育児日記の書き方と日記の種類 続けるためのコツとは?

Pocket

育児日記の書き方と日記の種類 続けるためのコツとは?

育児日記の書き方に悩んでいませんか?

ここでは、体調管理はもちろん、赤ちゃんの成長記録としても役立つ、育児日記の書き方や種類をご紹介します。

無理なく楽しく、自分に合った育児日記を書いてみましょう!

女性のためのプログラミングスクール GeekGirlLabo

育児日記とは?

育児日記とは、赤ちゃんの睡眠時間、うんちやおしっこの回数、授乳回数や食事内容などを毎日記録する日記のこと。

産後のママは疲れているだけでなく、赤ちゃんのお世話でまとまった時間をとれなくなります。

ですので、育児日記は出産前から用意するのがおすすめです。

育児日記の書き方と5つのポイント

専用の育児日記には、1日ごとに記入する欄があります。

書き方としては、1時間ごとに睡眠、うんちやおしっこ、授乳をしたがどうかなど、細かく記入しましょう。

メモ欄やフリースペースには、成長の様子や病気の症状など記入します。

マタニティー時の様子や出産記録、産まれた赤ちゃんへのメッセージ、出産祝いやそのお返しの内容なども書き込むことも。

写真や赤ちゃんの手形を残しておくと、後になって見返したときの楽しさがアップしますよ。

育児日記を書く時には、次の5つのポイントを意識して書くと、良い育児日記が作れるので参考にしてみてください。

  • 体調管理
  • 日々の体調に関する内容を書いておくことで、健診や育児相談、病院受診の時に、的確に赤ちゃんの様子を伝える事ができます。

    離乳食などの食べた物を記入しておけば、食物アレルギーが出た時の受診に役立ちますよ。

    体調不良の症状や、発熱時の体温を記入しておけば、医師に伝えやすくなります。

  • 生活リズムを把握する
  • 授乳間隔や睡眠リズムを書くことで、ママのスケジュールを組む時の目安になります。

    例えば、お出かけの予定を組んだり、荷物を用意する時に役立つでしょう。

  • 成長記録
  • 授乳間隔が空いてきた事が分かったり、初めて出来るようになった事を記入してみましょう。

    赤ちゃんの成長に気づくことができて、大きな喜びを感じる事ができますよ。

  • 2人目以降の育児の参考に使う
  • 病気の対処方法や受診記録、離乳食やそのレシピなどを記録しておくと、2人目以降の育児に役立ちます。

    育児経験が書かれた育児日記は、自分だけのオリジナル育児本になりますよね。

  • 思い出として残せる
  • マタニティー期から子育てまでの様子が一冊にまとまっているので、思い出を振り返る時に便利です。

    子どもが大きくなった時に親子で見たり、子どもが成人した時にプレゼントするのも素敵ですね!

育児日記の種類はどんなものがある?

育児日記の書き方や記録方法は、人それぞれです。

長く楽しく書き続けるために、自分に合った育児日記を選んでみましょう。

専用の育児日記

記入する欄や内容、書き方が決まっているので、簡単に記録することができます。

ネットや赤ちゃん用品専門店などで購入できます。

かわいい絵柄のものやキャラクターのものがあり、選ぶのも楽しみのひとつ。

育児日記用の可愛らしいシールやスタンプも売っているので、毎日の記録に使ったり、記念日や行事の記録を賑やかにデコレーションするのも楽しいですね。

  • 筆者も、専用の育児日記を使用していました。
    使用した日記にはエコー写真を貼る欄もあり、マタニティー期や出産の時の記録を残したり、その日の自分の気持ちを書いたりしていました。

テンプレートをダウンロード

ネット上では、無料でダウンロードできるテンプレートがたくさん配布されています。

お金をかけずに、お試し感覚で使用できるのが良いですね。

パソコンのエクセル

パソコンのエクセルに表を作成して記録します。

パソコンにそのまま打ち込む方法と、プリントアウトして、手書きで記入する方法があります。

スマホアプリの育児日記

スマホなので忙しくても片手で操作する事ができ、タップするだけで簡単に記録できます。

外出先でもいつでもどこでも記録できるのがメリットですね。

スマホアプリならではの機能が付いているので、好みのアプリを見つけましょう。

  • 授乳タイマー付きアプリ
  • 授乳時間を計る事ができ、左右それぞれの授乳時間を記録することができます。

  • 共有できるアプリ
  • 家族間で共有する事ができるアプリは、家族に赤ちゃんのお世話をお願いするときに便利。写真を共有すれば、家族みんなで赤ちゃんの成長を見守ることができますよ。

  • スケジュールが管理できるアプリ
  • 予防接種や健診のスケジュールを管理する事ができます。

  • 育児情報が受け取れるアプリ
  • 赤ちゃんの月齢に合わせたお役立ち情報が見られるアプリ。子育てが初めてのパパママに参考になりますよ!

普通のノートでオリジナル育児日記

普通のノートであれば安く購入できますし、スペースも記録する内容が決まっていません。

なので、書きたいことを手書きで自由に記入することができます。

イラストを描いたり、写真を貼ったり、スタンプを押したり、文章を書いたりと、自分らしいオリジナルの育児日記を作れるでしょう。

生活リズムが整って、できる事も増える1歳以降の育児日記として、お出かけの思い出や、おしゃべりの内容など記録するのもおすすめです。

育児日記の書き方 一番のコツ

赤ちゃんのお世話に追われると、育児日記を書くことが面倒に感じる時もあると思います。

筆者も面倒に感じたり、書かない日もありました。

実際、メモ欄などは殴り書き状態でしたが、それだけハードな日々だった、というひとつの思い出に。

また、実体験として、授乳に悩み、助産師外来で相談するときに育児日記が役立ちました

具体的な内容を見せて相談するので話が早いですし、一目で問題点を理解してもらう事ができました。

また、授乳間隔が空いてきたり、夜にまとまって寝るようになった時など、生活リズムの変化も一目瞭然。

嬉しかったことや辛かったこと、その時の気持ちを思い出すことができ、日記を書いて良かったなと思っています。

育児日記のコツは「書きたくない日は書かない、綺麗に書こうと思わないこと」

育児日記は、貴重な赤ちゃんの時期の思い出として、ママの一生の宝物になるのではないでしょうか?

プログラミング通信講座スクールGeekGirlLabo(ギークガールラボ)