30代ママ必見!プチプラファッションを選ぶときのコツと人気通販サイト8選

30代ママにおすすめなプチプラファッション

おしゃれをしたい気持ちはあっても子どもがいるとゆっくり買い物をしている時間はありません。
また、すぐに汚れてしまうことを考えると高いものも買えませんよね。

そこでおすすめなのが、トレンドを押えたプチプラファッションです。しかし、欲しいものやデザイン性だけで買ってしまっては使えない場合もあります。そこで、洋服を選ぶ際に下記を参考にしてみてください。

洋服選び5つのコツ

  • 着回しのきくベーシックアイテム
  • 動きやすいこと
  • 体型カバーができる
  • 露出は控えめに
  • シーンレスな服を選ぶ

忙しくても綺麗なママになるには?3つの共通点とおしゃれのポイント
おしゃれのポイントはファッションだけではない?きれいママの秘訣についてまとめました!

使える!プチプラファッション通販サイト8選

titivate(ティティベイト)

SNSで人気の通販ショップです。トレンドを押さえたものが多く、すぐに売れ切れになってしまうこともありますが、ベーシックで着回しのきくアイテムが揃っています。サイト内のコーディネートも参考になります。

Re:EDIT(リエディ)

トレンドアイテムをリーズナブルに試すことのできる人気のショップです。タイムリーな情報を発信しているため、サイトをチェックするだけで最新の流行ファッションをチェックすることができますよ。

coca(コカ)

ゆったりとしたラインや高身長向けの商品を多数揃えているのが特徴です。サイト内では体型カバーやスタイルアップに繋がる着こなしを提案してくれているので参考になります。

fifth(フィフス)

シンプルで着回しの効くアイテムが多いショップです。シンプルの中でも、可愛らしい大人フェミニンなファッションを好む人におすすめです。

Pierrot(ピエロ)

ベーシックでシンプルなアイテムが多く、きれいめなファッションが得意なショップです。トレンドに左右されることのない着回しアイテムを多く取り揃えています。

ur’s(ユアーズ)

きれいめで品のあるアイテムを多数揃えています。落ち着いた雰囲気のシーンレスなアイテムが多いのが特徴です。

and Me(アンドミー)

トレンドから定番のシンプルファッションまで取り揃えたショップです。ワーキングママにも使えるきれいめアイテムもありおすすめです。

soulberry(ソウルベリー)

ナチュラルファッションを得意とする通販サイトです。ゆったりとしたラインが多く、優しい雰囲気のママにおすすめです。

ママリュック選びに失敗しない3つのポイントとおすすめのブランドを紹介
ママのマストアイテム!おしゃれなリュックにも注目してみてくださいね。

30代ママにおすすめの働き方

プチプラファッションと言っても、自分に使えるお金は限られていることが多いですよね?在宅ワークなら、自分のために使うお金を自分で稼ぐことができ、家事や育児に忙しいママにもおすすめの働き方です。

Webに関する専門知識があると収入もアップしますよ。自宅で学ぶことのできる通信スクールは自宅保育をしているママにも人気です。チェックしてみてくださいね。

Webに関する知識を学べるおすすめのスクールはこちら

月齢別!ママリュックの中身とおすすめ便利グッズをご紹介!

ママリュックの中身を教えて!

月齢によって中身は変わる

ママリュックの中身は月齢によって変わります。ねんね期から離乳食が終わるまでのママリュックの中身をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

ねんね期〜離乳まで

  • おむつセット
    (おむつ数枚、ビニール袋、下着)
  • おしりふき
  • 着替えセット
  • ミルクセット
    (哺乳瓶、水筒、ミルク)
  • 授乳ケープ
  • 母子手帳保険証セット
  • お気に入りのおもちゃ
  • スタイやガーゼ
  • 抱っこ紐

離乳食初期〜後期

  • ねんね期〜離乳までのアイテム
  • 離乳食セット
  • おやつ
    (崩れやすいお菓子はタッパーに入れると◎)
  • マグ

離乳食が始まると、食べこぼしなどもありますのでスタイを多めに持っているといいでしょう。
また、はいはいやつかまり立ちをする時期になると行動も活発になりますので、着替えも多めに持っていると安心です。かさばりやすいものは、圧縮袋などを活用するとコンパクトにまとまりますよ。

離乳食が終わったら…

  • おむつセット
    (おむつ数枚、ビニール袋、下着)
  • おしりふき
  • 着替えセット
  • おやつ
    (崩れやすいお菓子はタッパーに入れると◎)
  • マグ
  • 母子手帳保険証セット
  • お気に入りのおもちゃ

 

小さい子どもがいるママはたくさんの荷物を持たなければいけません。ママリュックのおすすめのブランドや選ぶポイントなど参考にしてください。

ママリュック選びに失敗しない3つのポイントとおすすめのブランドを紹介

荷物が多いママはそれだけで疲れてしまいます。そのため、お出かけも人の多い休日は避けたいですよね?
そんなワーキングママには、お休みを自分でコントロールできる在宅でのお仕事がおすすめですよ。
在宅ワークでも専門知識があると収入アップにつながります。子育て中のママでもマイペースに学べ、就業サポートもある通信スクールがおすすめです。ぜひチェックしてみてください。

忙しいママのための通信スクールはこちら

 

あると便利なお役立ちアイテムは?

お出かけのときにリュックに入れておくと便利なアイテムを紹介します。ぜひ参考にしてください。

S字フック
ショッピングカートやベビーカーなど、荷物を掛けたいときにS字フックが活躍します。
増えた荷物を掛けることができるので、負担が軽減されますよ。
マスキングテープ
食べ残しのおやつに封をしたり、メモをして貼ったりするときに便利です。
油性ペン
ジッパーバッグやマスキングテープ、飲み物などに名前やメモができる油性ペンはあると役立ちますので便利ですよ。
除菌グッズ
行動範囲も広がり活発な月齢になると、さまざまな物に触れることも多くなります。手を洗う場所がないときでもサッと除菌できるグッズがあると安心です。
ジッパーバッグ
中身が見える透明なジッパーバッグは何が入っているかすぐわかるため、リュックの中で物を探す時に便利ですよ。
お菓子の残りを持って帰るときにも役立ちますのでおすすめです。
エコバッグ
エコバッグは買ったものだけを入れるだけではなく、子どもが脱いだアウターや「ママちょっと持ってて」と渡された物などを一時的にまとめておくのに役立ちます。

 

ママリュックの中身を整理整頓して楽しく出かけよう!

ママリュックの中身は、子どもの成長によって変わります。お出かけ前にリュックの中身をチェックして整理整頓しましょう。
「入れ忘れ」や「サイズアウトの下着」が入っているかもしれません。リュックの中身をスッキリまとめてお出かけを楽しんでくださいね。

ママ友ランチにはどんな服装で行けばいい?失敗しないポイントを紹介

ママ友とのランチはどんな服装がベスト?

ママ友とのランチ会に参加するときの服装に不正解はありませんが、どんな服装で行けばいいのか悩んでしまうことも多いと思います。
そんなときは、下記を参考にしてみてください。少し意識するだけでママ友との会話が広がるだけではなく「素敵」「おしゃれ」という印象になりますよ。

清潔感とさりげないトレンドを取り入れよう

年代によっても服装は異なりますが、どの年代でも清潔感は大切です。
過度な露出や毛玉やシワなどがあると清潔感を失ってしまいますので気をつけましょう。
また、流行りを追いすぎず適度なトレンドを取り入れるといいでしょう。いつもの服装に
「清潔感」と「トレンド」を取り入れるだけで「おっ!」と目を引く服装になります。

あると安心アイテムはこれ!

  • 顔まわりを明るくする【ベーシックカラーのトップス】
    →オフホワイト(白シャツ)、ネイビー、ブラックなど
  • 1着あると安心な【テーラードジャケット】
  • ポイント使いに便利な【スカーフ】
  • ヘアスタイルも一工夫入れるとおしゃれ度アップ!

  こんな服装は控えたほうがいいかも!?

T(Time/時)P(Place/所)O(Occasion/場合)に合っていない服装はトレンドを取り入れていても避けましょう。また、甘すぎコーデ・張り切りすぎコーデ・身内しかわからないキャラTや個性的すぎる服装は敬遠されてしまいやすいです。
そのため、次のランチ会に繋げたい場合は控えたほうがいいでしょう。

 

ランチ会によって服装を変えよう

ママ友とのランチ会でも、シチュエーションやメンバーが異なりますよね。
その時々に合わせた服装で参加するために、気をつけたほうがいいポイントを下記にまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

初めてのランチ会は無難な服装で!

会場が決まっていて初対面の人も多く、大人数の懇親会などの場合は「無難な服装」がおすすめです。服装が目立ちすぎてしまうと、先入観を持たれてしまいやすいです。
そのため、どんな人なのかわからないランチ会では周りに合わせた服装にしましょう。

学校公開や送迎時などに、さりげなくリサーチするのがおすすめですよ!
その場に馴染み親近感を持たれるような服装を心がけましょう。

ランチ会の場所を確認しておくこともポイントです。
座敷の場合は靴下やストッキング、靴のインソールなどもチェックしておきましょう。
足元は意外と見えているので、清潔感のある足元を心がけましょう。

  • 筆者はニットや襟付きのシャツにパンプスなどのヒールを合わせて参加することが多いです。カラーも控えめなホワイトやブラック、ベージュなどを選びますが、無難な服装の中に清潔感を忘れないように心がけています。

仲良しのママ友とのランチ会は自分らしい服装で!

仲良しで気心の知れたママ友とのランチ会では、自分らしい服装で参加しましょう!
おしゃれを楽しめる機会ですので、送迎時とは異なる服装で行きましょう。
トレンドを取り入れたりアクセを足したりなどすると気分も上がりますよ。

子連れのランチ会は動きやすさを重視!

未就園児や未就学児がいるランチ会では、
動きやすさを重視したパンツスタイルが
おすすめです。

トップスは胸元が空きすぎないものを選ぶといいでしょう。楽な服装を選んでしまいやすいですが、清潔感は忘れずに!

 

 

ポイントを抑えて楽しいランチ会を過ごそう

ポイントを抑えるだけでランチ会に着ていく服装に迷うことはありません。
ママ友とのランチ会は情報交換の大切な場所でもあるので、ぜひ参加しておきたいですよね。

おしゃれな服装がきっかけで、新しいママ友との交流も増えることもありますよ。
おしゃれをしてランチ会を楽しんでくださいね。

育児をしながらおしゃれを楽しむためには在宅ワークがおすすめ

自分の収入があれば、気兼ねなくおしゃれを楽しめますよ。
しかし、育児中で働きに出れないママも多いと思います。その場合は、在宅ワークがおすすめです。在宅ワークの中でも専門知識があるとまとまった収入を得ることができますよ。
忙しいママにもおすすめな隙間時間を使って学ぶことのできるスクールもありますので、ぜひチェックしてみてください。

 

忙しいママでも隙間時間に学べる!通信スクールはこちら

<在宅ワークについて>
在宅ワークの始め方〜キャリアアドバイザーが解説!〜
在宅ワークの始め方についてキャリアアドバイザーが解説します。これから在宅ワークを始めたいと考えている方必見です!

ママに最適な在宅での仕事は何か〜キャリアと子育て両方実現!〜
ママにおすすめの在宅という働き方についてキャリアアドバイザーが解説します。

ママリュック選びに失敗しない3つのポイントとおすすめのブランドを紹介

ママリュックの選び方


ママリュックを選ぶ際に、
下記のような
ポイントに注目して選んでみましょう。

軽量であること

ママのカバンは自分の持ち物だけではなく、子どもたちの荷物も入れなければいけません。そのため、どうしても重くなってしまいます。

ナイロンやポリエステル素材などでできたものは軽量でおすすめです。
容量は21〜30Lくらいのものを選ぶと日常使いに便利ですよ。
31〜40Lは底のマチが広く、見た目も少し大きく感じるでしょう。

大きすぎると動き難く不便に感じてしまうこともありますので、身体の大きさに適したサイズをおすすめします。

ポケットの場所に注意

荷物を取り出すとき、その度に肩から下ろすのは大変です。抱っこ紐をしていたり、
子どもと出かけているときは特に面倒に感じることが多いでしょう。
そのため、背面やサイド部分にファスナーの付いたものだと、リュックを上げ下げしなくて済み、荷物が取りやすく便利です。

また、背面にポケットが付いているタイプのリュックは、貴重品などを収納でき防犯面でも安心できますね。
特に、子連れでの電車やバス移動は注意が子どもに集中してしまうためおすすめです。

疲れにくいフィット感

ママの荷物はどうしても重くなってしまうため、両肩へ負担がかかります。
また、背中にフィットしていないリュックは首や肩こりの原因になります。

子どもを追いかけて走ったりすることはありませんか?
そんなときにリュックが左右に揺れて動き難いことがあります。
そのため、ショルダーパットが付いているものや背中に密着するもの、
ストラップ調節がしやすいもの、肩ひもが滑りずらいものを選ぶといいでしょう。
首や肩の負担を軽減してくれますよ。

おすすめのブランドは?

ママリュックの中でもおしゃれでおすすめのブランドを紹介します。

PORTER(吉田カバン)

老舗かばんメーカーでもある吉田カバンのリュックは、軽量で機能面でも優れています。有名人が使用していたことがきっかけで、ママリュックとしても注目されています。

FREDRIK PACKERS(フドリックパッカーズ)

フレドリックパッカーズのリュックはおしゃれママに人気の高いブランドです。摩擦に強く軽量に作られています。ショルダーパットもあり、荷物の多いママにもおすすめです。

marimekko(マリメッコ)

マリメッコのリュックは見た目や使いやすさなどから多くのママに支持されているブランドです。ポケットも多く、機能面などにも優れています。使いやすさに定評があり、ママ意外にもさまざまな年代の人から支持されているブランドです。

THE NORTH FACE (ザ・ノースフェイス)

アウトドアブランドとし有名なザ・ノースフェイスのリュックは、軽量で耐久性や防汚性にも優れています。荷物の多いママや長時間の使用にもおすすめです。

Greish(グレイッシュ)

Greishは2人の子どもを持つ人気スタイリストがディレクターを務めるブランドです。ママが今本当に欲しいリュックにこだわっているため、デザイン性と機能性に優れているおすすめのブランドです。

 

ママリュックは子どもとのお出かけにベストアイテム!

ママリュックは、子どもの素早い動きにも対応できるベストアイテムです。
両手が空いていれば、一緒に遊ぶことや抱っこの要求にも対応できますね。

ワーキングママでも働き方を変えればいつでも出かけられる

ワーキングママでも在宅ワークなら、いつでも子どもの「どっかに行きたい」に答えてあげることができますよ!

また、在宅ワークの中でも専門知識があるとまとまった収入を得ることに繋がります。

隙間時間に学べる通信スクールもありますのでおすすめです。
ぜひチェックしてみてくださいね。

隙間時間に学べる通信スクールはこちら

 

<在宅ワークについて>

在宅ワークの始め方〜キャリアアドバイザーが解説!〜
在宅ワークの始め方や税金についてキャリアアドバイザーが解説します。

在宅ワークの探し方~信頼できる取引先と出会うには~
信頼できる取引先の見つけ方について体験談などをまとめてありますので参考になりますよ。

忙しくても綺麗なママになるには?3つの共通点とおしゃれのポイント

働きながら育児も家事も…とても忙しいはずなのに、きれいだなと感じるママって周りにいませんか?

時間の使い方、スキンケアやメイク、趣味や興味のあることなど…気になることを実際に身の回りのママさん7人にお話を聞いてみました。きれいなママの共通点や忙しい中でもできるきれいの秘訣を、口コミをもとに探っていきます。

きれいなママって…?!


憧れの有名人とあわせて、周りのママや友人、SNSでつながる一般の方など、身近な女性をきれいだと感じると答える方がほとんどでした!
その特徴として共通しているのは…

  • 髪や肌がきれい
  • 内面の美しさ

また、そういった点に関して「きれいでいる努力をしている」という前向きな姿勢も同性に支持される大きな理由かもしれません。

時間のやりくり上手

仕事とプライベートはきっちりON・OFF
仕事モード、おうちモード、よそゆきモード…
自分のモード切り替えのスイッチを持っていると、集中力が高まり結果として効率良く動くことができます。

また、誰にでもある仕事や家庭で悩んでしまう時。
上手くモードを切り替えることが出来ると、ネガティブな気持ちからいったん離れることができ、もんもんと悩み続けるよりも良い方向に考えられることもあるのではないでしょうか。

家事は時短・分担の工夫をして無理しない
話題の便利な家電アイテム。頼ってみると家事の負担が減り、思いがけずゆとりが生まれるようです◎

夫婦の家事分担に関しては、周りと比べたり期待しすぎず、それぞれの夫婦に合う形を探るといらいらせずにすむかもしれません。
定説ですが、「任せられることは任せて、おおげさにでも感謝を伝える!」
男性はなんだかんだ単純。上手に転がせるようになると、きっと自分が楽になるはず…!

即行動!
時間はみんな平等に、そして限られています。
内側で考えることももちろん大事な時間ですが、行動してみることでわかることも。
お話を聞いた方たちの一番の共通点とも感じたのが、「行動力」のあることかもしれません。
「悩んでも迷うな」ですね!
メイクは薄目でOK!といえる肌作りを丁寧に
朝の身支度はばたばた、昼間のお化粧直しなんて時間はない!
働くママの多くはそんな状況かと思います。
また、年齢を重ねるにつれ素肌や髪の美しさの大切さを実感するのでは…

「着飾ることやメイクよりも、自信を持てるきれいなすっぴん作り」

時間や手間のかけどころを工夫していくのが、きれいなママの秘訣のようです◎

スキンケアに取り入れたい手ごろなアイテム
・ニベア
・ソンバーユ(馬油)
・無印良品の化粧水
など、顔と身体兼用、ほかの家族も使えそうな商品を使っている声が目立ちました◎

朝はばたばた!真似したい時短スキル


朝の身支度にかける平均時間は、5~10分くらいのようです。

ポイントをおさえた時短メイク
  • 眉をきれいに整える
  • 眉は顔の印象を決める大事なパーツ。

    「髪色に合わせる・太さや形が整っている・質感がナチュラル」
    などの点に気をつけるときれいに見えます◎

    夜寝る前に仕込む眉ティントも、朝の時短に役立つアイテムとして重宝だそうです。

  • リップとチークの色味を統一
  • 営業や人と関わる仕事の方は特に気にするポイントのリップ。
    「その日の顔色に合わせて変える」のもひとつの技です。

    また、「口元と色味の近いチークを使う」と統一感があり垢ぬけたメイクに見えるそうです◎

    その他、
    ・ベースはBBクリームでワンステップ
    ・アイメイクはひと塗りで仕上げて盛らない
    ・きつめに見られがちなので目元は茶系でまとめる
    ・普段はSUGAOの粉、おでかけの時だけCHANELの粉で気分を上げる!
    など、なるほど…と感じる意見をたくさん聞くことができました。

時短ヘアアレンジ
お子さんが小さいママにおすすめなのは「肩より少し長めの長さ」。
美容師さんもおすすめしていました◎
お手入れの手間もそんなにかからず、いざというときにまとめられて楽なので人気のようです。

簡単ですぐできるまとめアレンジもたくさんあるので少しご紹介します!

・定番くるりんぱ
重ねてすると編み込み風に見えたり、サイドでつくると雰囲気を変えられたり…
時短ヘアアレンジにぴったりです!

くるりんぱしたあとは、結び目から髪の根元に近い部分をほぐしたり、ゴムが見えないよう最後に毛束を少しとってゴムに巻きつけたり、細かいポイントをおさえるときれいにできます◎

・質感にこだわる
髪質にもよりますが、スタイリング剤を変えることで、ふわっとさせたりしっとり見えたりします。
アレンジをしなくても、しっくりくる質感が見つかることもあるので試してみては◎

・寝ている間に仕込む
パーマかと思ったら、じつは寝るときに結んでいるだけ!という方も。
髪も傷まず、自然なウェーブなのでアレンジするときにもおすすめです◎
ソックカールという方法や、大き目の三つ編みにする…などいろいろなやり方があります。

自分が解放される時間を持つ

毎日忙しく単調になりがちですが、だからこそ「自分を解放する時間」を積極的につくっている方が多いようです。

「自分を解放する」とは、興味があること、気持ちが満たされることをすることなど…
いきいきとした女性の多くは、趣味や自分の時間をしっかりと楽しんでいます!
平日少しの時間でも休日に数時間でも、単調な生活にリズム感が生まれ、気分の切り替えも上手くなるそうです◎

結果としての美しさ

忙しい中でもきれいなママさんたちの話を聞いて感じたのは、時間のやりくりを試行錯誤しながら、仕事も家事も子育てもバランスをとりながら、なんとか辛くなりすぎずに楽しい方向に持っていこうという姿勢であること。
そして欲張りに感じるくらい、自分自身の楽しみを見つけるのが上手で、しっかりと幸福感を感じているということです。
やりくり上手と内面の豊かさの結果が、きらきらとみえる「きれいなママ」なのかもしれません。