幼児の習い事の時間帯は幼稚園児向け?働くママはどうしたらいいの?

Pocket

幼児の習い事 その時間帯の多くは幼稚園児向け?

子どもが3歳程度になり、家族以外のお友達や幼稚園・保育園の先生たちと社会的な関わりを持つようになると、そろそろ習い事を‥と検討を始めるママも多いのではないでしょうか?

習い事を始める際、どんな習い事をするか、費用はどの程度必要になるか、という問題に加え、ポイントとなるのが、習い事の時間帯です。

幼児の習い事はどんな時間に設定されている?

スイミングスクールや英語教室、音楽教室など、3歳~5歳を対象とした習い事の多くは、平日の15時や16時頃、休日の午前中や午後の早い時間に組まれていることが多いと言えます。平日の時間帯設定は、幼稚園児が園での活動を終えて通うことを想定していると考えられます。

ワーキングマザーは、平日に子どもを習い事に通わせるのは困難

子どもに習い事をさせたくても、働くママにとって、習い事の時間帯は悩みのタネのひとつ。共働き家庭で、幼稚園の預かり保育を利用しているママや、子どもを保育園に預けているママは、平日の15時や16時に子どもを習い事に通わせるのは、仕事の都合上難しいですよね。

習わせたい教室が見つかっても、時間帯の選択の幅が狭まり、休日の時間帯はすでに定員オーバーという場合もあります、「そもそも習い事って必要なのかな?」と頭を抱えてしまうママも少なくありません。

幼稚園児で習い事は必要なのか メリットとデメリットを知ろう!

幼稚園の預かり保育を利用…共働き家庭における習い事の時間帯の選び方

幼児の習い事は、費用や送迎の手間がかかるという問題もありますが、子どもの興味が広がり、脳に良い影響を与えたり、幼稚園や保育園以外にお友達ができたりと、良いこともたくさんあります。

特に、子どもが「やりたい!」と言った習い事は全力で応援してあげたいものですよね。

ママが働いている場合は、次のようなポイントを検討して、習い事の時間帯を選んでみましょう。

休日の習い事を選ぶ

平日は仕事の時間と割り切り、仕事がお休みの日に開催されている習い事を選ぶのがひとつの方法です。最近は、共働き世帯が増えたことによるニーズもあり、休日に開講される習い事が増えてきました。

ただし、習い事には送迎の時間も必要となり、時間帯によっては、習い事に通わせるだけで半日もしくは1日がかりになってしまうことも。ママやパパにとっての休日がなくなることも覚悟しましょう。習い事は、週に1度というように定期的に通うものなので、家族でのお出かけや旅行などの計画が立てにくくなるのもデメリットです。

また、休日のクラスは、同じように平日通えない子どもの応募が殺到することもあります。人気のあるクラスは、早めに体験受講をしたり、申し込み開始時期を逃さないようにするなど、注意が必要です。

平日の遅い時間帯を選択

習い事の種類は限られますが、平日の18時頃から開講するクラスを設けている習い事もあります。ママが仕事を終えて、子どもを連れていくのに間に合う教室があれば、平日の習い事通いも可能になりますね。

ただし、この場合は、習い事を終え、家に帰り着く時間帯もその分遅くなります。帰って、夕食の支度をし、食事や入浴を終えると、通常より遅い時間に就寝することになります。

幼児は、保育園や幼稚園の活動でかなり体力を消耗していますので、遅い時間帯を選ぶ際は、年長になってからにするなど、子どもの体力を十分考慮してあげることが大切です。

送迎サポートをフル活用

仕事のある平日の習い事に通わせる場合は、シッター派遣事業や自治体が行う送迎サポートを利用するのもよいでしょう。多くのベビーシッターサービスは、送迎のみのサービスも行っていますし、自治体が運営するファミリーサポートによる送迎サービスも普及しています。

サービス利用料金が発生するので、習い事の受講料に加え、費用がかさむことがデメリットとなりますが、その方がママの体力的・精神的負担が減ることもあります。

登録さえしておけば、必要なときに派遣してもらえる手軽なシッターサービスから、面談等を要するサービスまで、さまざまです。

  • 比較的リーズナブルな料金で利用できるファミリーサポートは、サービスを提供してくれる会員を探す時間がある程度かかりますし、事前に親子と面通しが必要になる場合があります。時間に余裕を持って検討するようにしましょう。

自宅でできる習い事も

自宅で習い事ができれば、送迎の時間はかかりませんし、目の届く範囲で子どもを見守ることが可能ですね。

近年、シッターとのマッチングサービスが充実しつつあります。特技を持つシッターさんを見つけて、子どもとマンツーマンで習い事の指導をしてもらうという利用方法ができるのです。英語レッスンや音楽レッスン、その他、お絵かきや工作など、種類はさまざま。子どもの興味を引き出すきっかけとして、試しに利用してみるのもひとつの手かもしれません。

お友達が増えたり、社会的な関わりを広げるという目的には合わないかもしれませんが、子どもの関心ややる気をとことん満足させてあげるのには良い方法ではないでしょうか?

  • 仕事が終わってからの時間でも、夕食の支度などの家事をしながら、子どものレッスンの様子を見守ることができる点もうれしいポイントですね。

幼稚園や保育園で行われる習い事教室も人気

幼稚園では、活動時間後に課外授業として習い事の時間を設けている園があります。預かり保育時間を習い事に充てられるのは、ママにとっても送迎の手間が省け、大きなメリットです。また、保育園でも、定期的に専任の講師を招いて、英語教室やリトミック・音楽教室を開催している場合があります。

子どもに習い事をさせたいと思っているママは、幼稚園や保育園を選ぶ際に、通常の活動以外の習い事が行われているかどうかチェックしてみてくださいね。

親子にとって無理のない時間帯を選ぼう

「子どもの視野を広げてあげたい」「興味や関心を満足させてあげたい」。そんな思いで習い事を検討するママがほとんどだと思います。しかし、費用や送迎など、少なくはない負担が伴うのも事実です。共働きの場合や、兄弟がいる家庭では、さらに大変になるでしょう。

親子にとって楽しいはずの習い事が、負担で苦しいだけのものにならないように、目的に合ったサービスを利用することも検討し、無理のない時間帯を選択するようにしましょう。

「子どもに、どんな習い事をさせようかな?何個くらいがいいのかな?」と迷っている方はは、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

幼稚園児の習い事は平均何個?人気の習い事や選ぶときの注意点

プログラミング通信講座スクールGeekGirlLabo(ギークガールラボ)

The following two tabs change content below.

hattori

1才と4才の男児を子育て中の2児の母。 団体職員として働いていたが、出産を機に退職。 現在は在宅Webライターとして活動しながら、在宅でのキャリア形成と育児の両立方法について模索中。