小学生の自由研究はこれで解決!簡単にまとめる4つの方法

LINEで送る
Pocket

小学生の自由研究について

小学生になると夏休みや冬休みに宿題が出ます。その中でも自由研究は親子揃って頭を悩ませる宿題ではありませんか?

子どもに「自由研究何にするの?」と聞いても「何をしたらいいの?」と帰ってくることも少ないくないでしょう。そこで、自由研究について下記にまとめました。

 

自由研究ってなにを研究すればいいの?

自由研究とは、自分で考え自分で取り組む研究のことです。
しかし、学校や親がテーマなどを与えていないため、子どもは何をどのように研究し、まとめればいいのかわかならいのです。

子どもたちに「夕飯何がいい?」と聞いて「なんでもいいよ」と言われると、一番悩みますよね?それと同じなのかもしれません。
 

興味のあることを探す

自由研究の第一関門はテーマです。何を研究するのか決めなければいけません。
そこで、子どもの興味のあることに目を向けてみましょう。

「野菜を切ってみたい!」

「ママ聞いて!虫ってね・・・」

「ママこれどうやってできているの?」

など、子どもの疑問や研究テーマは日常の中に溢れています。
理科実験が好きな子や動物が好きな子、工作が好きな子、料理に興味がある子などさまざまです。

興味のあることなら、宿題という感覚ではなく楽しんで研究してくれるでしょう。

パソコンを使った自由研究はあり?なし?

近年ではプログラミング教室など、パソコンを使った習い事が増加傾向にあります。
学校の授業でも早い段階(低学年)からパソコンの授業が行われている学校も多くあります。

そのため、自由研究の宿題としてプログラミングしたものを提出することもありなのではないかと考えます。

しかし、自由研究を教室の後ろなどで陳列する学校もあります。
タブレットを使ったものや、USBメモリなどで提出する場合は破損や盗難の恐れがあるため、学校に確認した方がいいでしょう。

しかし、せっかく興味を持ったものを自由研究にできないのは残念ですよね?
そこで、パソコンで作った作品を写真に撮って提出したり、完成するまでの過程をパソコンで出力し、提出するのもひとつの方法です。

自由研究4つのまとめ方

自由研究のテーマも決まり、研究もしたけれど「まとめ方がわからない」と言う小学生は多いのではないでしょうか。

中高生はレポートなどを提出する機会もあるため、まとめ方を知っていますが、小学生はまだ経験が少なく、基本的なまとめ方を教える必要があります。

特に、低学年のうちは大人が知恵を貸してあげましょう。そうすることで、学年が上がるにつれ自分の力で最後まで仕上げることができるようになります。

自由研究は
「テーマ決め」「仮説立て」
「検証」「まとめ」
の4段階で行うとまとまやすいでしょう。

また、研究の様子などの写真を何パターン(ズームや全体像など)か撮っておくとまとめるときに便利です。

選んだテーマによっておすすめのまとめ方を紹介します。

工作は写真を付けてアルバムにまとめよう

工作系は作る過程の写真と完成した写真をアルバムにまとめてみましょう。
写真の横に大変だったことや、失敗談など作った感想を書くと完成度が上がります。

実験は一枚の紙にまとめるとわかりやすい

実験系は全体像がわかるように一枚の紙(模造紙など)に書くとわかりやすいですね。

いきなり大きな紙に書くとバランスがわからなくなってしまうので、小さな紙で下書きをしてから大きな紙に清書しましょう。

調べ学習は大きめのノートにまとめよう

調べ学習はスケッチブックなど、ノートより少し大きめなサイズのものにまとめましょう。
鉛筆で下書きをしてから、カラフルに仕上げるとわかりやすく完成度が上がります。

観察系の研究は絵日記風にまとめよう

記録をつける観察系は、絵日記形式で書くと変化していく様子がわかりやすいです。
絵が苦手な場合は、写真を撮って貼り付けるのもいいでしょう。

写真や絵だけではなく、成長の様子などを最後まで忘れずに書きましょう。

小学生の自由研究に不正解はない!

自由研究は自分の興味のあることを調べたり、作ったりすることなので不正解はありません。
決まったルールもないため、不格好でも構わないのです。

困っていたら少しだけ力を貸してあげましょう。
創造力豊かな子どもたちはきっと素敵な作品を作り上げてくれることでしょう。

自由研究は、子どもにとってもママにとっても成長につながるはずです。

  • 筆者の長男(小学校3年生)が小学校に入り初めて自由研究は、「自由研究=こうあるもの」と考えていたため、私が進めたものでした。しかし、興味がない息子は面倒臭そうに作っていました。持ち帰ってきた作品も大切にすることはありませんでした。
    そこで、翌年から自由に取り組ませたところ、とても楽しそうに何作品も作っていました。見た目は完璧とは言えない作品でしたが、自分で設計し考えて作り上げたものは、とてもやりがいがあったようです。
    子どもの「やってみたい!」を大切にしたいなと思いました。

子どもが夏休み中でもできる仕事はある?

小学校の夏休みは1ヶ月以上あります。子どもが休みの間は仕事を休むママも多いでしょう。
しかし、仕事の仕方によっては夏休み中でも働くことが可能です。

在宅ワークがおすすめ

在宅ワークは、子どもの病気や休みに合わせて会社を休む必要はありません。
長い夏休み中でも子どもが宿題をやっている隣で仕事をすることも可能です。

在宅ワークはスキルがなくても始められるものもありますが、ある程度のまとまった収入を得るためには、専門知識が必要です。

そこで、忙しいママでも隙間時間に学習できる通信スクールで学んでみてはいかがでしょうか?
資格難民にならないように、在学中から実務経験を積むことができる通信スクールもあります。ぜひチェックしてみてください。

未経験から挑戦できる通信スクールはこちら

 

The following two tabs change content below.

MAI

小学生と幼稚園児の兄弟を持つ二児の母。 次男の幼稚園入園をきっかけに、将来を考え興味のあったWEB関係の専門知識を学び始める。現在は在宅ライターとして活動中。 得意分野:動物系、ファッション・美容系、転職・就職系、ライフスタイルなど