在宅ワークの探し方~信頼できる取引先と出会うには~

LINEで送る
Pocket

在宅ワークの受注方法の1位は「以前の職場の関係者」!

キャリアアドバイザーをしていると、時折在宅ワークを始めたいけれど、仕事の探し方が分からなくて踏み出せないというご相談を受けることがあります。
そんな不安を抱える人たちのために、ここで仕事の探し方をご紹介したいと思います。

まずは、一般的に、在宅ワーカーたちが、どのように仕事を探しているかを見てみましょう。
出典:厚生労働省「在宅ワーカーのためのハンドブック
厚生労働省の「在宅ワーカーのためのハンドブック」を見ると、「以前の勤め先」「以前の勤め先の取引企業」「以前の勤め先関係の知人の紹介」を合計すると、32.5%となっており、大きな割合を占めています。
確かに、発注側としては、仕事ぶりを知っている方に依頼するのが安心ですよね。
これから在宅ワークを始めようと思っている方は、まず、以前の勤め先の関係者からお仕事をいただけそうかどうかを考えてみましょう。
もし、お仕事をいただけそうな前職関係者がいない場合は、人脈を作るために、一度転職することを視野に入れても良いかもしれません。

育児と仕事を両立するにはどんな会社に転職するのがベスト?

在宅ワークの探し方はクラウドソーシングと自分で営業の2本立て!

business
人脈での受注が難しく、人脈を作るための転職も難しい場合は、方法、応募と営業の2通りとなります。
応募で一番簡単なのが、インターネットを使って応募する方法です。

まず第一はインターネットを活用

在宅ワークの探し方で一般的なものは、ネットを活用して求人情報を探すことです。(手作業での内職は、ハローワークなどで探してみてください。)

通常の求人と違い、在宅ワークは、「クラウドソーシング」という募集の形が多く見られます。

安心な仕事探し「クラウドソーシング」

案件の情報や依頼内容をネット上に掲載し、応募してきた人の中から選び、業務委託をするという仕事のやり方。

クラウドソーシングに出される仕事は短期的・部分的であることが多いため、発注する側にとっては、社外のプロに任せた方が、人を採用するよりも低コストで高品質な仕事が実現できます。
いっぽう、受託する側にとっても、作業時間や、スキルレベル、報酬などが分かりやすく説明されるため、納得して応募ができるというメリットがあります。

クラウドソーシングで有名なサイトには、下記のようなものがあります。

JobHub

派遣サービスで有名なパソナのグループ会社・パソナテックが運営するクラウドソーシングサービス。
クラウドソーシングというと一般的には技術が必要な案件が多いですが、JobHubは派遣で働いていた女性が多く集まるサービスなので、秘書やコールセンター業務、バックオフィス業務などの案件も多いのが特徴です。

登録無料!手数料無料!お仕事マッチングプラットフォーム「Job-Hub」

仕事の探し方の二つ目は、自分で営業!

インターネットで仕事を探すのと同時に、自分で営業をかけられるようになっておくと理想的です。
在宅ワークでは、仕事を得ることが収入につながる大切な第一歩となりますから、仕事を得る手段を増やすことは、リスク管理の一環として非常に大切です。

ただし、営業職を経験した人でない限り、営業スキルについて知識のある人は多くないはず。
そんな方は、スキルを身に付けた後、お仕事とのマッチングまでを支援してくれるスクールを選ぶのがおすすめです。

お仕事とのマッチングまでサポートするスクール GeekGirlLaboの認定制度

クラウドソーシング体験談

女性 PC イラスト

クラウドワークス登録歴2年浅賀さん(Webデザイナー)

在宅ワークを始めた頃、求人の中には悪徳業者も含まれているという話を聞き、信頼できるサイトを探してクラウドワークスにたどり着きました。
企業からの信頼も篤いサイトで、Webデザインの案件が多く掲載されているので、最近の仕事はここ一本に絞っています。仕事の探し方としては、効率的なのではないでしょうか。
お仕事相談ができる掲示板のようなところもあるので、時間がある時はそこを覗いたりしています。

女性 PC イラスト

JobHub歴1年4か月匿名希望さん(データ入力)

私はプログラムやデザインなどはできないんで、データ入力などいわゆる「作業」の仕事があるクラウドソーシングサービスとして、JobHubを選びました。
このサイトの魅力は、プログラマーのような専門的スキルがなくても、できる仕事があるという点だと思ってます。ネットで単独の求人を探すよりも安心して参加できるので、おすすめです。

営業体験談

女性 PC イラスト

自分で営業を始めて役3年磯部さん(Web制作)

在宅ワークを始めた頃は、インターネットを中心として仕事を探していました。しかし、自分がWeb制作スキルを学んだスクールで、営業について教える講座が始まったということで参加してみました。そして学んですぐに、地元の個人商店向けにホームページを作るための営業をかけてみたんです。初めのころは、受注につながらなかったんですが、相手の方から「こんなサービスがあれば使ってもいい」なんていう意見をもらえて、自分のサービスの改善につながりました。今では地元でクライアントも増え、商工会に参加もしています。営業は、将来的にバリバリ仕事をしたい人におすすめの仕事の探し方ですよ。

adviser

在宅ワークの探し方をまとめると

いかがでしょうか、今まで敷居が高いと思っていた仕事探しが、急に身近になったのではないでしょうか。

体験談のお二人が言うように、クラウドソーシングサービスを使うと、発注元に対する安心感を得ることができます。
こういったサイトを活用することで、経験値を積んで行ってみると良いでしょう。

また、在宅ワーク探しを効率的に行いたい場合は、スキルを身につける段階から、「案件数の多い在宅ワーク」をこなせるスキルを身に着けておくことも大切です。
在宅ワークの種類別案件数は以下にまとめましたので参考にしてみてください。

在宅ワークにはどんな種類があるの?案件数の多い在宅ワークは?

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。ワーキングマザーどっとこむの、主に「ワーク」に関する記事を担当。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー