幼稚園で習い事は必要なの!?メリットとデメリットを考えよう!

LINEで送る
Pocket

幼稚園で習い事を始めるタイミング

入園してすぐの年少さんは、初めてママの元から離れて生活するようになります。そのため、園生活に慣れるまで体力的にも精神的にも負担がかかり、ストレスを感じてしまうこともあります。まずは幼稚園生活に慣れることを優先に考えてあげましょう。

夏休みになると、さまざまな教室が短期教室や体験教室を開講します。比較的自由に時間が使える夏休みは、子どもの精神的にも体力的にもおすすめですよ。

年中さんになると幼稚園生活にも慣れ、降園後に体力が有り余っている子など体力的にも精神的にも成長します。そのため、習い事を始める人が多い時期です。しかし、人それぞれ成長は異なりますので、焦らず自分の子どもに合わせてあげることが大切です。

習い事のメリットとデメリット

習い事を始める前に習い事のメリットやデメリットについて考えてみましょう。

メリット

幼稚園以外でお友達ができる
幼稚園以外にお友達ができることで、新しい居場所を作ってあげることができます。幼稚園で嫌なことがあっても習い事が楽しいとリフレッシュになります。
自信が持てるようになる
習い事でうまくできた時などに「すごいね」「上手だね」と褒められることで自信につながります。
得意分野ができ視野が広がる
習い事を始めると、得意なことが増えます。得意分野ができることは、子どもの成長や自信にもなります。また、幼稚園だけではない新しい世界を知る経験にもなります。
頑張る力になる
自信が持てるようになると、次のステップへ進もうとする「頑張る力」が身につきます。努力をすればできるようになると言うことを学ぶことができます。
目標ができる
「次は〇〇までできるようになる!」など、小さな目標を持つことができます。目標ができると頑張ろうと言う気持ちが生まれます。
挨拶などのマナーを覚えられる
「よろしくお願いします」「ありがとうございました」など、普段あまり使うことのない丁寧な挨拶の仕方やマナーを覚える場所ができます。
脳が活性化される
脳を活性化させる物質(ドーパミン)は、褒められたり楽しいと感じたときなどに分泌されると言われています。
ドーパミンは「新しいチャレンジ」「新しいことができるようになる」ことでも同様の反応がみられることがわかりました。そのため、幼稚園以外でも新たな活動を始めることは子どもの成長につながるでしょう。

 

デメリット

降園後の習い事は体力的な問題が出てくる
集団生活の中で頑張っている子ども達は、心身ともに疲れています。そのため、子どもの体力に合わせた習い事のスケジュールを立ててあげましょう。
ママの送迎が必要になる
ママにとって送迎が負担になってしまうこともあります。ママの労力も含め通わせることができるかどうかを考える必要があります。
継続的な出費による金銭的な問題
習い事は出費が継続的に続きます。長い目で見た場合、支払いが困難にならないかどうか考える必要があります。子どもが「続けたい」と思っていても、金銭的な問題で辞めざるを得ない状況は避けたいですよね。
習い事が多いと遊ぶ時間が足りなくなる
幼稚園児にとって遊びは最も大切にするべき時間です。自由に遊ぶ中で「人との関わり方」「考えて行動する」「時間の使い方」などを学ぶことができます。そのため、習い事をつめこみすぎてしまうと、遊ぶ時間が減少し考える力や人との関わり方が苦手になってしまうこともあります。

幼稚園児は遊びが仕事おすすめの遊び方

幼稚園の習い事は子どもの「楽しい」を優先させよう

「親が習わせたい習い事=子どもが楽しいと感じる習い事」ではありません。子どもが興味がなかったり、意欲的ではないものは上達も遅くなり、ストレスになってしまいます。

子どもが楽しいと思う気持ちを大切にしましょう。また、辞めたいと行ってきた場合は、叱ったり、すぐ辞めるのではなく、子どもの話を聞いてあげましょう。辞めたい気持ちを取り除いてあげることができるかもしれません。

在宅ワークは、収入を得ながらいつでも子どもの様子を見ることができ、話を聞いてあげられますよ。

収入アップを目指すなら、働きながら学べる通信スクールがおすすめです。子どもの習い事に忙しいママでも隙間時間に学べる通信スクールはこちら

幼稚園ママが働く方法とは?スケジュール調整はどうしたらいいの?

The following two tabs change content below.

MAI

小学生と幼稚園児の兄弟を持つ二児の母。 次男の幼稚園入園をきっかけに、将来を考え興味のあったweb関係の専門知識を学び始める。現在は在宅ライターとして活動中。 得意分野:動物系、ファッション・美容系、転職・就職系、ライフスタイルなど