プログラミングを学べる通信講座特集!〜受講料ランキング!〜

LINEで送る
Pocket

受講料ランキング!プログラミングが学べる通信講座特集!

ワーキングマザーにおすすめの、プログラミングが学べる通信講座をランキング形式で大特集!
キャリアアドバイザーの視点から見ると、仕事に直結するスキルが身に付かないなら受講する意味はナシ!
その点、こちらでご紹介する4つのスクールはどれも内容が充実していて、初心者をプロに育ててくれるところばかりです。
とは言っても、各校によって特色が全く違いますから、受講料と一緒に、内容までしっかり把握してスクール選びをしましょう!

忙しいママは、金額以外にも受講期限をチェック!

調べてみてわかったのが、プログラミングスクールは受講期限が決まっているスクールが多く、ほとんどが3〜4ヶ月の受講期限です。
ということは、丸一日ずっとプログラミングの学習をできる方は、受講期限内に卒業できて安くすみますが、育児や家事とお勉強を両立しなければならないママは、一日の学習時間が短いため、受講期限が短いスクールですと、受講期限がオーバーしてしまい、追加の月額を払うことになってしまいます。
ですので、単純に金額で比較するのではなく、1年かけてレッスンを修了した場合の受講料で比較しました。
※期間を「1年」にしたのは、たいていのプログラミングスクールが、3ヶ月で修了するカリキュラムになっているので、丸一日学習できる方と比べて、ママの学習時間を単純に4分の1で計算した場合、1年かかる計算になるためです。

堂々の第1位:GeekGirlLabo(株式会社凛)

geekgirllabo
コース エンジニアコース
1年間受講した場合の料金 183,600円
受講期限 最後の提出から3ヶ月(休学制度あり)

現役Webエンジニアである女性社長が、女性のスキル習得のために立ち上げた通信講座。
テキストからカリキュラムまで、理屈よりもまずやってみるところから始めたい女性の特徴を掴んだ設計がされています。
特に、在宅での仕事を目指すワーキングマザーのプログラム習得におすすめ。
受講期限は、最後の提出から3ヶ月となっており、申し出れば休学制度もあるとのこと! 休学中は費用はかかりません。出産や育児でレッスンが着手できない期間のあるママには嬉しい仕組みですね!

GeekGirlLabo最大の特色

卒業後に、株式会社凛で受注した案件のプログラミングを実際に行うことができ、自宅にいながら生の現場を体験できる「プロジェクト制度」があり、実務経験を積む場が用意されています。プロ認定者は、株式会社凛の案件に参画することもできます。
さらに、IT企業に就職して経験を積みたいのであれば、スクールの運営する就職サービスを利用して、スタッフと二人三脚で就職先を探すこともできます。独立してやっていくには、営業活動が必要となりますし、そのために人脈が必要です。一度IT企業に就職しておくことは、独立後も強みになります。

第2位:TECH CAMP

1年受講した場合の金額:268,800円(初期費用128,000円+ 月額12,800円×11ヶ月)

TECH::CAMP最大の特色

TECH::CAMPは、オンラインでも受講できますが、関東・名古屋・大阪に教室があり、公式サイトでも、教室に足を運ぶことをおすすめしています。
VRやAIなど、最先端の技術を学ぶコースもあります。
受講期間は特に決まっていませんが、初期費用+月額制ですので、長期間受講した場合はその分料金がかかります。

TECH::CAMPについてもっと詳しく

第3位:TechAcademy

1年受講した場合の金額:831,000円(16週279,000円+ 月額69,000円×8ヶ月)

TechAcademy最大の特色

週2回、オンラインで、講師とのビデオチャットがあります。また、毎日15時〜23時は、チャットサポートが受けられます。講師とビデオチャットしたい方におすすめです。筆者は個人的には、家ではすっぴんなのでビデオチャットしたくない派ですが、家でもしっかりメイクしている方、すっぴんに自信のある方におすすめです。
受講期間は16週で、その後は月額がかかります。

TechAcademyについてもっと詳しく

第4位:WebCAMP

1年受講した場合の金額:1,290,264円(3ヶ月258,000円+ 月額114,696円×9ヶ月)

WebCAMP最大の特色

こちらも教室があり、教室は11:00 ~ 22:00まで開放しており、13:00 ~ 22:00はメンターにいつでも質問できます。
受講期間は3ヶ月と短めで、その後の月額が比較的お高め。そのかわり、教室の開放時間も長く、メンターに質問できる時間も長いため、短期集中で学習したい方におすすめです。

WebCAMPについてもっと詳しく

adviser

Webプログラミングで最低限習得しておきたいスキル

受講料ランキング順の通信講座のご紹介、いかがでしたでしょうか。
詳細ページに飛んでいただけば、それぞれのコースでどのようなスキルが身に付くのか、さらに詳しく掲載してありますので是非ご覧ください。

ところで初心者の場合、コースの内容が多ければ多い方が良いように感じるかも知れません。
実際には、数の問題ではありません。仕事によって最低限必要となるスキルをご紹介してみようと思います。

  • Web制作・・・HTML、CSS、Wordpress
  • Webエンジニア・・・HTML、Javascript、PHP
  • アプリ制作・・・HTML、Javascript、Objective-C、Java 等

もちろん仕事をしていく上で、これら以外のスキルが必要になることは大いに想定できます。
しかしプログラム技術は日々進歩していきますから、プロデビュー前に全てを身に付けようとすると、いつまでたっても仕事ができません。
ある程度身に付けたら、あとは仕事をしながら覚えていくという方が効率的です。(仕事の必要に迫られている方が、覚えも良いですし忘れません。)

通信講座を選ぶ際には受講料も大切ですが、どこまで勉強したら現場へ飛び出して行くのか目処をつけておくと良いでしょう。
そのためには、卒業後、どのように仕事をしていくのかのイメージを明確にしておく必要があります。

banner_480

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。ワーキングマザーどっとこむの、主に「ワーク」に関する記事を担当。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー