デジハリオンラインはWebデザインの正社員就職に強い!

LINEで送る
Pocket

Web制作の中でもデザイン系に強い!デジハリオンライン

専門学校デジタルハリウッドが開催する通信講座「デジタルハリウッドオンライン」。
デジハリオンラインの愛称で親しまれ、卒業生7,000人(2014年2月現在のデータを参照)の実績を持つ大手通信講座です。
通信といっても、メインはWebを活用した動画授業やライブ授業。
ライブ授業中にはオンラインで質問ができるなど、通学さながらの講義体験をすることができます。
Web制作の中でも、このスクールが得意としているところは、デザインや映像、CGなどを視覚的な分野です。

デジタルハリウッドオンラインスクール情報

degihali

コース Webデザイナー
在宅ビギナーコース
料金 375,800円
期間 最短3カ月
身に付くスキル ・photoshop
・Illustrator
・HTML
・CSS
・HTML5
・Dreamweaver
・Flash
・Javascript
・Web標準知識
・営業スキル

デジハリオンラインの特徴

Webデザインに強い!

スクールのキャッチコピーにあるように、デザインや映像、CGなどを得意分野としており、Web制作においてはWebデザインに強いスクールです。美術系の学校を卒業していない、イチからデザインを学びたい人でも、プロに育ててくれるでしょう。

男女ともに人気

入学者は男性56%、女性44%でやや男性が多い傾向にあります。
Web業界は、全体的に見ると男性の多い職業ですから、そう考えると、この比率は女性がやや多めでしょうか。男女ともに、人気のあるスクールであることが伺えます。

ソフトは別売り

Webデザインには、photoshopやイラストレーターなど、ソフトが必要となります。
基本的に講座にはソフトはついていませんから、必要な場合には、オプションで購入を申し込んでください。
+64,800円か、+856,000円のオプションコースがありますが、通常であれば64,800円の方で十分かと思います。

企業への就職に強い

クリエイティブ業界に特化した人材サービス会社との提携があります。
プロのエージェントが、求人を出す企業と求職者をマッチング。
採用されるための戦略を一緒に練ったり、場合によっては面接に同行してくれます。
この提携があることで、デジハリオンラインは企業への就職に強いスクールと言えます。

案件掲載サイトあり

このスクールがプロデュースしている、仕事の案件を掲載したスマートワークというサイトがあります。
在宅ワークをしたい人向けの、大手ならではのサービスと言えるでしょう。
在宅ワークへ飛び込む人の不安を払しょくするために、実際の案件のサポートをしてくれるなど、もう一歩踏み込んだサービスがあると更に理想的ですね。

デジハリオンラインはこんな人におすすめ!

Webデザイナーを目指す人におすすめ!

繰り返しになりますが、Webデザインに強いスクールです。公式サイトの講師陣の紹介ページを見ても、Webデザイナーがほとんど。そのため、Webデザイナーを目指す人にはこれ以上ないスクールと言えそうです。

仕事や家事と勉強を両立させたい人におすすめ!

通信講座ですから、仕事や家事の合間を縫って勉強したい人におすすめです。ライブ授業以外は、好きな時間に視聴することができますから、時間の有効活用ができますね。

時間をかけてもイチから全てを学びたい人におすすめ!

講座の内容を見ると分かりますが、授業のカリキュラムは至れり尽くせり。その分、プロとして独立できるまでに費用と時間はかかりますが、じっくり学ぶことを優先させたい人には向いているスクールと言えそうです。

動画授業を重視する人におすすめ!

動画授業114回、ライブ授業が7回と、授業の視聴回数は他の通信講座と比較して、1.5倍~2倍の回数を誇ります。通信であっても、講義は動画であることにこだわる人には、おすすめのスクールです。

企業への入社・転職を希望している人におすすめ!

人材サービスとの提携がありますから、企業への入社や転職を希望している人にはおすすめのスクールです。自分に合うと思われる職探しを、エージェントの方でやってくれますから、勉強に専念することができますね。

adviser

デジハリオンラインの総評

全体的に見て、初心者をプロに育てるための密度の濃い授業がされていると言えるでしょう。Web営業の仕方などのゼミもあり、まさに至れり尽くせり。授業料は高いですが、その分サービスも充実していると言えます。

転職エージェントとの提携もあるため、正社員就職を目指す人にとっては文句なしのスクールです。
ただ残業の多い業界ですから、女性の場合には、正社員で仕事をしてしまうと、家事や育児との両立が難しく、結局辞めざるを得ない可能性が出てきます。

家事や育児と両立させるには、在宅ワーカーとして仕事をすることが理想的。ワーキングマザーの場合は、独立開業を支援してくれるスクールを探すと、より良いかも知れませんね。

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。ワーキングマザーどっとこむの、主に「ワーク」に関する記事を担当。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー