小学校でプログラミングが必修化!どんなことを勉強するの?

Pocket

小学校でプログラミングが必修化!どんなことを勉強するの?

2020年から、小学校でプログラミングが必修化されることになりました。

難しい学習が始まるのではないか…と、不安に思うママも多いのではないでしょうか?

今回は、小学校で行うプログラミングの学習方法や、家庭でできるプログラミング的思考の身につけ方をご紹介します!

プログラミング必修化って何をするの?

必修化はプログラマー育成のためではない

2017年3月に発表の新学習指導要領で、プログラミングが必修化になりました。

でも実は、プログラミングの「教科」が加わるわけではありません。

よって、教科書もなく、テストで評価されこともないのです。

具体的な授業内容や時間数は、各学校が判断することになります。

また、プログラミングと聞くと、専門用語などの難しい言語を、パソコンに打ち込む作業を想像するかもしれません。

ですが、小学校のプログラミング教育は「プログラミング的思考」を身につけることが目的です。

タブレットやパソコンを使った授業も想定されますが、他にも紙と鉛筆、身体を使って学ぶ方法などが検討されています。

小学生におすすめ 無料プログラミング学習サイト7選!

プログラミング的思考って?

では、プログラミング的思考とはどういったものなのでしょうか?

これは、完成に至るまでの「過程」を考え、行動をすることを意味しています。

わたしたちの身近なものだと、料理がプログラミング的思考に近いですね。

完成までの手順(=過程)を考えて、作り上げることが似ています。

小学校のプログラミングは、テストがないので、教科として評価されることはありません。

よって、テスト対策を行う必要もありませんが、家庭でのお手伝いが、プログラミング的思考を学ぶために役立つこともあります。