幼稚園のお弁当にぴったり!おにぎりの可愛いアレンジ方法

Pocket

幼稚園のお弁当はおにぎりが食べやすくておすすめ!

幼稚園のお弁当は、ご飯をそのまま詰めたものよりも一口サイズなど食べやすいサイズのおにぎりがおすすめですよ。

年少さんは、口の中いっぱいに入れてしまうことも多く、喉に詰まらせてしまう危険性があります。そのため、小さめのサイズにしてあげると、初めてのお弁当でも食べやすく喜んでくれるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miyukiさん(@miyuki.07)がシェアした投稿

他にもハート型や俵形、ミニ三角おにぎりなど時間がない朝でも、おにぎりにひと工夫するだけでお弁当がかわいく変化します。

おにぎりの量はどのくらい?

それぞれ適量は異なりますので、自宅で使用しているお茶碗に入れるご飯の量を目安にしましょう。子どもに合ったちょうど良い量のおにぎりが握れますよ。

毎日キャラ弁を作るのは大変ですが、100円ショップなどで販売されているパンチやピック、型抜きパーツなどを使ったり、工夫することでかわいく仕上げることができますよ!ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

おにぎりさん(@harapeko2255)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

sᴀᴋᴏ☺︎さん(@sako.n.sako)がシェアした投稿

キャラ弁よりも簡単!SNSで人気のおにぎり

顔むすびが人気!

 

この投稿をInstagramで見る

 

emi⋆さん(@emi.u_u.0916)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ayayan*さん(@syrup_0923)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ayayan*さん(@syrup_0923)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

やすさん(@yas041130)がシェアした投稿

食べやすいスティックおにぎり

三角や丸いおにぎり以外にも、細長いスティックおにぎりもおすすめですよ。食べやすく、子供の口にも入りやすいため満足してくれるでしょう。
スティックおにぎりの作り方は、ご飯をラップに細長く乗せたら形を整えます。細長いため、大きい具は入りませんが薄焼き卵やカニカマ、ふりかけなどで握ってみましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

EMIさん(@emi0296)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

あんこママさん(@8989anko2)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ミユさん(@kuru.23)がシェアした投稿

ラッピングで工夫

おにぎりの具や見た目以外にもラッピングでアレンジする方法もあります。キャンディのようにラッピングしたり、マスキングテープを使用してカラフルにすると見た目もかわいくなりますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フジコさん(@fujiko0707)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

keiko nishimuraさん(@__kekobento)がシェアした投稿

おにぎりアレンジ3選

ミートボールおにぎり

弁当のおかずで人気のミートボールを具にしたおにぎりです。
【材料と作り方】
ミートボール(照り焼き味)
ご飯
のり

おにぎりを握り、のりを周囲に巻きます。真ん中にくぼみを作ったらミートボールを乗せ出来上がり!アクセントにマヨネーズを足しても美味しいですよ。

コーンおかか醤油おにぎり

コーン好きの子供は多いですよね?そこでおすすめなのでコーンを使ったおにぎりです。
【材料と作り方】
ご飯 お茶碗2杯分
コーン 大さじ2
鰹節 1/2パック
醤油 小さじ2

材料を全て混ぜ合わせ、食べやすい大きさに握りったら出来上がり!

天かすとシャケおにぎり

子供が好きなおにぎりの具で人気No.1の鮭フレークに天かすをを合わせたおにぎりです。

【材料と作り方】
ご飯 お茶碗1杯分
鮭フレーク 適量
天かす 適量
麺つゆ 少量

温かいご飯に材料を全て入れ混ぜ合わせる。食べやすい大きさに握ったら出来上がり!

おにぎりを握るときの注意点

お弁当を作るとき気をつけなければいけないことは?

【東京都福祉保健局からの回答】引用
お弁当は作ってからすぐ食べるものではないため、食べるまでの間に菌が増え、食中毒の原因となることがあります。

お弁当につめるご飯やおかずになるべく菌をつけないこと、菌を増やさないことが大切です。そのため、調理前にはしっかり手を洗いましょう。
また、食材は中心部までしっかり加熱し、十分に冷めてから、直接手で触れないように菜箸などを使い弁当箱に詰めましょう。

おかずは水分が多いと菌が増えやすいため、揚げ物や焼き物に、味付けも濃い目にすると菌が増えにくくなります。低温で保管することも大切です。

手には雑菌がたくさん!素手で握らないようにしよう

東京都福祉保健局の回答からもある通り、お弁当は作ってすぐに食べるわけではありません。

さらに、細菌が最も活発に繁殖するのは35度前後の温度です。そのため、お弁当を作る前にはしっかり手洗いをすることが大切です。

清潔に洗った手でも素手で握るのは避けましょう。ラップやクッキングシートなどを使用して握るようにしましょう。

避けたほうがいい具は?

火を通していない食材や水分の多い具材は傷みやすいため避けたほうがいいでしょう。そのまま食べられるソーセージやハムなども火を通してから、おにぎりの具材として使用してくださいね。

抗菌グッズを使って細菌の繁殖を防ごう

抗菌シートや抗菌おにぎりラップなど、様々なお弁当を傷みにくくするグッズが販売されています。

暑い季節だけではなく寒い季節でもお弁当を置く場所によって細菌が繁殖してしまうこともあります。そのため、抗菌グッズや保冷剤などを使用し細菌が繁殖しにくい環境を作りましょう。

幼稚園のお弁当作りに役立つ記事はこちら

幼稚園のお弁当は時短で作ろう!先輩ママ直伝3つのコツ

年少さん〜年長さんが使うお弁当箱の大きさについて

幼稚園のお弁当箱の大きさは?学年別大きさと4つの選ぶポイント

幼稚園のお弁当は楽しく食べることが大切!

お弁当のおにぎりを少し工夫だけで子供が喜ぶお弁当になります。キャラ弁が苦手なママや忙しい朝でもおにぎりなら時間をかけずに作ることができます。

アレンジしたおにぎり弁当はいつものお弁当よりも何倍も楽しく感じるでしょう。バリエーションを増やして色々なおにぎり弁当を作ってあげてくださいね。

 

プログラミング通信講座スクール【GeekGirlLabo(ギークガールラボ)】

 

 

次のページ >> 幼稚園のお弁当は時短で作ろう!先輩ママ直伝3つのコツ

 

The following two tabs change content below.

MAI

小学生と幼稚園児の兄弟を持つ二児の母。 次男の幼稚園入園をきっかけに、将来を考え興味のあったweb関係の専門知識を学び始める。現在は在宅ライターとして活動中。 得意分野:動物系、ファッション・美容系、転職・就職系、ライフスタイルなど