医療事務は資格なしでも働ける?実際に働いてみた体験談

LINEで送る
Pocket

ママさん就職に鉄板の資格!医療事務

私が医療事務を取得したのはまだ20代のころでした。

基本、web系のフリーランスをしていたのですが、まとまった収入が欲しくて仕事をしました。

病院は個人病院、普通のクリニックでしたが、その分いろんな方が働いていました。

医療事務員は全部で5人。

社員さんの若い医療事務員を除いてみなさんママさんで、お子さんが3人!なんていう方も。

派遣社員として数カ月働きました。

実際に医療事務員として資格取得、そして働いてみた体験談からご紹介いたします。

医療事務には資格はいらない

「医療事務員になりたいから資格を取る」という人は多いですよね。私の友人にも結婚してすぐに医療事務の資格の勉強をしている人がいましたね。

しかし、実際に働くときに必要なのは、資格ではなく、最低限の仕事の知識があるかどうか。

私は大手のスクールからの紹介でそのクリニックに入ったのですが、資格が取得できたのは働き始めてから3か月後。

何度も落ちてたんですね、資格試験に。

それでも仕事はできました。

医療事務の仕事内容

医療事務の仕事は主に3つに分けられます。

受け付け業務

患者さんから診察券と必要ならば保険証をいただいて、必要なカルテ、前回検査があったようならその検査の結果をカルテに張り付けて医師に回します。

ここではとにかく笑顔が大事。接客業ですね。

保険証もいろいろ種類があり、そしていろんな保険の種類があります。それに合わせて新患、新しい患者さんには新しいカルテを作ります。

算定作業のときにスムーズにいくように、ここでしっかりチェック。

そして患者さんを呼んで、診察がスムーズに進むようにするのも仕事。

女性向け、と言われるゆえんではないでしょうか。

そして会計業務。

点数から金額にした患者さん負担の保険料をいただくのが最後の会計。

このときには、最近では「これなんで含まれてるの?」「これ何の薬なの?」と言った患者さんからの質問が多くなりました。

患者さん自身が病院を選ぶ時代です。医療事務員はそれに対応しなくてはなりません。

やっぱり笑顔です。接客業です。

内科なら内科でよく使う薬、それもそのクリニックや医院でよく使う薬くらいはしっかり覚えておかないと、まったく仕事になりません。

私は資格はなかったですが、点数表やメモを駆使して患者さんからの「無茶な質問」にも対応していました。

先輩医療事務員さんがよく助けてくれましたね。

算定業務

医療事務の資格の学校で、20人生徒さんが入っても卒業するのは12人くらいです。

それは、この算定作業に必要な知識がとても難しいからです。あきらめて辞めちゃうんですね。

病院で支払う保険料は基本的に点数で出します。そのうちの何割、という形で、計算して金額を出します。

点数はすべてについて細かく決まっており、診察、処方箋、点滴、処置、その中でもすべてが細かに点数で決まっています。

同じ診察でも、30分を超えると金額も違いますし、初診、再診でも金額は違いますよね。

今は電子カルテが主流になっており算定作業の負担は減りましたが、資格取得、そして実務のためには自分で何度も電卓をたたき、辞書のような「点数表」を見て覚えなくてはなりません。

医療事務員とは言え医療関係者、私は基本的な薬の名前を覚えるために、メモしていつでも持ち歩いていましたよ。

電子カルテが普及しても、いまだにこの算定を電卓でやっている医院は多いです。

電子カルテになるとさらにそのソフトを使いこなすスキルも必要になります。

私は医事コンピューター利用技術の資格も取りました。

カルテ管理

医療事務員の意外にも大変な仕事がこのカルテ管理。

カルテが紙の場合は、あっちこっち持って歩いて緊急性の高い患者さんの予約をすぐに取るためにわけたり、一旦事務仕事場にしまい、一定期間患者さんが来ないと、その後5年間は保管の義務があります。

それも個人情報、重要な個人情報です。外部に漏れないよう、慎重に扱うのがカルテの基本。

電子カルテの場合は、パソコンからの情報流出が絶対あってはいけないので、あらゆる機密保護のツールがついています。

それをまた管理するのが大変。実際に仕事をしてみたら、一番大変なのが意外にもカルテ管理、というのはよくあることです。

医療事務のお仕事の基本は?

医療事務の仕事は、トイレ掃除に始まりトイレ掃除に終わります。

あれ、○○さんがいない、と思ってトイレを見ると大概掃除しています。

カルテ、という情報と同じくらい重要なのが、清潔さ。万が一にも院内感染は出せません。

そうした細かい気づかいができるかどうか、それが重要なので、やはり女性向けの仕事だと思います。カルテを運ぶときには男性がいると重宝します。

そして重要なのは、医療事務員は常に患者さんに見られていることを意識しておくこと。

「姿勢を正しくしなさい!」と何回怒られたか思い出せないくらいです。

患者さんは病気で辛い中病院に来ます。そして順番を待っています。

すぐ見える場所にいる医療事務員がだらけていたら、もうこんな病院くるか!ってなりますよね。

いつでも笑顔で、しかし、看護師さんのように患者さんと個人的な話をするのはタブー。

医療事務員には医療事務員の「患者さんとの接遇」のマナーがあります。それも資格試験に出ますよ。

医療事務の採用のコツは?

医療事務の採用には資格よりも、その内容の勉強をしました、という証明が有効。

できれば勉強は通信講座よりも、そのまま派遣や仕事を紹介してくれる通学のスクールがベスト。

なによりも就業サポートで選ぶべきです。

まずは半年、アルバイトでもパートでも派遣でも何でもいいので経験を積むと、もう「経験者」になるので次の仕事は自分で探すことができます。

大きな病院で算定だけやりたいとか、家から近い方がいいとか、そういうわがままを言うのはまず半年働いてからにしましょう。

ちなみに、医療事務はやはりママさんが多いので、時間帯の希望が午前中に集中します。

ママさんですから、午前中にパートで仕事して、午後は家のことをやって子供の面倒を見たい、という方が多数。

なので、最初の勤務地を選ぶときに、「午後勤務できます」というだけであっという間に職場は見つかります。

実際に、私も「午後勤務できますよ」と言ったら、就業カウンセラーの人にそのままクリニックに車で連れていかれて、制服に着替えて勤務を開始しました。

最初の半年だけ家族や頼れる人にお子さんの面倒を任せられる環境で仕事を始めてしまうのが一番の近道だと思います。

医療事務員が向かない人

あまりにもお子さんが小さい、あるいは勤務時間が限られている、という場合には医療事務員には向きません。

ただ、家が近ければ、お子さんが熱を出してもそのまま病院に連れてきてお医者さんにみてもらって、休憩中の事務員さんが交代で面倒を見てくれたり、という融通はあります。

医療事務員は女性が多いですから、お子さんが小さいときには子育てのベテラン!という方がいろいろ助言をくれますね。

ですが勤務時間にはやっぱり混んでくると手が足りないので、席を外すのは難しいかと思います。

特に算定業務の担当中にはなかなかトイレにも行けないくらいの忙しさです。

お子さんが小さい場合は在宅ワークを考えて

お子さんが3人いても医療事務員として頑張っている方はたくさんいます。

ですが、すぐに病院に電話がかかってきて慌てて帰って、ということが続くと、嫌な顔をされるのはどこでも同じ。

そんな場合には、お子さんのそばでできる在宅ワークの方がいいですね。

webライターのようなお仕事なら、頑張れば医療事務のパートくらいの収入にはすぐになります。

今は在宅ワークのためのクラウドソーシングサービスも充実していますから、ぜひ在宅ワークを検討してみてください。

お子さんが小さくでもできる在宅ワークはどんなもの?

The following two tabs change content below.

小黒泰子

フリーランス。GeekGirlLaboにてチューターなどをしている。クラウドソーシングサービス・クラウドワークスのプロクラウドワーカー。自分のメディア運営もしている。’02の時代からウェブ系スキルを勉強し、以後15年以上フリーランスで生活している。デザインのために色彩検定をとったりと資格マニア。実はFP2級も持っている。24歳の時に自分がした大病で就業に困る人たちをたくさん見てきたことや、現在認知症の親の介護をしていることから労務や年金に興味を持ち、'19の社会保険労務士試験に向けて仕事をしながら勉強している。得意学科は労基、安衛、年金など。得意分野:フリーランス・在宅ワーク、資格取得、ウェブ系スキル、ネットマーケティング、最近は労務、年金制度など。 【ひとこと】いま生きていることに感謝。Jeder ist seines Glückes Schmied.
This entry was posted in 資格.