派遣社員の育休 取得条件を必ずチェックしよう!

Pocket

派遣社員の育休 取得条件を必ずチェックしよう!

正社員でも取れるとは限らない育休。

派遣社員の自分が取れるはずはないと思っていませんか?

法律を見ていくと、一定の条件に当てはまる人であれば、立場は関係なく取得することができます。

ただし、派遣社員には契約期間という大きなネックがありますので、これをクリアしながら育休を取るコツを探っていきたいと思います。

女性のためのプログラミングスクール GeekGirlLabo

育児休業法の規定はどうなっているの?

派遣社員が育休を取得するための条件

  1. 同じ事業主に1年以上引き続き雇用された人
  2. 育休期間後も引き続き雇用されることが見込まれる人
  3. 子供が一歳になるまでの期間
  4. 労働者側から育児休暇を取りたいと申請する

上記のいずれにも該当する場合には、育休を取ることができます。

(法律上では、会社に育休制度があるかないかは問いません。)

派遣社員が育休を取る場合のネックは

この取得条件を見た時に、気になるのが1番と2番ではないでしょうか。

まず1番ですが、派遣社員の雇用主は派遣会社になります。

そのため、派遣先が変わっても、1年以上同じ派遣会社の仕事をしていれば、1番はクリアできます

この場合、「引き続き」ですから、間をあけずに仕事をしている必要があります。

最大のネックは2番ではないでしょうか?

育休は子どもが1歳になるまで取れる長い休業。

育休中に契約が終了してしまう人は、必然的に育休を取ることはできなくなってしまいます。

会社によって育休の取りやすさが違う!

ここで注目したいのが、派遣会社の方針です。

もし育休の途中で契約期間が切れてしまう場合でも、直接雇用に切り替えて育休を取らせてくれる会社があるようです。

こればかりは、法律には規定がないため、会社の良心次第。

スタッフを大切にしてくれる会社を選ぶかどうかで、育休の取りやすさは全く変わってくることと思います。

adviser

育休が取れなくて悔しい思いをしたら

さて、キャリアアドバイザーとして活動をしている中で、育休が取れなくて悔しい思いをした女性たちの相談を何度も受けたことがあります。

法律が適用される正社員であっても、出産とともに退職を奨められてしまうケースがあるくらいですから、立場の弱い非正規雇用の人はなおのこと取得しづらいのが現実。

そういった女性たちに私がおすすめしているのは、スキルを身につけて自宅で仕事をできる環境を得る道です!

そう聞くとハードルが高そうと思われるかもしれませんが、パソコンを使った職種では、意外と初心者も参入しやすいもの。

特に派遣社員みなさんは、パソコンに自信のある人が多いのではないでしょうか?

HTMLの知識プログラミングを習得して自宅で仕事ができれば、育休や復職の心配は必要ありません。

仕事をする時間も自分で決められますから、育児と仕事の両立だってしやすいのです

現在、自宅で仕事をするには、独立開業と、リモートワーク可能な企業に勤めるという2つの選択肢があります。

どちらにしてもまず、スキルを身に付ける必要があります。

私がおすすめする通信講座をいくつかピックアップしてみましたので、ぜひご覧ください。

また、Web関連の講座とセットで、リモートワーク可能なIT企業への就職をサポートしてくれるスクールもあります。

企業に所属しながら自宅で仕事をしたい人は、ぜひ一度覗いてみてください。

就業祝い金が出れば受講料が実質無料に!Web制作とIT企業転職のセット講座について詳しく見る

出産と仕事を両立するために、会社の許可が必要ということはそもそもおかしなこと。

社会が変わるのを待つのではなく、自分の人生を切り開けるワーキングマザーに成長しましょう!

プログラミング通信講座スクールGeekGirlLabo(ギークガールラボ)

 

 

次のページ >> わかりやすい育児休暇制度まとめ〜育休について知ろう〜

 

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー