在宅コーダーは仕事と家庭の両立への近道?

LINEで送る
Pocket

在宅コーダーは専門職!時間の自由度も高く、復職もしやすい!

coderここでは、在宅ワークの一つである「コーダー」という職種について、その詳細を解説していきます。
ITやWeb業界に詳しくない人の多くは、コーダーという言葉を初めて耳にするのではないでしょうか?

コーダーとは、簡単に言えばプログラム(=コード)を書く人のこと。
具体的には、HTMLやCSSなどと言ったwebサイトを作成する言語をコードと呼び、それを使う人のことをコーダーと呼びます。

これから手に職をつけたいワーキングマザーにおすすめの、専門職です。

在宅コーダーという仕事の特徴

  • 初心者でも1カ月程度で学べ、すぐ仕事に結び付けることができる。
  • テープ起こしやデータ入力など、「誰でもできる仕事」より報酬が良い。
  • 案件が多く、誠実にこなして行けば仕事の受注に困ることはあまりない。
  • デザインや、もっと上のプログラム言語(たとえばjavascriptなど)を学べば受注案件数は飛躍的に伸びる。

在宅コーダーという働き方を評価すると

coder

評価の解説

始めやすさについて:★★★★★(5点満点中3点)
先述の通り、HTMLやCSSは初心者でもとっつきやすいプログラム言語です。
専門学校で学ぶ場合でも、授業料も比較的安め、講座の受講期間も短いですから、これから専門性を身に付けて「社会で必要とされる女性」を目指す人には最適です。
ただ、データ入力など「誰にでもできる仕事」と比較すれば、勉強が必要となってくるぶん、ちょっとハードルは高め。そのため、始めやすさは3点としました。

HTMLやCSSを入門から学ぶ通信講座の比較はこちら

時間の自由度について:★★★★★(5点満点中5点)
在宅ワークのメリットは、納期さえ守れば一日のうちのどの時間帯にでも作業ができるということです。
ご飯を作る時間、お子さんの送り迎えの時間など、作業ができない時間帯があっても問題なし。
時間の融通という点において、これ以上ない自由度があります。
報酬について:★★★★(5点満点中4点)
コーダーという職種の平均年収は380万円です。パート事務や、在宅でのデータ入力などと比較すると、2倍~3倍程度の収入になると言えます。
ただ、もっと他のプログラム言語を使える職業と比較すると、年収はまだまだと言ったところですから、点数は4点としました。
続けやすさ:★★★★★(5点満点中3点)
時間の自由度は高いのですが、納期が迫ってくると、深夜に作業するなどという場合もあります。
慣れてきて作業のスピードが上がり、無理のない仕事量を把握するまでは、進捗管理がちょっと大変かも知れません。
家事や育児との両立はしやすいですが、慣れるまでは大変という点を考え、続けやすさは平均点である「3点」としました。
復職しやすさ:★★★★(5点満点中4点)
これについては、自分で独立をしているわけですから、復職のために会社と約束をして・・・などという面倒はありません。
妊娠・出産で数年休職しても、会社勤めなどと比較したら、段違いに復職は簡単です。
ただし、プログラムの技術は日々進歩していますから、長期間離れた場合、進歩した部分を勉強しなおすことは必要です。そのため、点数は4点に抑えました。
休職中もアンテナだけは貼って、復職時に何を勉強したら良いかだけ、整理しておくとよいですよ。

在宅コーダーで働くメリット・デメリットを知ろう

メリットは初心者でも始めやすい専門職であること
技術的な勉強がある程度必要ですが、センスが必要とされるデザイナーや、高度なプログラムを書くプログラマー、日本語のセンスの必要なライターに比べると、敷居は低めです。
今から「手に職」を目指す人には、最もおすすめの職業です。
デメリットは「コーディングだけの仕事」が少ないこと
デザインとセットでコーディングを依頼するケースが多く、コーディング単体で受託できる案件が少ないことがネックとなります。
コーディングを足掛かりにしてデザインを学んでいくか、プログラムについてより深く学んで一つ上のプログラマーを目指すか、方向性を決めて、長期的にスキルを磨いていくとより良いでしょう。

この仕事をしていく上でのポイントは

まずはしっかり基礎力を身に付ける

当然のことですが、まずこの世界に飛び込む前に、しっかりと基礎力を身に付けましょう。独学でこなす人もいますが、独学ですとプログラムの「常識」を学ぶことができません。
忙しいワーキングマザーには、自宅で空いた時間に学べる通信講座がおすすめです。

初学者をプロの在宅コーダーに育ててくれる通信講座情報はこちら

営業力を身につける

次に、フリーの在宅コーダーとして仕事をしていくには、営業スキルが必要となります。営業について学んでも良いですし、一度Web制作の企業に入社して人脈を作っておくことも一つの有効な手段です。
独立前にWeb制作に企業に入社するという選択をする場合には、自分のライフスタイルに合った企業を選ぶ必要がありますから、企業情報を豊富に持つ専門の転職サービスなどを利用して、じっくり企業探しをしましょう。

