貿易事務の仕事内容は?貿易事務経験者がわかりやすく解説!

Pocket

子育てもひと段落したので、何か資格を取って働こうかなと考えている方もいらっしゃると思います。

でも自分にはどんな職種があっているのかな?貿易事務って響きはカッコいいけど、どんなお仕事をするのかな?資格とか難しいのかな?と思われている方に、お仕事内容をご説明致します。

女性のためのプログラミングスクール GeekGirlLabo

[1] 貿易事務のニーズってどれくらい?

「貿易事務」と聞いて思い浮かぶのは、海外貿易(輸出・輸入)に関わるお仕事だと思います。

一言で「貿易事務」といっても、実はとても幅が広く、働くポジション(勤務する会社の規模・や業種)によって仕事内容は変わり、取り扱いの書類や手続きが大きく異なります。

海外拠点を持つ会社や、海外との輸出入に関わる会社にはかかせない貿易事務は、活躍できるフィールドが非常に幅広いのが特徴です。

貿易事務の主な勤務先(政府・税関・商工会議所除く)


・商品を製造するメーカー/製造業者
・商品の輸出・輸入の仲立ちをする商社
・貨物の輸送コーディネイトや輸送そのものを請け負うフォワーダー(貨物利用運送事業者)物流業者
・輸出入の運送を担う船舶会社航空会社
・輸出入の荷物を保管する倉庫会社
銀行
保険会社

 
 

  • 筆者は商社とメーカーで貿易事務(兼 海外営業事務)の経験があります。

[2] 貿易事務の主なお仕事

貿易事務のお仕事は、輸出入に関わる法律、通関、船積み、外国為替といった専門知識をベースに、海外のお客様とメール(電話)でやり取りをしたり、貿易書類を作成したりして、輸出入取引のサポートをする事です。

具体的なペーパーワークとしては、見積書や請求書の作成、船積書類の作成、受発注や出荷に関わる書類の作成、データ入力、伝票処理などがあります。

ただ一般的に大企業の場合は業務が細分化されており、貿易取引の一連の流れの中でも、たとえば商品の受注・発注業務のみを担当するということがあります。

一方、小規模企業の場合は、商品の受注・発注だけでなく、倉庫の手配、通関手続き・船積み手続き、代金の回収、クレーム処理など取引に関わるいくつかの業務を担当するケースもみられます。

また、商社での貿易事務の場合、取引相手となる海外企業との間で商品の価格交渉や受発注業務、船積手配といった業務が中心となります。

一方、通関手続きを代行するフォワーダーでの場合は、商社や製造業者の依頼に基づいて通関書類の作成などの代行が業務内容となります。

このように働く会社の規模や業種によって、メーンでするお仕事の内容も大きく異なりますので、就職する際は、自分がどんな会社で働くのかある程度業務内容を把握しておくと、スムーズに働けます。

<主なお仕事リスト>

出荷・納入管理
海外に品物を輸出したり、海外から品物を輸入したりするには、品物が確実に届くように、出荷依頼、在庫確認、発注、スケジュール調整などをする必要があります。メーカー(工場)などで製造した荷物がいつ完成して、いつ必要な搬入先(物流倉庫/港/お客様)に出荷・納入が出来るかなどのやり取りをする調整業務です。

輸送手配
輸出・輸入をする貨物を運ぶための輸送手段を準備するのも貿易事務の仕事です。

貿易書類の作成・確認
海外に輸出・輸入をするためには、必ずその国の税関を通す(通関する)必要があります。そのために必要な書類(「インボイス」「パッキングリスト」「船荷証券」「信用状」)を作成をします。

通関手配
税関に対して輸出・輸入の申告をし、許可を得ることを「通関」「通関手続き」と いいます。

[3]貿易事務にはどんな資格が必要か?

通関士や貿易実務検定などありますが、貿易事務の仕事に就くのに必須の資格はありません。

ただ貿易についての必要最低限の知識はあった方が有利なのと、取得しておくと就職時に有利に働く可能性のある資格やスキルはあります。

<必要なスキル>

語学力

貿易書類作成業務では主に英語が用いられる為、語学力は必須なスキルです。

インボイス(請求書)などの書類は全て英語で記載されています。働く会社によりますが、海外の取引先とのメールや電話でやり取りをする事もあります。

書類作成などの事務処理能力

貿易取引に欠かせない書類作成能力も必要です。船積み書類は書類に不備があると取引が成立しないことや、会社に損害を与える可能性があるので、正確な仕事をしなければなりません。また、貿易はスピードが求められます。決められた時間内で間違いなく、且つ素早く業務をこなす必要があります。

コミュニケーション力

海外の取引先だけでなく、国内企業の海外支店とのやり取りや、船舶会社、物流業者など、貿易の仕事にはコミュニケーション力を求められる機会が頻繁にあります。

 

[4]貿易事務のメリット・デメリット

貿易事務のメリットは何ですか?
その国その国の文化や法律が違うので、同じ書類作成でも異なり、毎回考えながらするので単調なお仕事ではなくとてもやり甲斐があります。また貿易を通じてその国の文化を学ぶ事が出来ます。
他にメリットはありますか?

はい。他のメリットは、業務上英語を使用する機会が多いので、英語のスキルが向上しやすいことです。

日常的に英語のメールを読み書きすることが多いので、英文ビジネスメールの書き方を学ぶことが出来ました。また、海外のお客様から電話が掛かってくることもあったので、英語での電話応対の仕方を学べました。

給料・就職面では何かメリットはありますか?
はい。やはり専門的な知識やスキルを必要とするため、派遣社員やパートでも時給が高いという点や、(会社は経験ある人を優先するので)一度離職しても、復職しやすい点です。
では貿易事務のデメリットは何ですか?

貿易事務のデメリットは、時差の関係で残業が発生しやすいことです。

取引先が北米やヨーロッパなどの地域ですとオンラインでやり取りが必要な時は時差の影響で残業になる事があります。

私はアジア圏の担当でしたが、日本が終業時間を迎える頃に問い合わせや注文が来ることが多く、迅速な対応を求める取引先の方も多かったので、どうしても終業時間後も対応する必要がありました。

他にはありますか?
船積み書類作成業務などは、どうしても期日(締め切り時間)があるため、後回しに出来ず時間内に終わらせる必要があります。そのため残業になる事もあります。
働く環境面ではどうですか?
担当を一人で受け持っている場合、急なお休みなどすると業務に支障が出てしまう為、お子さんが小さかったり、勤務時間が限られていたりする場合には貿易事務には向かない点がデメリットです。

 

  • 筆者は商社、メーカーを合わせて8年程貿易事務の経験がありますが、貿易事務はとてもやりがいのあるお仕事だと感じていました。                                                                                              ただし、子供が小さいうちは時間のやりくりが難しい為、あまりおすすめはしません。少し子育てに余裕が出来るようになってから、本格的に働くにはおすすめなお仕事です。

また子育てママに人気の医療事務についてや、事務パートについてはこちらの記事にまとめてみましたので是非読んでみてくださいね。

子育て中に人気の資格 医療事務!試験内容や難易度は?

主婦に事務パートはおすすめ?給料や続けやすさを徹底調査!

[5]在宅ワークなら資格がなくても働けます

働いてお金を稼ぎたいけど、どんなお仕事をしたらいいか分からない、これから何か資格を取って外に働こうとされている方に、おすすめ。

在宅ワークなら外に働きに出なくても、資格がなくても、自分の空いた時間を使って働く事が出来ますよ。

気になる方はぜひこちらの記事も読んでみてくださいね。

子育てしながら仕事するにはやっぱり在宅!〜その実際を一挙公開〜

子育てしながら仕事するにはやっぱり在宅!〜その実際を一挙公開〜

プログラミング通信講座スクールGeekGirlLabo(ギークガールラボ)

The following two tabs change content below.

MAIKO

1歳を子育て中の1児のママ。海外営業・貿易事務関係の仕事に就いていたが、出産を機に退職。子育てをしながら在宅で仕事をしようと一念発起し、WEB関連について現在勉強中。
This entry was posted in 資格.