家事・育児を「見える化」しよう!夫婦でうまく分担する方法とは?

考える夫婦

共働きが当たり前になっても、家事・育児の多くを妻が担っているのが現状です。夫婦で分担するにはコミュニケーションが大切。

家事・育児の仕事を「見える化」し、それをもとに夫婦で話し合い、分担表を作ってみましょう。

[1]夫の家事・育児参加の実態

まず、世間一般の夫はどのぐらい家事・育児に参加しているのでしょうか?
夫と妻の家事・育児に関する時間を比べてみました。

6歳未満の子を持つ夫の、一日の家事・育児関連時間は

・週全体平均で一日1時間23分

・妻が無業の場合は、1時間15分

・共働きの場合は、1時間24分

6歳未満の子を持つ妻の、一日の家事・育児関連時間は

・無業の妻の場合は、9時間25分

・就労している妻の場合は、6時間10分

夫の家事・育児関連時間は、20年前の調査結果より45分増加していますね。

過去に比べれば増えていますが、依然として共働き世帯の場合であっても妻の方が家事・育児の負担が非常に大きいことが分かります。
(データは平成28年の総務省による「社会生活基本調査」より)

[2]日本の夫は世界一家事をしない!?

諸外国と比較しても、日本の夫の家事・育児参加は先進国中最低の水準です。

他の先進国の平均した一日あたりの夫の家事・育児時間を比較してみましょう。

・日本 1時間23分

・アメリカ 3時間10分

・イギリス 2時間46分

・フランス 2時間30分

・スウェーデン 3時間21分

(データは平成28年の総務省による「社会生活基本調査」より)

また、「国際調査プログラム」が先進国以外の国を含む38か国を対象に2012年に行った調査でも、夫の家事・家族ケア分担率は最下位という結果でした。

[3]なぜ日本の夫は家事・育児をしないのか

労働時間が長い

日本の夫は世界的にみても労働時間が長いという事実があります。

残業が多く、定時で帰ることができない人が多いので、家庭に対して時間を割くことができません。

一方、北欧では残業する概念がなく有給休暇の取得も義務付けられているので、家事・育児に充てる時間を確保することができます。

昔からの男女の役割分担

男は外で働き、家事・育児は妻の仕事、という昔からの夫婦の在り方が、共働き世帯が増えた現代にも根強く残っています。

このように、日本の夫が家事・育児をしないのは、日本の社会的な構造や慣習も関係しているようです。

しかし、夫の協力を得なければ共働き家庭の妻は「家事・育児・仕事」と大きな負担がのしかかります。

[4]家事・育児の仕事を全て書き出し「見える化」しよう

夫に、ただ「家事・育児をもっとして欲しい」と言うだけでは、きっとピンとこないので具体化してみましょう。

家事・育児の仕事を全て書き出し「見える化」することで、家庭内にもたくさんの仕事が存在するということを認識させることができます。

そして、掃除・洗濯・料理などのわかりやすい家事の他、「名もなき家事」も書き出しましょう。

名もなき家事とは

・シャンプーや洗剤などの詰め替え

・脱ぎっぱなしの服を片付ける

・裏返しになった服をひっくり返す

・ティッシュやトイレットペーパーなどの消耗品の補充

・ペットボトルなど資源ごみを洗い分別する(キャップを外す、ラベルをはがす等)

・排水溝の髪の毛を捨てる

・子供の食事を手伝う

・子供の保育園や学校の準備

・子供の爪切り

・子供の着替え

・風呂あがりの子供のケア(ボディケア、ドライヤー等)

・写真の現像や整理

etc….

書き出してみましたが、皆さんの家庭にも、まだまだたくさんの家事があるはずです。

この名もなき家事の存在を知らなかった、という夫も多いのではないのでしょうか。

名もなき家事がなされているからこそ、家族が不自由なく快適に過ごすことができるのです。

しかし、名もなき家事は積もり積もれば妻の大きな負担になります。

[5]夫婦で話合い分担表を作ろう

話し合う書き出したたくさんの仕事を、夫婦どちらが行っているのか、振り分けてみます。

すると自分がどれだけ家事・育児をしているかを認識することができます。

現状を見れば、「この仕事は○○のついでにできる」とか「妻に任せきりにしていたことが分かったから、もっと協力しよう」と夫も気づくことができるはずです。

この分担表をもとに話し合いをし、分担を変更して実際に行動し、さらに見直しを行い、夫婦にとってベストな分担表を作りましょう。

分担表をもとに家事を行いますが、家庭の状況は毎日同じではないので夫婦で臨機応変に対応しましょう。

共働き家庭の家事分担表~夫に家事分担してもらう秘訣とは?

共働き家庭の家事分担表は効果なし?実際にやってみた結果は?

[6]家事分担アプリを活用しよう

「Yieto」というスマホアプリを実際に試してみました。

家事や育児に関する仕事が細かく書き出されていて、現状では夫婦どちらが行っているかタップしてチェックを入れます。

すると夫と妻が何をどれだけ分担しているのか、結果がすぐに出てきます。

チェックする項目が予め用意されているし、タップするだけなのでとても簡単です。

アプリは夫婦で共有することもできます。

気軽に始めることができるので、ハードルも低くオススメです。

[7]専業主婦でも夫の協力は不可欠

専業主婦は必然的に家事・育児の負担割合が多くなりますが、家事・育児も立派な仕事です。家事労働をお金に換算すると、月収が約39万円になるとも言われています。

毎日ワンオペ育児ともなれば、一人になる時間もなく食事もゆっくりとれません。
これでは24時間365日休みなしになるので、夫との分担が必要になります。

[8]筆者の夫は「ついで」にできる家事を分担

筆者は現在専業主婦です。

多忙な夫をサポートし、家族が快適に過ごせる環境をつくる事が今の自分の役割だと思い家事をしています。

しかし小さい子供を育てていると、なかなか家事がはかどりません。

そんな我が家は、夫が何かのついでにできる仕事を分担しています。

ついでであれば、スムーズに夫を家事・育児へ誘導できます。

そんな我が家の分担の様子を少し紹介させて頂きます。

休日

筆者は家事に専念して早く終わらせたいので、夫には子供のお世話に徹してもらいます。夫は子供との遊びついでに、子供といっしょにおもちゃの片付けをしたり、オムツ交換をします。

仕事の日はなかなか子供とコミュニケーションがとれないので、育児に専念することで休日はたっぷり子供と触れ合うことができます。

仕事の日

朝のゴミ出しを分担しています。通勤途中でゴミ置場の前を通るのであれば、通勤のついでにできる家事なので分担しやすいです。

帰宅が遅い日がほとんどなので、あまり分担はできませんが、少しでも名もなき家事が無くなれば、育児で慌ただしい身にとっては非常に助かります。

[9]夫婦でお互いを尊重し合あう

夫婦は家庭を運営するチームです。

分担表を作るにしても、一方的に話を進めては理解を得られません。
家事・育児をうまく分担するために、まずは夫婦でしっかりとコミュニケーションをとりましょう。

夫は最初慣れない家事をすれば、上手くいかないこともあるかもしれません。

そんな時でも感謝の言葉を伝え、お互いを尊重し合う気持ちを忘れないようにしましょう。

共働き家庭の家事分担表は効果なし?実際にやってみた結果は?

共働き家庭の家事分担表は効果なし?実際にやってみた結果は?
以前ご紹介した、「共働き家庭のための家事分担表〜夫に家事を分担してもらう秘訣とは? 」を実践してくださった読者の方から、たくさんの反響を寄せていただきました!

その中で、「分担表は効果がなかった」という声を寄せてくださったリサさん(34歳)にお話を伺うことができました。

分担表は「効果がなかった」とのことですが、なぜ効果がなかったのでしょうか?
「そこまできっちり分担しなくても、気づいたほうがやればいいんじゃないか」と言われてしまって。
きっちり分担しようとしている私のほうが「細かい女」みたいなニュアンスで、それ以上強く言えませんでした
でも、実際、旦那さんが気づいていないから、リサさんが多く家事を負担されていたんですよね?
そうなんです!
分担表の話を出したのが結婚して2ヶ月目くらいだったのですが、2ヶ月間、お風呂掃除もトイレ掃除も、一回もしたことなかったんです!
分担表が却下されて、結局今でもリサさんが家事をされてるんですか?
あ、今は、当番制にしたんです。
毎週土曜日は掃除の日にして、一週間交代にしています。
「気づいた方がやればいい」とおっしゃってた旦那さんを、どうやって当番制に納得させたんですか?
「気づいたほうがやればいい」と言うなら、夫が気づくまで絶対にやるまい、と決めたんです。笑
そうしたら、家の中が汚れてきたことに気づいた夫が当番制を提案してきました。笑
旦那さんが気づくのにどれくらいかかりましたか?
半年くらいかかりましたね。
ちょうど、私の仕事がすごく忙しくなって、家には寝に帰るだけというような生活が半年くらい続いたので、その時ですね。
半年気づかなかった旦那さんが、半年経って気づいたのもすごいですね。笑
「なんか最近、汚れてない?」と言われて、私がキレたんです。笑「気づいたならやりなさいよ!」と。
「気づいたほうがやればいいって言ってたけど、結局全然気づかないじゃない!あなたがやらないなら私もやりません!」と
そうしたら、「当番制にしよう」と夫のほうから言いましたね。
当番制にしてからはうまく分担できていますか?
はい、今のところはうまくいっています。

「気づいたほうがやればいい」は難しい

家事の分担は「気づいたほうがやっている」というご夫婦、いらっしゃいますね。

もちろん、そう出来るのが理想的です。

ただ、それが成立するのは、二人の「許容範囲が同じ」場合です

「これくらいなら掃除は明日でいいかな」とか、「そろそろ汚れてきたから掃除しないと」と思う境界線がありますよね。

そして、境界線は人それぞれ違います。

旦那さんが「これくらいなら掃除はまだいいかな」と思う汚れを、奥さんが「そろそろ汚れてきたから掃除しよう」と掃除してしまうと、旦那さんは「そろそろ汚れてきたな」と思うことは永遠にありません

そうすると、奥さんばかりが掃除をすることになってしまいます。

もちろん、旦那さんのほうが先に「そろそろ汚れてきたな」と思うケースもありますよね。

「分担をどうするか」とアレコレ考えている時点で、「気づいたほうがやる」という運用がうまく回っていないのです。

パートナーが「気づいたほうがやればいい」とおっしゃったとしても、原則的な分担のルールは決めておくことをおすすめします

共働き家庭の家事分担表〜夫に家事分担してもらう秘訣とは?

共働きの家事分担はどうする?時短家電に任せよう!

 

プログラミング通信講座スクール【GeekGirlLabo(ギークガールラボ)】

 

次のページ >> 共働き家庭の家事分担表〜夫に家事分担してもらう秘訣とは?

 

共働き家庭の家事分担表〜夫に家事分担してもらう秘訣とは?

共働き家庭の家事分担表〜夫に家事分担してもらう秘訣とは?

成功例に学ぶ!夫に家事を分担してもらう秘訣とは?

奥さんもフルタイムで仕事をしていて家計が折半なのに、なぜか家事も奥さんがやっている…というお話、よく聞きます。

家計が折半なのに家事の分担は女性が負担なんて不平等だと思いませんか?

