web系在宅ワーク アフィリエイトはどんな仕事?やってみた体験談

LINEで送る
Pocket

アフィリエイトというと思い浮かぶのは

web系在宅ワークとしてアフィリエイトをやってみようかな、という方もいらっしゃるかと思います。

アフィリエイトというと、「チープな感じのデザインのサイト」「広告がいっぱい」「なんか嘘ばっかりの記事」というイメージがありませんか?

これは半分本当です。

というのも、アフィリエイトに取り組んでいる人の半分が、「webの知識もなく(チープなサイト)」「とにかく稼ぐために(広告がいっぱい)」「根拠のないランキングを作ったり(なんか嘘ばっかりの記事)」しているからです。

そういう方たちは、一時的に稼ぐことができてもグーグルの仕様変更などによってすぐに稼げなくなります。

なのでまた似たようなチープで広告がいっぱいの嘘ばっかりの記事のサイトを作ることになります。

アフィリエイトの胡散臭さは、そういう人たちの作ったイメージなのですね。

実際にアフィリエイトにとりくんでいる私の体験談からご紹介いたします。

アフィリエイトはマーケティング業

アフィリエイト、というシステムは、きちんとした広告提供の方法です。

こちらの記事も参考にしてください。

アフリエイトで稼ぐ不労所得~Web系在宅ワークの実際を知ろう!~

自分が実際に使ってみてよかった化粧品やスキンケアのグッズを、友人と一緒に使ってみたり情報をシェアしたことはありませんか?

本来のアフィリエイトが目指しているのは、そうした「リアルな口コミによる宣伝方法」であるといえるでしょう。

実際に買ったこともなく、使ったこともなく、ただ「報酬が高いから」という理由で適当な化粧品やスキンケア用品をおすすめするのは、広告主からしてもうれしくないこと。

「不労所得」「在宅で簡単に稼げる」という言葉ばかりが先行して、広告主からしてもうれしくないアフィリエイトをしている人がたくさんいるのです。

アフィリエイトに向いている人は?

そんな中で、アフィリエイトに向いている方もいます。

  • 普段からいろんな化粧品やスキンケアを通販で買うのが好きな方
  • 自分でカードを作るときにいろんなカードを比較して検討したことがある方
  • 自宅に置くウォーターサーバーを真剣に選んだ方
  • 自分が転職するときにいろんな転職サイトを利用して比較検討した方
  • 一つの仕事をやってみたときのノウハウをしっかり身につけている方
  • いろんな病気をして、「自分のときはこうだった」という苦労をすごくした方
  • 資格マニアで、人が持っていないような面白い資格の勉強をしている方

そういう方は、自分の体験から、「ここはこうするといいよ」という口コミやアドバイスができると思います。

たとえ広告があっても、自分がよくない、と思うものはおすすめしないはずです。

「なんでもいいから申込みさせよう!」と嘘のアドバイスはしないはずです。

「そんなことはできない」と思える人こそ、広告主がお金を払っても宣伝してほしいアフィリエイターなのです。

アフィリエイトにはいろんな要素が必要

まず基本として、アフィリエイトをするには自分のweb上の媒体を持つことになります。

htmlサイト、無料ブログ、ワードプレスサイトなどいろいろです。

そこに自分の体験やノウハウを載せて、本当にいいところ、悪いところを書いて、あとは読みに来てくれたユーザーに判断を任せる。

売り上げはその結果です。

アフィリエイトをするには、いろんな要素が必要になりますね。

ブログやサイトのweb系の技術、内容を自分で書くライティングスキル、たくさんの人に読んでもらえるようなマーケティングも必要になりますね。

よく「アフィリエイトには特別な技術はいらない」といいますが、ユーザーがブログやサイトに来て、満足して帰ってくれるために、必要な技術も知識もたくさんあります。

「この人の言うことだから、きっとこれはいいものだ。買おう」と思ってもらえるようなマーケティング、ブランディングも必要になります。

「楽して月30万円稼げる」というようないわゆる「情報商材」と呼ばれるものには、買って価値のあるものはほとんどありません。

1つ1つ、自分で考えてマーケティングをしていくことが純然とした売り上げの一番の近道です。

実際にどのくらい稼げるの?

