅にいながら会社組織と同じような環境で仕事をすることができます。

adviser

GeekGirlLabo(株式会社凛)の総評

キャリアアドバイザーの観点から言わせていただくと、プログラムスキルの習得よりも、その後の「仕事の獲得」が大切。
スキルを身に付けたけれど、開発実績がないために不採用になったり、在宅ワークへの不安を乗り越えられなくて仕事をすることに挫折してしまう人は少なくありません。

このスクールでは、受講生を本気で仕事の現場に送り出してくれる仕組み作りがされています。卒業前に実際の仕事をこなすことができたり、Linableを通じて先輩在宅ワーカーと情報交換ができるからです。私がスクール探しをした際に、この点が決め手になり、GeekGirlLaboの受講を決めました。

また全体的に見て、テキストからカリキュラムまで、全てが女性のために作られているという点も大きな特徴の一つ。

総合すると、スクールの理念通りではありますが、「女性が育児とキャリアの両方を掴める、ワーキングマザーに最適な通信講座である」と言えます。

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。ワーキングマザーどっとこむの、主に「ワーク」に関する記事を担当。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー