子供の英語教育はいつからスタート?知っておきたいメリットとデメリット

小学校の英語が必修化となり、親御さんたちの間で幼少期からの英語教育に対して関心がグッと高まっていますね。

”英語教育”と言うと少し難しく考えがちですが、「英語=言語」の習得はいつからが良いのか?という観点で考えてみると、少し分かりやすくなります。

[1]言語習得 ~「母語」と「外国語」~

赤ちゃんから幼児になる過程で、親の真似をしながら言葉を覚え、喃語から単語、単語から文章を話し始めます。そしていつしか自然に複雑な日本語の文法を理解して話していくようになります。

このようにして「母語=日本語」習得をします。そして一方で、母語(日本語)の文法や理論を既に持っている状態で学ぶのが「第二言語=外国語」となります。

[2]なぜ早期英語教育が注目されるのか?英語耳ってなに?

英語耳とは…

  • 幼少期は耳から入ってきた音をそのままに聞くことができるが、ある年齢を境に難しくなる。
  • 母語である日本語の音だけを聞き続けていると、日常的に耳に入ってこない英語の音を正しく聞き取ることが難しくなる。
  • 自分で発音できない音は、正しく聞き取ることができない。

シアトルのワシントン大学では「赤ちゃんの言語習得」に関しての研究が行われています。

人間の脳は7歳までであれば、母語以外の言語でもスムーズに習得できることがわかっています。そしてそれよりずっと前の段階で、脳は「聞く音と聞かない音」を区別するようになります。

思春期を過ぎて以降、新たな言語を学ぶときに苦労するのは、母語に含まれない音を脳がブロックする為です。英語の複数ある“a”や”th”、”l”と”r”の発音に苦戦するのが顕著な例です。

  • 筆者は過去に資格取得のため、2年間海外留学をしておりました。自身の留学中も言語(英語)の壁にぶつかり苦戦した経験があります。

赤ちゃんの脳には「ある特別なスキル」があります。実は0か月から8カ月くらいまでは、どこの国の赤ちゃんであっても、どんな言語でも聞こえる耳(脳)を持っています。

そして数カ月後の10カ月~12カ月ごろには、母語以外の音の聞き取りが難しくなってしまいます。その代わり毎日聞いている母語に関しては、しっかり聞けるようになっているのです。つまりこの時期に、赤ちゃんの脳は、母語の聞き取りに適応すべく変化しているというわけです。

つまり赤ちゃんの頃から英語を聞く習慣にしておくと、自然とその音を正しく聞き取る事が出来る「英語耳」が出来あがります。ですので、幼少期からの早期英語教育が注目されてるのです。

[3]母語の習得が先?それともバイリンガル?!

早期英語教育が絶対的に良いのか?という点で考えた場合、英語(=第二言語)を覚えたいのなら、まずは母語(日本語)を習得する必要があると言う考え方もあります。これは、すでに母語の文法や理論をベースとして持っているのなら、第二言語が母語の領域を超える事がないという考え方があるからです。

まだ言語ベースのない状態で、母語(日本語)と第二言語(英語)を併用して学んで言った場合は、いわゆるバイリンガルの状態となり、日本語で聞いて日本語で返す、英語で聞いて英語で返す、とそれぞれの言語の文法を覚えて行く事になります。頭の中で日本語から英語、英語から日本語に変換するといった作業がなくなる事が早期英語教育の特徴です。

早期英語教育で英語を日常的に使うような場合、母語(日本語)と第二言語(英語)の逆転現象が起きる可能性があります。また日本語にあって英語にない表現などが理解出来なかったり、英語を勉強する分、日本語の習得時間が遅れる可能性などがあります。

早期英語教育にはメリットも多いですが、そこにはデメリットもあるので、その点を上手く捉えて、それぞれのご家庭の教育方針にそって英語教育を始めるのが良いでしょう。

早期英語教育に関してはこちらの記事に詳しくまとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

早期英語教育は必要?英語教育のある幼稚園を選ぶ際に気をつけたいこと

[4]もし早期英語教育をするなら!

もしバイリンガルほどではなくてもいいから、英語を始めたい!とお考えなら、言語習得過程からも分かるように、幼児期は耳からの情報吸収がとても優れている時期です。

ですので早期英語教育で一番適しているのは「英語をたくさん聴かせる」事になります。そして「たくさん話させる」事によってアウトプットする「聴く・話す」を中心にした勉強を始めるのが良いのではないでしょうか?

  • 筆者も妊婦の時から、子守歌代わりに英語のCDやDVDを聞かせ、日常的に英語が耳に入るような環境作りから始めています。

[5]子供の気持ちを優先する!

早期英語教育も大切ですが、子供が嫌がった時には無理強いしないようにするのも大切です。

幼い時から英語に触れている環境であっても、本人が「英語」そのものを嫌いになってしまうと、習得を拒否してしまい大きな弊害となります。

英語を覚えるのに一番大切なのは、本人のやる気です。本人がやる気になれば大人になってからでも十分英語の習得は可能です。それは私自身の経験からも言う事が出来ます。

早期英語教育では、ぜったい英語を覚えさせる!という事に躍起になるのではなく、英語に親しませる、日本語以外にもこんな言葉がある、と遊び感覚で学べるような環境を作ってあげる事が大切なのではないでしょうか。

子供の頃にわらべ歌など遊びながら聴いたものが頭に残るように、英語も歌やダンスなどで楽しんで覚えると、より効果的です。

[6]子供が学ぶ環境を作る。在宅ワークで時間作り!

子供が英語を学ぶ環境を作ると一言で言っても、塾に通わせたり、家で一緒に英会話・英語遊びをしたりするのに、子供一人では出来ないので親の協力が必要です。でも働くママは家事に育児に仕事に、なかなか空いた時間を作るのが難しいですよね。

でも在宅ワークなら、子供との時間や家事も仕事も自分なりのスケジュールでこなす事が出来ますよ。在宅ワークに興味のあるママ、働きながら育児が出来たらと考えているママは、こちらの記事もチェックしてみてくださいね!

子育てしながら仕事するにはやっぱり在宅!〜その実際を一挙公開〜

ママに人気のミールキットとは?おすすめサービス4社の特徴を比較!

ミールキットとは?

ミールキットとは、料理を作るのに必要な食材(カット済みの野菜、肉、魚など)、調味料及びレシピ一式がセットになったものです。

10分から20分程度の時間で料理を完成させることが可能で、子育て世帯や共働き世帯から高齢者世帯まで、日常の料理など、家事にあまり時間をかけられない方々にとって大変便利なアイテムとして注目されています。

ミールキットのメリット

ミールキットの良い点は、以下の3点にあります。

  • 献立を考える手間を省けること
  • 買い物に行く手間を省けること
  • 食材の皮むきやカットなど、下準備をする手間が省けること

小さい子どもがいる家庭のママは、毎日献立を考えるだけでも頭を悩ませるものですよね。

調理開始から20分以内で料理をお皿に盛ることができるミールキットは、子育て、仕事や家事で忙しいママにとって、まさに神のようなアイテムです。

ミールキットのデメリット

ミールキットでマイナスになる点としては、以下のようなことが挙げられます。

  • 自分で一から作るより費用がかかること
  • ミールキットの包装に用いられるプラスチック系統のごみが増えること
  • 購入の方法や種類によって、送料がかかる場合があること

調理にかかる時間を短縮できる分、支払う費用が高くなります。

食費にできるだけお金をかけたくない方や、自分で献立を考えるのが好きな方、料理が好きで、食材のカットから味付けまですべて自分で行いたい方には、不向きなアイテムと言えます。

気になるミールキットの価格は?どこで買える?

ミールキットの価格

ミールキットの料金は各社のサービスやメニューによって異なりますが、例として、主菜と副菜がセットになった2人前用のもので、1000円から1500程度に設定されている場合が多いようです。
スープやサラダなどの一品ものでは、600円台からのメニューもあります。
3人前、4人前というように量が増えると、価格も高くなります。

もちろん自炊するよりは高くなりますが、外食するよりも費用は抑えられますね。

どこで買える?

ミールキットは、生協やヨシケイといった食材配達サービスのメニューの一部として組み込まれているものが多いです。

しかし最近は、セブンイレブンの配達サービス「セブンミール」や、インターネットで注文した後に店頭まで商品を取りに行く「ローソンフレッシュピック」、楽天西友ネットスーパーでもミールキットを取り扱うようになり、ミールキットを利用できる機会が広がっています。

サービスによっては送料が発生する場合もありますので、現在利用している食材配達サービスなどがあれば一緒にチェックしてみてはいかがでしょうか。

ミールキットを取り扱う人気4社の特徴を比較!おすすめのミールキットは?

コープデリ
おうちコープ・コープデリは、生協の宅配サービスで、関東を中心としたエリアで展開されています。

日常の暮らしに必要な毎日の食材・飲料だけでなく、ベビー用品や日用雑貨など取扱商品の幅が広く、子育て世帯に利用者が多いのも特徴です。コープデリのミールキットは、1人前のメニューから選ぶことができ、種類も豊富です。

一番の魅力は他社に比べて値段が安いことです。

また、日替わり、週替わりで異なるメニューを提供してくれるため、飽きずに利用することができます。

  • 筆者も、週に一度のウィークリーコープサービスを利用して、ミールキットを購入しています。
    調理時間は10分程度のものが多いので、早くて便利。非常に助かっています。
    少し味付けが濃い場合もあるため、調味料は少なめに入れて味見をしてみることをおすすめします。野菜などの食材を追加して量を増やして調理してもよいと思います。
    インターネットでの注文時に、利用者のクチコミをチェックすることができるので、迷った場合は参考にしてみましょう。
パルシステム
コープデリと同様、生協系列のブランドです。より国産原料にこだわり、化学調味料を控えた独自のプライベートブランドにも積極的に取り組んでいる印象です。

パルシステムの「お料理セット」は価格も利用しやすくおいしいと評判です。

素材にもこだわっているので小さいお子様がいる家庭にも安心です。

  • 「お料理セット」とあわせて「3日分の時短ごはんセット」もおすすめです。3日分の夕食の材料とレシピが一緒になっており、同封されたレシピの通りに材料を使うことで、3日分の料理の献立を考える手間が省け、調理時間も短縮することができます。野菜のカットなど、下ごしらえの時間はかかりますが、その分費用も節約でき、食材も無駄なく使い切ることができます
オイシックス
オイシックスは、有機野菜や低農薬野菜などの安全な食材に力を入れている食材配達サービスです。

合成保存料や着色料の不使用だけでなく、すべての食材について放射能検査を行っており、食の安全面に積極的に力を入れています。

オイシックスのミールキット「Kit Oisix」は、他社と比較すると高めの価格に設定されていますが、使いやすさや美味しさについては文句なしの人気商品です。

有名な料理研究家である、コウテンケツさん、平野レミさん、SHIHOさんなどがメニュー監修を行っているということで、味はもちろん見た目もおしゃれで、食事も楽しくなりそうですね。

食の安全面を重視する方にもおすすめです。

  • オイシックスでは冷凍で保存できる料理キットも販売しており、こちらもあわせておすすめします。通常のミールキットは賞味期限が短いものが多いので、冷凍のものがあればいざというときに重宝します。

ヨシケイ

ヨシケイは老舗の食材宅配サービスで、届いた箱の中から食材を出して調理をするだけの様々なメニューサービスを展開しています。

野菜などがすでにカットされていて、調理時間が10分から20分程度で済むミールキット、食材とレシピが届けられて、下ごしらえから自分で行うといったものなど様々なメニューが用意されているのが特徴です。

種類が大変豊富で、コースにもよりますが、日替わりでメニューを選んで届けてもらうこともできます。目的やスケジュールに合わせて、メニューを使い分けるという利用の仕方も可能です。

  • 乳幼児のお子様がいる家庭には「プチママ」というコースがおすすめです。子どもが喜ぶメニューや離乳食として取り分けのできるメニューが設定されており、利用しやすい価格になっています。
    また、メニューや作り方の動画も事前に確認できます。
    カットなどの下ごしらえの時間は必要になりますが、献立を考えたり買い物に行ったりするのが大変なママにはとても便利ですし、味も美味しいです!

 

お試しコースを利用して自分に合ったミールキットを見つけよう!

近年、ミールキット宅配サービスの人気は高まっており、今後もメニューの種類が増え、より利用しやすい充実したサービスになることが予想されます。

宅配サービス会社によっては、お試しコースや初回割引コースなどを設けているところもありますので、上手に利用しながら、食材の安全面、調理時間、量、価格など、自分と家族の目的に合ったサービスを見つけられるとよいですね。

 

 

子供部屋を与えるタイミングはいつから?一人部屋が必要な年齢とは

子供部屋はいつから必要!?

子供部屋を与えるタイミングは各家庭異なります。また、年齢によっても子供部屋の使い方が変わりますので、学年別に見ていきましょう。

幼稚園児の場合

幼稚園児の場合、部屋を与えても「夜はママと一緒に寝る」とい子が多いでしょう。そのため、生活スペースではなく自分の荷物(幼稚園のかばんや道具、服、おもちゃなど)を置くスペースとして活用しましょう。

自分のおもちゃや、幼稚園の道具を自分で片付けることで自立心を養うことができます。手伝いはせずに、片付ける場所だけを用意してあげてください。

小学生の場合

小学校に入学するとランドセルだけではなく習字や絵の具セット、教科書などの学用品が増え、子供部屋の必要性を感じ始めます。

また、学校の準備なども自分で用意させることで自立心を養うことができます。ちゃんとできているか心配になり、つい手伝いたくなってしまいますが、そうするといつまで経っても「親がなんとかしてくれる」「忘れ物をしたのはママのせい」になってしまいます。

小学校低学年までは、まだママと寝ている子も少なくありません。しかし、小学校高学年くらいになると徐々に自分の部屋で寝始める子も増えます。

  • 筆者の家にも兄弟の子供部屋がありますが、それぞれ自分の荷物を置くスペースとして使用しています。今はまだ生活スペースは二人ともリビングの方が安心するようです。また、夜も家族で寝ているため、子供部屋に寝る場所を作っていません。息子から申請があったときに息子の年齢にあった寝具を用意しようと考えています。

中学生の場合

小学生高学年から中学生にかけて思春期が始まり、自分の部屋を欲しがる子どもが増えてくる時期です。

この場合、子ども部屋の位置は家族のいるリビングなどを通過してから向かえる場所がおすすめです。そうすることで、子どもの交友関係もわかります。

子供部屋を作るメリットとデメリット

メリット

  • 独立した意識が芽生始める
  • 整理整頓をする力が養われる
  • プライバシーの大切さを学べる

デメリット

  • 親の目が行き届きづらくなる
  • 引きこもってしまう可能性が出てくる

子供部屋の注意点

少しづつ子供部屋に慣れさせよう

子供部屋を与えたら、徐々に慣れさせましょう。「寝るときだけ」「準備するときだけ」「勉強するときだけ」「遊ぶときだけ」など少しずつ移行して行くことをおすすめします。

特に幼稚園児や小学校低学年などの場合「ママと一緒に寝たい」と言う気持ちは無視しては行けません。無理強いするとトラウマになってしまうこともありますので気をつけましょう。

子供部屋の場所は孤立しない場所に作ろう

子供部屋は玄関から入ってすぐの場所やリビングなどを通らずに入れる場所は避けましょう。

子どもは成長と共に親とあまり話したがらなくなったり、自分の部屋に直行してしまうこともあります。しかし、そんなときだからこそ引きこもりがちにならない場所に部屋を置くことが大切なのです。

部屋に鍵は付けないことや様子がすぐに伺えるリビングの近く、リビングを通過しなければ行けない場所に部屋を作りましょう。

子供部屋に子供が溜まらない部屋にしよう

子供部屋に子供が溜まりやすい部屋と言うのは「家族が立ち入らない部屋」「孤立した部屋」です。

子ども達にとって、その家の人と会わずに部屋に入れることは好都合です。また、インターネットゲームや動画サイト投稿、SNSなどを行えるネット環境が整った部屋も子ども達が溜まりやすくなります。

子ども達の安全を守るためにも「テレビを置かない」「約束事を決める」「ネット環境を作らない」などの対策が必要でしょう。

子供部屋に決まった時期はない

子供部屋は必ず与えなければいけないものではありません。与える時期にも決まったものはなく、それぞれの成長に合わせましょう。

小学校4年生頃から中学生にかけて一人部屋を欲しがる子が多いですが、その時期になっても「子供部屋はいらない」という子も少なくありません。

また、子供部屋で寝るようになった時期が遅いからと言って自立が遅れるわけでもありません。それどころか、アジア独特の文化であった「子供と一緒に寝ること」は、メリットが多くあることがわかり、欧米でも見直され始めています。

子供部屋を作ることはメリットもデメリットもあります。何歳であっても子供部屋を作るときにはしっかり話し合いルールを決めることが大切です。

在宅ワークならいつも近くで子供を見守れる

在宅ワークは家で仕事をするため、子供が子供部屋で過ごす時間が増えても近くで見守ることができます。

在宅ワークにはさまざまな種類がありますが、専門知識があると収入アップが見込めます。就業サポートや学びながら収入を得ることができる通信スクールがおすすめです。

自分の都合に合わせて学べるスクールはこちら

在宅ワークについて

気になる受講料や特色をキャリアドバイザーが比較します。
プログラミングを学べるおすすめ通信講座特集!〜受講料ランキング〜

在宅ワークの発注案件数を元に必要なスキルなどをキャリアアドバイザーが紹介します。
在宅ワークにはどんな種類があるの?案件数の多い仕事内容は?

働こうと考えているママ必見です。
在宅ワーママが片道1時間を電車通勤!通勤のメリット・デメリットとは?