在宅ワークにはどんな種類があるの?案件数の多い在宅ワークは?

LINEで送る
Pocket

在宅ワークといっても色々な業務があり、行う業務によって身につけるスキルも異なります。まずは、どのような業務があるのかを見てみましょう。

出典:厚生労働省「在宅ワーカーのためのハンドブック

Webデザイン・制作のお仕事

一番多いのが、Webサイト作成の43.6%、次に多いのがWebデザイン・グラフィックの36.4%で、合計すると80%になります。
フリーランスを目指すなら、まずはWebデザインとWebサイト制作のスキルを身につけましょう。

Webデザイン、Webサイト制作のスキルを身につけられる講座特集

ただ、ママがWebデザイン・制作のお仕事を目指す上で、一点気をつけていただきたいのが、「スケジュール」や「納期」です。
WebデザインやWeb制作には必ず「納期」があります。いつまでに納品してね、というお約束です。
そのお約束が守られないと、信頼を失ってしまいます。
子供が急に熱を出した場合でも、納期は簡単に延期することは難しい場合も多いです。

納期が不安なママにおすすめなのは、「Webサイト上の情報更新等の業務」です。

Webサイト上の情報更新等の業務

Webサイトの更新業務は、在宅ワーカーに発注するより、社内の担当者が行うケースも多く、案件数としてはそれほど多くはないのですが、作業ボリュームはそれほど多くないため、納期が厳しくなく、稼働時間の短い方でもできるお仕事なので、ママにおすすめです。
「更新」と一言で言っても、ブログを書くだけの案件から、レポートを元に改善を行うなど、幅広い知識が必要とされる案件もあります。
在宅ワーカーは基本的には自分で仕事を探すことが大前提ですが、Webサイトの運用業務とのマッチングを行っているスクールもあります。

Webサイト上の情報更新に必要なスキルを身につけられる講座はこちら

システム開発・プログラミングのお仕事

システム開発・プログラミングのお仕事は、数は少なくても単価が高く、稼ぎたい方におすすめです。
最近は、プログラマは在宅OKとする企業も増えてきていますので、正社員をしながら在宅ワークを目指す道もあります。

システム開発・プログラミングのスキルを身につけられる講座比較

Webコンテンツ制作のお仕事

Webコンテンツ制作のお仕事は、Web制作やプログラミングのお仕事に比べると習得までの技術的ハードルが低く、はじめやすいお仕事です。
Webコンテンツ制作のスキルがあれば、ご自身でコンテンツを作り、不労所得を目指すこともできます。
Webコンテンツ制作のスキルを身に付けたい方は、受講中からOJTで案件に携われて、そのままOJT先とお取引ができる、GeekGirlLaboのメディア構築コースがおすすめです。

adviser

在宅ワークの種類によって身につけるスキルはさまざま

やはりWeb系の在宅ワークは、案件数が多いのがわかりますね。
仕事と家庭を両立したいママには、稼働時間が短くても出来て、スキルも必要とされる、Webサイトの更新の業務がおすすめです。
在宅ワークの種類が決まって、スキルを身に着けたら、いよいよ在宅ワークのお仕事探しですね!
在宅ワークの探し方は、以下にまとめましたので、参考にしてみてください。

在宅ワークの探し方~信頼できる取引先と出会うには~

The following two tabs change content below.

ワーキングマザー どっとこむ

ワーキングマザーどっとこむ事務局です。女性が子育てをしながら仕事をすることはとても大変なことですが、情報収集をして、スキルを身につければ、必ず理想のワークスタイルは手に入ると信じて、情報発信をしています。