私立幼稚園の無償化はいつ?気になる上限金額や対象外のものは?

Pocket

私立幼稚園の無償化はいつ?気になる上限金額や対象外のものは?

いよいよ、子育て世代には嬉しい「幼稚園無償化」制度がスタートしますね。

しかし、無償化になるのは保育料のみですし、さらには上限金額があって、預かり保育に関しても制限があります。

今回は、私立幼稚園無償化の時期や内容、上限金額などについて解説します!

私立幼稚園の無償化について

無償化はいつから?

幼稚園の無償化は、2019年4月から前倒しでスタートすることが予定されています。

前倒しの対象となるのは「幼稚園・認定こども園・認可保育園に通っている5歳児(年長相当の学年)」のみ。

その後、2019年10月から全面的に開始される予定です。

無償化には上限金額がある

私立幼稚園の無償化には所得制限はありませんが、「月25,700円まで」と上限金額が設定されています。

また、「預かり保育は月37,000円まで」となっています。

しかし、預かり保育に関しては専業主婦(夫)家庭の場合、無償化にはなりませんので注意しましょう。

また、上限金額を超えた場合は、自己負担になります。

無償化の対象にならないもの

幼稚園に通う際にかかる費用の中でも、無償化の対象は保育料のみです。

下記のものは対象外になりますので、必ず覚えておきましょう。