「そういう風習だから…」「やってくれないから…」とあきらめてはいけません。

家事を平等に分担しているゆいさんにお話を伺ってみました。

女性 PC イラスト

ゆいさん(35歳)

在宅プログラマー。以前はベンチャー企業で、新規事業立ち上げのプロジェクトマネージャーをつとめていたが、結婚を機に在宅勤務に切り替える。世帯年収は1000万弱で家計は折半。

家事を平等に分担されているとのことですが、旦那さんは最初から家事に積極的だったのですか?
とんでもない!最初の一ヶ月は、家事はほとんど私がやっていましたね。
料理が出来ない人だったので、料理は基本的に私が作っていました。献立を考えたり買い出しも私です。
後片付けは、私が疲れて寝てしまった時にたまーにやってくれていましたが、洗ってあるのは食洗機に入るものだけで、食洗機で洗えないものは放置されていました。
リビングに掃除機をかけるのはたまにやってくれてましたが、お風呂やトイレ・洗面所の掃除は私がやっていました。
多く家事を負担することに不満はなかったんですか?
すごーーく不満でしたよ!専業主婦ならともかく、家計は折半なのになんで?って思ってましたね。
私が在宅ワーカーなので、平日の家事を私が負担するのはまったくかまわないのですが、掃除や料理、洗い物は週末にできるでしょ、って。
家事を分担しようとは言わなかった?
一緒に住み始めて一ヶ月目に、「そろそろちゃんと家事の分担を決めよう」って言ったら、「今だいたい分担できてるから、まあいいんじゃないか」みたいに言われて、はあ?と。
そこで、それぞれがどんな家事を月に何分やったかを洗い出して、タスク表を作って見せました。
家事分担表(前月実績)
タスク 所要時間(分)
回数 時間(計) 回数 時間(計)
料理 30 4 120 0 0
食器洗い 10 3 30 1 10
トイレ掃除 10 2 20 0 0
お風呂掃除 10 2 20 0 0
洗面所掃除 10 2 20 0 0
キッチンの掃除 10 2 20 0 0
リビングの掃除 0 0 0 2 20
ゴミ出し 1 0 0 30 30
合計 230 60
一ヶ月に家事に費やした時間は、ゆいさんが圧倒的に多いですね。
はい。この状態で「家事の分担が出来てる」ってありえないですよね。もうひとつ、次月の家事分担予定を作りました。
今月わたしがこれだけやったから、来月はあなたがこれとこれをこれだけやってね、っていう。
家事分担表(次月予定)
タスク 所要時間(分)
回数 時間(計) 回数 時間(計)
料理 30 3 90 2 60
食器洗い 10 2 20 3 30
トイレ掃除 10 2 20 0 0
お風呂掃除 10 1 10 1 10
洗面所掃除 10 1 10 1 10
キッチンの掃除 10 2 20 0 0
リビングの掃除 10 0 0 2 20
ゴミ出し 1 0 0 30 30
合計 170 160
料理と、トイレとお風呂の掃除が増えてますね。すんなり納得してくれました?
ええ、数値になっているから一目瞭然ですしね。ただ、「ここまでやる!?」とちょっと引かれたかもしれません。笑
在宅勤務になってから、家事の分担に変化はありましたか?
以前は洗濯は、一週間分を週末にまとめて、各自で洗濯していたのですが、丸一日潰れてしまうんですよね。
在宅勤務になってから、洗濯は私が平日にやるようにしたので、夫は心置きなく休日出勤が出来ています(笑)
分担のコツはなんですか?
機械に任せられるものは任せています。食洗機と、乾燥まで自動でやってくれるドラム式洗濯機のおかげでだいぶ工数が減りました。
あとは、大前提ですが、家事の分担をする気のある夫と結婚することですね。やる気のない人を教育するのは大変ですから(笑)

共働きの家事分担はどうする?時短家電に任せよう!

家事の分担はプロジェクト管理と同じ

家庭というのは、ひとつのプロジェクトのようなのものです。

そして、家事のひとつひとつは「タスク」であり、そのタスクを正しく分担し振り分けるのが、プロジェクトマネージャーの役割です。

ゆいさんはお仕事でプロジェクトマネージャーをつとめていた経験があるので、そのようなことが自然と出来たのでしょう。

しかし、プロジェクトマネージャーの経験のあるワーキングマザーはごく一部だと思います。

そこで、多岐にわたるプロジェクトマネジメントの職務の中から、「家庭」というプロジェクトに役立ちそうな知識をピックアップしてみます。

「いつ(いつまでに)」「誰が」「何を」「どのように」「どのレベルで」「何をする」のかを明確にする

気をつけたいのが、「どのレベルで」の指示。

「家事ハラ」という言葉に象徴されるように、夫の家事のクオリティは、一般的に、妻に比べると低い場合が多いです。
※家事ハラ・・・ヘーベルハウスの家事ハラ白書で、家事に対する何気ないダメ出しのことを「家事ハラ」と定義しています。

もちろん、習熟度の問題もありますが、「どのレベルで」の指示が曖昧であるケースも多いです。

「できてない!」と言う前に、正確な指示を心がけましょう。

以下に、適切な指示の例を挙げておきます。

  • 「毎週日曜日」「夫が」「風呂場を」「洗剤とモップを使って」「シャンプー容器などの下にぬめりが残らないように」「掃除する」
  • 「毎週第三土曜日」「夫が」「食事の後片付けを」「食洗機を使って&鉄板や網、まな板は手洗いで」「洗い残しのないように」「洗って、乾いたら棚に戻す」

できないことを前提に考える

「どのレベルで」の指示をきちんとしていても、そのレベルに達していないことはよくあります。

まず、「完璧にできるわけがない」ことを前提にしましょう。

そして、60%くらい出来ていれば、まずは良しとしましょう。

でも、ずっと60%のままでは困りますよね。

少しずつ上達してもらうために、「次はもっとこうしたら良いかも!」と提案してみましょう。

出来ない時は早めに共有し、代替案を出す

体調が悪い時、仕事が忙しくて疲れきっている時、家事をする予定の土日に予定が入っている時。

そんな時は、無理をすることはありません。

ただし、以下に気をつけましょう。

①先にわかっていれば、早めに共有する
②休む分をどうリカバリするのかを提案する

特に大事なのは②です。

土日以外の平日にリカバリする、相手に代わってもらう場合は、次月は自分が多めに担当する、などの提案を用意しておきましょう。

共働き家庭の家事分担表は効果なし?実際にやってみた結果は?

adviser

家事分担の秘訣まとめ

家事の分担は、ワーキングマザーにとって死活問題です。

夫が家事をどれだけ負担してくれるかによって、仕事にどれだけリソースを投入できるかが大きく変わるからです。

家事分担の秘訣をまとめてみました。

  • タスク・工数を算出し、適切に家事を分担し、適切に指示を出す
  • できないことを前提にする
  • なるべく機械化・自動化をして工数を減らす
  • 家事を分担する気のある夫と結婚する

また、今回インタビューさせていただいたゆいさんの場合は、ゆいさんが在宅ワーカーであることも、うまくいっている大きな要因だといえます。

在宅ワークであれば、平日に洗濯をしたり、仕事の合間に掃除をしたり、夕食の買い物に行くことが出来ます。

家事を多く負担するために、時短勤務やパートなど、キャリアに結びつきづらい勤務形態に変えることもありません。

仕事も家事もこなし、キャリアもあきらめない。そんな働き方を叶えるのが、在宅ワークです。

以下の記事で在宅ワークについて調べてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

女性の家事と仕事両立の道を探せ〜在宅でできる仕事を紹介・比較〜

在宅ワークの始め方〜キャリアアドバイザーが解説!〜

 

プログラミング通信講座スクール【GeekGirlLabo(ギークガールラボ)】

 

次のページ >> 共働きの家事分担はどうする?時短家電に任せよう!