家事代行サービスの内容は?利用者満足度は9割!

Pocket

やることに追われている時やしんどいときには 家の事をスケジュール通りに進めることができず、イライラした気分になってきます。

誰か手伝ってくれたら…と思うことってありますよね。

この状態が数日続くと、心身の疲れからネガティブな思考回路に陥ってしまいます。

子供やパートナーに思わず当たってしまい、自己嫌悪。負のループにどっぷり浸かり泣きたくなってしまう瞬間って誰もが経験あるのではないでしょうか…。

そんな私たちをサポートしてくれるサービスがあるのです。

それが家事の代行サービスです。

女性のためのプログラミングスクール GeekGirlLabo

家事代行サービスって?

家事代行サービス とは文字通り“家事”“代行”してくれるサービスです。

家事を手伝ってもらえる… 。興味はあっても実際にどういうものなのか、何をお願いしたらいいのかがよく分かりません。

どこに依頼するの?
まずは電話?
おすすめ業者や大手ってあるの?

というところから
サービスの金額は?
単発それとも周期的? ということまで未知の世界ですよね。

あと、
“家事くらいは自分でやるべきこと”
と、なんとなく依頼すること自体に抵抗があります。

初対面の人を招き入れる習慣もないため、なんとなく知らない人に来てもらうこと自体に不安もあります。

ところが、先日ある研究所の調査結果を目にしました。

家事代行サービス利用者の90%以上が、サービスに
“とても満足している” “まあ満足している”と回答しており、
さらに、利用経験がある人の93%が “今後も利用したい” との回答だったのです。

これはもしかしたら利用する価値は十分にあるのかもしれません!

家事代行サービスの内容は?何を頼めるの?

普段私たちが行っている “日常的な家事” のほとんど依頼することが可能です。

  • 部屋の片付け
  • 窓ふき
  • 庭掃除
  • 洗面台掃除
  • たたみもの
  • 料理のつくりおき

頼めないことはあるの?

ハウスクリーンング、介護・介助、体に触れるサービス、子供の勉強の面倒、家具・重い荷物の運搬…などは、日常的な家事ではないため、代行サービスの対象外です。

(ただ、会社によってお願いできる範囲や依頼作業は様々なようです)

料金はどのくらい?

  • 1回あたり2時間(4000円~6000円)
  • 延長料金 10分500円程度
  • スタッフ交通費 700円~1000円
  • 月4回で20000円~30000円
  • 月2回で15000円~20000円
  • 少し割高の設定でスポット(単発)依頼も可能

というのが一般的な価格帯のようです。

家事代行徹底比較

家事代行サービスを利用することのメリット

  • 自宅が清潔・快適になる
  • 家事に対しての精神的負担が減る
  • 家事に関しての体力的負担が減る
  • 心身にゆとりができる
  • 時間を有効に活用できる

サービス利用者の9割以上が “また利用したい” と思うのは、やはり心身に余裕ができることによる負担減なのでしょうね。

お願いしている間、少しお茶をのんで休憩することや、子供たちとゆったりした気持ちで向き合える時間は、私たちにとっては何にも代えがたい貴重なひとときになるのかもしれません。

家事代行サービス一覧

家事の代行サービスはかなり多くの業者があるようです。

お住まいの場所でサービスが受けられる会社をいくつかを比較してみましょう!

首都圏には、やはり多く会社がありますが、地方都市でも代行サービスは展開されています。

色々見比べてみると各社特色がありました。

母体が介護企業やハウスクリーニング企業、派遣会社…と様々であり、長年の実績や利用実績数が多い会社から、スタッフは自社教育の外国人で、キャリアのあるスタッフを揃えている、ということなど各社セールスポイントが異なり、興味深いです。

サービスに関しても、当日の3時間前まで予約が可能、というようなところや定期契約のみというところもありました。

ダスキンメリーメイドサービス
タスカジ
CaSy カジー
Bears ベアーズ
サニーメイドサービス

初回はお試し価格などの設定がされているところがほとんどです。

なので、一番抵抗のない軽い部分から一度体験してみてもいいかもしれません。

本当に困ったとき、一度依頼を経験していると次は心理的負担がなく依頼できます。

SOSの依頼先は複数あるに限りますよね!

今回、家事の代行サービスについて内容を調べてみて、家事のサポートを依頼することに対する考え方が変化しました。

“経済的余裕のある家庭が依頼するもの” という先入観がありましたが、実際には自分たちと同じ立場の主婦の方にお手伝いしてもらうような気軽な感覚で利用できそうです。

自分自身が体調の悪い時、サポートしてもらいたい状況になったとき、予算に見合ったサポートをサービスとして受けることは、無駄なこと、カッコ悪いことではなく心身の健康的に合理的な解決方法なのではないかなー、と。

これを機にまずはお試しで一度お願いしてみようと思っています。

プログラミング通信講座スクールGeekGirlLabo(ギークガールラボ)

The following two tabs change content below.

twomori

夫と二人暮らし、昼は派遣でお仕事しています。人生後半が目前になりはじめたことを機に、手に職をつけることに挑戦。web関連もろもろを現在勉強中。  やりたい事をする時間を作るためハウスワークの時短が日々の課題。 上手に手を抜くために、便利・簡単・ラクを毎日追求しています。