赤ちゃんの寝かしつけはいつから始める?寝かしつけ方法もご紹介

Pocket

赤ちゃん 寝かしつけ いつから

赤ちゃんの寝かしつけはいつから始めたらよいのでしょうか?

赤ちゃんは成長に伴い睡眠も変化していきます。

それを踏まえて寝かしつけを始めるタイミングを考えましょう。

また、筆者の寝かしつけ体験や寝かしつけ方法もご紹介します。

女性のためのプログラミングスクール GeekGirlLabo

赤ちゃんの睡眠の変化

赤ちゃんの睡眠は、成長に伴いどのように変化していくのでしょうか。

生後3か月頃まで

昼も夜も関係なく短い睡眠を繰り返します。授乳して寝て、の繰り返しです。

夜中に何度も起きるので、ママやパパも寝不足で大変な時期です。

生後3~4か月頃

昼間に起きている時間が長くなってきます。

この頃は、1回で飲めるおっぱいやミルクの量も増えてくるので夜も長く寝られるようになってきます。

昼間は起きていて夜は寝るという生活のリズムがだんだんとできてくるので、夜にまとまって寝るようになってきます。

生後4か月頃から

体内時計が発達してきて、昼と夜の区別がつくようになってきます。

寝る時間や、起きる時間を決めて生活リズムをつくり始めてもよい時期です。

生後6か月頃から

生活リズムができてきて、夜は連続して長く寝るようになってきます。

生後7か月頃から

夜泣きが始まる時期です。

乳歯が生えたり、脳の発達によるものが原因ではないかと考えられています。

寝かしつけはいつから始める?

先ほど書いた赤ちゃんの睡眠の変化から、生活リズムができてくる3~4か月頃からが、寝かしつけを始めるタイミングになってきます。

しかし、赤ちゃんによって睡眠のリズムや発達は違うので、赤ちゃんに合わせた時期やママやパパのよいタイミングで寝かしつけを始めましょう。

寝かしつけ方法

寝かしつけには、どのような方法があるのでしょうか。

筆者の経験も踏まえてご紹介します。

寝るまでの流れを決めておく

直接の寝かしつけ方法ではありませんが、夕方頃から寝るまでの生活の流れを決めておいて、赤ちゃんにそろそろ寝る時間だということを意識させます。

赤ちゃんが寝かせられることが分かれば、寝かしつけの時間も短くなります。

抱っこして歩く

哺乳類のもつ「輸送反応」に着目した寝かしつけ方法です。

この輸送反応とは、親に運ばれる時に大人しくなる反応のことをいいます。

敵に見つからないように親に協力して大人しく運ばれる、という哺乳類動物の本能が人間の赤ちゃんにもあるといわれています。

輸送反応によって、抱っこして歩くと赤ちゃんは落ち着くので、赤ちゃんが眠りやすい状態になります。

赤ちゃんによって、横抱っこが好き、縦抱っこが好き、などタイプがあるので赤ちゃんに合わせて抱っこしてあげましょう。

ただ、赤ちゃんの体重が重くなってくると抱っこの負担も大きくなるし、布団に寝かせた途端に起きてしまう場合もあるので、赤ちゃんの成長やタイプに合わせて他の寝かしつけ方にシフトしていくことも考えた方がよいでしょう。

トントン

赤ちゃんは、規則性のあるリズムが落ち着くといわれています。

抱っこしながら背中やおしりをトントンすると赤ちゃんがリラックスします。

また、仰向けで寝かせておへその下あたりを優しくトントンする方法もあります。抱っこから布団に降ろした後にお腹をトントンしてあげると赤ちゃんも安心します。

なでなで

眉間の間をなでなですると赤ちゃんはリラックスします。

筆者も娘のおでこや眉間をなでなでするとリラックスするようで、現在2歳ですが気持ちよさそうにしています。

また、手足を優しく握ったりなでなですると赤ちゃんがリラックスします。なでなではスキンシップにもなり、赤ちゃんは愛情を感じることができます。

自力で寝られるようにする(筆者の実体験)

筆者の娘は寝ないタイプの赤ちゃんで、抱っこ、音楽などあらゆる方法を試しましたが、なかなか寝てくれませんでした。

さらに夜中に何度も起きて娘が1歳になっても夜通し寝てくれることは一度もありませんでした。当然、筆者も慢性的な寝不足でとても辛い思いをしていました。

そんな時、「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」という本に出会いました。

この本では、赤ちゃんが「自分の力で寝られるようになる」ことで夜もぐっすり寝てくれるようになる、と紹介されており筆者も実践しました。

それまでは、抱っこ紐で寝かしつけをしていましたが、それをいっさいせずに「筆者は横になって娘を見守るだけ」「娘に自分の力で寝てもらう」という寝かしつけ方法に挑戦しました。

寝かしつけ1日目は、なかなか寝てくれず娘もずっと寝室をうろうろして遊んでいました。ようやく寝たのは寝かしつけを開始して2時間後でした。

寝るまで時間はかかりましたが、その夜は1度しか起きず、起きてもすぐに寝てくれました。

2日目は寝るまでに1時間かかりましたが、ついに夜中1度も起きることなく初めて夜通し寝てくれました。

この方法が娘に合っていたようで、すぐに効果を得ることができました。

ただ、この寝かしつけ方法は一度始めたらやり切らなければ効果がありません。やると決めたら心を鬼にして自力で寝てもらうよう見守らなければなりません。

筆者も覚悟を決めて挑戦しました。

もし興味がありましたら、ご紹介した本をしっかり読んでから実践されることをおすすめします。

生活リズムを整えよう

赤ちゃんにはスムーズにぐっすり眠ってもらいたいですよね。

そのためには、赤ちゃんの生活リズムを整えてあげることが大切です。

体内時計を整える

ぐっすり眠るには、睡眠のリズムをつくることが大切です。

そのためには、赤ちゃんの体内時計を整える必要があります。

体内時計を整えるためには次のように過ごします。

・朝日を浴びる

・夜は強い光ではなく、やわらかい照明の光の中で過ごす

・20時までには、照明を暗くする

・同じ時間に寝て、起きる

昼間の過ごし方

・昼間は明るい場所で過ごす

・お散歩をしたり、たくさん遊ばせる

・お昼寝の時は真っ暗にしない

・離乳食が始まったら、食事の時間を決めて生活リズムをつくる

寝る前の過ごし方

・寝る前は、テレビやスマホを見せない

・寝る30分~1時間前は興奮する遊びは避け、明るすぎない照明の中でゆったりと過ごす

・たっぷり授乳する

寝室の環境を整える

・夏は25~27度、冬は20~22度ぐらいの温度

・空調や扇風機の風が直接当たらないようにする

・部屋は暗くし、赤ちゃんが直接光を見ないよう、寝る時は天井の常夜灯はつけない。もし明かりをつけるなら、足元などに暗めの照明をつける

赤ちゃん 寝かしつけ いつから

寝かしつけは焦らずに

ご紹介した寝かしつける時期になってもなかなか寝てくれず、心配になられる方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では寝かしつを始めるタイミングを3~4か月頃とご紹介していますが、寝かしつけがうまくいかなくても大丈夫です。

筆者は娘が1歳過ぎてからようやく娘に合った寝かしつけをすることができました。

赤ちゃんにも良く寝るタイプ、寝ないタイプがいますし寝かしつけの方法も赤ちゃんによって違います。

焦らずに赤ちゃんやママパパに合った寝かしつけを試していきましょう。

プログラミング通信講座スクールGeekGirlLabo(ギークガールラボ)