在宅のテープ起こしって稼げるの?~ママに最適な仕事を探せ!~

LINEで送る
Pocket

職人技の在宅テープ起こし!初心者のうちは地道な努力が必要

tapeテープ起こしという仕事を聞いたことがありますか?
インタビューなどの録音した音声を、日本語の文章に置き換える仕事で、ネットが普及する以前から在宅で行われてきた仕事です。
もとは速記からスタートした職業ですが、現在は、録音を聴きながらパソコンで文章に変換していくことが一般的。
仕事の名前にはテープという単語が入っていますが、カセットテープを使うわけではなく、録音データをネットでやりとりします。

在宅テープ起こしという仕事の特徴

  • パソコンがあれば、すぐに仕事が始められる
  • 文章に起こす音声の分野は、インタビュー、株主総会、医学学会などさまざま
  • 音声を文章に直すため、漢字の知識、句読点を打つ位置など、国語力が求められる
  • 起こした内容をもとにライターが記事などにするため、「話し言葉」を「書き言葉」に変換できる力も必要
  • 録音状態が悪い音声を正確に聞き取る力も必要となる

在宅テープ起こしという働き方を評価すると

tape

評価の解説

始めやすさについて:★★★★★(5点満点中5点)
聴力に特別な問題がなく、自宅にパソコンが1台あれば、まずは仕事としてスタートすることができます。
時間の自由度について:★★★★(5点満点中4点)
在宅業務ですから、納期さえ守れれば仕事の時間設定は自由にできます。
ただし、音を正確に聞き取る必要がありますから、家族が全員留守にしている静かな時間でないと、仕事ができない可能性が。そのため、満点からは1点マイナスの4点としました。
報酬について:★★★★(5点満点中1点)
報酬は、1時間の録音で5,000円弱が相場のようです。が、初心者のうちは、1時間の録音を文章に起こすのに、1週間~1カ月ほどかかります。
稼げるようになるまでには、相当な熟練が必要となるため、報酬は1点としました。
続けやすさ:★★★★★(5点満点中1点)
安定して案件を受注することが難しいのも、在宅テープ起こしの特徴です。また、録音を文章に直している時間以外にも、知らない分野の専門用語を調べたりする時間がかかるため、初心者の時に「割の悪さ」で挫折する人が少なくありません。
復職しやすさ:★★★★(5点満点中1点)
続けている人でも、安定して案件を受注し続けられない仕事ですから、一回お休みしてしまうと、また仕事を見つけるまでに相当な苦労がかかります。そういった意味で、1点としました。

在宅テープ起こしという仕事のメリット・デメリットを知ろう

メリットはパソコンさえあればすぐできること
メリットは、何と言ってもパソコンがあればすぐできるという点です。
また、日本語のヒアリングですから、はじめるに当たっての抵抗感も少ないですね。
また、音声を通じて、知らなかった分野の知識がつくことも魅力の一つです。
デメリットは、日本語力が必要なこと
「日本語を聞くなら簡単」と思われがちですが、会話の文脈から正しい漢字を割り当てるのは、意外と大変。その内容の専門性が高いと、聞いたこともない単語が登場してきますから、更に難易度は上がります。
分からない単語は調べて書くしかありませんが、そのため初心者のうちは相当苦戦すると思っておいてください。
満足いく収入を得られるベテランになれるまでに、何年もの勉強期間が必要となります。

この仕事をしていく上でのポイントは

国語の勉強を欠かさないこと

先述のように、熟練するまでには相当な勉強や知識が必要となってきます。
そのため、仕事と並行して勉強を欠かさないこと。
一度身に付けてしまえば武器となりますから、くさらず、忍耐を持って継続することが大切です。

在宅テープ起こし経験者のリアルな声

女性 PC イラスト

回答者:53歳ワーキングマザー(匿名希望:既婚)

テープ起こし歴13年の大ベテラン。誰にでも出来ると思われがちなテープ起こしですが、専門用語を聞き取るのは簡単ではありません。コツはとにかく慣れること。

家庭と仕事を両立させている年数
この仕事をはじめて、13年目に突入です。
家庭と仕事を両立させる上で大変だったことは?
はじめた当初は、とにかく時間がかかって、家族から反対を受けてしまいました。今となっては作業も早くなりましたし、稼ぎも十分出ましたが、そうなるまで結構主人と喧嘩をしました(笑)。
家庭と仕事を両立させる上で気をつけていることは何ですか?
今は仕事のコツをかなり掴んできたので特にないですが、慣れないうちはとにかく「静かな時間」でないと仕事ができなくて。そのため、子供がいない時間に集中して仕事ができるよう、家事の割り振りを考えました。
今は子供も大きくなりましたし、多少の雑音ならシャットアウトできるヘッドフォンも出たので、家族がいても多少仕事はできています。
仕事を取るコツは?
とにかく、プロとして信頼を勝ち得ることです。
新聞は毎日読んで知識を仕入れましょう。タイピングのスピードを上げて実力をつけましょう。相手は企業ですし、案件数は多くないですから「主婦のお小遣い稼ぎです」のようなスタンスでは、仕事は回ってきません。もし、「話の面白さを引き出すテープ起こし」が出来たら、強い武器になります。地道に、コツコツ上を目指しましょう。
adviser

キャリアアドバイザーとしてこの仕事を総評すると

以上をまとめると、在宅テープ起こしに向いているのは、下記のような人です。

  • 家庭にいながら仕事をしたい人
  • 今すぐ稼げるようにならなくても大丈夫な人
  • スキルが身に付くまで、忍耐強く努力できる人
  • 聞き取りとキー入力に自信がある人
  • 国語力に自信のある人

コーダーやプログラマーなどの専門職より稼げるようになるまで時間がかかりますし、収入もそれらの職種よりは下回ります。
もし、単に「自宅にいながら稼ぎたい」のであれば、WebやIT系のスキルを身に付けてしまった方が、長期的に考えて有利でしょう。

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。ワーキングマザーどっとこむの、主に「ワーク」に関する記事を担当。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー