産休中のお金の流れを知ろう~ボーナスはもらえるの?~

産休中のボーナスは、ずばり「会社による」!

money_bag_yenお給料が出ないことの多い産休中。この時期にボーナスの支給があると、経済的な余裕がかなり違ってきますよね。

しかしここで気になるのが、ちゃんとボーナスが支給されるのかどうかということ。
同僚や上司に聞いても、下手をすると会社に前例がないので分からないというケースがあります。

そこで、先輩ママさんたちはどうだったのか、法律ではどう定められているのか、情報を集めてみました!

先輩ワーキングマザーたちの「産休ボーナス事情」

  • うちの会社は全額出ましたよ。お給料がない時期だったので助かりました。
  • 私は産休中に賞与支給日があったんですが、休業が明けてもまだ支給されなくて、上司に聞いても「調べてみる」としか答えてもらえません。
  • 私は賞与の算定期間の途中から休業に入ってしまったので、出勤率を満たせなくて支給されませんでした。
  • 私の職場では、どの種類の休業中もボーナス出ないそうです。
  • 産休中の賞与は出ますが、休業そのものは査定で欠勤扱いになるそうで、次の賞与はもらえないようです。

こうしてママさんたちの声を並べてみると、会社によってかなりばらつきがありますね!
こういった規定は、会社が自由に決められるのか、次は法律の面から見て行こうと思います。

労働基準法ではこのようになっている

支給回数が年3回以下の賞与(ボーナス)は、法律上では「賃金」とはみなされません。
そのため、労働基準法では特別に規定がされておらず、支給する基準を会社が自由に決めて良いことになっています。

そのため、会社ごとに違っていて良いのです。ご自分の会社のルールがどうなっているのかは、就業規則などで確認するようにしましょう。

要チェック!産休を欠勤扱いしてはいけない!

労働基準法では正式名称で産前産後休業と言いますが、これを取得したことを理由として労働者に不利益な扱いをすることを禁じています。

産前産後休業を欠勤扱いしてボーナスが出ないということになると、休業が取りにくくなりますよね?
そのため産前産後休業=欠勤という扱いは、最高裁判所の2003年の判決で、「公序に反するもの」として無効であると定められました。

まとめると、ボーナスが出るか出ないかは会社の自由なのですが、産休を欠勤扱いとすることはNG!
おかしいなと思ったら、会社にしっかり交渉するようにしてください。

関連記事

adviser

うちの会社は子育てしながら仕事がしにくいと感じたら

法律で権利が約束されているかどうかとは別に、産休や育休で会社ともめて、幻滅して退職するという女性も少なくありません。
「法律はうちの会社には適用されない」と言われたという話も聞きます。

日本ではまだまだ「男性的な働き方」が主流ですから、女性がキャリアと育児の両立を求めると、働きにくいと感じる場面が多いと思います。

そんなワーキングマザーのために、キャリアアドバイザーの立場から「子育てしながらできる仕事」を分析し、まとめてみました。
各仕事を5点満点のチャート形式で評価していますので、それぞれ比較しやすいと思います。もし、今よりもっと子育てとキャリアをラクに両立させたいとお考えでしたら、参考までに一度ご覧になってみて下さい。

キャリアのプロが徹底分析!子育てしながらできるお仕事

終身雇用が崩れたいま、会社にしがみつくだけがキャリアではありません。
自分の理想とする生活を手に入れるため、まずは現状の見直しからしてみませんか?

産休手当はいつもらえるの?気になる支給時期

産休手当の支給時期は、手続きしてから数か月後!

産休中は、お給料がもらえないケースがほとんど。
その代わりに社会保険から各種の手当が出ますが、お給料のように、休んでいる間は毎月決まった時期にもらえると思っていませんか?

産休手当の支給時期を勘違いしていて、うっかり生活費が足りないなどということのないよう、ここでしっかり学んで下さいね。
ちなみに、会社が出してくれる手当の支給時期については、会社に問い合わせるようにして下さい。

手当の種類と支給時期

社会保険から出る産休手当。具体的に言うと、現在加入している健康保険から出されます。

国からもらうお金ですから、受け取るためには手続きが必要。
支給は、手続きが完了してからになります。

出産手当の名前 出産育児一時金 出産手当金
もらえる金額 赤ちゃん一人あたり42万円 産休した日ごとに、標準報酬日額の3分の2
手続き 病院で受け取り出産費用と相殺するか、自分で受け取るか選べる。
自分で受け取る場合は出産日以降2年以内に、申請書類を会社を管轄している全国健康保険協会の支部に提出する。
会社で手続きをしてもらうか、自分で手続きをする。
自分で行う場合には、産後8週間が過ぎてから、申請書類を会社を管轄する全国健康保険協会の支部あてに提出する。
支給時期 手続きが終わってから1~2か月後 手続きしてから約3週間後

この2つの手当のうち、支給が家計と密に関係するのは「出産手当金」の方だと思います。
産後8週間後に手続きをして、更に3週間以上待つ形となりますので、出産してから3か月は入ってこないつもりでいましょう。

みんなに聞いた「産休手当の使い道」

ところで、これらの手当、先輩ママたちはどのように使っているのでしょうか?
女性たちの声を集めたところ、支給が遅いこともあり、「臨時収入」と捉えて使う人が多いようです。

  1. 家計の将来のために貯金する
  2. 子供や自分のための買い物をする
  3. 社会復帰のためのスキルアップに使う

このように、使い道は人によってさまざま。中には、自分のお洒落のために使うという人もいました。

関連記事

adviser

キャリアアドバイザーおすすめの産休手当の使い方

キャリアアドバイザーの立場からすると、おすすめなのは3番のスキルアップ。

女性は子供を持つと、自分では望まなくてもキャリアを諦めなくてはならないことがあります。
そんな時でも復職に役立つスキルがあれば、前を向いて歩き続けることができますよね。

このサイトでは、ワーキングマザーのために「子育てしながらできる仕事特集」を組んでいます。
その中から、自分に合ったスキルを探してみて勉強してみて下さい。
育児もキャリアも諦めない、理想の自分を手に入れる第一歩となるはずです。

キャリアのプロが提唱!子育てしながらできるお仕事特集

産休はどんな人が取れるの?~その取得条件を解説~

「労働者」であることが産休の取得条件!

maternity「自分は正社員じゃないから、妊娠したら退職しなくちゃならない」と決めつけていませんか?

産休は労働基準法に定められた制度であり、取得条件も法律によって判断されます。
イメージだけで考えて退職という選択肢をしないよう、どんな決まりになっているのか正確に把握しておきましょう!
(ここに掲載している情報は、2014年3月現在のものです。)

取得条件は「労働者」であること

労働基準法によって定められた「労働者」には、産前産後休業(=産休を取得する権利があります。
そのため、取得条件を知るには、その「労働者」の定義を要チェック!

  • 「労働者」の定義・・・事業または事業所に使用されるもので、賃金を支払われる者

つまり、どこかに雇われて賃金を貰う人全てが、「労働者」と呼ばれます。
ここには、正社員や契約社員であるとかパートであるなどの区別はありません。
あなたが「雇われてお給料をもらう人」であれば、産休の取得条件を満たしているのです。もちろん派遣さんだって労働者ですから、取得条件を満たしますよ

取得条件を満たしても契約期間が途中で切れてしまったら?

ただし、雇用契約の期間が決まっている契約社員さんや派遣さんなどの場合には、産休の途中で契約期間が切れてしまうケースがあるかも知れません。

「産前産後休業+その後の30日間の解雇」は禁じられているのですが、契約が終了してしまうことは原則、解雇に該当しません。もし会社が契約を更新してくれない場合には失業してしまうかも知れませんね。

しかし、あなたの契約を更新した回数や勤続年数によっては、更新が解雇とみなされる場合があります。長年当たり前のように契約更新を重ねてきて、いざ妊娠した途端に更新されなくなってしまった場合などは、念のため労働基準監督署などに相談してみて下さい。

現実問題としてパートや契約社員が産休を取れるか?

さて、ここまで法律上のお話をしてきました。しかし、いくら法律の取得条件を満たすと言っても、パートさんや契約社員さんが産休を取るということは、正社員より難しいという現実があります。

産休を許さないということは会社が悪いのですが、難色を示す上司や会社を説得してまで職場復帰したくない・・・という人も中にはいるでしょう。
労働局に相談をしても、会社と交渉をするのは労働者本人の義務ですから、赤ちゃんのためにストレスを回避したいですよね。

産休中からできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

adviser

産休を取得できなかったら?

そういう人には、出産までの時間を利用して「出産後の就職に役立つスキル」を習得することをおすすめします。
キャリアアドバイザーの見地から、ワーキングマザーとなる皆さんにおすすめしたいものはWeb制作のスキル。

Web制作とは、ホームページやスマートフォンのアプリを作る技術ですね。
このスキルには、こんなメリットがあるのです。

  • 初心者でも1カ月程度で学習できる
  • スクールの費用が10万以下でプロデビューできる
  • いま売り手市場であるWeb業界に転職ができる
  • パソコンスキルが重視される事務職などに復帰する際も、プログラムができると面接の際に一目置かれる
  • プロフェッショナルとしてしっかり稼ぐことができる
  • 自宅で子供の面倒を見ながら、独立開業することもできる

非常に活用の範囲が広いため、いつどういった事情で仕事が続けられなくなるか分からないワーキングマザーの皆さんには、うってつけなのです。

とくに私がおすすめしたいのは、育児とキャリアを両立できる「自宅での独立開業」。とは言え、お勤めしかしたことのない人には不安も多いでしょう。Web制作者として自宅で仕事をするということがどういうことなのかまとめてみましたので、一度目を通してみてください。

チャート形式で読む!フリーランスで活躍するってどういうこと?

まだまだ女性が、育児と仕事を両立しづらい日本社会。悔しい思いをしながら社会が変わるのを待つよりも、自分が動いて理想の生活を手に入れましょう!

産休とはどんな制度?~働くママの労働基準法~

労働基準法に定める産休の決まりを知ろう!

「子供産んだら1カ月ぐらいで仕事に復帰したいんで、産んだらできるだけ早く連絡しまーす」なんて言って、産休に入っていく人がいます。
仕事熱心だな、感心感心・・・とか言っている場合じゃありません、労働基準法違反ですよ!
労働基準法を知らないでいると、悪気はないのに違法行為をしてしまうことも。
ワーキングマザーとして、自分に関わりのある制度の決まりはしっかり押さえておきましょう!

労働基準法における決まり

産休は、正式名称を産前産後休業と言い、労働基準法の第65条に規定されています。
具体的な内容を分かりやすくまとめると、このようになります。

  • 期間は産前の6週間(多胎妊娠の場合は14週間)と産後8週間。
  • 産前に関しては、女性労働者からの申し出があった場合、会社はこの期間の就業をさせてはならない。
  • 産後に関しても8週間は仕事をさせてはならないが、出産した女性労働者が希望して、かつ医師の許可があった場合には、6週間を超えたら仕事に復帰させてよい。

つまり、産休は女性から会社に申し出る必要があり、産後6週間は何があっても仕事をしてはいけないという内容になっています。
もしあなたの会社の産休制度が、この決まりよりも長く設定されていたら、それは会社の女性労働者に対する思いやりですね。

その他妊婦に関する決まりはどうなっているか

労働基準法にはその他にも、妊婦さんや産後1年を経過しない女性(妊産婦と呼びます)に関する決め事があります。

「出産」の定義は
妊娠85日を過ぎたら、死産も含め「出産」となる
出産日はどう扱うか
「産前」の期間に含める
出産が予定より遅れたら
実際の出産から8週間が「産後」となる
産休中のお給料は?
労働基準法に規定はないので、無給でも構わない
妊娠中、仕事が負担な場合は?
妊婦さんは他の軽易な業務への異動を申し出ることができる。ただし、そういった業務がない場合、会社側は仕事を作ってまで異動させる必要はない。これは女性が管理職である場合にも、申し出る権利がある。
妊婦さんがついてはいけない業務
坑内(鉱山など)での労働、有毒ガスや重量物を扱う業務、その他妊娠や出産に有害と思われる業務。
産後1年を経過しない女性がついてはいけない業務
有毒ガスや重量物を扱う業務、その他妊娠や出産に有害と思われる業務。坑内労働は、妊産婦が申し出た場合にはつかせてはならない。
残業、休日出勤、深夜労働について
妊婦さん、産後1年未満の女性とも、女性から申し出があった場合には時間外労働・休日労働・深夜労働をさせてはならない。ただし、女性が管理職の場合には、深夜労働をのぞき、この規定は適用されない。
妊娠や産後の検診や保健指導について
会社は、妊娠中の女性や産後1年以内の女性が保健指導や健康診査を受けるための時間を確保しなくてはならない。
妊娠を理由として解雇などをすることについて
妊娠を理由としての解雇や減給、パートへの転換など、不利益な取り扱いをすることは禁止されています。

妊娠中の女性管理職が残業や休日出勤をしないという申し出ができないのは、そもそも管理職には残業や休日出勤という概念がないから。
もしあなたが会社内で管理職として扱われていても、残業代や休日出勤代が支給されている場合には、労働基準法で言う「管理職」ではありません。

なお、管理職であっても深夜残業の規定は適用されますから、妊娠中の女性管理職であっても、深夜残業をしないよという申し出をすることは可能です。

関連記事

adviser

産休を有意義に過ごすには

今まで見てきたように、産休は労働基準法で定められた労働者の権利。遠慮しすぎず、しっかりと希望を会社側へ伝えて下さい。

ちなみに、キャリアアドバイザーの立場から産休の使い方をアドバイスさせて頂くと、復職後のキャリアアップにつながるスキルを習得してみることをおすすめします。

もちろん産後は状況がどうなるか分かりませんから、産前の6週間で身に付くものにしましょう。
もしどんなスキルがいいか思いつかないようであれば、Web制作のスキルがおすすめ。

他の人とちょっと違った専門性の高いスキルですし、転職にも役立ち、万一お勤めを続けられなくなった場合にも、自宅での独立開業を目指せます。
子供ができると、思いがけず予定していたキャリアを諦めざるを得ない状況に直面する可能性はぐっと増えます。そのため、このように多角的に活用できるスキルを持っておくことは重要。

受講料が抑え目で、初心者をプロにまで育ててくれる通信講座をいくつかピックアップしてみましたので、一度ご覧になってみて下さい。

キャリアのプロおすすめの通信講座情報を見る

ともあれ、しっかりと産休制度を活用して、元気な赤ちゃんを出産して下さい!
ここを読んでいるあなたが、ワーキングマザーとして、ますます輝く女性になれますように。

産休中の手当を知ろう!~雇用保険と産休の手当について~

産休の手当は、雇用保険からはナシ!

question私たちが加入しなくてはならない社会保険からは、妊娠・出産に関する各種の手当が出ます。
妊娠をしてからそのことを初めて知ると、他の制度からは何か手当が出ないのかな?と興味を持つきっかけになりますよね。
ここではそんな人たちからご質問の多い、「雇用保険」と産休の関係について分かりやすく解説して行きたいと思います。

法律上の区分では、雇用保険は「労働保険」と呼ばれ、社会保険とはまた別のものになります。

雇用保険からは産休の手当は出ないの?

キャリアアドバイザーとして様々な女性の相談に乗っていると、時折このご質問をいただきます。
結論から言うと、雇用保険から産休の手当は出ません

雇用保険から出るのは、産後8週間を経過してからはじまる育休に関する手当です。産休と育休が一緒になってしまって、この辺りを混乱されている人が多いのでご注意ください。

では、産休の期間に手当が出るものは何ですか?

それは、会社で加入している健康保険から出る、「出産育児一時金」と「出産手当金」の2種類となります。
出産育児一時金は、出産した赤ちゃん一人につき42万円が支給される制度。出産手当金は、出産のため仕事をしなかった日ごとに標準報酬日額の3分の2が支給されるという制度です。

雇用保険は、出産には全く関係がないのですか?

そうですね、手当という側面からは関係がないということになります。
ただし、失業保険をもらう場合の手続きに関しては、出産を理由とする場合の特例があります

受給期間の延長が申請できる

もし出産を理由として退職したとすると、出産してある程度時間が経つまでは仕事ができませんよね。
通常、失業保険が貰えるのは退職してから2年間なのですが、出産を理由に30日以上仕事ができない場合には、この「受給期間」の延長をすることができます。

離職理由が「特定理由離職者」となる

出産を理由に退職をして、上記の受給期間の延長を受けると、「自己都合退職」ではなく、「特定理由離職者」として扱われます。
これは、言ってみれば正当な理由がある自己都合退職者ということ。失業保険を貰う場合に、会社都合で失業してしまった人と同じ扱いを受けることができます。
もうちょっと具体的に言うと、年齢と雇用保険に加入していた期間によっては、失業保険を貰える日数が増える可能性があります。

ちょっと話が「産休」とは離れてしまいましたね。
ここをご覧になっている方は、おそらく産休を取って復帰する予定の人がほとんどでしょう。ただし、稀に出産後に体力が戻らず、やむなく退職となる方もいらっしゃいますので、頭の片隅には置いておいて下さい。

関連記事

adviser

出産後、育児と仕事の両立に自信がなくなってしまったら

子育ての大変さは、お母さんの体力や性格だけでなく、お子さんの性格や体質によっても全く変わってきます。
いざ出産してみて、育児の大変さに仕事を続けられなくなってしまう人も。

そんなお母さんたちに、キャリアアドバイザーの立場から「仕事のやり方を変える」ことをおすすめしています。

私が長年、女性のキャリアと子育ての両立を考えてたどり着いたのは、「在宅で仕事をする」というカタチ。
お勤めしかしてこなかった人には、最初不安と抵抗感があるかと思います。
しかし実際には、子供が寝込んでいても仕事を休む必要はありませんし、仕事の合間に家事を片付けることだってできます。

私のこの思いをお伝えするために、このサイトでは「在宅での仕事」を各種あつめて、チャート形式でメリット・デメリットをまとめてみました。お仕事選びの参考までにご覧いただけると、幸いです。

キャリアのプロが分析!在宅の仕事の実際について詳しく見る

ワーキングマザーが、キャリアか育児かの選択を迫られがちな日本。社会が変わるのを待つのではなく、自分から動いて、理想の生活を手にいれましょう!

契約社員は産休が取れる?~制度を正しく理解しよう~

法律上では契約社員も産休が取れる!

世に存在する多くの会社では、正社員とそうでない立場の人とでは、待遇面に大きな違いがありますよね。

産休制度もその一つのように思われていますが、ちょっと待ってください。
この休業、正式名称は「産前産後休業」と呼び、労働基準法で定められている「労働者の権利」なのです。
契約社員だって立派な労働者ですから、取得する権利があるのですよ。

契約社員に産休を取らせない会社は違法?

出産後に復職を希望する女性労働者すべてに、労働基準法の定める産休を取る権利があります。具体的にどのような定めになっているのか、見てみましょう。

  • 期間は産前6週間(多胎妊娠は14週間)から産後8週間までとする
  • 出産日は「産前」の期間に含める
  • 出産が遅れても、産後8週間は出産日後から計算して構わない
  • 産後6週間は、本人が希望しても医師が許可しても働かせてはならない
  • 産休とその後30日間は、解雇してはならない

このような規定となっています。

正社員しか取れないという規定はありませんし、契約社員は労働基準法の「労働者」の定義に当てはまっていますから、堂々と会社へ産休の申し出をして下さいね。

ネックになるのは「契約期間」

ここで、「契約期間」という契約社員特有の問題が出てきます。
産休中とその後30日は解雇が禁止されていますが、契約の満了は解雇とは違います。
もし産休中に契約期間が満了してしまえば、職場復帰は難しいでしょう。

ただし、もしあなたが数回にわたって契約を更新していて、更に契約の更新を望む場合には、契約満了が解雇と同じような扱いを受ける場合があります。
納得がいかない場合には、労働基準監督署へ相談してみると良いでしょう。

また、産前6週間より前に契約の更新時期が来て、妊娠を理由に契約が更新されない場合には、法律に反すると判断されるケースもあります。
これについても、同じように労働基準監督署へ相談してみることをおすすめします。

関連記事

adviser

出産のために会社の顔色を窺わなくていい人材になりたい!

キャリアアドバイザーという仕事柄、契約社員の人のキャリアアップ相談に乗ることが多々あります。

正社員である女性にとっても、出産とはキャリアを形成する上で大きなターニングポイントとなりますが、立場的に不利である契約社員の場合には、更に職を失う可能性が大。

誰しも多かれ少なかれ、出産かキャリアのどちらかを選ぶしかない社会に、不満を抱えていることと思います。

そんなワーキングマザーたちに私は、フリーランスでの独立をおすすめしています。

そう聞くと、自分にはムリだと思われるかも知れませんが、パソコンが好きな人であれば、それを活用して独立して仕事ができるのですよ。
もしちょっと勉強して専門性の高いスキルを身に付ければ、契約社員での年収も目指せるでしょう。
具体的にどんな職種があり、どんな特徴を持っているのかを、家事と仕事の両立という面から評価してみましたので、参考までに見てみてください。

チャート形式で評価!女性におすすめのフリーランスの仕事とは

女性のキャリアと育児の両立がしやすい社会になるまでには、おそらくまだ数十年の月日が必要でしょう。
それを待って、辛い気持ちで毎日を送るのは損!
社会が動いてくれるのを待つより、自分が動いて理想の生活を手にいれましょう!

教えて!産休の手続き~どうやって申請するの?~

産休に入る時には、どんな手続きが必要なの?

産休の手続き会社の産休制度を利用したいと思い人事部にその旨を伝えたら、前例がないので手続きが分からず、自分でやって欲しいと言われてしまった。
意外とこういうケースは少なくないものです。

自分のことだし、調べながらやってはみるものの、社会保険などの法律がからんで来てしまうため、分かりにくいのですよね。

ここでは、産休に入る際に必要と思われる手続きを、イチからご説明して行きたいと思います。

当たり前ですがまずは会社に報告を

安定期に入ったら、まずは会社に妊娠していることを伝え、産休や育休の制度を使って産後に復帰したいということを申し出ましょう。
伝える前に、会社の制度がどうなっているのか、就業規則などでしっかり確認をすることが大切。
産休は労働基準法で約束された「労働者の権利」ですから、堂々と伝えてくださいね。

もし会社が手続きをしてくれない場合には

多くの会社では、手続きは人事部などでやってくれるもの。
その場合には、会社の指示に従って、必要な書類を作成したり、取り寄せたりして下さい。
出産予定日が分かる、医師の診断書が必要となるケースが多いようです。

もし自分で手続きするよう求められた場合には、「出産育児一時金」「出産手当金」の申請が必要となります。

出産育児一時金の申請は

これは、出産した赤ちゃん一人につき42万円(2014年3月現在)が支給される制度です。
このお金は、出産する病院での「代理受理」か、自分で受け取るかを選ぶことができます。

病院で代理受理した場合には、そのまま出産費用と相殺されます。受取手続きも病院がやってくれるので簡単です。
もし自分で受け取りたい場合には、下記のように手続きして下さい。

必要書類を入手・記入 出産育児一時金支給申請書(ネットでダウンロード可)
提出先 会社を管轄している全国健康保険協会の支部
手続時期 出産後
手続期限(時効) 出産日から2年

不明な点は、全国健康保険協会へ問い合わせれば、教えてもえらますよ。

出産手当金の申請は

こちらは、産休の期間(産前6週間~産後8週間)に、出産を理由として仕事ができなかった日ごとに支給される手当です。
額は、標準報酬日額の3分の2。つまり、だいたいお給料の日額の3分の2が貰えると考えて良いでしょう。(細かく計算すると、実際のお給料とはちょっと変わってきます。)
こちらの手続きは、下記のようになります。

必要書類を入手 健康保険出産手当金支給申請書(ネットでダウンロード可)
提出先 会社を管轄している全国健康保険協会の支部
手続時期 支給は日ごとに計算されるが、申請は出産後にまとめて
手続期限(時効) 出産を理由に仕事ができなかった日ごとに2年

手続期限の考え方が分かりにくいかも知れませんね。
全額もらうためには、出産手当金が最初に出る「産前6週間」の初日から2年以内に手続きすれば良い、と考えて下さい。

関連記事

adviser

キャリアアドバイザーおすすめの産休活用法

さて、いざ産休が始まると、社会人としては滅多にない長期のお休みですから、気持ちがとてもウキウキしますね。
しかし、数日すると時間を持て余し、出産までの日々が逆に辛くなってしまうこともあります。

そのため、体調が安定している妊婦さんの場合には、産休のうち産前の期間を使って一つスキルアップしておくことをおすすめしています。
そのスキルの選び方のポイントは、下記の通り。

  • 自宅で学べ、産前の期間で学習が終わる
  • 初心者でもとっつきやすい
  • 万一、出産後に仕事が続けられなくなっても、復職に役立つ

これらを加味して検討すると、Web制作のスキルが適しているようです。
このスキルであれば、専門性高いながらも1カ月程度で学習ができます。復職や転職にも役立ちますし、独立開業して在宅で仕事をすることも可能。非常に活用の幅が広いことが特徴です。
このスキルを身に付けることができる通信講座の中から、私が特におすすめしたいところを5校ほどピックアップしてご紹介しています。少しご興味があれば、ぜひ一度のぞいて見て下さい。

キャリアのプロが厳選!Web制作の通信講座情報を見る

ともあれ、無事に出産を乗り切り、産休後もワーキングマザーとして元気に活躍されて下さいね!

みんなの産休中の過ごし方~先輩ママたちの産休は?~

先輩ママたちの産休中の過ごし方

産休中の過ごし方バリバリと毎日仕事をこなしてきた女性ほど、産休に入ると何をして過ごせば良いのか分からなくなってしまう傾向があります。
妊娠のため趣味のスポーツはできなかったり、そもそも自分に趣味が無いことに気づいてしまったり。
あまりに悩み過ぎて、マタニティーブルーのような状態になってしまうことも。

そうならないためにも、先輩ママたちがどんな過ごし方をしてきたのか、集めてみました!

産休中の過ごし方は人それぞれ!

では、実際に先輩ママたちの口コミをご紹介して行きたいと思います。
産休中と言っても、出産後は育児で忙しくも充実した毎日が待っていますから、ここで取り上げるのは「産前休暇の過ごし方」です。

  • 趣味のマラソンはできないので、赤ちゃんのグッズを手作りしていた
  • 体調も安定していたので、運転免許を取ってみた。
  • 赤ちゃんのために必要な買い物をしていました。お店まで歩けば、運動にもなります。
  • 出産したら数年は遊べないと思い、とにかく友達と会って好きなものを食べました!
  • 今のうちにと思って、保育園の見学などいわゆる「保活」をしましたよ。
  • 出産手当金も出たし、仕事で使う資格を一つ取りました。
  • 子供ができたら行く暇ないよって言われたので、美容院に行ったり洋服の買い物をしたりしました!
  • 出産後に会社に提出する書類を作成してしまいました。期限が産後2週間以内だったので、出産後はどうなるか分からなかったから・・・。
  • 育児書読みまくりです。市町村でやってる図書館なら、お金もかからないしいいですね。

産休中からできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

adviser

キャリアアドバイザーのおすすめの過ごし方はこれ!

いかがでしたか、先輩ママたちの産休の過ごし方、参考になったのではないでしょうか。

ここで一つ、キャリアアドバイザーとしておすすめの過ごし方をご紹介しておきます。それは、「資格取得やスキルの習得に使う」です。

産休を取るということは、当然復職が前提にあると思います。
しかし現実的には、例えば出産後の体調が安定しなかったり、想像以上に育児に体力を削られてしまったりで復職できないケースもゼロではありません。
また、悲しいことに、会社に帰る場所がなかったという人も・・・。

そんな時、身に付けたスキルが自分を救ってくれることになります。

もちろん、産前休暇中という限られた期間ですから、そこで習得できるスキルも限られてきます。おすすめは、今売り手業界でもある「Web制作」のスキル。

初心者でも1カ月ほどで習得できますし、いざという時には独立開業も夢ではありません。自宅で仕事ができれば、子供の面倒を見ながら稼げますよね。

自宅で学んで独立できる!Webのスキルを身につける通信講座はこちら

出産してワーキングマザーになると、キャリアか家庭かを選択される場面が増えます。その時に、満足いかない選択をしないで済むように、自分の未来を切り拓ける実力を身に付けておきましょう。

社会保険料はどうなるの?~気になる産休中のお金事情~

産休中の社会保険料は自腹?

産休中の社会保険料労働基準法の「NoWork,NoPay(ノーワーク、ノーペイ)」の原則に従って、産休中はお給料が出ない会社がほとんどではないでしょうか。

お給料が出ない期間に気になるのが、厚生年金保険料と健康保険料。毎月発生するこれらの額はバカになりません。
出産時のマネープランを立てるためにも、社会保険料について押さえておきましょう。

※記事の内容は、2014年4月の法改正をもとに修正を加えています。

産休中の社会保険料について

2014年の法改正以前は産休中でも社会保険料が徴収されていましたが、現在は育休中と同様、「社会保険料免除」の対象とされています。
社会保険料は半分を会社が、残りの半分を労働者が負担するという仕組みで、免除申請をすれば双方ともに負担額がゼロになります。これは会社にも労働者にもメリットなのですが、産休中の社会保険料負担のルール決めは会社に主導権があります。
実際にどんなケースがあるのか大まかに分類すると、下記の3つに分かれるでしょうか。

  1. 免除申請をして、会社も労働者も社会保険料を負担しないケース
  2. 免除申請をせず、普段通り会社と労働者で半分ずつ負担するケース
  3. 会社が全額負担してくれるケース

先述のように、1のケースがベストな選択肢なのですが、制度が変わってまだ数年であるため、人事部が制度変更を知らないことがあります。そのため、産休開始時の給与から算出した負担額を毎月支払う2のケースになることもあるようです。

免除の手続きは、事業主から年金事務所へ申し出る必要がありますので、産前休業に入る前に、人事部などへ免除を希望とはっきり伝えて下さいね!人事担当者が制度を知らなくては、手続きが成立しません。

ちなみに3については、免除の規定ができたことで、いずれなくなっていくのではないかと考えられます。

健康保険からは手当が出ます

産休中は健康保険から手当が出ます。
貰える手当の種類は、2014年3月現在では2つ。

  • 出産育児一時金・・・赤ちゃん一人あたり42万円(つまり双子なら84万円)の一時金。
  • 出産手当金・・・産前産後の期間中、仕事に就かなかった日ごとに出る手当。給料から計算した「標準報酬日額」の3分の2が出る。

産休中の社会保険料の免除手続きが完了していれば、これらの手当てをそのまま自分の収入と考えることができます。
<注釈>
※2014年の法改正では、今まで社会保険料の免除対象とならなかった産前産前42日(多胎妊娠の場合は98日)、産後56日について、社会保険料免除の対象とすることが決定しました。(ただし、産休に入っていることが必須条件で、会社側が手続きをする必要があります。)これによって、労働者も会社も社会保険料の負担をすることなく、産休中の健康保険や厚生年金の加入資格を継続できるようになりました。更に産休を取得しやすくしてくれた法改正と言えます。

もらった手当の活用方法

では、これらの手当をもらった人は、どのように活用しているのでしょうか?
調べてみると、貯金する人、大きな買い物に使う人などさまざま。
キャリアアドバイザーの私のおすすめは、休業期間を利用してのスキルアップの元手にすることです。

この期間にスキルアップをしておけば、復職した際に周囲から一目置かれますし、万一出産後に何らかの事情で復職が叶わなくなっても、次の仕事に繋がりやすくなります。

ワーキングマザーを目指すみなさんにおすすめのスキルは、Web制作のためのコーディングスキルです。
難しそうなイメージがあるかも知れませんが、初心者から1カ月ほど学べば仕事ができるようになります。産前休暇のうちに完了できる専門性の高い勉強ですから、産休期間でのスキルアップにはもってこい。

産休中からできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

adviser

手当でスキルアップ!

とは言え、スクール選びを間違えると、費用ばかりかさんで必要なスキルが身につかない可能性もあります。
私がおすすめのWeb制作系通信講座を、受講料ランキング形式でご紹介していますので、是非一度ご覧ください。

キャリアのプロおすすめ通信講座の受講料ランキングを見る

お母さんになると、家事と仕事の選択を迫られる場面が増えてきます。
そんな時に悔しい思いや悲しい思いをしないよう、食べて行けるスキルを今のうちに身に付けましょう!

パートだって産休は取れる!~働くママの育児と仕事~

出産のためにはパートを辞める?それとも産休を取る?

正社員には産前産後休業制度があるけれど、パートの自分は妊娠したら辞めなくてはならない。そう思っている人は多いと思いますが、法律的に見ると、パートさんでも産休を取る権利が約束されています。

ただし、雇用契約の形が「有期契約」の人が多いですから、正社員の人とはちょっと違いがあります。
産休にはどんな決まりがあり、正社員でない人はどんなことに注意すれば良いのでしょうか?

法律に定められたルールを押さえよう

詳しく見ていく前に、産前産後休業についてしっかり把握しておきましょう。(情報は、2014年3月現在のものです。)

  • 適用される法律:労働基準法
  • 期間:産前6週間(多胎妊娠なら14週間)と産後8週間
  • 禁止事項:産後6週間は、医師の許可があっても仕事をさせてはならない
  • 解雇について:産休中とその後30日間は、解雇することができない

ちなみに、「このお休みを取るための条件」は、法律では規定されていません。
どんな立場の人でも、妊娠・出産すれば取ることができるお休みです。

パートさんで気を付けたいのは「契約期間」

正社員とパートさんでは、契約の方法に違いがあることが多いでしょう。
もし、いつからいつまでと契約期間が決まっていて、産前6週間より前に契約が満了してしまうと、当たり前ですが産休を取ることはできないでしょう。
契約満了は「解雇」ではありませんので、産休中に契約の満期が来てしまえば、そのまま職場復帰はできないことにもなります。

この部分に問題がないようであれば、妊娠が分かった時に会社へ休業を希望する旨を申し出るようにしましょう。

また、社会保険に加入しているのであれば、「出産育児一時金」や「出産手当金」がもらえますよ。
パートも正社員も、法律上では同じ労働者なのです。

関連記事

adviser

法律では約束されていても、実際には休みにくい!

しかし、いくら法律上の話をしても、実際の職場では「パートが産休を取るなんてとんでもない!」という会社も少なくないはずです。
法律の権利を主張するために会社と争う面倒を起こすぐらいなら、辞めてしまいたいと思う人も多いでしょう。

そのような人に、キャリアアドバイザーの立場から一つご提案があります。
自宅で仕事ができるようなスキルを身に付けてみてはいかがでしょうか?

個人差はあると思いますが、パートさんの稼ぎであれば、多くても手取り12~3万かと思います。このくらいの稼ぎであれば、パソコンを使った在宅ワークで十分に稼げます。

実際に、女性の家事と仕事を両立が見込める在宅ワークの種類を洗い出してまとめましたので、一度ぜひご覧になってみて下さい。

キャリアのプロが選んだ働くママ向けの在宅ワークを見る

自立して仕事ができるスキルがあれば、誰かの顔色をうかがいながらライフプランを決める必要はありません。
少しの間スキルを磨いて、理想のワーキングマザーを目指しましょう!

派遣社員の産休の取り方~派遣だって仕事も育児も諦めない!~

法律上では派遣社員も労働者!産休だって諦めないで!

ol家事や育児との両立のため、派遣社員として仕事をしているワーキングマザーは少なくありません。
アルバイトよりも時給が良く、残業少な目のオフィスを選べるというメリットがある代わりに、正社員と比べると待遇面はイマイチ。
しかし、派遣さんでも産休が取れるということ、ご存知でしたか?

産前産後休業とは会社が許可するものではない

そもそも、産休とは一体何なのでしょうか?
これは、労働基準法が労働者に約束してくれている「権利」です。妊婦さんは産前の6週間(多胎妊娠なら14週間)と産後の8週間は、休業することができます。

正社員であっても派遣であっても、同じ「労働者」ですから、この決まりは適用されることとなります。

派遣社員の雇用主は派遣元か派遣先か?

では、産休などを取る場合には、派遣先と派遣会社どちらに申し出れば良いのでしょうか?
派遣社員の場合には、雇用主はお給料を支払ってくれる派遣会社となります。社会保険や雇用保険も、そちらで入っていますよね。
そのため、産休を取りたい場合には、派遣会社に伝えるようにしましょう。

正社員との違いは有期契約であること

しかしここで、ネックとなってくるのは「契約期間」です。
派遣社員が派遣会社に雇用されているのは、契約期間がある間だけ。
契約期間が産休と同時に終了してしまう場合には、どうなるのでしょうか?

派遣会社によっては、その間派遣社員を「直接雇用」に切り替えて、産休を取らせてくれるところが多いようです。
会社によってはその考慮をしてくれないところもあるようなので、出産の予定がある人は、派遣会社をしっかり選んだ方が良いでしょう。

ちなみに、労働基準法では「産前産後休業中+その後30日間」の「解雇」を禁止していますが、「契約終了」は「解雇」ではありません。
この規定は適用されませんから、直接雇用に切り替えてくれない派遣会社の場合には、失業になってしまうと考えた方が良いでしょう。

産休中からできる在宅ワーク、キャリアアップできるのはどんな仕事?

adviser

派遣の煩わしさから解放されたい!

派遣で仕事をする女性の中には、育児の都合上やむなく派遣社員をやっている人も少なくありません。
正社員も諦めなくてはならなくて、更に出産時に会社と面倒な交渉をする必要があるということは、本当にわずらわしいものだと思います。

そこでキャリアアドバイザーとしてのご提案なのですが、自宅で仕事をするという選択肢を、視野に入れてみてはいかがでしょうか?

仕事場が自宅であれば、育児や家事と仕事の両立は、見違えるようにラクになります。産休も復職も、自分の意志で自由に行うことができます。

もちろん、ある程度のお金を稼ぐ必要もあるでしょうから、スキルを身に付ける必要があります。

派遣さんの場合、パソコンを使える人が多いでしょうから、Web制作など専門性の高いスキルを身に付けてみてはいかがでしょうか?
スクールにもよりますし個人差もありますが、1か月ほど学べば、フリーランスとして仕事の現場に出ることができますよ。

初心者をプロにしてくれるおすすめの通信講座情報をまとめていますので、是非そちらもご覧ください。

キャリアのプロが推薦するWeb制作系通信講座はこちら

専門性のあるスキルを身に付ければ、復職、転職、独立開業など、さまざまな選択肢が目の前に広がりますよ。

産休の手当を計算してみよう!実際にもらえるのはいくら?

産休中にもらえる手当を計算してみよう!

culc妊娠・出産をすると、さまざまな制度のお世話になることができます。
特に気になるのはお金にまつわる部分だと思うのですが、いくら貰えるのだろうと思って調べてみると、用語が難しい!
おまけにいくつか手当の種類がありますから、結局産休中にいくらもらえるのか分かりません。
そこでご一緒に、産休中にもらえる手当について、具体的に計算してみようと思います。(2014年3月現在の規定による。)

計算の前に、まずは産休中にもらえる手当を知ろう

産休中にもらえる手当として、健康保険から下記のようなものが支給されます。
(※産後8週間を超えてからはじまる「育休」の分は、ここに含んでいません。)

出産育児一時金
85日以上で生まれた(死産含む)赤ちゃん1人につき42万円が支給される
出産手当金
妊娠を理由に仕事ができない日ごとに、「標準報酬月額」の3分の2が支給される

このうち、「出産育児一時金」は多くの場合、出産した病院への支払いに充ててしまう人がほとんどです。また、支給額は1人42万円、双子なら84万円と計算しやすいですから、疑問に思う部分も少ないでしょう。

計算がしにくいのは、出産手当金の方だと思います。

出産手当金の基本的な計算方法

出産手当金は、産休期間中に仕事ができなかった1日ごとに支給されます。その額は、実際のお給料から算出した「標準報酬日額」を使って計算するルールとなっています。

実際の計算方法は、ケースによって非常に細かく分かれています。
全てを説明すると量が多くなりすぎますので、ここではいちばん基本的な計算方法をご紹介しようと思います。

計算方法

  1. 4月・5月・6月に支給された給与(もし前月分の給与が翌月に支払われるなら、3月・4月・5月分ということです)の平均を計算します。
  2. その平均の額が下表の左の列のどこに該当するのかを確認し、その行の「日額」部分を見て下さい。出産手当金は1日当たり、その「日額」の3分の2の額となります。

例)4月・5月・6月の給与が25万円ずつの場合の計算結果
(25万+25万+25万)÷3=3カ月の平均は25万円

25万円は、下の表で第20等級→標準報酬日額は8,670円
出産手当金の額=8,670÷3×2=5,780円

maternityleave

先ほども述べたように、これは最も基本的な計算方法です。
下記に該当する人は、また違った計算や基準が必要になりますので、詳しくは会社の総務部や加入している健康保険の協会や組合本部に問い合わせてみて下さい。

  • 出産手当金の支給(=産休期間)が9月1日をまたぐ人
  • 健康保険の被保険者資格を取得したばかりの人
  • 給与の変動によって、4・5・6月以外の月に標準報酬月額が変更になった人
  • 会社の健康保険が「健康保険組合」である人
  • 入っている健康保険が、「全国健康保険協会」でない人

産休と出産手当金の活用方法

いかがでしたか、ご自分がいくらくらい貰えそうか計算できましたか?
いろいろなワーキングマザーたちに話を聞いてみましたが、この出産手当金ですが、「臨時収入」と捉えて生活費以外の使い方をする人が多いようです。

赤ちゃんのための貯金や特別な買い物、または産休の時間を活用してスキルアップを目指す、という人もいらっしゃいます。

関連記事

adviser

産休でスキルアップしよう

私はキャリアアドバイザーという仕事柄、産休でのスキルアップのコツをよく質問されますので、私の考えをここに掲載しておこうかと思います。

スキルの勉強ができるのは、産休のうち出産前だけだと考えよう

産休は産前と産後に分けて考えることができますが、産後は慣れない新生児のお世話や、産後の回復など、予測できない要素が多いですよね。そのため、スキルの勉強をするなら産前の6週間で完了するものが良いでしょう。

産後のキャリアは「壁」がいっぱい!産休のうちに活用の幅のあるスキルを

もし何のスキルを身に付けるのか決めていない場合には、できるだけ活用の幅の広いものにしましょう。子供や家庭の事情で、やむなくキャリアの路線を変更する場合にも役立つことが理想的です。
私のおすすめは、Web制作のスキル。事務職としても、ちょっと先行くスキルですし、会社のホームページ管理を任される可能性があります。また、Web業界への転職も可能となりますし、場合によっては独立開業も可能。おまけに、初心者でも1カ月程度で学べると、働くママさんたちに最適な条件を兼ね備えているのです。

体に負担をかけないよう、産休中の勉強は自宅で

産休中なのですから、スキル習得の通学で体に負担をかけることは良くありません。独学ですと不安もあるでしょうから、自宅でできる通信講座が一番適していると考えられます。
インターネットなど、通信環境が発展してきた現在では、通信講座でも立派にプロを目指せるスクールが数多くあります。
ご参考までに、私のおすすめするスクールをいくつかピックアップしてみましたので、一度ご覧になってみてください。

キャリアのプロ推薦の通信講座情報を見る

せっかくもらえる産休と出産手当金ですから、いくらになるのか計算してみて、フルに活用しましょう!

産休中のお給料はどうなるの?〜ワーキングマザーの産休〜

産休中のお給料は、会社の規定による!

chokin女性の権利である産休の制度解説、ここでは気になるお給料について解説していきたいと思います。

産休とは労働基準法で保障された権利であり、その期間は出産前6週間(多胎妊娠なら14週間)と産後8週間。

お休みできるのは助かるけれど、その期間のお給料に関する規定がどうなるのか不安という方のために、ここでわかりやすく解説して行きたいと思います。
※掲載しているものは、2014年3月現在の情報です。

産休中のお給料は会社によって規定が違う

産休は労働基準法で定められた労働者の権利ですが、その期間のお給料についての規定まではされていません。

労働基準法の原則スタンスは、「NoWork,NoPay」(ノーワークノーペイ)。つまり、仕事をしていない期間についての給料は、支払わなくて良いということになっています。

そのため、産休中のお給料に関しては、完全に会社に一任されています。
産休中はお給料が出ない会社も多いようです。

ただし社会保険からの手当が出る

では、会社からお給料がでない場合、育休中は完全に無給となってしまうのでしょうか?

いいえ、もしあなたが会社で社会保険に加入していれば、健康保険からの手当を受け取ることができます。
具体的には、出産育児一時金出産手当金の2種類が支給されます。

出産育児一時金
これは健康保険に加入している人で、妊娠85日以上の赤ちゃんを分娩(死産を含む)した人に支給される手当です。
金額は、赤ちゃん一人につき42万円と規定されています。多くの場合、病院の方で「代理受理」をして、出産の医療費と相殺するようです。
もちろん、自分で受け取るか、病院で代理受理をするかどうか選べますので、病院側にどちらを希望するか伝えて下さい。
出産手当金
これは、出産を理由として労働できなかった日ごとに支払われる手当です。対象となる期間は、産前6週間(多胎妊娠は14週間)と産後8週間ですので、ちょうど産休の期間と重なっています。支給される金額は、産休前にもらっていたお給料から計算した「標準報酬日額」の3分の2。出産日が予定より遅れて産休期間が延びてしまっても、その間は支給されます。
この手当は、会社からお給料が出ている場合に支給されないことがあります。お給料の額にもよりますので、気になる人は会社か、加入している健康保険の事務局へ問い合わせをしてみてください。

出産手当金、みんなの使い道は?

ところで、これらの手当をもらった人は、このお金をどのように使っているのでしょうか?調べてみたところ、「臨時収入」と捉えて、生活費以外の使い道をする人が多いようでした。

  • 赤ちゃんの将来のために貯金する
  • 美容やおしゃれなど自分のために使う
  • せっかくの育休だし、車の免許やスキルアップの元手にする

使い道は大まかにわけると、上記の3つに分類されるでしょうか。自分のお給料から支払ってきた健康保険税でもらった手当なので、自分のものと考える人も少なくないようですね。

関連記事

adviser

出産手当金でスキルアップしよう

私は職業柄、キャリアの相談に乗ることが多いですから、スキルアップの元手にするという人にお目にかかる機会がよくあります。
そういう方たちにおすすめしているのが、そんなに長くない産休でも身に付くパソコンスキルの習得。とは言っても、ワードやエクセルではなく、ちょっと一歩踏み込んだWeb制作のスキルです。

短期間でのスキルアップに最適ですし、復職にも役立ち、希望するのであれば独立開業も目指せます。ワーキングマザーになれば子供や家庭の問題で仕事を左右されやすいですから、こういった多方面で活用できるスキルを選ぶことが大切です。

ただし、大きいお腹で通学することは負担になりますから、自宅でできる通信講座を活用した方が賢明でしょう。
キャリアの観点からおすすめしたい通信講座をピックアップしてみましたので、もしご興味があれば一度のぞいて見て下さい。

キャリアアドバイザーがセレクト!通信講座特集を見る

産休中は体が第一ですから、無理のない範囲で休暇を有効活用してみてくださいね。

産休はいつから取れるの?~産休の制度を正しく知ろう!~

産休がいつからなのか、正しく知って活用しましょう!

産休ここでは、ワーキングマザーのみなさんからよく頂く「産休はいつから取れるの?」という疑問にお答えしていきたいと思います。

産休とは、正式名称を「産前産後休業」と呼び、労働基準法に定められた、働く妊婦さんのための休業。
法律で保障された権利ですから、誰に遠慮することなく取ることができますよ。

※ここで解説している内容は、2014年3月現在の情報です。

産休の期間はいつからいつまで?

先ほど少し触れたように、産休とは「産前産後休業」のこと。その名の通り、出産前と出産後で期間が分かれます。

産前はいつから休業できるの?

出産予定日前の6週間の休業日となります。
出産予定日は「産前」に含まれますので、予定日も含めて計算してみて下さいね。
多胎妊娠(双子や三つ子)の場合には、14週間となります。

実際の出産が予定日が遅れることは多々あると思いますが、もちろんそのまま休業して構いません。

この期間は、もし自分が働きたいと思えば仕事をすることができます。
体調が安定していて、ぎりぎりまで稼ぎたいという人は、休業を予定日直前の2週間程度しか取らない人もいるようです。

産後の休業期間は?

