育児日記をルーズリーフで作ろう 愛着をもてる作り方を解説!

Pocket

育児 日記 ルーズリーフ
オリジナルの育児日記は、デザインや書く内容を自由に決めることができます。

そんなオリジナルの育児日記には、自由度の高いルーズリーフが便利です。

ルーズリーフで世界にひとつの愛着をもてる育児日記を作りましょう。

女性のためのプログラミングスクール GeekGirlLabo

オリジナルの育児日記はこんな方におすすめ

育児日記とは、赤ちゃんの授乳やうんち・おしっこの時間や回数、体調の変化などを毎日記録する日記です。

育児日記には、市販の育児日記やアプリなど書きやすく便利な日記がたくさんありますが、自分だけのオリジナルの育児日記を作ることもできます。

赤ちゃんの育児日記の書き方と日記の種類を先輩ママが伝授!

赤ちゃんの育児日記はアプリで簡単に記録しよう おすすめ人気アプリ5選

オリジナルの育児日記とは、記録する用紙や書く内容やデザインを自由に決めて、自分で作る育児日記です。

オリジナルの育児日記は次のような方におすすめです。

手作りが好き

デザインやレイアウトをすべて自分で考えるので、赤ちゃんを思いながらワクワクして作ることができます。

イラストや文章を書くことが好き

好きなイラストや文章を書くことで、育児中の息抜きにもなります。

赤ちゃんの成長や思い出をイラストにしたり、ママの気持ちなどを文章にして残せば、後で見返した時に読み応えのある育児日記になります。

スペースを気にせずに書きたい

とにかく自由に書きたいことを好きなだけ書くことができます。

筆者は、書くスペースが決まっている専用の育児日記を使っていたので、子供の成長や離乳食のメニューなどたくさん書きたい事がある時は不便を感じていました。

また、色々とメモっておきたいメモ魔の方にもおすすめです。

<そんなオリジナルの育児日記は、ノートなどで作ることができますが、ノートよりも自由度の高いルーズリーフで作ってみてはいかがでしょうか。

育児日記をルーズリーフで作るメリット

ルーズリーフとは、一枚の穴の空いた紙をバインダーに綴じたり、抜いたりすることができるものです。

育児日記をルーズリーフで作るメリットには、どのようなものがあるでしょうか。

どこでもページを追加できる

例えば、日記に写真を貼りたい場合、現像が後日になっても写真をとった日付のページにルーズリーフを差し込めるので、途中からでもページを追加することができます。

その日に書けなかった日記も、後日書き終えた時にその日付のページに差し込むことができるので、融通が効き便利です。

インデックスも差し込むことができるので、日記とは別に作っておきたいページ(例えば離乳食レシピ集や育児情報、写真コーナーなど)を自由に追加することができます。

また、ノートのようにページ数が決まっていないので、半端なところで日記が終わってしまう、ということがありません。

種類が豊富

ルーズリーフには横罫、方眼、無地など様々な種類があるので、育児日記のレイアウトやデザインによって好みの物を選ぶことができます。

サイズもA4、A5、B5などがあります。

例えば外出先にも持っていきたい場合は、バッグにも入れやすいコンパクトなA5サイズにしたり、見やすいものにしたい場合はA4やB5サイズのものを選ぶとよいです。

ルーズリーフ用のクリアポケットを挟むことができる

ルーズリーフ用の透明なポケットも売っているので、赤ちゃんとお出かけした時のチケットや育児情報が書いてある雑誌の切り抜きなど、日記と一緒に持っておきたい物を収納することができます。

また、日記を飾るシールなどもしまっておけるので、必要な時にすぐに取り出すことができます。

自由度が高く便利なルーズリーフですが、バインダーから外れるとバラバラになるのがデメリットです。

間違って外れてしまったり、赤ちゃんが触ってバラバラになることも考えられるので、全てのページに日付を書いておくことをおすすめします。

ルーズリーフを使った育児日記の作り方

用意するもの

・バインダー

100均で買えるものや、カラフルなもの、大人っぽい本革のものまで色々な種類があります。

・ルーズリーフやクリアポケット

バインダーに合ったサイズのもの、好みの罫線のものを選びましょう。

・ペンやえんぴつ

イラストなどに色を付けたい場合は、カラーペンや色鉛筆も用意しましょう。

・インデックスや付箋

インデックスや付箋を付けることによって、月齢などで日記を区切ることができます。

メリットでも書いたように、区切ることによって日記とは別にしておきたい独立したページを作ることができます。

オリジナルの育児日記ならではの便利な使い方ができますね。

・シールやスタンプ

育児日記用のシールやスタンプを使えば、赤ちゃんの様子を簡単に記録できます。

好みのシールやスタンプでかわいくデコったりするのも楽しいですね。

ルーズリーフを使った育児日記の書き方

基本的に専用の育児日記では、授乳、睡眠、うんちやおしっこ、食事などの回数や時間、体温などを一日の流れが分かるように記録します。

このような赤ちゃんのお世話に関する項目は、ネットや無料の育児日記アプリなどを参考にすると決めやすいです。

イラストが好きなら、赤ちゃんのお世話に関するアイコンを自分で考えるのも楽しいですね。

それに加えて、赤ちゃんの成長や様子、ママの気持ち、赤ちゃんへのメッセージ、メモなど、ママが書きたいことを文章やイラストで自由に記録しましょう。

日々の日記とは独立させたいページはインデックスや付箋で区切り、開きやすくしておくと便利です。

また、授乳、うんちやおしっこなどの赤ちゃんのお世話や生活リズムに関することは専用の育児日記に記録し、その日の赤ちゃんの様子などママがたくさん書きたいことはオリジナル育児日記に記録するなど、使い分けるのもよいですね。

ルーズリーフで愛着をもてる育児日記を作ろう

オリジナルの育児日記は自由に好きなことを書くことができます。

その中で、手作りが好きなママにとってはイラストを描くことが息抜きになったり、その日のママの気持ちを文章にすることで、自分や子供を客観視でき冷静になれることもあるかもしれません。

赤ちゃんとの思い出は、スマホの動画や写真で簡単に残せますが、イラストで残すのも暖かみがあります。

赤ちゃんのお世話で忙しいと育児日記を書くのも大変ですが、ルーズリーフであれば自由にページを追加できるので、後からでも日記を書くことができます。

また、クリアポケットには思い出の物を入れて残すことができます。

このようにルーズリーフは、自由にカスタマイズできるので、赤ちゃんとのたくさんの思い出や育児情報が詰まった育児日記にすることができます。

ルーズリーフで愛着をもてる世界にひとつの育児日記を作りましょう。

プログラミング通信講座スクールGeekGirlLabo(ギークガールラボ)