赤ちゃんの便秘はミルクが原因?水分不足の時には白湯がおすすめ!

Pocket

いつもより赤ちゃんのうんちが出ていない、出るけどカチカチに硬いうんちで辛そう、オナラがよく出る、食欲もないし何故か機嫌が悪い。

そんな症状が見られたら、赤ちゃんが便秘になっている可能性があります。ママは何とかスムーズにうんちが出せるようにしてあげたいものですよね。

赤ちゃんの便秘の原因はさまざまですが、主な原因は「調乳ミルク」と「水分不足」の2つです。

[1]母乳と調乳ミルクで便秘になりやすさが違う?

母乳には、赤ちゃんの未発達な腸にも安心な消化吸収のしやすい形で栄養素が含まれています。

一方、調乳ミルクとは、タンパク質として牛乳由来の「カゼイン」と「乳清たんぱく質」で母乳の成分に近くなるように作られているものです。このカゼインが、赤ちゃんには消化しずらいため、便秘を引き起こしてしまうことがあります。

  • ミルクを飲んでいる赤ちゃんの便は、母乳を飲んでいる赤ちゃんの便と比べて粘り気が高く、カルシウムや脂肪が消化されずに残り白い粒がみられるという特徴があります。

母乳やミルクに含まれる『オリゴ糖』は、腸内のビフィズス菌の活性化を助け腸内環境を正常に保つ役割をします。『オリゴ糖』が少ないと腸内は大腸菌が優勢になってしまい、腸のぜん動運動が抑制されて便秘になりやすくなってしまいます。

ミルクは母乳よりも『オリゴ糖』の成分が少ないため、母乳に比べて便秘になりやすくなります。

ミルクの特定の成分によって必ず便秘になってしまうという事ではないですが、ミルクの細かい成分によって便秘しやすい、しにくいという事もあるので、ミルクを選ぶときは配合成分を見てオリゴ糖の含有量が多いものを選ぶなど少し気にしてみると良いと思います。

[2]水分不足からくる便秘には白湯が良い


赤ちゃんの便秘で水分不足が原因の便秘の場合には、白湯が効果があります。
離乳食が開始するとそれまで母乳かミルクしか摂っていなかった赤ちゃんの腸内環境は大きく変化します。

水分不足により便秘になる可能性が高くなります。そのような時に、白湯を飲むことで水分補給をしてあげることができます。また、内臓を温めてあげることで腸の動きを活発にし、便秘解消に効果的です。

白湯とは?
白湯とは水を沸騰させて、冷ましたものになります。

白湯を作る時の「水」は何を選ぶ?
赤ちゃんの消化器官は大人と比べて未発達なため、水を選んであげる際にも少し注意が必要です。

日本の水道水は消毒のために残留塩素(カルキ)が含まれているため、飲ませる前にしっかりとカルキ抜きをしてあげることが大切です。
 
水道水を沸騰させることで殺菌され、残留塩素(カルキ)も抜くことができ、口当たりもまろやかになるので、赤ちゃんにも安心して飲ませてあげることができます。

ミネラルウォーターはカルシウムやマグネシウムといったミネラルが含まれています。その含まれている量が多い=硬水、少ない=軟水というように分類されています。
 
硬水は消化器官が未熟な赤ちゃんにとっては負担がかかる場合があるので、軟水を選んであげるのがおすすめです。

ウォーターサーバーは赤ちゃんに飲ませるのであれば、軟水で天然水を使用しているを選び ましょう。お湯も水も両方出るので、お湯に水を足して人肌くらいにして飲ませてあげてください。

水分補給として白湯がおすすめなポイント
母乳やミルク以外の赤ちゃんの水分補給としてお茶やお水ではなく白湯がおすすめなのは、体内の吸収率が高くて効率が良い点です。

お茶…味が濃く、カフェインやタンニンが多く含まれています。味覚障害や睡眠障害を引き 起こす可能性があります。(ただし赤ちゃんでも飲めるノンカフェインの麦茶は問題ありません)

水道水…消毒のために塩素が使用されているという点と微量ではありますが不純物も含まれ ています。

ベビー用イオン飲料…高熱や下痢が続いた時に失われた電解質を補給するための飲み物。
 
水分補給の効果的な飲料のイメージですが、飲み過ぎると健康を損ねることもあります。
 
赤ちゃんが沢山汗をかいた時や体調不良の時など一時的に飲ませようにして、普段の飲み物としないようにしましょう。

赤ちゃんに白湯はいつから飲ませるのがベスト?
白湯はいつから飲ませると良いのかは、実は決まりはありません。母乳やミルクでしっかりと水分補給はできるので、あえて白湯を飲ませる必要はありません。

ただ離乳食を始める準備段階として、母乳やミルクの味以外に慣れさせるため、白湯を与えるのも良いことです。離乳食への移行がスムーズになるとも言われています。

または完全母乳育児から混合ミルク育児に移行する際に、まずは白湯で味の変化に慣れさせてみましょう。その際哺乳瓶を使って飲ませることでスムーズに移行ができるとも言われています。

白湯をあげるタイミング
赤ちゃんに白湯をあげるタイミングは授乳や離乳食前を避けて、お風呂上がりや運動などでたくさん汗をかいた後がベストです。目安としては1回20ml~50ml程度を飲ませてあげましょう。

白湯を嫌がる場合
母乳やミルクは少し甘味がありますが、白湯は全く甘味がないので赤ちゃんが嫌がる場合があります。白湯を飲まない時は甘味のあるオリゴ糖やマルツエキスを入れてみると飲みやすくなります。

オリゴ糖…善玉菌(ビフィズス菌)の活性化に効果のある腸内環境を正常に保つ役割。小さじ一杯弱を目安に、白湯に溶いて飲ませます。オリゴ糖の種類は色々ありますが、母乳にも含まれている「ガラクトオリゴ糖」がおすすめです。

マルツエキス…麦芽糖をシロップ状にしたもので、発酵作用があるので腸の中で発酵し、発酵するときに出るガスが腸を刺激し、腸を動かすことによって便秘を解消する赤ちゃんの便秘治療薬。薬局やドラッグストアで購入する事が出来ます。軽い便秘には効果が見られる事あります。

  • 甘味をつけても白湯を嫌がる場合は、容器にも好き嫌いがあるので、スプーン、マグ、ストロー、哺乳瓶など色々試してみましょう。

また赤ちゃんの便秘解消法についてはこちらの記事にもまとめましたので、参考にしてみてください。

赤ちゃんが便秘になった時の解消法と予防対策はコレ!

赤ちゃんの便秘解消に役立つ食べ物と月齢別離乳食レシピ!

[3]働きながら子供の体調管理もばっちり

子供が小さいうちは体調を崩しやすいもの。ママはいつでも子供のそばにいて、体調管理をしてあげたいですよね。でも出来れば働きたいなぁと思っている方もいると思います。

そんなママにおすすめなのが、在宅ワークです。
いつも通り子供のそばに居ながら、少し空いた時間を使ってお仕事をしてみませんか?

在宅ワークなら、子供の体調管理も出来ますし、自分のペースでコツコツお仕事をする事が出来ます。少しでも在宅ワークに興味を持たれたら、ぜひこちらの記事を読んでみてくださいね。

子育てしながら仕事するにはやっぱり在宅!〜その実際を一挙公開〜

プログラミング通信講座スクール【GeekGirlLabo(ギークガールラボ)】

The following two tabs change content below.

MAIKO

1歳を子育て中の1児のママ。海外営業・貿易事務関係の仕事に就いていたが、出産を機に退職。子育てをしながら在宅で仕事をしようと一念発起し、WEB関連について現在勉強中。