「アフィリエイトをやって月に5万稼ぎたい」という目標を持つのはいいことかもしれません。

そのために、自分なりにweb系のスキルを勉強したり、あるいは資格取得にチャレンジすることもあるでしょう。

実体験を基にした記事には大変説得力があります。

有名なデータでは、「アフィリエイトで月5000円以上稼いでいる人は全体の5%」というものがあります。

ネットで見かける「稼いでます!」という人は、それが本当なら、アフィリエイトに取り組んでいる人の中で5%しかいないことになります。

それにしては、ネットでこんなに稼ぎました!という人が多いですよね。

そういう人たちが本当のことを話しているとは限りません。

アフィリエイターの実際

実際に、5000円以上、あるいはもっと、稼いでいるアフィリエイターは決して自分から「稼ぐ方法を教えます」とは言いません。

考えてみてください。あなたが自分の生み出した手段で、月5万円稼いだとします。

その方法を、人に教えたいと思いますか?

同じ方法を実践する人が増えたら、自分も稼げなくなる可能性がありますよね?

なので、「稼ぎ方教えます!」というのは、事実ではないか、あるいは一昔前の古い方法であることがほとんどです。

これからアフィリエイトをやるなら、自分なりの稼ぎ方を、何年もかけて探し出していくことが必要なのです。

アフィリエイトは失敗ばかり

実際にアフィリエイトに取り組んだことのある方ならわかると思いますが、アフィリエイトは失敗ばかりです。

こうしたらどうだろう?ダメだった。こうはどうだろう?やっぱりダメだった。この繰り返しです。

真剣にアフィリエイトに取り組んで、結果を出している人たちは、そうした「99回の失敗」を経て「1回の成功」を手に入れている人たちです。

けっして「簡単に始められて初心者でもすぐに稼げる」世界ではありません。

天才であることよりも、99回の失敗を乗り越えられる強いメンタルが必要です。

「なんだ、稼げないや」と辞めてしまうのなら、最初からやらないほうがいいです。

アフィリエイトにあるといいスキルは

それでもチャレンジする、やってみたいという方には、まずweb系のスキルの基礎、ワードプレスの基本、そしてライティングの基本などをしっかり勉強することをおすすめします。

独学でアフィリエイトをやりながら覚えていくものもあると思います。

技術的なこと、そしてライティングのような経験が必要になることは、しっかり勉強することが近道です。

私は、アフィリエイトで「ちょっと稼げる」までに、原稿用紙で8000枚分のライティングをしました。

同じことができるなら独学もいいですが、私から言うと「教えてくれるところがあるなら教わったほうがずっと早い」という結論になりますね。

これは、「自分が苦労したから言えるアドバイス」、と思ってください。

web系のスキルの基本、ワードプレスの基本、ライティングスキルを学べるスクールは?

まとめ

アフィリエイトで稼ぐことは、不可能なことではありません。黙々と作業を続け、100回のチャレンジで99回失敗し、ライティングスキルのために原稿用紙8000枚書ける根性があれば、稼げるようになるかもしれません。

その「可能性」を実現できるか、そこまでにどこまで努力し、苦労できるか、それにかかっているのだと思います。

実際にそれを乗り越えて、自分で「ちょっと稼げる」ようになると、自分からその話はしたくない、と思います。

そこまでの失敗や苦労を思い出したくないし、人に話すと必ず「その方法教えて」と言われます。

「その方法」を得るまでに、自分が払った犠牲を考えると憤慨ものです。そのくらい、時間と手間をかけて、やっと「ちょっと稼げる」くらいだと思います。

チャレンジするなら、覚悟を決めて、可能であればWeb系のスキルや、ライティングスキルは学んだ方がショートカットにはなるはずです。

それでもやってみる、という方は、頑張ってみてくださいね。

web系のスキルの基本、ワードプレスの基本、ライティングスキルを学べるスクールは?

The following two tabs change content below.

小黒泰子

クラウドソーシングサイト・クラウドワークスが認定するプロクラウドワーカー。20代で大病をしたのち、通勤の医療事務やWEBデザイナーを経て、30歳のときにフリーランス、在宅ワークに移行。webライター、コンテンツライティングやWEBデザイン、ネットマーケティング、内職など在宅ワークでできるものをやりつくし、現在はウェブ解析の仕事もしている。猫のお尻が好き。得意分野:在宅ワーク、資格、医療関係、福祉など。