産後は、出産日後から8週間と定められています。
これも、出産が予定日より遅れても、減るということはありません。
ただし、出産が予定日より早まれば、その後から産後の休業となりますので、この場合には全体の休業期間は短くなります。

この産後のお休みを「育休」と勘違いする人がいますが、8週間まではあくまで「産休」。
国から出る「育休」に関する手当などの対象にはなりませんので、ご注意くださいね。

産後はいつから仕事ができるの?

出産後はすぐにでも仕事に戻りたいと希望される妊婦さんに、時々お目にかかります。
そういう方は、「自分さえよければいつからでも仕事復帰していいんですよね」とおっしゃいますが、ちょっと待って!

産後の休業は、お母さんの健康を大きく左右します。
そのため本人が仕事をしたいと希望しても、仮に医師が許可をしても、8週間のうち6週間を経過するまでは仕事をすることが法律で禁じられています。
6週間を過ぎれば、医師の許可をもとに仕事を開始することができます。

産休中にできるスキルアップは?

時折、こういったご質問を下さる妊婦の方もいらっしゃいます。
なんとアグレッシブな・・・と感心させられるのですが、こういった方には下記のようなアドバイスを差し上げています。

  • 産後は状況がどうなるか読めないため、産前6週間でできるものにする
  • 体に負担がかからないものにする
  • 自宅で学べるものにする

この3点を基準にして、身に付けるスキルを探してみると良いでしょう。
パソコンスキルの通信講座などが、自宅にいながら比較的短期間で身に付きますから、適しているようです。

ただし、妊娠中はパソコンから出る電磁波が気になるという人もいらっしゃるでしょう。
エプロンなど、赤ちゃんを電磁波から守るグッズが数種類販売されていますので、勉強の際にはそれらの購入も検討してみて下さい。

キャリアアドバイザーの視点からおすすめできるパソコン系通信講座も集めてみました。
Web制作技術などであれば、最短1カ月から学べるようですから、良いかも知れませんね。

キャリアのプロおすすめの通信講座情報を見る

予定が早まって、受講期間中に出産を迎えてしまう可能性もありますから、そういった相談に乗ってくれるスクールかどうか、問い合わせをしてから受講を決めましょうね。
また、随時開講しているスクールなら、いつからでも勉強を開始できますから、その点にも注目してみて下さい。

産休を正しく知って正しく使おう!

きちんと知ろう!産休あれこれ

出産を理由に会社を長期休業したら、それが産休だ!と思っている人は多いのではないでしょうか。

実はこの休業、法律に定められたお休みで、期間や手当などちゃんと規定があるのです。
あいまいなイメージしか持っていないと、会社から不利な扱いをされても気づかないことも!

しっかり知識をつけて、自分の権利は自分で守るようにしましょうね。

特集!産休15の質問

いつからが産休になるの?
産休期間は法律によって産前6週間前からと決まっています。もし会社の規定で、それより前から休める場合には、「女性に優しい会社」と言えるでしょう。

産休の期間についてもっと詳しく

産休中のお給料が出ないのは違法?
法律では産休中のお給料については定めがないので、違法ではありません。お給料が出ない場合には、健康保険からの手当が出ますよ。

産休中の給与と手当についてもっと詳しく

手当がいくら貰えるか計算したい!
健康保険から出る手当は、「標準報酬日額」というものが分からないと計算できません。全国健康保険協会が作成した表と照らし合わせてみて下さい。

出産時の手当の額についてもっと詳しく

産休前の挨拶、みんなどうしてる?
ビジネスマナーを守れば、メールでも対面でもOKです。女性たちの声を集めると、産休に入る前日にお菓子を配る人が多いようです。

休業前の挨拶についてもっと詳しく

派遣社員でも産休は取れますか?
派遣社員でも、法律上は産休を取ることができます。ただし正社員と違って、契約期間がどうなっているかで違いが生じますので、その点に注意して下さい。

派遣社員の産休についてもっと詳しく

パート社員でも産休は取れますか?
派遣さんと同様、パートの人でも産休を取る権利があります。これも派遣さんと同様に、契約期間がネックになってくるでしょう。

パート社員の産休についてもっと詳しく

産休中の社会保険料の支払いは?
サイト作成現在(2014年3月)では、産休中も社会保険料は支払うことになります。払い方は何通りかありますので、自分に適したものを選んで下さい。

産休中の社会保険料についてもっと詳しく

ヒマを持て余してます!みんな産休をどうやって過ごしてる?
突然仕事がなくなると、意外と退屈してしまうもの。先輩ワーキングマザーの声を参考に、どう過ごすのがベストか検討してみましょう!

産休中の過ごし方についてもっと詳しく

産休手当の手続きを自分でやるにはどうしたらいいの?
各種の手当の手続きは、申請書を入手して記入し、あとは全国健康保険協会へ送るだけ。申請には期限がありますので、その点だけ注意して下さい。

産休手当の手続きの方法をもっと詳しく

雇用保険から手当は出ないの?
産休中については、雇用保険からの手当はありません。ただし、もし出産を理由に退職した場合には、自己都合退職よりも優遇されることがあります。

雇用保険と産休・出産の関係についてもっと詳しく

労働基準法ではどう定められている?
産休は正式名称を「産前産後休業」といい、第65条に定められています。期間や禁止事項など、妊婦さんのための決まりが実はたくさんあるのです。

労働基準法の内容をもっと詳しく

産休を取得するためにはどんな条件を満たせばいいの?
産休の取得条件としては、労働基準法で言う「労働者」に当てはまる必要があります。そこさえクリアすれば、だれでも取得できますよ!

産休を取得するための条件をもっと詳しく

手当の支給時期、誰かおしえて!
国から支給される手当は、事務処理が終了しないと支給されません。手当の種類によって支給されるまでの期間は異なってきますので、金欠に陥らないようしっかりチェックして下さい。

手当の支給時期をもっと詳しく

産休中ボーナスが出ないんだけど、これって違法?
ボーナスの支給については、会社の裁量に任されていることがほとんどです。ただし内容によっては無効扱いになることも。あなたの会社のルールは、どうなっていますか?

産休中のボーナスに関する法律をもっと詳しく

adviser

いまの会社で出産後のキャリアを積むことに不安を感じたら

悲しいことですが、出産にからんだ会社との交渉で、会社に幻滅してしまう女性は少なくありません。嫌な思いをされる人も、中にはいらっしゃるでしょう。

そんな経験をして、育児をしながら勤続することが不安になってしまったワーキングマザーのために、「子育てしながらできる仕事ランキング」を作ってみました。
各職種を、キャリアアドバイザーの経験を活かし、5つの項目を5点満点で評価。更にチャートで示すことで、職種ごとの比較もしやすいよう工夫しています。

あたなのキャリアを見直すきっかけになるかと思いますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

キャリアのプロのお墨付き!子育てしながらできる仕事ランキングを見る

まだまだ女性が育児をしながら活躍することは難しい世の中。社会が変わるのを待つこともありですが、自分のキャリアを見直して、理想の生き方を手に入れる努力をしてみてはいかがでしょうか?