webライターは在宅ワーク未経験のママさんにぴったり!

LINEで送る
Pocket

在宅ワークは始め方が肝心

これまでは会社に勤務して、バリバリ働いていたけど、子どもができてからなかなかまとまった時間も取れないし、ましてやキャリアアップできる仕事なんて見つかりそうにない……。

そんなママさんにはまずは在宅ワークを考えていただきたいと思います。

通勤がない、子どものことで急に時間を取られても全然大丈夫!在宅ワークのスキルがあるだけで、まずは現在の収入の心配が減ることは確実です。

でも在宅ワークなんてしたことないし、というママさんにはまずはwebライターがおすすめです。

在宅ワーク歴10年の私が、「WEBライター」というお仕事についてやってみた感想からご紹介します。

webライターはどんなお仕事?

947465最近クラウドワーカーという言葉がよく出てきますよね。

クラウドワーカーとは在宅で、自分で仕事をしている人のことを主にさしているようです。

実際には仕事の取り方はいろいろで、前の会社から在宅ワークできるデータ入力の仕事をもらっている方もいますし、自分でクラウドソーシングと呼ばれるクラウドワーカーと仕事先を仲介するサイトに登録してお仕事している方もいます。

そのクラウドソーシングサイトでたくさん見かけるのが「webライター」というお仕事です。

クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」を見てみる

webライターは文字通り、web上のサイトや、キュレーションサイト、あるいは個人のサイトや企業のサイト、いろんなサイトに載せる文章を書くのがお仕事。

仕事でそこそこタッチタイピングができて、文章を書くことが苦ではない人にはまずお勧めしたいお仕事です。

webライターがなぜ在宅ワークに向いているのか?

webライターのお仕事は在宅で完結することができます。

クラウドソーシングサイトでお仕事をもらって、その分を自分の時間のあるときに書いていきます。

お子さんのお昼寝の時間、お子さんが眠ってからの夜の時間のように、忙しいママさんでも隙間時間に行えるのが何よりのメリット。

たくさんあるメリットの主なものを書いていくと、

  • 自分のペースで仕事ができる
  • 隙間時間を使ってお金を稼ぐ事ができる
  • 初期投資がほとんどかからない(パソコンがあればOK)
  • 特別なスキルがほとんど必要ない

このようなメリットがあります。

在宅ワーク初心者さんが初めて仕事をするのに、webライターは最も適していると思います。

webライターのデメリット

かと言ってメリットばかりではないのが仕事というもの。

webライターにもデメリットがあります。

  • 最低限のパソコンのスキルが必要
  • 仕事によっては情報収集能力が必要になる
  • 納品がワードプレスサイトのような場合にはweb系のスキルが必要になる

webライターを在宅で行う場合には、まず納品の仕方をきちんと確認するのが重要です。

個人のサイトや大手のキュレーションサイトのような仕事の場合、納品にワードプレスというシステムを使っている場合があります。

大手のサイトならばマニュアルが完備されているとは思いますが、個人のサイトに「直接投稿してください」という納品の仕方もあります。

この場合には、ワードプレスを知らないと大変な苦労することが考えられます。

在宅ワークでwebライターをするなら、web系のスキルでスキルアップを

参入しやすいwebライターの仕事を在宅ワークでするときには、最低限のwebの知識を知っておくのが近道です。

「h3」のようなタグについて知っているかいないか、ワードプレスについて知っているかいないか、それだけでお仕事の幅がものすごく変わってきます。

お勧めなのは、webライターの経験と一緒にweb系のスキルを身につけること。

最近では「webライター講座」というのがたくさんありますが、プラスしてwebの知識が学べるものはほとんどありません。

せっかく在宅ワークを始めるなら、一緒にwebのスキルも勉強して仕事の範囲を広げ、3万から5万、10万と収入を増やしていくのがお勧めです。

webのスキルと一緒にライター経験が積めるスクールは?

 

The following two tabs change content below.

小黒泰子

クラウドソーシングサイト・クラウドワークスが認定するプロクラウドワーカー。20代で大病をしたのち、通勤の医療事務やWEBデザイナーを経て、30歳のときにフリーランス、在宅ワークに移行。webライター、コンテンツライティングやWEBデザイン、ネットマーケティング、内職など在宅ワークでできるものをやりつくし、現在はウェブ解析の仕事もしている。猫のお尻が好き。得意分野:在宅ワーク、資格、医療関係、福祉など。