子育て後のキャリアプランを探る~仕事復帰のためのポイント~

LINEで送る
Pocket

子育て後の仕事復帰のために、スキルを身に付けておこう!

workreturn1992年に育児休業の法律が制定されてから、早20年以上が経ちました。
しかし法律で制度があっても、実際に会社に育休制度がない場合には育休が取りにくく、出産を機に退職する女性は43.9%にも登ります。

一度退職してしまうと、次にやってくるのが子育て後の仕事復帰の問題。
具体的にどんな対策をしておくと有利になるのか、キャリアアドバイザーの視点からまとめてみました。

仕事復帰に必要なものはスキル

子育て後の仕事復帰でネックになってくるのは、「年齢」です。
企業は、同じ職種に色々な年代の人から応募があった場合、若い人を採用する傾向があります。それはまだ柔軟性が高く、仕事の覚えが良いことが大きな理由の一つ。

年齢を重ねた人の武器は、経験が豊富で即戦力になることですから、若い人に面接で勝つために、復職に役立つスキルを身に付けましょう。

育児中にやっておきたいことは

では、子育て中にどのようなことをしておくと、復職に有利なのでしょうか。

仕事から完全に離れてしまわない

私は職務上、数十年専業主婦をやってきた人の復職相談に乗ることがよくあります。そこで時折感じることは、「家庭のまま外で振る舞ってしまうこと」です。
たとえば、こんなエピソードがあります。

面接で、高校生のお子さんを駅まで迎えに行きたいから残業はできないと言った。 スキルはあるのに仕事への熱意が感じられないということで不採用
受かるかどうか分からず勿体ないので、正社員の面接にスーツを買わず普段着で行った ビジネスマナーを知らないと思われ不採用
前歯が折れているのだけれど、治療のお金が勿体ないのでそのまま接客業の面接を受けに行った 人柄は合格点だったが第一印象が大切な業種なので不採用

どれも、家庭を守るという面からすると大切な発想で、これ自体は責めるような内容ではありません。
専業主婦という「仕事」からすると、節約や面倒見の良さなどで評価される部分だと思います。
彼女たちはみな、普段の「仕事」通りに振る舞ったにすぎません。

しかし同時に、彼女たちは面接で、お勤めの「仕事」より家庭の「仕事」が最優先ですと伝えてしまったようなものなのです。
こうなると、面接を通過できる可能性が下がってしまうことも事実。

あまり何十年も家庭に専念してしまうと、家庭のことを手放して仕事をすることが不安になります。
仕事復帰を考えるなら、子育て中も何らかの形で仕事に関わって、「家庭と仕事をやりくりする感覚」を身に付けておくほうがよいでしょう。

スキルが身に付く仕事をしておく

では、子育て中にかかわる仕事はどのようなものが良いでしょうか?

それには、「育児と両立しつつ、復職に役立つスキルが身に付く仕事」がベストであると考えられます。

パートやアルバイトではそういった仕事はほとんどありませんが、パソコンを使った在宅ワークの中には、この難しい条件を満たすものが存在します。

もちろん、勉強のために多少の先行投資は必要ですが、長い目で見ればメリットに満ちた選択肢だと言えます。

子育て後の仕事復帰に役立つ在宅ワーク

しかし、一言で在宅ワークと言っても、その種類は幅広いもの。
どんな職種が、子育てと仕事復帰のスキル習得の両立をもたらしてくれるのでしょうか?

それはフリーランスのプロとして活躍もできる、下記のような職種です。

  • Webサイトを制作する「コーダー」
  • 動くWebサイトや、スマートフォンのアプリを作る「プログラマー」
  • Webサイトのデザインをする「Webデザイナー」
  • 店舗経営をする「ネットショップ運営」
  • Webの知識を活かした在宅講師

もし今スキルがなくても、例えばコーダーなどであれば、そんなに元手もかからず、1カ月ほどで習得することができる技術です。
身に付けている人が少ないスキルですから、面接でも注目されますし、成長を目指す姿勢も評価されます。
育児中の仕事として、是非検討してみてください。

仕事復帰に役立つこれらの職種の情報をもっと詳しく見る

社員として在宅ワークをするという選択肢もあり

ところで、IT業界は近年、社員のリモートワーク(在宅ワーク)を積極的に取り入れ始めています。
そのため、特にコーダーやプログラマー、Webデザイナーのスキルがあると、同じ在宅ワークでも会社に雇われて自宅で仕事をするという選択肢が視野に入ってきますよね。

雇用されて自宅で仕事ができるなら、育児との両立、そして仕事復帰の2つの問題が一気に解決します。
これからの時代、Webに関するスキルは、ワーキングマザーのみなさんにますますお勧めのスキルになって来ています。

子育てしながら企業の社員として自宅で働きたいなら

リモートワークが可能と言っても、自分の都合で自宅で仕事をする日を選べたり、週に2日までしか許されないなど、会社によって決まりはさまざまです。

また、一口にWebのスキルと言っても、企業が開発している商品・サービスによって、向き不向きが異なります。
そういった点を全てクリアした、自分に合った企業を効率的に探すために、専門の転職サービスの利用をおすすめしています。

最近は、女性のための就職サービスも登場してきました。
専門家の力を借りて、自分にメリットのある就職先を見つけてみて下さい。

自分に合ったリモートワーク企業を探せる女性のための就職サービスはこちら

いまスキルをもっていない人は

もし、上でご紹介したような仕事ができるスキルを持っていない人は、スクールなどで勉強することをおすすめします。

かと言って、ママさんたちには通学する時間の確保が難しいですよね。
通信講座であれば、空いた時間に自分のペースで勉強ができますから、おすすめです。
ただし、選ぶ時には初心者をプロにまで育ててくれるスクールを、見極めて選ぶようにして下さいね。

中には、Webスキルの習得と一緒に、リモートワークで仕事ができる企業を探してくれるスクールもあります。

就業祝い金が出れば受講料が実質無料!Web制作の学習と就職支援がセットで受けられるスクールはこちら

このスクールでは、Webスキルの習得と一緒に、フリーランスになった後の営業方法も教えてくれる講座もあります。

Web制作から独立後の営業まで学べるフリーランスにおすすめの講座はこちら

私がママさんたちにおすすめしている講座の情報をまとめたページもありますので、良ければ参考としてご覧ください。

初心者をプロにしてくれる通信講座の情報を見る

adviser

子育て後の仕事復帰に大切なことまとめ

では、繰り返しになりますが、復職に大切なことをまとめたいと思います。

  • 育児中も何らかの形で仕事をしておく
  • スキルが身に付く在宅ワークで自分を磨いておく

この2点を抑えておけば、復職時の面接で若い人に負けないような人材になることができます。
育児しながらも自分のキャリアを諦めないという選択をして、ワーキングマザーとしての毎日を充実させて下さいね!

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。ワーキングマザーどっとこむの、主に「ワーク」に関する記事を担当。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー