小学校のママ友トラブルの原因と8つの回避方法

LINEで送る
Pocket

小学校で起こるママ友トラブルの原因は?

小学生になると、親の繋がりなど関係なく学校で友達と約束をして帰ってくることがあります。一見「ママ友付き合いが楽になった」と思ってしまいますが、実はそうとは言えない場合もあるのです。

例えば、親が居ないときに友達を家にあげてしまう。または、上がってしまう。その際に家の中のものが紛失や破損、怪我をしてしまうことが考えられます。
この場合、トラブルになる可能性があります。

他にも、家に子どもが居ないときでも「〇〇が帰ってくるまで待ってる」や、
外に遊びに行こうと誘っても「外で遊びたくないから〇〇の家でゲームして待ってる」、
下校途中や早朝に家に来て「(自分の)家に誰もいない」「〇〇の家で遊んでくるように言われた」「お腹すいた」など伝えてくることもあります。
この場合、放置ママの可能性もありトラブルに繋がりやすいです。

受験生ママ友はトラブルにつながりやすい


受験生のママ友は作らない方が無難でしょう。最初は、情報交換や同じ悩みを相談できる「良き理解者」ですが、その反面「ライバル関係」でもあります。
成績の違いや同じ学校を受験してどちらか一方しか
合格しなかった場合など、嫉妬からトラブルに発展することも少なくありません。


小学校でママ友とトラブルにならないためには?

小学校のママ友とは無理せず一定の距離を保った付き合い方が理想的です。
深入りせずに助け合える関係性を保ちましょう。
トラブルを回避するためには下記のことに注意しましょう。

  • 誰にでも平等に笑顔で挨拶をする
  • 悪口や噂話には関わらないようにする
  • お金や物の貸し借りをしない
  • 必要以上に家庭内の話をしない
  • 役員・当番の役割はきちんとする
  • なるべく大人数のグループは避ける
  • なんでも話せる友達は他の場所で作る
  • ママ友グループは絶対に必要ではない

ママ友とトラブルにならないように、日頃から子どもの行動を把握しましょう。
「どこで・誰と・何をする」などを確認することで、トラブルを回避することができます。
そのためには、普段から子どもとコミュニケーションを取ることが大切です。

 

放置ママにならないための働き方はある?

働いているとどうしても子どもの行動を把握できないことが増えてしまいます。しかし、働き方を変えることで、今まで以上にコミュニケーションを取ることも可能なのです。

在宅ワークがおすすめ!


子どもとコミュニケーションを高めるには、
在宅ワークがおすすめです。
子どもにとってママが家に居ることは安心感を与えます。
また、ママにとっては子どもがどんな友達とどんな遊びをしているかを把握することができます。

在宅ワークの中でも専門知識があると、まとまった収入を得ることができます。卒業後に就職先を紹介してくれるスクールもありますので、スクールで得た知識を無駄にすることがなく
おすすめです。ぜひチェックしてみてくださいね!

就職先まで紹介してくれる通信スクールはこちら

 

<在宅ワークについて>
ママに最適な在宅での仕事は何か〜キャリアと子育て両方実現!〜
キャリアと子育てを実現するための働き方についてキャリアアドバイザーが解説します。

女性の家事と仕事両立の道を探せ〜在宅でできる仕事を紹介・比較〜
忙しいママが仕事と家事を両立するためにおすすめの在宅ワークを紹介します。

 

The following two tabs change content below.

MAI

小学生と幼稚園児の兄弟を持つ二児の母。 次男の幼稚園入園をきっかけに、将来を考え興味のあったweb関係の専門知識を学び始める。現在は在宅ライターとして活動中。 得意分野:動物系、ファッション・美容系、転職・就職系、ライフスタイルなど