小学生が宿題をやらない!やる気にさせる4つの方法とは?

LINEで送る
Pocket

宿題をやらない小学生をやる気にさせるためには?

リビングで宿題をさせる

子どもは親が近くにいるだけで安心します。

リビングで宿題をすると、優しく声がけをしたり、わからないことがあったら一緒に考えてあげることもできます。そうすることで、宿題の効率アップが見込めるでしょう。

サポートするときには、教えすぎてしまったり命令口調や厳しく指摘することはやる気を失ってしまいますので避けましょう。

ご褒美システム

何かで釣ってやる気を出させるのは、気が引けてしまいますよね?しかし、ご褒美はやる気を高めてくれます。ご褒美といっても宿題をやったら物を与えるのではありません。どんな始め方をしても、宿題を始めた時点で褒めてあげましょう。

宿題は大切なものであり、宿題をする行動そのものが大事ということを伝えることができます。

やる気になる時間帯を探す

「帰宅したら宿題をする」「宿題をしてから遊ぶ」など、さまざまな約束を決めている家庭が多いと思います。しかし、お友達との遊ぶ時間も小学生にとってはリフレッシュになり大切にしたい時間です。

小学生は6時間授業があったり習い事などで遊べる時間に制限があります。そこで、宿題をする時間を親が決めるのではなく子どもに決めさせてみましょう。

決めた時間に宿題をすることを習慣つけることがポイントです。

  • 筆者の長男が1年生の頃は「宿題が終わらないと遊んではいけない」と言うルールがありました。しかし、夕焼けチャイムの時間や習い事の時間が決まっているため、お友達と遊ぶ時間もなくリフレッシュが出来ずに終わる日が多々ありました。長男のやる気も無くなる一方だったので、時間帯を自分で決めさせてみました。すると、寝る前の時間や早起きして取り組むことが合っていることが解り、学校の宿題に加え塾の宿題が増えた今でも、そのスタイルを変えずにいます。

終わったら褒める

宿題が終わったら「頑張ったね!」「よくやったね!」と褒めてあげましょう。

間違っている箇所や訂正などは行わずに「宿題を終わらせたこと」を褒めることが大切です。子どもは褒めてもらえるとやる気スイッチが入ります。

小学生の覚える漢字の数が増える?学年別の覚える漢字数はこちら

やる気をなくす親のNG行動はこれ!

怒る

「早くやりなさい」「なんでやらないの」など怒ってしまうと子どもはやる気を無くしてしまいますので注意しましょう。

また、「何度言っても宿題をしないから」「どうせ言ってもやらないから」と言って、無視をすることは避けましょう。

親が子どもへの関心が無くなると子どものやる気も失われます。

無理やり宿題をさせる

無理やり宿題をさせることは時には必要な場合もあります。しかし、継続的に行うとやる気がなくなってしまいます。

宿題をいつも近くで見守れるおすすめの働きかた

働きに出てしまうと、どうしても時間が限られてしまいますので宿題のサポートや褒めてあげることが難しくなってしまします。しかし、在宅ワークなら子どもの宿題を近くで見守ることが出来ますよ。

ママが仕事している隣で宿題をすることできるので、一人で宿題をするよりもやる気になるでしょう。スキルアップすると在宅ワークでもまとまった収入を得ることが出来ます。

子どもの宿題中にママも勉強できるスクールはこちら

The following two tabs change content below.

MAI

小学生と幼稚園児の兄弟を持つ二児の母。 次男の幼稚園入園をきっかけに、将来を考え興味のあったweb関係の専門知識を学び始める。現在は在宅ライターとして活動中。 得意分野:動物系、ファッション・美容系、転職・就職系、ライフスタイルなど