web系在宅ワーク アフィリエイトはどんな仕事?やってみた体験談

アフィリエイトというと思い浮かぶのは

web系在宅ワークとしてアフィリエイトをやってみようかな、という方もいらっしゃるかと思います。

アフィリエイトというと、「チープな感じのデザインのサイト」「広告がいっぱい」「なんか嘘ばっかりの記事」というイメージがありませんか?

これは半分本当です。

というのも、アフィリエイトに取り組んでいる人の半分が、「webの知識もなく(チープなサイト)」「とにかく稼ぐために(広告がいっぱい)」「根拠のないランキングを作ったり(なんか嘘ばっかりの記事)」しているからです。

そういう方たちは、一時的に稼ぐことができてもグーグルの仕様変更などによってすぐに稼げなくなります。

なのでまた似たようなチープで広告がいっぱいの嘘ばっかりの記事のサイトを作ることになります。

アフィリエイトの胡散臭さは、そういう人たちの作ったイメージなのですね。

実際にアフィリエイトにとりくんでいる私の体験談からご紹介いたします。

アフィリエイトはマーケティング業

アフィリエイト、というシステムは、きちんとした広告提供の方法です。

こちらの記事も参考にしてください。

アフリエイトで稼ぐ不労所得~Web系在宅ワークの実際を知ろう!~

自分が実際に使ってみてよかった化粧品やスキンケアのグッズを、友人と一緒に使ってみたり情報をシェアしたことはありませんか?

本来のアフィリエイトが目指しているのは、そうした「リアルな口コミによる宣伝方法」であるといえるでしょう。

実際に買ったこともなく、使ったこともなく、ただ「報酬が高いから」という理由で適当な化粧品やスキンケア用品をおすすめするのは、広告主からしてもうれしくないこと。

「不労所得」「在宅で簡単に稼げる」という言葉ばかりが先行して、広告主からしてもうれしくないアフィリエイトをしている人がたくさんいるのです。

アフィリエイトに向いている人は?

そんな中で、アフィリエイトに向いている方もいます。

  • 普段からいろんな化粧品やスキンケアを通販で買うのが好きな方
  • 自分でカードを作るときにいろんなカードを比較して検討したことがある方
  • 自宅に置くウォーターサーバーを真剣に選んだ方
  • 自分が転職するときにいろんな転職サイトを利用して比較検討した方
  • 一つの仕事をやってみたときのノウハウをしっかり身につけている方
  • いろんな病気をして、「自分のときはこうだった」という苦労をすごくした方
  • 資格マニアで、人が持っていないような面白い資格の勉強をしている方

そういう方は、自分の体験から、「ここはこうするといいよ」という口コミやアドバイスができると思います。

たとえ広告があっても、自分がよくない、と思うものはおすすめしないはずです。

「なんでもいいから申込みさせよう!」と嘘のアドバイスはしないはずです。

「そんなことはできない」と思える人こそ、広告主がお金を払っても宣伝してほしいアフィリエイターなのです。

アフィリエイトにはいろんな要素が必要

まず基本として、アフィリエイトをするには自分のweb上の媒体を持つことになります。

htmlサイト、無料ブログ、ワードプレスサイトなどいろいろです。

そこに自分の体験やノウハウを載せて、本当にいいところ、悪いところを書いて、あとは読みに来てくれたユーザーに判断を任せる。

売り上げはその結果です。

アフィリエイトをするには、いろんな要素が必要になりますね。

ブログやサイトのweb系の技術、内容を自分で書くライティングスキル、たくさんの人に読んでもらえるようなマーケティングも必要になりますね。

よく「アフィリエイトには特別な技術はいらない」といいますが、ユーザーがブログやサイトに来て、満足して帰ってくれるために、必要な技術も知識もたくさんあります。

「この人の言うことだから、きっとこれはいいものだ。買おう」と思ってもらえるようなマーケティング、ブランディングも必要になります。

「楽して月30万円稼げる」というようないわゆる「情報商材」と呼ばれるものには、買って価値のあるものはほとんどありません。

1つ1つ、自分で考えてマーケティングをしていくことが純然とした売り上げの一番の近道です。

実際にどのくらい稼げるの?

「アフィリエイトをやって月に5万稼ぎたい」という目標を持つのはいいことかもしれません。

そのために、自分なりにweb系のスキルを勉強したり、あるいは資格取得にチャレンジすることもあるでしょう。

実体験を基にした記事には大変説得力があります。

有名なデータでは、「アフィリエイトで月5000円以上稼いでいる人は全体の5%」というものがあります。

ネットで見かける「稼いでます!」という人は、それが本当なら、アフィリエイトに取り組んでいる人の中で5%しかいないことになります。

それにしては、ネットでこんなに稼ぎました!という人が多いですよね。

そういう人たちが本当のことを話しているとは限りません。

アフィリエイターの実際

実際に、5000円以上、あるいはもっと、稼いでいるアフィリエイターは決して自分から「稼ぐ方法を教えます」とは言いません。

考えてみてください。あなたが自分の生み出した手段で、月5万円稼いだとします。

その方法を、人に教えたいと思いますか?

同じ方法を実践する人が増えたら、自分も稼げなくなる可能性がありますよね?

なので、「稼ぎ方教えます!」というのは、事実ではないか、あるいは一昔前の古い方法であることがほとんどです。

これからアフィリエイトをやるなら、自分なりの稼ぎ方を、何年もかけて探し出していくことが必要なのです。

アフィリエイトは失敗ばかり

実際にアフィリエイトに取り組んだことのある方ならわかると思いますが、アフィリエイトは失敗ばかりです。

こうしたらどうだろう?ダメだった。こうはどうだろう?やっぱりダメだった。この繰り返しです。

真剣にアフィリエイトに取り組んで、結果を出している人たちは、そうした「99回の失敗」を経て「1回の成功」を手に入れている人たちです。

けっして「簡単に始められて初心者でもすぐに稼げる」世界ではありません。

天才であることよりも、99回の失敗を乗り越えられる強いメンタルが必要です。

「なんだ、稼げないや」と辞めてしまうのなら、最初からやらないほうがいいです。

アフィリエイトにあるといいスキルは

それでもチャレンジする、やってみたいという方には、まずweb系のスキルの基礎、ワードプレスの基本、そしてライティングの基本などをしっかり勉強することをおすすめします。

独学でアフィリエイトをやりながら覚えていくものもあると思います。

技術的なこと、そしてライティングのような経験が必要になることは、しっかり勉強することが近道です。

私は、アフィリエイトで「ちょっと稼げる」までに、原稿用紙で8000枚分のライティングをしました。

同じことができるなら独学もいいですが、私から言うと「教えてくれるところがあるなら教わったほうがずっと早い」という結論になりますね。

これは、「自分が苦労したから言えるアドバイス」、と思ってください。

web系のスキルの基本、ワードプレスの基本、ライティングスキルを学べるスクールは?

まとめ

アフィリエイトで稼ぐことは、不可能なことではありません。黙々と作業を続け、100回のチャレンジで99回失敗し、ライティングスキルのために原稿用紙8000枚書ける根性があれば、稼げるようになるかもしれません。

その「可能性」を実現できるか、そこまでにどこまで努力し、苦労できるか、それにかかっているのだと思います。

実際にそれを乗り越えて、自分で「ちょっと稼げる」ようになると、自分からその話はしたくない、と思います。

そこまでの失敗や苦労を思い出したくないし、人に話すと必ず「その方法教えて」と言われます。

「その方法」を得るまでに、自分が払った犠牲を考えると憤慨ものです。そのくらい、時間と手間をかけて、やっと「ちょっと稼げる」くらいだと思います。

チャレンジするなら、覚悟を決めて、可能であればWeb系のスキルや、ライティングスキルは学んだ方がショートカットにはなるはずです。

それでもやってみる、という方は、頑張ってみてくださいね。

web系のスキルの基本、ワードプレスの基本、ライティングスキルを学べるスクールは?

web系在宅ワーク 求人数から見る未経験からのおすすめ度ランキング

在宅ワークはやっぱりweb系

私が「在宅ワークはやっぱりweb系がいい」とお勧めするのにはちゃんと理由があります。

428601まずはパソコンがあれば始められる手軽さ。

そして1つスキルを身につけたら、どんどんキャリアアップしていくことができるからです。

いきなりweb系のプログラミングを、というよりも、まずはできることから始めて、収入を得ながらゆっくりキャリアアップしていけるのがいいところなのです。

ネットの世界は無限ですから、自分が情報発信する側になって初めてわかることもたくさん。

そんなweb系スキルについて、クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」の求人数からおすすめをランキング形式でご紹介していきます。(求人数は2017年12月時点のものです。)

始めやすさも求人数も1番はやっぱりライティング

在宅ワーク、それも未経験から何を始めればいいの? というときにまず一番いいのはwebライター。

クラウドソーシングサイトに登録してお仕事を見つけることもできますし、web系のスキルアップにしたがって仕事の範囲が広がっていくこともおすすめの理由です。

クラウドソーシングサービスなどで仕事を探すときも、どれに応募するか迷ってしまうほどの求人数。

クラウドソーシングサービスのクラウドワークスでも、未経験からでも5000件以上の求人があります。自分の頑張り次第でお仕事はたくさんあります。

最初は自分の書けそうな記事を書いてみて、だんだん本格的なライター活動をしてもいいし、スキルアップしてコーディングやワードプレスを覚えたり、デザインスキルを身につけるのもいいと思います。

在宅ワークの最初のとっかかりにwebライターはベストな仕事です。

webライターの実績を積みながらスキルアップできる講座は?

webデザイナーは報酬が高い。ソフトの使い方がコツ

「何かを作ってみたい」「いろんなもののデザインを考えるのが好き」そんなママさんにはwebデザイナーをおすすめします。

クラウドソーシングサイトでデザインのお仕事を見つけるには、「コンペ型」と呼ばれる仕事の応募の仕方が一番メジャーです。

クラウドソーシングサービスでのお仕事でも、ライターの次にデザインの需要は高いです。求人数は500件以上。コンペ型の求人では、お仕事の単価が高いのも魅力。コンペで採用されればコンスタントな高収入が狙えます。

コンペ型では、例えば「ウォーターサーバーのサイトのトップページデザインを作ってください」というお仕事の募集を見つけます。

そして自分でそのデザインを作って、募集のサイトのコンペに提出します。

審査の結果採用になれば、3万、5万くらいのまとまった収入を得ることができます。

実力社会ですが、コンスタントにコンペ型の仕事が取れれば大きな収入源につながります。

そのときあるといいのが、サイトのコーディングの能力。

そうすると、採用されたデザインのコーディングまで任されて、さらなる収入アップに。

Photoshopなどのソフトがデザインには欠かせませんが、今は月額利用でレンタルできます。

webデザインと一緒にコーディングを学べる講座は?

稼ぎの頂点はweb系プログラマが一番

なんといっても稼げるのがプログラマです。

習得するのに時間もかかり、実際のお仕事にどうやってつなげるの? という疑問があると思います。

ライター、デザイナーに続いて、クラウドソーシングサービスでの求人数が多いのも特徴。お仕事を取れるまでには自分での勉強や経験を積むことが必要ですが、web系プログラマとしてお仕事を取って稼いでいる方もたくさんいます。求人数は常に100件以上あります。

クラウドソーシングサイトでプログラミングのお仕事を見てみると、「アプリ作成をお願いします。自分でアプリストアに出店した経験があればOK」という会社が多いです。

プログラミングの仕事としては単価の決め方が独特で、仕事の内容の方法と、欲しい報酬額を提示して応募する形が多いです。

一旦プログラミングを覚えて、自分でアプリを作って販売した経験があれば参入できることから、フリーランスと比べるとクラウドソーシングサイトの方がハードルは低いです。

フリーランスと掛け持ちする気持ちで勉強を始めるとうまくいくかもしれませんね。

web系プログラミングをママさんでも無理なく勉強できる講座は?

まとめ

web系のスキルにはいろんな種類があります。

デザイン系が向いている方もいれば、ガッツリプログラミングを勉強するほうが自分に合っていた、というような場合もあるでしょう。

web系スキルを総合的に勉強できればいろんなお仕事のきっかけになります。

デザインからコーディング、ワードプレスからプログラミング、というように、出来ることでお仕事の幅が広がります。

これから在宅ワークで稼ぎたい、という方には、間違いなくweb系スキルをおすすめします。

ママさんでも無理なくweb系スキルを身につけられるスクールは?

webデザイナーの在宅ワークはママには難しい?始め方やお勧めの勉強法

webデザインの在宅ワークをしたい!でも……

「webデザインを勉強して、在宅ワークを始めたい。でもいろんなサイトを見ても、webデザインの在宅ワークは難しいって書いてあるし……」

そんな風に迷っているママさんも多いのではないでしょうか。

たしかに、クラウドソーシングサイトを見てもwebデザインの仕事はいまいちよくわからないし、何をどこまでできればいいのかもよくわからない。

「これからは需要がない」なんていう記事を見ると不安になりますよね。

そんなwebデザインの仕事で在宅ワークはできないのでしょうか?

web系のお仕事で在宅ワーク歴10年の私の経験なども交えてご紹介いたします。

webデザインは幅の広い仕事!

それでは、「webデザイナー」は何をする人のことを言うのでしょうか?

サイトのデザイン? それをコーディングすること? あるいはその中のコンテンツまで書くの? サイトをカッコよく動かすにはどうしたらいいの?

928555答えは「全部webデザインに含まれる」です。

「ええっ?そんなにできないといけないの?」と思わないでください。

その中で、あなたにできることから始めればいいのです。

サイトのトップページをデザインするお仕事もありますし、それをhtmlでコーディングすることもwebデザイナーのお仕事。

プラスして、そのサイトのコンテンツを書く「ライター業務」ができればいいですし、サイトをカッコよく動かす「web系プログラミング」ができればなおいいですね。

実際に在宅ワークはどうやって仕事を取るの?

実際にそうしたスキルを身につけて、在宅ワークでコンスタントに稼ぐのは最初は難しいかもしれません。

ですが、まずはクラウドソーシングサイトで「サイトのトップページのデザインのコンペ」に応募してみたり、「子育ての記事を書いてください」というライティングのお仕事には応募できます。

自分でサイトを作ってみて、自信がついたらお友達やご近所さん、親戚の方などに「webデザインを勉強した」と伝えてみてください。

「ならうちのお店のサイトを作ってほしい」というご近所の小売店の方がいらっしゃるかもしれません。

同じように、自分で作ったサイトをweb上に公開して、たくさんの人に見てもらうことも重要です。

そのサイト自身があなたのデザインやスキルを証明する営業ツールになるからです。

まずは勉強、それからクラウドソーシングサイトから始めよう

そう考えると、web系のお仕事は在宅ワークにはぴったりです。

まずはwebデザインを勉強して、自分でサイトを作って世界中の人に見てもらいましょう。

そして作ったサイトは、クラウドソーシングサイトのプロフィールにしっかり載せること。

たくさんサイトを作ってポートフォリオサイトを作って載せておくと、効果は抜群です。

ライターとして仕事を始めたけれど、その依頼主から「一緒にwebデザインも頼みたい」という発展の仕方も期待できます。

ママさんにもwebデザインのスキルが付くスクールは?

そこで大事なのが勉強の仕方。「独学で頑張る」という方もいらっしゃるかと思いますが、あまりお勧めできません。

webデザインの世界は「ラットイヤー」と呼ばれるくらい変化の早い世界です。

「ドックイヤー」より早い「ラットイヤー」なのですね。

ですので、一番効果的なのが、まずはスクールに通って基本的なことをしっかり身に着けることです。

わからない部分もすぐに質問できるような環境で、デザイン、htmlコーディング、そして時代の先端のワードプレスまで勉強しておくのがベター。

一通りできれば、あとは自分でチラシを作って配ってもいいですし、サイト上でお仕事を募集をしたり、クラウドソーシングサイトでアピールすることができます。

「できないかも」よりも、「やってみよう」の方が確実に前進していますよね。

通信制で期間無期限のスクールなら、忙しいママさんでもしっかり勉強が身につきます。

ぜひwebデザインでの在宅ワークにチャレンジしてみてください!

忙しいママさんでも無理なくweb系の勉強ができるスクールは?

webライターは在宅ワーク未経験のママにぴったり!メリットは?

在宅ワークは始め方が肝心

これまでは会社に勤務して、バリバリ働いていたけど、子どもができてからなかなかまとまった時間も取れないし、ましてやキャリアアップできる仕事なんて見つかりそうにない……。

そんなママさんにはまずは在宅ワークを考えていただきたいと思います。

通勤がない、子どものことで急に時間を取られても全然大丈夫!在宅ワークのスキルがあるだけで、まずは現在の収入の心配が減ることは確実です。

でも在宅ワークなんてしたことないし、というママさんにはまずはwebライターがおすすめです。

在宅ワーク歴10年の私が、「WEBライター」というお仕事についてやってみた感想からご紹介します。

webライターはどんなお仕事?

947465最近クラウドワーカーという言葉がよく出てきますよね。

クラウドワーカーとは在宅で、自分で仕事をしている人のことを主にさしているようです。

実際には仕事の取り方はいろいろで、前の会社から在宅ワークできるデータ入力の仕事をもらっている方もいますし、自分でクラウドソーシングと呼ばれるクラウドワーカーと仕事先を仲介するサイトに登録してお仕事している方もいます。

そのクラウドソーシングサイトでたくさん見かけるのが「webライター」というお仕事です。

クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」を見てみる

webライターは文字通り、web上のサイトや、キュレーションサイト、あるいは個人のサイトや企業のサイト、いろんなサイトに載せる文章を書くのがお仕事。

仕事でそこそこタッチタイピングができて、文章を書くことが苦ではない人にはまずお勧めしたいお仕事です。

webライターがなぜ在宅ワークに向いているのか?

webライターのお仕事は在宅で完結することができます。

クラウドソーシングサイトでお仕事をもらって、その分を自分の時間のあるときに書いていきます。

お子さんのお昼寝の時間、お子さんが眠ってからの夜の時間のように、忙しいママさんでも隙間時間に行えるのが何よりのメリット。

たくさんあるメリットの主なものを書いていくと、

  • 自分のペースで仕事ができる
  • 隙間時間を使ってお金を稼ぐ事ができる
  • 初期投資がほとんどかからない(パソコンがあればOK)
  • 特別なスキルがほとんど必要ない

このようなメリットがあります。

在宅ワーク初心者さんが初めて仕事をするのに、webライターは最も適していると思います。

webライターのデメリット

かと言ってメリットばかりではないのが仕事というもの。

webライターにもデメリットがあります。

  • 最低限のパソコンのスキルが必要
  • 仕事によっては情報収集能力が必要になる
  • 納品がワードプレスサイトのような場合にはweb系のスキルが必要になる

webライターを在宅で行う場合には、まず納品の仕方をきちんと確認するのが重要です。

個人のサイトや大手のキュレーションサイトのような仕事の場合、納品にワードプレスというシステムを使っている場合があります。

大手のサイトならばマニュアルが完備されているとは思いますが、個人のサイトに「直接投稿してください」という納品の仕方もあります。

この場合には、ワードプレスを知らないと大変な苦労することが考えられます。

在宅ワークでwebライターをするなら、web系のスキルでスキルアップを

参入しやすいwebライターの仕事を在宅ワークでするときには、最低限のwebの知識を知っておくのが近道です。

「h3」のようなタグについて知っているかいないか、ワードプレスについて知っているかいないか、それだけでお仕事の幅がものすごく変わってきます。

お勧めなのは、webライターの経験と一緒にweb系のスキルを身につけること。

最近では「webライター講座」というのがたくさんありますが、プラスしてwebの知識が学べるものはほとんどありません。

せっかく在宅ワークを始めるなら、一緒にwebのスキルも勉強して仕事の範囲を広げ、3万から5万、10万と収入を増やしていくのがお勧めです。

webのスキルと一緒にライター経験が積めるスクールは?