Web制作から独立後の営業まで学べるフリーランスにおすすめの講座はこちら

女性が理想の生き方を掴むための職探しをしてくれるIT企業転職サービスGeekGirlCareer

プログラムを学んで仕事の幅を広げる努力をしていく

先述のデメリットの箇所でもふれましたが、HTMLやCSSなどのコードを書くこと(=コーディングと言います)だけではなく、一つ上のプログラム言語が分かると仕事の幅が広がります。
具体的に身に付けたら良いと思われる言語は、下記の通り。

  • javascript(サイトで行う「○○診断」や画像のスライドショー表示など、Webサイトを「動かす」言語)
  • jQuery(上記javascriptだけでは実現が難しいシステムを、簡単に組めるようにした「javascriptのライブラリ」)

自宅でWeb系スキルを学べる通信講座ランキングはこちら

デザインに自信がなかったら、タッグを組むデザイナーを探す

こちらもデメリットの欄でご説明しましたが、コーディングとWebデザインがセットとなった仕事は、数多く存在します。
ただ、デザインはセンスが問われますから、勉強すればだれでもできるとはちょっと言えないですよね。
コーダーは、プログラマーとしてスキルアップをするも良し、またはデザイナー方向へ進むも良しの職業。しかし、それらのスキルを習得するまでに時間がかかるようでしたら、いいデザイナーさんを見つけ、一緒に仕事をするということも一つの手です。
多くのWebデザイナーさんは、HTMLなどコーディングができる人がほとんどですから、仕事や報酬の割り振りは、事前にしっかり話し合っておきましょうね。

在宅コーダーのリアルな声

いかがでしょうか、コーダーという仕事の実態やポイント、掴んでいただけたのではないでしょうか。
実際に初心者から在宅コーダーデビューをした人にインタビューをさせていただきましたので、その回答を掲載します。

hagiwara

回答者:35歳萩原さん(既婚)

イタリアンレストランのオーナーシェフである夫を持つ、主婦歴4年目の35歳。
愛する夫とネコ3匹、イヌ2匹に囲まれて、在宅での仕事を始めました。
営業として管理職まで勤めた経験はあるものの、Web業界は全くのはじめてでしたが、このサイトでも紹介しているGeekGirlLaboでゼロからコーディングを学び、今は在宅コーダーとして仕事をしています。

家庭と仕事を両立させている年数を教えて下さい
初めてから、1年と4カ月が経ちました。
家庭と仕事を両立させる上で大変だったことは何ですか?
納期によっては深夜の作業が発生することがあるので、はじめのうち、夫の理解を得ることが大変でした。いまでは、深夜の作業が面倒だ~なんて弱音を吐くと、「仕事でしょ」と一言注意されるまでになりました(笑)
家庭と仕事を両立させる上で気をつけていることを教えて下さい。
在宅で仕事をしていると、いつでも作業ができてしまうため、ズルズルと仕事をしてしまうことがあるんですね。ある日、それって自分にも、一緒にいる家族にも良くないなって気付いて。
ですので、今は仕事をする時間、そうでない時間はしっかり分けるようにしています。特に、夕飯後に作業をするのは、納期の都合でやむを得ない場合、緊急の場合のみにしています。
仕事を取るコツは何かありますか?
私の場合、まだまだ1年目の駆け出しなので、来たお仕事は断らない、誠実に仕事をする、納期は必ず守る、の3点に気を付けてやっています。
全部当たり前のことなんですけど、特に新人のうちは信用が一番だと思いますので、基本に忠実に!をモットーにしています。

萩原さんは、Linableという女性在宅ワーカーの集まるコミュニティに所属しています。在宅コーダーデビューした際の経緯が、ブログ形式でつづられていますので、是非そちらも参考にご覧ください。

初心者在宅コーダーの実際をブログで読む

adviser

キャリアアドバイザーとしてこの仕事を総評すると

以上の情報から、在宅コーダーという働き方は、下記のような方に向いている仕事と言えます。

  • 家事や育児と会社勤めの両立が難しい人
  • スキルがないけれどプロを目指したい人
  • 自宅にいながらそれなりの稼ぎを得たい人
  • なるべく早く仕事を開始したい人

また、一般的に言う「プログラム」と似た構造を持ちながらも、言語としては簡単な部類に入りますので、プログラムに興味がある人の入り口としても最適。

スクールによっては学ぶための費用も数万円で済みますから、面白そうと思った人は、是非チャレンジしてみて下さい!

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。ワーキングマザーどっとこむの、主に「ワーク」に関する記事を担当。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー