webデザインの在宅ワークはママさんには難しい?

LINEで送る
Pocket

webデザインの在宅ワークをしたい!でも……

「webデザインを勉強して、在宅ワークを始めたい。でもいろんなサイトを見ても、webデザインの在宅ワークは難しいって書いてあるし……」

そんな風に迷っているママさんも多いのではないでしょうか。

たしかに、クラウドソーシングサイトを見てもwebデザインの仕事はいまいちよくわからないし、何をどこまでできればいいのかもよくわからない。

「これからは需要がない」なんていう記事を見ると不安になりますよね。

そんなwebデザインの仕事で在宅ワークはできないのでしょうか?

web系のお仕事で在宅ワーク歴10年の私の経験なども交えてご紹介いたします。

webデザインは幅の広い仕事!

それでは、「webデザイナー」は何をする人のことを言うのでしょうか?

サイトのデザイン? それをコーディングすること? あるいはその中のコンテンツまで書くの? サイトをカッコよく動かすにはどうしたらいいの?

928555答えは「全部webデザインに含まれる」です。

「ええっ?そんなにできないといけないの?」と思わないでください。

その中で、あなたにできることから始めればいいのです。

サイトのトップページをデザインするお仕事もありますし、それをhtmlでコーディングすることもwebデザイナーのお仕事。

プラスして、そのサイトのコンテンツを書く「ライター業務」ができればいいですし、サイトをカッコよく動かす「web系プログラミング」ができればなおいいですね。

実際に在宅ワークはどうやって仕事を取るの?

実際にそうしたスキルを身につけて、在宅ワークでコンスタントに稼ぐのは最初は難しいかもしれません。

ですが、まずはクラウドソーシングサイトで「サイトのトップページのデザインのコンペ」に応募してみたり、「子育ての記事を書いてください」というライティングのお仕事には応募できます。

自分でサイトを作ってみて、自信がついたらお友達やご近所さん、親戚の方などに「webデザインを勉強した」と伝えてみてください。

「ならうちのお店のサイトを作ってほしい」というご近所の小売店の方がいらっしゃるかもしれません。

同じように、自分で作ったサイトをweb上に公開して、たくさんの人に見てもらうことも重要です。

そのサイト自身があなたのデザインやスキルを証明する営業ツールになるからです。

まずは勉強、それからクラウドソーシングサイトから始めよう

そう考えると、web系のお仕事は在宅ワークにはぴったりです。

まずはwebデザインを勉強して、自分でサイトを作って世界中の人に見てもらいましょう。

そして作ったサイトは、クラウドソーシングサイトのプロフィールにしっかり載せること。

たくさんサイトを作ってポートフォリオサイトを作って載せておくと、効果は抜群です。

ライターとして仕事を始めたけれど、その依頼主から「一緒にwebデザインも頼みたい」という発展の仕方も期待できます。

ママさんにもwebデザインのスキルが付くスクールは?

そこで大事なのが勉強の仕方。「独学で頑張る」という方もいらっしゃるかと思いますが、あまりお勧めできません。

webデザインの世界は「ラットイヤー」と呼ばれるくらい変化の早い世界です。

「ドックイヤー」より早い「ラットイヤー」なのですね。

ですので、一番効果的なのが、まずはスクールに通って基本的なことをしっかり身に着けることです。

わからない部分もすぐに質問できるような環境で、デザイン、htmlコーディング、そして時代の先端のワードプレスまで勉強しておくのがベター。

一通りできれば、あとは自分でチラシを作って配ってもいいですし、サイト上でお仕事を募集をしたり、クラウドソーシングサイトでアピールすることができます。

「できないかも」よりも、「やってみよう」の方が確実に前進していますよね。

通信制で期間無期限のスクールなら、忙しいママさんでもしっかり勉強が身につきます。

ぜひwebデザインでの在宅ワークにチャレンジしてみてください!

忙しいママさんでも無理なくweb系の勉強ができるスクールは?

The following two tabs change content below.

小黒泰子

フリーランス。GeekGirlLaboにてチューターなどをしている。クラウドソーシングサービス・クラウドワークスのプロクラウドワーカー。自分のメディア運営もしている。’02の時代からウェブ系スキルを勉強し、以後15年以上フリーランスで生活している。デザインのために色彩検定をとったりと資格マニア。実はFP2級も持っている。24歳の時に自分がした大病で就業に困る人たちをたくさん見てきたことや、現在認知症の親の介護をしていることから労務や年金に興味を持ち、'19の社会保険労務士試験に向けて仕事をしながら勉強している。得意学科は労基、安衛、年金など。得意分野:フリーランス・在宅ワーク、資格取得、ウェブ系スキル、ネットマーケティング、最近は労務、年金制度など。 【ひとこと】いま生きていることに感謝。Jeder ist seines Glückes Schmied.